アニメを斬る!

アニメ関連の話題をメインに、美少女DJ2名が会話形式でお送りする、仮想ラジオブログ!

アニメを斬る!

— 最 新 記 事 —
【アニメ第9話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode9 おはよう、金星の女神】
【初心者必見、動画つき】ダンベル何キロ持てる? 筋トレ講座(第12話)【シュラッグ&腕立て伏せ】
【アニメ第8話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode8 魔獣母神】
【初心者必見、動画つき】ダンベル何キロ持てる? 筋トレ講座(第11話)【アイソメトリックス&ブリッジ】
【アニメ第7話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode7 陽動作戦】
【初心者必見、動画つき】ダンベル何キロ持てる? 筋トレ講座(第10話)【スカルクラッシャー&インクラインベンチ】
【アニメ第6話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode6 天命の粘土板】
【初心者必見、動画つき】ダンベル何キロ持てる? 筋トレ講座(第9話)【ハンドグリップ&シーテッド・ローイング】
【アニメ第5話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode5 ギルガメッシュ紀行】
【アニメ第4話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode4 密林の呼び声】
【初心者必見、動画つき】ダンベル何キロ持てる? 筋トレ講座(第8話)【サイドベント&ランジ】
【アニメ第3話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode3 王と民】
【初心者必見、動画つき】ダンベル何キロ持てる? 筋トレ講座(第7話)【デッドリフト&サイドレイズ】
【アニメ第2話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode2 城塞都市ウルク】
【アニメ第1話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode1 絶対魔獣戦線バビロニア】
【初心者必見、動画つき】ダンベル何キロ持てる? 筋トレ講座(第6話)【アームレスリング&自重反動トレ】
【初心者必見、動画つき】ダンベル何キロ持てる? 筋トレ講座(第5話)【レッグカール&バイシクルクランチ】
【Episode13-2 神様も知らないヒカリで歴史を創ろう】戦姫絶唱シンフォギアXV 第13話(後【レビュー&感想】
【Episode13-1 神様も知らないヒカリで歴史を創ろう】戦姫絶唱シンフォギアXV 第13話(前【レビュー&感想】
※更新【個人的な面白さ】厳選お勧めアニメを紹介 ~ライトノベル原作編~【随時更新版】
【アニメ第0話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode 0 Initium Iter】
【初心者必見、動画つき】ダンベル何キロ持てる? 筋トレ講座(第4話)【チェストプレスマシン&ディップス】
※更新【2018年以降】厳選お勧めアニメを紹介 ~オリジナルアニメ編~【個人的な面白さ/随時更新版】
【Episode12 戦姫絶唱】戦姫絶唱シンフォギアXV 第12話【レビュー&感想】
【Episode11 ハジメニコトバアリキ】戦姫絶唱シンフォギアXV 第11話【レビュー&感想】
【Episode10 卑しき錆色に非ず】戦姫絶唱シンフォギアXV 第10話【レビュー&感想】
【初心者必見、動画つき】ダンベル何キロ持てる? 筋トレ講座(第3話)【ダンベルカール&フロントプレス】
【初心者必見、動画つき】ダンベル何キロ持てる? 筋トレ講座(第2話)【ラットプルダウン&プランク】
【Episode9 I am a father】戦姫絶唱シンフォギアXV 第9話【レビュー&感想】
【初心者必見、動画つき】ダンベル何キロ持てる? 筋トレ講座(第1話)【ベンチプレス&スクワット】
【Episode8 XV】戦姫絶唱シンフォギアXV 第8話【レビュー&感想】
【妖怪人間ベム】歴代アニメOPの比較と美少女化したJKなベラさん【令和版BEM】
【Episode7 もつれた糸を断ち切って】戦姫絶唱シンフォギアXV 第7話【レビュー&感想】
【Episode6 ゼノグラシア】戦姫絶唱シンフォギアXV 第6話【レビュー&感想】
【Episode5 かばんの隠し事】戦姫絶唱シンフォギアXV 第5話【レビュー&感想】
【響/翼/クリス】戦姫絶唱シンフォギアXV 変身バンク集【マリア/調/切歌】
【第1期~第4期】シンフォギアの歴代ラスボス&フィニッシュシーン GIFバージョン【無印/G/GX/AXZ】
【Episode4 花の名は、アマルガム】戦姫絶唱シンフォギアXV 第4話【レビュー&感想】
ヘッダー画像

【Episode13-2 神様も知らないヒカリで歴史を創ろう】戦姫絶唱シンフォギアXV 第13話(後【レビュー&感想】

 

2800作品のアニメが見放題!

