アニメを斬る!

アニメ関連の話題をメインに、美少女DJ2名が会話形式でお送りする、仮想ラジオブログ!

アニメを斬る!

— 最 新 記 事 —
【初心者必見、動画つき】ダンベル何キロ持てる? 筋トレ講座(第6話)【アームレスリング&自重反動トレ】
【初心者必見、動画つき】ダンベル何キロ持てる? 筋トレ講座(第5話)【レッグカール&バイシクルクランチ】
【Episode13-2 神様も知らないヒカリで歴史を創ろう】戦姫絶唱シンフォギアXV 第13話(後【レビュー&感想】
【Episode13-1 神様も知らないヒカリで歴史を創ろう】戦姫絶唱シンフォギアXV 第13話(前【レビュー&感想】
※更新【個人的な面白さ】厳選お勧めアニメを紹介 ~ライトノベル原作編~【随時更新版】
【アニメ第0話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode 0 Initium Iter】
【初心者必見、動画つき】ダンベル何キロ持てる? 筋トレ講座(第4話)【チェストプレスマシン&ディップス】
※更新【2018年以降】厳選お勧めアニメを紹介 ~オリジナルアニメ編~【個人的な面白さ/随時更新版】
【Episode12 戦姫絶唱】戦姫絶唱シンフォギアXV 第12話【レビュー&感想】
【Episode11 ハジメニコトバアリキ】戦姫絶唱シンフォギアXV 第11話【レビュー&感想】
【Episode10 卑しき錆色に非ず】戦姫絶唱シンフォギアXV 第10話【レビュー&感想】
【初心者必見、動画つき】ダンベル何キロ持てる? 筋トレ講座(第3話)【ダンベルカール&フロントプレス】
【初心者必見、動画つき】ダンベル何キロ持てる? 筋トレ講座(第2話)【ラットプルダウン&プランク】
【Episode9 I am a father】戦姫絶唱シンフォギアXV 第9話【レビュー&感想】
【初心者必見、動画つき】ダンベル何キロ持てる? 筋トレ講座(第1話)【ベンチプレス&スクワット】
【Episode8 XV】戦姫絶唱シンフォギアXV 第8話【レビュー&感想】
【妖怪人間ベム】歴代アニメOPの比較と美少女化したJKなベラさん【令和版BEM】
【Episode7 もつれた糸を断ち切って】戦姫絶唱シンフォギアXV 第7話【レビュー&感想】
【Episode6 ゼノグラシア】戦姫絶唱シンフォギアXV 第6話【レビュー&感想】
【Episode5 かばんの隠し事】戦姫絶唱シンフォギアXV 第5話【レビュー&感想】
【響/翼/クリス】戦姫絶唱シンフォギアXV 変身バンク集【マリア/調/切歌】
【第1期~第4期】シンフォギアの歴代ラスボス&フィニッシュシーン GIFバージョン【無印/G/GX/AXZ】
【Episode4 花の名は、アマルガム】戦姫絶唱シンフォギアXV 第4話【レビュー&感想】
ヘッダー画像

【Episode13-1 神様も知らないヒカリで歴史を創ろう】戦姫絶唱シンフォギアXV 第13話(前【レビュー&感想】

 

2800作品のアニメが見放題!

※)引用したキャプチャ画像に関しては、著作権権利者様より異議申し立て・削除要請があれば、速やかに対処いたしますのでご承知置き願います。 

  また、権利者様および各関係者様への敬意を忘れず、不利益にならない用法を心掛ける事を明記します。

 

――オンエア、START! 

