アニメを斬る!

アニメ関連の話題をメインに、美少女DJ2名が会話形式でお送りする、仮想ラジオブログ!

アニメを斬る!

— 最 新 記 事 —
【旧OPと新訳を比較】Zガンダムの変形シーン(機構)の進化を振り返る【ガンプラ系YouTubeも紹介】
【アニメ第9話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode9 おはよう、金星の女神】
【初心者必見、動画つき】ダンベル何キロ持てる? 筋トレ講座(第12話)【シュラッグ&腕立て伏せ】
【アニメ第8話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode8 魔獣母神】
【初心者必見、動画つき】ダンベル何キロ持てる? 筋トレ講座(第11話)【アイソメトリックス&ブリッジ】
【アニメ第7話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode7 陽動作戦】
【初心者必見、動画つき】ダンベル何キロ持てる? 筋トレ講座(第10話)【スカルクラッシャー&インクラインベンチ】
【アニメ第6話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode6 天命の粘土板】
【初心者必見、動画つき】ダンベル何キロ持てる? 筋トレ講座(第9話)【ハンドグリップ&シーテッド・ローイング】
【アニメ第5話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode5 ギルガメッシュ紀行】
【アニメ第4話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode4 密林の呼び声】
【初心者必見、動画つき】ダンベル何キロ持てる? 筋トレ講座(第8話)【サイドベント&ランジ】
【アニメ第3話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode3 王と民】
【初心者必見、動画つき】ダンベル何キロ持てる? 筋トレ講座(第7話)【デッドリフト&サイドレイズ】
【アニメ第2話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode2 城塞都市ウルク】
【アニメ第1話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode1 絶対魔獣戦線バビロニア】
【初心者必見、動画つき】ダンベル何キロ持てる? 筋トレ講座(第6話)【アームレスリング&自重反動トレ】
【初心者必見、動画つき】ダンベル何キロ持てる? 筋トレ講座(第5話)【レッグカール&バイシクルクランチ】
【Episode13-2 神様も知らないヒカリで歴史を創ろう】戦姫絶唱シンフォギアXV 第13話(後【レビュー&感想】
【Episode13-1 神様も知らないヒカリで歴史を創ろう】戦姫絶唱シンフォギアXV 第13話(前【レビュー&感想】
※更新【個人的な面白さ】厳選お勧めアニメを紹介 ~ライトノベル原作編~【随時更新版】
【アニメ第0話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode 0 Initium Iter】
【初心者必見、動画つき】ダンベル何キロ持てる? 筋トレ講座(第4話)【チェストプレスマシン&ディップス】
※更新【2018年以降】厳選お勧めアニメを紹介 ~オリジナルアニメ編~【個人的な面白さ/随時更新版】
【Episode12 戦姫絶唱】戦姫絶唱シンフォギアXV 第12話【レビュー&感想】
【Episode11 ハジメニコトバアリキ】戦姫絶唱シンフォギアXV 第11話【レビュー&感想】
【Episode10 卑しき錆色に非ず】戦姫絶唱シンフォギアXV 第10話【レビュー&感想】
【初心者必見、動画つき】ダンベル何キロ持てる? 筋トレ講座(第3話)【ダンベルカール&フロントプレス】
【初心者必見、動画つき】ダンベル何キロ持てる? 筋トレ講座(第2話)【ラットプルダウン&プランク】
【Episode9 I am a father】戦姫絶唱シンフォギアXV 第9話【レビュー&感想】
【初心者必見、動画つき】ダンベル何キロ持てる? 筋トレ講座(第1話)【ベンチプレス&スクワット】
【Episode8 XV】戦姫絶唱シンフォギアXV 第8話【レビュー&感想】
【妖怪人間ベム】歴代アニメOPの比較と美少女化したJKなベラさん【令和版BEM】
【Episode7 もつれた糸を断ち切って】戦姫絶唱シンフォギアXV 第7話【レビュー&感想】
【Episode6 ゼノグラシア】戦姫絶唱シンフォギアXV 第6話【レビュー&感想】
【Episode5 かばんの隠し事】戦姫絶唱シンフォギアXV 第5話【レビュー&感想】
【響/翼/クリス】戦姫絶唱シンフォギアXV 変身バンク集【マリア/調/切歌】
【第1期~第4期】シンフォギアの歴代ラスボス&フィニッシュシーン GIFバージョン【無印/G/GX/AXZ】
【Episode4 花の名は、アマルガム】戦姫絶唱シンフォギアXV 第4話【レビュー&感想】
ヘッダー画像

【Episode12 戦姫絶唱】戦姫絶唱シンフォギアXV 第12話【レビュー&感想】

 

2800作品のアニメが見放題!

※)引用したキャプチャ画像に関しては、著作権権利者様より異議申し立て・削除要請があれば、速やかに対処いたしますのでご承知置き願います。 

  また、権利者様および各関係者様への敬意を忘れず、不利益にならない用法を心掛ける事を明記します。

 

――オンエア、START! 