※)引用したキャプチャ画像に関しては、著作権権利者様より異議申し立て・削除要請があれば、速やかに対処いたしますのでご承知置き願います。 

  また、権利者様および各関係者様への敬意を忘れず、不利益にならない用法を心掛ける事を明記します。

 

――オンエア、START! 

 

 

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

適合者の皆さま、DJの淡雪もフリューゲルします。
第149回目の放送となる今回は、シンフォギアXV第13話「神様も知らないヒカリで歴史を創ろう」のBパート以降となります。13話✕5期、全65話という壮大なストーリーがグランドフィナーレですよ。

           ※)メインDJ。14歳(中等部三年生)

 

助手の締里だ。万感の思いを込めてこの回を送ろう。
第13話Aパートで響がシェム・ハを撃破(浄化)してラストバトルを制した。しかし、世界(地球)の情勢はまだ回復していない。未来を救い出したのみならず、果たして響と《装者》達は世界を救えるのか――

           ※)DJ助手。15歳(高等部一年生)

 

場面は仮設の本部へと移ります。

 

地球が真紅に染まったままだ。

 

シェム・ハさんは倒れたのですが。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20191003090411j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191003090507j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191003090530j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191003090557j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191003090624j:plain

引用元――戦姫絶唱シンフォギアXV(原作:上松範康・金子彰史、ProjectシンフォギアXV)より抜粋】

 

 

 

まだ地球は元に戻っていないな。

 

393とキャロルナインさんも無事みたいです。

 

だが、償却した思い出が心配だ。

 

目覚めたら、全てを忘れている——なんて事がなければ良いのですが。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20191003090736j:plain

キャロル(世界を壊すはずの歌で、似合わない事をした挙句がこれだ。だが)

f:id:ayafumi-rennzaki:20191003090801j:plain

エルフナイン『どうして!? もしもの時は2人の思い出を焼却して、明日を取り戻そうと誓ったはずなのに! どうして!』

f:id:ayafumi-rennzaki:20191003090824j:plain

キャロル『ハァ、情けないな。お前の思い出から消えてしまうのが、たまらなく怖くなったんだ』

f:id:ayafumi-rennzaki:20191003090847j:plain

エルフナイン『そんな理由で、僕の思い出を使わずに』

f:id:ayafumi-rennzaki:20191003090907j:plain

エルフナイン『自分の全てを焼却させたのですか!』

f:id:ayafumi-rennzaki:20191003090923j:plain

エルフナイン『僕は! 僕達は絶対に忘れない! 明日も明後日も! キャロルが守った世界で! いつまでも君を忘れない!』

f:id:ayafumi-rennzaki:20191003090949j:plain

キャロル『さようならだ。もう1人の俺』

f:id:ayafumi-rennzaki:20191003091013j:plain

エルフナイン『うん。また逢う日まで、もう1人の僕』

f:id:ayafumi-rennzaki:20191003091038j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191003091058j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191003090436j:plain

引用元――戦姫絶唱シンフォギアXV(原作:上松範康・金子彰史、ProjectシンフォギアXV)より抜粋】

 

 

 

キャロルは消えたか。潔かったな。

 

せっかく思い出の欠片をコピペして復活できたというのに。

 

今度こそコピペする残滓すら残らなかったみたいだ。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20191003091154j:plain

藤尭「惑星環境の改造速度、元に戻って!」

友里「状況の報告お願いします!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191003091217j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191003091237j:plain

引用元――戦姫絶唱シンフォギアXV(原作:上松範康・金子彰史、ProjectシンフォギアXV)より抜粋】

 

 

 

依然、人類滅亡のピンチが続いています。

 

とんでもない置き土産を残したものだな、シェム・ハは。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20191003091339j:plain

マリア「目視にて状況確認」

翼「本部。シェム・ハが倒れても《ユグドラシル》はまだ生きている!」

弦十郎『なんだとぉ!?』

f:id:ayafumi-rennzaki:20191003091359j:plain

藤尭「世界各地の演算汚染進行中!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191003091421j:plain

友里「論理防壁、突破されるまで7分と予想されます!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191003091445j:plain

弦十郎「潜航した《ユグドラシル》をメインシャフトと仮定! 中枢部を破壊して惑星環境の改造を食い止めるのだ!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191003091509j:plain

引用元――戦姫絶唱シンフォギアXV(原作:上松範康・金子彰史、ProjectシンフォギアXV)より抜粋】

 

 

 

司令さんの「ガチョーン」なポーズが無駄に恰好よいですね。

 

ハッキングされると爆発して自壊するサーバとは、まさに文字通りの「ファイアウォール(物理)」だ。

 

演出ですよ、演出!