 

 

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

適合者の皆さま、DJの淡雪もXDで燃え盛ります!
第148回目の放送となる今回は、シンフォギアXV第13話「神様も知らないヒカリで歴史を創ろう」のAパートをレビューいたしましょう。5期の最終話のみならず、TVシリーズの最終話でもあります。

           ※)メインDJ。14歳(中等部三年生)

 

助手の締里だ。シンフォギアがグランドフィナーレだ。
本来ならば一気にラストまで送りたかったが、流石にラストバトル、情報量が多すぎるという嬉しい悲鳴と共に、VSシェム・ハがメインのAパートのみを記事にさせて貰うぞ。最後の一騎打ちはまさに必見だ。

           ※)DJ助手。15歳(高等部一年生)

 

嬉しい悲鳴というか、プロデューサーは記事するのに時間が掛かってしまい、別の意味での悲鳴を上げていましたね。

 

1期~4期のラストバトル集の記事も、時間だけではなく精神力と集中力を消耗し切っていたから。戦闘シーンの細部は端折らないと労力がとんでもない事に。

 

番組レビュー記事も製作時間等を考え、今後は少しダイジェスト化できればと。

 

ただし記事の資産化を考えれば、あまり省力するのも長期的には考えものだが。

 

とにかく、続きといきましょう。

 

前回、華麗にXD化した響達が参上した。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20191002193613j:plain

弦十郎「間に合ったのか!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191002193635j:plain

大統領『間に合わせたのだ。我々が! 人類が!』

f:id:ayafumi-rennzaki:20191002193702j:plain

大統領『神の野放図に抗って! 人類の力で!』

f:id:ayafumi-rennzaki:20191002193730j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191002193808j:plain

引用元――戦姫絶唱シンフォギアXV(原作:上松範康・金子彰史、ProjectシンフォギアXV)より抜粋】

 

 

 

《バラルの呪詛》の解除と人類の心が1つになった事が、ギリギリで間に合った要因かな?

 

そうですね。しかも《エクス・ドライブ》はXDでも1段階上の《バーニング・エクス・ドライブ》モードですよ。

 

最終決戦に相応しい最強フォームというわけだ。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20191002193926j:plain

響「キャロルちゃんとエルフナインちゃんなんだよね?」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191002193947j:plain

キャロル「ああ。だが色々は後回しだ」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191002194019j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191002194048j:plain

引用元――戦姫絶唱シンフォギアXV(原作:上松範康・金子彰史、ProjectシンフォギアXV)より抜粋】

 

 

 

響さん達の到着にキャロルさんも戦意を取り戻しました。

 

割りと現金だよな。さっきまで、ずっと寝っ転がりっ放しで見学だったのに。

 

それは言わないお約束です。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20191002194142j:plain

シェム・ハ「呪われた拳、神殺し。我の依代たる友の体を前に何とする?」

未来(じゃあ、私が誰かを困らせてたら響はどうするの?)

f:id:ayafumi-rennzaki:20191002194205j:plain

響「誰かを困らせる誰かがいるのなら、私は止める! この拳で!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191002194228j:plain

キャロル「俺達7人が揃った今なら、神の摂理を覆せる! 共に行くぞ!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191002194251j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191002194316j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191002194343j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191002194411j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191002194438j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191002194506j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191002194548j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191002194611j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191002194637j:plain

シェム・ハ「声を重ねて力を増したか。だが!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191002194710j:plain

シェム・ハ「まさか!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191002194743j:plain

引用元――戦姫絶唱シンフォギアXV(原作:上松範康・金子彰史、ProjectシンフォギアXV)より抜粋】

 

 

 

もう響に迷いはない。その拳を信念で振るう。

 

逆にシェム・ハさんは頼みとしている埒外物理での回復(リセット)が不発に終わりました。

 

ダメージキャンセルできなかった。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20191002194845j:plain

翼「不条理の執行に、無効化されない!?」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191002194912j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191002194938j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191002195006j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191002195029j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191002195055j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191002195117j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191002195142j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191002195208j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191002195236j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191002195302j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191002195328j:plain

引用元――戦姫絶唱シンフォギアXV(原作:上松範康・金子彰史、ProjectシンフォギアXV)より抜粋】

 

 

 

ダメージキャンセルできなくとも、やはりシェム・ハは強いな。

 

やはり単騎では、ちょっと相手になりませんね。

 

《神獣鏡》の性能も侮れない。ラスボスの装備だけある。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20191002195429j:plain

調「《神獣鏡》の輝きで!」

切歌「こっちが神殺しなら、あっちはシンフォギア殺しなのデス!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191002195458j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191002195525j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191002195549j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191002195609j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191002195633j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191002195708j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191002195732j:plain

引用元――戦姫絶唱シンフォギアXV(原作:上松範康・金子彰史、ProjectシンフォギアXV)より抜粋】

 

 

 

マリアさんが豪快に一太刀浴びせました。

 

ダメージキャンセル不能というだけじゃなく、どうも真っ当にダメージが通るみたいだ。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20191002204259j:plain

クリス「ホントに効いてやがる! これって《エクス・ドライブ》の力なのか?」

マリア「違う。だけど、まるで位相差障壁を突破するかのように!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191002204342j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191002204410j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191002204442j:plain

藤尭「検知エネルギー、振り切れました!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191002204501j:plain

友里「周辺脅威レベル増大! 神話級特異災害、開闢します!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191002204517j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191002204538j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191002204558j:plain

調「未来さんを依代とするシェム・ハは!」

切歌「ここからが本気みたいデスよ!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191002204619j:plain

エルフナイン(言うなればシェム・ハ決戦体! まさしくデウス・エクス・マキナとなって!)

f:id:ayafumi-rennzaki:20191002204640j:plain

引用元――戦姫絶唱シンフォギアXV(原作:上松範康・金子彰史、ProjectシンフォギアXV)より抜粋】

 

 

 

シンフォギアお約束の巨大化です。

 

1期~4期のラスボス、みんな巨大化しているからな。

 

「デウス・エクス・マキナ(機械仕掛けの神)」とは巧く喩えました。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20191002204736j:plain

シェム・ハ「我が欲したのは権威や力などではない。その先にある未来だ!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191002204805j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191002204829j:plain

シェム・ハ「我らであっても独立した個を備える以上、擦過して激突する」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191002204912j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191002204945j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191002205013j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191002205033j:plain

シェム・ハ「それでは完全なる存在とは言えぬ」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191002205100j:plain

シェム・ハ「神とはちゃんちゃら」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191002205119j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191002205144j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191002205203j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191002205225j:plain

引用元――戦姫絶唱シンフォギアXV(原作:上松範康・金子彰史、ProjectシンフォギアXV)より抜粋】

 

 

 

自身を「神とはちゃんちゃら(おかしい)」と、シェム・ハさんは自虐です。

 

というか、クリスがめっちゃ宇宙刑事シャイダーしているのだが。

 

最終バトルだけあり、パロディネタも全く遠慮しておりません。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20191002205327j:plain

シェム・ハ「故に我はこの実験場にて個の統合を試み、夢と見た」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191002205341j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191002205356j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191002205411j:plain

引用元――戦姫絶唱シンフォギアXV(原作:上松範康・金子彰史、ProjectシンフォギアXV)より抜粋】

 

 

 

Zガンダムのウェブライダーにおける突貫——通称・スカイバーのパロですね、これ。

 

先端にはジ・Oではなく、響だ。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20191002205501j:plain

シェム・ハ「誰もが痛みに傷付き、分かり合えぬ夜に涙しない未来のために!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191002205518j:plain

響「未来! 今度はちゃんと言葉にしたい!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191002205533j:plain

シェム・ハ「分かり合うことすらままならぬ不完全な言葉にか?」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191002205549j:plain

シェム・ハ「その言葉で伝えられぬお前への想いを秘めていたからこそ、この依代は刹那に我を受け入れたというのに!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191002205603j:plain

響「未来が」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191002205619j:plain

引用元――戦姫絶唱シンフォギアXV(原作:上松範康・金子彰史、ProjectシンフォギアXV)より抜粋】

 

 

 

2人とも、知らずに目尻から涙を流しています。

 

心の涙を堪え切れないという感じか。切ないな。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20191003060924j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191003060940j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191003060955j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191003061013j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191003061029j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191003061044j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191003061100j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191003061117j:plain

引用元――戦姫絶唱シンフォギアXV(原作:上松範康・金子彰史、ProjectシンフォギアXV)より抜粋】

 