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20191003091601j:plain

クリス「いくぞ。何とかなる」

響「クリスちゃん」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191003091623j:plain

翼「中枢を叩いて砕く。それで各地の《ユグドラシル》も機能停止となるはずだ」

マリア「いくわよ!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191003091649j:plain

藤尭「《装者》地球中心殻域に向かって降下中」

友里「距離、9800、10000オーバー」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191003091713j:plain

緒川「敵性反応!?」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191003091744j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191003091804j:plain

引用元――戦姫絶唱シンフォギアXV(原作:上松範康・金子彰史、ProjectシンフォギアXV)より抜粋】

 

 

 

まだ敵がいようとは。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20191003103124j:plain

クリス「しゃらくさいのが雁首揃えて!」

マリア「だけど今のコンディションでは」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191003103152j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191003103212j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191003103236j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191003103302j:plain

響「未来?」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191003103322j:plain

未来「私、これ以上響の背中を見たくない! 響の見てるものを、一緒に並んで見ていきたいの! だから!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191003103344j:plain

引用元――戦姫絶唱シンフォギアXV(原作:上松範康・金子彰史、ProjectシンフォギアXV)より抜粋】

 

 

 

ここで正式に393が参戦です。

 

ソシャゲのみならずアニメでも7人目の戦士となったか。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20191003103445j:plain

エルフナイン「キャロルから皆さんに言伝があります」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191003103513j:plain

未来「この先にある中枢部を壊しても、増殖した《ユグドラシル》のいずれかが、管制機能を獲得し、稼動は止められないみたいなの」

クリス「つまり新たなメインシャフトが誕生し、そいつがどれかわからなくなるのか!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191003103537j:plain

エルフナイン「なので、ここがメインシャフトと仮定できる今、中枢をフォニックゲインで制御し、全ての幹を同時に爆破伐採するしかありません!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191003103601j:plain

翼「フォニックゲインで? だが私達は一度、《チフォージュ・シャトー》の起動にも失敗して」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191003103624j:plain

エルフナイン「だからキャロルは、未来さんを救おうとしていたのです。7つの惑星と7つの音階、世界と調和する音の波動こそが統一言語。7人の歌が揃って踏み込める神の摂理。世界を知れというパパからの命題に対する、キャロルなりの回答です!」

翼「7つの調和――私達とキャロル、7人の共闘がシェム・ハの埒外物理を突破したのは、そういうことだったのか!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191003103659j:plain

引用元――戦姫絶唱シンフォギアXV(原作:上松範康・金子彰史、ProjectシンフォギアXV)より抜粋】

 

 

 

キャロルの父親が出した命題に対する答えが、統一言語。

 

この辺の伏線は、本当にアニメ界の歴史に残る巧さですよね。

 

それも《バラルの呪詛》が解除されたからこそ、可能だ。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20191003103803j:plain

響「だったら何も迷わない! 信じよう! 胸の歌を!」

未来「私も響と! みんなと一緒に!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191003103829j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191003103855j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191003103924j:plain

引用元――戦姫絶唱シンフォギアXV(原作:上松範康・金子彰史、ProjectシンフォギアXV)より抜粋】

 

 

 

Aパートでラスボス、シェム・ハとの最終決戦。

 

Bパートは歌で地球を救うクライマックスとは。

 

胸にこみ上げるものがある。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20191003104029j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191003104048j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191003104107j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191003104135j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191003104159j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191003104219j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191003104237j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191003104508j:plain

未来(《バラルの呪詛》――繋がりを隔てる呪いさえなくなれば、この胸の想いは全部伝わると思ってた。だけど、それだけじゃ足りないんだ)

f:id:ayafumi-rennzaki:20191003104547j:plain

藤尭「7つの調和。まさか統一言語を求めた了子さんは、そのつもりで7つのシンフォギアを造っていたんじゃ」

友里「真実を継げないまま、言葉を奪われてしまった了子さんは、あらゆる方法で隔たりを乗り越えようとした」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191003104612j:plain

引用元――戦姫絶唱シンフォギアXV(原作:上松範康・金子彰史、ProjectシンフォギアXV)より抜粋】

 

 

 

曲名は『Xtreme Vibes』――ここでもXVですね。

 

しかも了子の事を、藤尭と友里が思い出してくれた。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20191003104706j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191003104729j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191003104752j:plain

緒川「そして生み出されたのが《ノイズ》、歌、様々な異端技術」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191003104814j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191003104838j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191003104906j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191003104928j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191003104953j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191003105015j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191003105035j:plain

弦十郎「ただ繋がりたかったという彼女の想いは、時を経て、人類全体を繋ぐ奇跡へと昇華した」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191003105132j:plain

弦十郎「それはアヌンナキからの脱却、人類の独立だ!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191003105228j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191003105252j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191003105310j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191003105330j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191003105354j:plain

引用元――戦姫絶唱シンフォギアXV(原作:上松範康・金子彰史、ProjectシンフォギアXV)より抜粋】

 

 

 

統一言語――死者さえも心で繋がり、分かり合える。

 

人類はここに、当たらなステージへと到達した。

 

本当にラスト――グランドフィナーレなんですね。

 

最後は渾身の絶唱だ。

 

拳(歌)でブン殴るのではなく、歌で世界を救いました。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20191003105450j:plain

調「7人の歌で」

切歌「みんなの歌で」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191003105508j:plain

マリア「この奇跡は私達の奇跡だ」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191003105525j:plain

クリス「繋いだ手だけが紡ぐもの」

翼「強く、尊く、儚いもの」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191003105549j:plain

未来「未来に響き渡らせるために!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191003105611j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191003105634j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191003105653j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191003105714j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191003105729j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191003115340j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191003115403j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191003115425j:plain

響「これが私達の――」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191003115456j:plain

全員「絶唱だぁぁ~~ッ!!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191003115529j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191003115556j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191003115619j:plain

引用元――戦姫絶唱シンフォギアXV(原作:上松範康・金子彰史、ProjectシンフォギアXV)より抜粋】

 

 

 

爆破伐採に成功しました。

 

残るは脱出のみだ。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20191003115720j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191003115743j:plain

藤尭『地球中心各域より高エネルギー反応! 《ユグドラシル》の自壊を確認!』

f:id:ayafumi-rennzaki:20191003115805j:plain

友里『世界各地でも呼応しています!』

緒川『ですが!』

f:id:ayafumi-rennzaki:20191003115829j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191003115856j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191003115920j:plain

調「このままじゃギアが!」

切歌「保ちそうもないのデス!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191003115945j:plain

引用元――戦姫絶唱シンフォギアXV(原作:上松範康・金子彰史、ProjectシンフォギアXV)より抜粋】

 

 

 

こ、これはかなりヤバいのでは?

 

無理に無理を重ねたギアも限界か。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20191003120047j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191003120117j:plain

マリア「まさかあれは!」

クリス「シェム・ハなのかよ!?」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191003120157j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191003120226j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191003120248j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191003120316j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191003120341j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191003120407j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191003120429j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191003120458j:plain

引用元――戦姫絶唱シンフォギアXV(原作:上松範康・金子彰史、ProjectシンフォギアXV)より抜粋】

 

 

 

ギアが砕け散り、そしてシェム・ハさんに。

 

心象風景っぽい神空間での会話(意思疎通)になる。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20191003130031j:plain

シェム・ハ『答えよ。なぜ1つに溶け合うことを拒むのか』

未来『私達は簡単に分かり合えないからこそ、誰かを大切に想い、好きになることができる。その気持ちは誰にも塗りつぶされたくはない!』

f:id:ayafumi-rennzaki:20191003130058j:plain

シェム・ハ『それが原因で、未来にまた傷付き苦しむことになってもか?』

f:id:ayafumi-rennzaki:20191003130118j:plain

響『だとしても。私達は傷付きながらも、自分の足で歩いて行ける。神様も知らないヒカリで歴史を創っていけるから』

f:id:ayafumi-rennzaki:20191003130145j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191003130209j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191003130230j:plain

シェム・ハ『ならば責務を果たせよ。お前達がこれからの未来を司る――』

f:id:ayafumi-rennzaki:20191003130254j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191003130317j:plain