 

 

翼がナイス・フォローだ。

 

それよりも、またしても珍妙な自律ロボが。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20191003061213j:plain

キャロル「今が好機だ!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191003061233j:plain

全員「オーバーブレイク!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191003061258j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191003061321j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191003061347j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191003061408j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191003061428j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191003061444j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191003061512j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191003061531j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191003061549j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191003061605j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191003061622j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191003061637j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191003061655j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191003061715j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191003061733j:plain未来「呪われた拳で私を殺すの?」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191003061751j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191003061811j:plain

シェム・ハ「フン」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191003061828j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191003061844j:plain

引用元――戦姫絶唱シンフォギアXV(原作:上松範康・金子彰史、ProjectシンフォギアXV)より抜粋】

 

 

 

強力な合体攻撃でしたが。

 

こういった絡め手は敵キャラならではだ。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20191003061939j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191003061956j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191003062017j:plain

シェム・ハ「無粋に足掻く! だが散り際は、白銀に煌めくがいい!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191003062034j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191003062052j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191003062111j:plain

引用元――戦姫絶唱シンフォギアXV(原作:上松範康・金子彰史、ProjectシンフォギアXV)より抜粋】

 

 

 

得意の埒外物理による「物質銀化」ビームです。

 

なんと、ここまでで番組開始から5分という。

 

たったの5分とは。もの凄い濃密な時間ですね。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20191003062208j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191003062232j:plain

響「キャロルちゃんの、黄金錬成?」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191003062249j:plain

シェム・ハ「錬金術を応用して? だが乱発叶わぬこの力に拮抗するとなると」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191003062326j:plain

エルフナイン『そう! 僕達2人の思い出を!』

f:id:ayafumi-rennzaki:20191003062351j:plain

エルフナイン『全て焼却すればぁー!!』

シェム・ハ「まさか諸共に」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191003062421j:plain

響「キャロルちゃん、エルフナインちゃん!」

キャロル「立花響! お前はどうする! 何を望む!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191003062449j:plain

響「私は、未来を奪いたい!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191003062515j:plain

響「人助けなんかじゃなく、私の我儘剥き出しの!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191003062543j:plain

キャロル「だったら手を伸ばし続けろ! いつかの俺にそうしたように!」

響「だけど、繋ぐこの手は呪われて、未来を殺す力が!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191003062606j:plain

キャロル「呪いと呪うそいつも呪い。その手にあるのは、見ず知らずの誰かの想いだぁ!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191003062634j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191003062653j:plain

引用元――戦姫絶唱シンフォギアXV(原作:上松範康・金子彰史、ProjectシンフォギアXV)より抜粋】

 

 

 

銀化ビームVS黄金錬成はキャロルに軍配だ。

 

響さんが建前を捨てて、本音を吐露しました。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20191003062800j:plain

響「想い」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191003062820j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191003062840j:plain

響「あぁああ、キャロルちゃん」

シェム・ハ「忌々しい。だが自分の全てを燃やし尽くしたようだな」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191003062859j:plain

マリア「ここまでなの?」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191003062918j:plain

引用元――戦姫絶唱シンフォギアXV(原作:上松範康・金子彰史、ProjectシンフォギアXV)より抜粋】

 

 

 

キャロルが戦闘不能になって絶体絶命か。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20191003063011j:plain

シェム・ハ「否! ここからだ!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191003063034j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191003063052j:plain

友里「惑星規模の地殻変動確認! いえ! これは」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191003063109j:plain

藤尭「《ユグドラシル》球殻からの推進噴射によって、地球の公転速度が加速しています!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191003063130j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191003063157j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191003063221j:plain

シェム・ハ「さぁ還るのだ。5000年前のあるべき形へ」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191003063235j:plain

引用元――戦姫絶唱シンフォギアXV(原作:上松範康・金子彰史、ProjectシンフォギアXV)より抜粋】

 

 

 

公転を加速させて、月を覆い隠すとは。力技にも程があります。

 

だが、それって他の太陽系惑星の公転にも影響が出ないか?

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20191003063337j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191003063355j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191003063410j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191003063431j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191003063453j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191003063516j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191003063537j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191003063603j:plain

引用元――戦姫絶唱シンフォギアXV(原作:上松範康・金子彰史、ProjectシンフォギアXV)より抜粋】

 

 

 

地球上の皆さんの意識が——

 

乗っ取られたっぽいな。

 

70億人の脳がリンケージして、生体端末ユニットのニューロン的な部品に。

 

人類補完計画の電子(電脳)バージョンといった感じか。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20191003063658j:plain

シェム・ハ「太陽放射による接続障害を抑制。ここに生体端末のネットワークは構築される」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191003063719j:plain

シェム・ハ「全人類に忍ばせたすべての命と力を統合し、一にして全なるシェム・ハにて凌辱してくれる」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191003063736j:plain

シェム・ハ「ッ!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191003063801j:plain

シェム・ハ「神殺し――その力にて接続より免れたか!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191003063822j:plain

引用元――戦姫絶唱シンフォギアXV(原作:上松範康・金子彰史、ProjectシンフォギアXV)より抜粋】

 

 

 

原罪から解放されている響さんのみが、生体端末ネットワークに組み込まれるのを免れました。やはり主人公ですね。

 

ここで、お待ちかねのOPが流れ始まる。

 

 

 

水樹奈々「METANOIA」MUSIC CLIP(Full Ver.) - YouTube

www.youtube.com

 

 

 

上のリンクから、奈々様の歌声を。

 

シリーズでも初だな、主人公単独とラスボスの「真の意味」での一騎打ちは。

 

ですね。今までは仲間の力を支えに戦っていましたから。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20191003063913j:plain

響「私は未来を取り戻す!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191003063936j:plain

シェム・ハ「能わず! その拳は呪いの積層・神殺し! 撃(打)てばこの身を殺して殺す!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191003063957j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191003064015j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191003064036j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191003064101j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191003064135j:plain

引用元――戦姫絶唱シンフォギアXV(原作:上松範康・金子彰史、ProjectシンフォギアXV)より抜粋】

 

 

 

グリグリ動くので、GIFで再現しました。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20191003065254g:plain

引用元――戦姫絶唱シンフォギアXV(原作:上松範康・金子彰史、ProjectシンフォギアXV)より抜粋】

 

 

 

問答も最高に燃え上がっている。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20191003065449j:plain

響「殺さない!

f:id:ayafumi-rennzaki:20191003065517j:plain

響「お父さんが教えてくれた! 呪いと祝福は裏表! あり方なんてどうとでも変えられる!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191003065548j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191003065621j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191003065650j:plain

響「変えてみせる!!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191003065726j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191003065758j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191003065831j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191003065906j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191003065946j:plain

シェム・ハ「断章の全てをこの身に集めたのだ! 人に遅れる道理など、ありはしない!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191003070028j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191003070103j:plain

響「だとしてもぉぉおおおッ!

f:id:ayafumi-rennzaki:20191003070157j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191003070307j:plain

引用元――戦姫絶唱シンフォギアXV(原作:上松範康・金子彰史、ProjectシンフォギアXV)より抜粋】

 

 

 

響、渾身の「だとしても」だ。

 

この場面もGIFでご覧ください。

 

両者の動きが熱い。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20191003070939g:plain

引用元――戦姫絶唱シンフォギアXV(原作:上松範康・金子彰史、ProjectシンフォギアXV)より抜粋】

 

 

 

そして響さんが優勢に。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20191003071152j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191003071230j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191003071312j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191003071332j:plain

響「私の想い! 未来への気持ち! 2000年の呪いよりもちっぽけだと、誰が決めたァッ!!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191003071352j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191003071419j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191003071505j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191003071539j:plain

引用元――戦姫絶唱シンフォギアXV(原作:上松範康・金子彰史、ProjectシンフォギアXV)より抜粋】

 

 

 