引用元――戦姫絶唱シンフォギアXV(原作:上松範康・金子彰史、ProjectシンフォギアXV)より抜粋】

 

 

 

響さんと393、神様公認でアダムとイブに。

 

最後の最後で神っぽく引き下がってくれた。

 

人(人間)を認めたら、意外と寛容でしたね。

 

対話にもっていくまでが試練だったが、話せば分かり理解してくれる神だった。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20191003130430j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191003130458j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191003130531j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191003130602j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191003130627j:plain

引用元――戦姫絶唱シンフォギアXV(原作:上松範康・金子彰史、ProjectシンフォギアXV)より抜粋】

 

 

 

服が元に戻っています。

 

ギアはどうなんだろうな?

 

劇場版や新シリーズが企画(決定)されれば、エルフナインさんが復元してくれますよ。あるいはシェム・ハさんが新ギアをプレゼントしてくれるか。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20191003130728j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191003130752j:plain

弦十郎「大丈夫か、響くん」

響「師匠」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191003130816j:plain

響「シェム・ハさんが、繋ぐ大きな手が、私達を」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191003130838j:plain

弦十郎「ああ。みんなが繋いだ」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191003130904j:plain

弦十郎「――明日の世界だ!

f:id:ayafumi-rennzaki:20191003130929j:plain

引用元――戦姫絶唱シンフォギアXV(原作:上松範康・金子彰史、ProjectシンフォギアXV)より抜粋】

 

 

 

ここでエンディングのスタッフロールとなります。

 

ED曲は『逆光のフリューゲル』でも『虹色のフリューゲル』でもなく、グランドフィナーレに相応しい『未来(あした)へのフリューゲル』だ。

 

このフリューゲルを聴くと、今期も終わったんだなと思いますね。

 

それもTVシリーズ完結だからな。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20191003131546g:plain

引用元――戦姫絶唱シンフォギアXV(原作:上松範康・金子彰史、ProjectシンフォギアXV)より抜粋】

 

 

 

そして後日談となるCパートへと。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20191003133307j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191003133329j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191003133359j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191003133427j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191003133447j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191003133511j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191003133538j:plain

未来(八千八声、啼いて血を吐く不如帰。人が人である以上、傷付けあわずに繋がることは難しい。だけど、繋がれないもどかしさに流した力は、たくさんの尊い光が生まれている)

f:id:ayafumi-rennzaki:20191003133602j:plain

引用元――戦姫絶唱シンフォギアXV(原作:上松範康・金子彰史、ProjectシンフォギアXV)より抜粋】

 

 

 

弦十郎の喪服(礼服)がイカしたデザインだった。

 

残りはキービジュアルを回収して、終わりです。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20191003133720j:plain

未来「あのね、響。ずっと自分の言葉で、響に伝えたいことがあったんだ」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191003133743j:plain

響「うん。私も」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191003133805j:plain

未来「え!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191003133827j:plain

響「私の伝えたいこと、未来と同じだったら、嬉しいな」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191003133846j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191003133916j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191003133933j:plain

引用元――戦姫絶唱シンフォギアXV(原作:上松範康・金子彰史、ProjectシンフォギアXV)より抜粋】

 

 

 

1期の1話冒頭と同じで〆、か。

 

全てのスタッフに「心からありがとう」です。

 

オリジナルアニメとして、日本アニメ史上かつ世界アニメ史上に残る傑作だった。ここまで壮大なシリーズはなかなか生まれないだろう。

 

また再び響さん達と出逢える事を祈って。

 

まあ、ソシャゲやれば再会はすぐだがな。登録していない皆は、今すぐアプリをインストールして登録するといいぞ。感謝の気持ちを込めて課金しろよ。サービス終了すると、本当に響達に会えなくなるからな。

 

せっかくの余韻がブチ壊しです。

 

 

◆配信電子ストア◆

 

 

 

 

引用元――戦姫絶唱シンフォギアXV(原作:上松範康・金子彰史、ProjectシンフォギアXV)より抜粋】

f:id:ayafumi-rennzaki:20190930224017j:plain

※)引用したキャプチャ画像に関しては、著作権権利者様より異議申し立て・削除要請があれば、速やかに対処いたしますのでご承知置き願います。

  また、権利者様および各関係者様への敬意を忘れず、不利益にならない用法を心掛ける事を明記します。