ついに――響の拳がシェム・ハを捉えた。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20191003071640j:plain人々「取り戻す――取り戻す」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191003071722j:plain

大統領「未来を」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191003071802j:plain

インド人「私達の」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191003071833j:plain

僧侶「明日を」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191003071903j:plain

弦十郎「この星の、明日を!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191003071941j:plain

シェム・ハ「ネットワークに障害が! なれど!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191003072020j:plain

引用元――戦姫絶唱シンフォギアXV(原作:上松範康・金子彰史、ProjectシンフォギアXV)より抜粋】

 

 

 

ネットワークの機能があっさりバグりました。

 

人類の心の繋がりが、それだけ強いという事だろうな、これは。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20191003072114j:plain

調「きっと、取り戻すんだ!」

切歌「それはきっと大切な」

マリア「本能が求め叫んでる!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191003072148j:plain

クリス「誰にも等しくあるために!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191003072211j:plain

翼「その手に束ねるんだ立花。お父様が見せてくれた人の価値を! 輝きを!!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191003072239j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191003072257j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191003072332j:plain

響「《バラルの呪詛》が消えた今! 隔たりなく繋がれるのは神様だけじゃない!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191003072355j:plain

引用元――戦姫絶唱シンフォギアXV(原作:上松範康・金子彰史、ProjectシンフォギアXV)より抜粋】

 

 

 

全ての人々の想いを拳に!

 

ネットワークを阻害したのみではなく、響は人類の力をその拳に束ねたのか。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20191003072524j:plain

シェム・ハ「束ねているのは人の、想い!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191003072556j:plain

響「神殺しなんかじゃない! 繋ぐこの手は、私のアームドギアだ!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191003072620j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191003072703j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191003072736j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191003072804j:plain

引用元――戦姫絶唱シンフォギアXV(原作:上松範康・金子彰史、ProjectシンフォギアXV)より抜粋】

 

 

 

3期、4期と拳でラスボスを撃破してきた響が、(神殺しの)拳を握らずに、開いた手の平で。

 

繋ぐ手こそが、響さんの本当の武器ですから。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20191003072900j:plain

5人「「「未来(みらい)を!」」」

響「未来(みく)を!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191003072924j:plain

全員「奪還するためにィー!!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191003072942j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191003073006j:plain

シェム・ハ「まさか、本当に呪いを上書いて!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191003073116j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191003073146j:plain

引用元――戦姫絶唱シンフォギアXV(原作:上松範康・金子彰史、ProjectシンフォギアXV)より抜粋】

 

 

 

決まりました。METANOIAです!

 

本来の意味が「方向転換」――しかしアナグラム(カタカナ読みの逆)では「アイノタメ」となる。

 

ハグしつつ、その手で魂を浄化しました。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20191003073240j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191003073310j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191003073338j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191003073407j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191003073437j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191003073504j:plain

響「そして、花咲く勇気で――」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191003073528j:plain

響「私の大好きを二度と手放さないために」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191003073553j:plain

引用元――戦姫絶唱シンフォギアXV(原作:上松範康・金子彰史、ProjectシンフォギアXV)より抜粋】

 

 

 

断章を全て393に集めていたから、シェム・ハさんはこれで消滅ですかね?

 

そう簡単にはいかないと思うが、次に戦ても響は負けないだろう。

 

これでシリーズの最終決戦も終わりました。

 

後はここから、どういったエンディングを迎えるのか。

 

13話Bパートもレビューしますので、どうかお付き合いを!

 

次で本当にシンフォギアシリーズが完結だ。

 

 

◆配信電子ストア◆

 

 

 

 

引用元――戦姫絶唱シンフォギアXV(原作:上松範康・金子彰史、ProjectシンフォギアXV)より抜粋】

f:id:ayafumi-rennzaki:20191002193531j:plain

※)引用したキャプチャ画像に関しては、著作権権利者様より異議申し立て・削除要請があれば、速やかに対処いたしますのでご承知置き願います。

  また、権利者様および各関係者様への敬意を忘れず、不利益にならない用法を心掛ける事を明記します。