 

 

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

適合者の皆さま、DJの淡雪も心の中で絶唱します!
第145回目の放送となる今回は、シンフォギアXV第12話「戦姫絶唱」をレビューいたしましょう。第1期12話のサブタイトルが「シンフォギア」である事を思えば、感慨深いサブタイトルですね。

           ※)メインDJ。14歳(中等部三年生)

 

お馴染み、助手の締里だ。ついにラス前になったぞ。
この回は恒例となっているED曲をバックにしてストーリーに入っていく。様式美を守りつつ、シリーズの集大成として盛り上がる事、必至だ。適合者の皆よ、私達と一緒に固唾を呑んで響達の戦いを見守ろう。

           ※)DJ助手。15歳(高等部一年生)

 

時系列が巻き戻る形で、この第12話は始まります。

 

驚愕かつ衝撃の月面タッグバトルが行われている間、地球はどうなっていたというと――

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20190924155432j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190924155451j:plain

藤尭「《ユグドラシル》の稼働確認! 地球中心各域に向かって潜行中!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190924155509j:plain

友里「みんなの頑張りで、《バラルの呪詛》は死守できているのに、なぜ《ユグドラシル》が?」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190924155526j:plain

藤尭「やっぱり、こいつの仕業だろうな」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190924155549j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190924155614j:plain

引用元――戦姫絶唱シンフォギアXV(原作:上松範康・金子彰史、ProjectシンフォギアXV)より抜粋】

 

 

 

シェム・ハに飲み込まれてしまった393。響さん達が帰還する前に地球を掌握してしまいそうです。

 

この地球規模での危機的状況、月にいる響達を当てには出来ない。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20190924155740j:plain

緒川「司令! どちらへ!?」

弦十郎「《装者》不在の今、あの神話級の超常に対抗できるのは」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190924155758j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190924155818j:plain

エルフナイン「待ってください! 対抗するって、どうするつもりですか?」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190924155844j:plain

エルフナイン「僕に考えがあります!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190924155907j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190924155928j:plain

引用元――戦姫絶唱シンフォギアXV(原作:上松範康・金子彰史、ProjectシンフォギアXV)より抜粋】

 

 

 

ここはキャロルしか有効な手札はないよな。

 

いくらOTONAでも《アルカ・ノイズ》を出されたら、それで終わりですし。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20190924160017j:plain

シェム・ハ「生々流転。間もなくである」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190924160037j:plain

シェム・ハ「この星の迷いを断ち、我が力へと改造した後には、彼方へと去った同胞の喉元へと攻め入ってやろうぞ」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190924160057j:plain

引用元――戦姫絶唱シンフォギアXV(原作:上松範康・金子彰史、ProjectシンフォギアXV)より抜粋】

 

 

 

393、悪人顔が割と似合っております。

 

台詞的に、他のカストディアン達を敵に据えての続編が作れそうだな。

 

劇場版や第6期の製作を期待してしまいます。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20190924160153j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190924160214j:plain

シェム・ハ「高鳴りが抑えられぬ。ああ、そうさな。人間共はこういう時に歌の1つでも口ずさむのであったな」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190924160235j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190924160300j:plain

シェム・ハ「ん? 果ての荒野に1人立つ者がいようとは」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190924160322j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190924160343j:plain

引用元――戦姫絶唱シンフォギアXV(原作:上松範康・金子彰史、ProjectシンフォギアXV)より抜粋】

 

 

 

堂々と一騎打ちを挑みに来た。

 

シェム・ハさんも応じます。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20190924160434j:plain

キャロル「怖いか?」

エルフナイン「あまりの怖さに腰が抜けそうです」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190924160457j:plain

エルフナイン「だけど! あの時未来さんは逃げなかった。だから僕も、怖くたって逃げたくありません。それに! 今の僕は1人じゃありません!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190924160515j:plain

シェム・ハ「向こう見ずな。我に歯向かう鈍付くがまだいようとは」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190924160535j:plain

エルフナイン「僕もそう思います」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190924160555j:plain

キャロル「それでも、俺の錬金術をナメてくれるな!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190924160615j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190924160633j:plain

引用元――戦姫絶唱シンフォギアXV(原作:上松範康・金子彰史、ProjectシンフォギアXV)より抜粋】

 

 

 

ここで前回の変身ではお見せしなかったGIFバージョンをご覧あれ。

 

こちらの方が完全版という事だな。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20190924161219g:plain

引用元――戦姫絶唱シンフォギアXV(原作:上松範康・金子彰史、ProjectシンフォギアXV)より抜粋】

 

 

 

3期ラスボスVS5期ラスボスの豪華対決だ。

 

フィーネさんの強さ解釈に幅があるので、実質的に最強の敵はこのキャロルさんという説が有力だったりします。もっとも今回は相手が悪過ぎですが。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20190924170922j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190924170955j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190924171024j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190924171055j:plain

シェム・ハ「粗忽だぞ。どこを狙っている?」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190924171118j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190924171143j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190924171212j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190924171237j:plain

シェム・ハ「悪くない考えだ。我でなく直接《ユグドラシル》主幹を狙うとは」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190924171305j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190924171325j:plain

引用元――戦姫絶唱シンフォギアXV(原作:上松範康・金子彰史、ProjectシンフォギアXV)より抜粋】

 

 

 

良い判断だ。

 

ええ。仮にシェム・ハさんを倒せても《ユグドラシル》が止まらなければ、本末転倒もいいところですからね。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20190924171427j:plain

緒川「神に挑むキャロルの錬金術」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190924171453j:plain

 弦十郎「だが、その力は、思い出を焼却する以上」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190924171519j:plain

引用元――戦姫絶唱シンフォギアXV(原作:上松範康・金子彰史、ProjectシンフォギアXV)より抜粋】

 

 

 

やっぱり今回も思い出(記憶)を焼却するのか。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20190924171635j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190924171659j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190924171726j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190924171754j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190924171818j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190924171849j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190924171919j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190924171947j:plain

シェム・ハ「バラ撒けば躱せぬとでも踏んだか? なれど人の業では撃ち堕とせぬ!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190924172022j:plain

引用元――戦姫絶唱シンフォギアXV(原作:上松範康・金子彰史、ProjectシンフォギアXV)より抜粋】

 

 

 

南極の棺と同じで、ダメージ無効化しました。

 

エルフナインが言う埒外物理というやつだな。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20190924172126j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190924172150j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190924172216j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190924172244j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190924172307j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190924172332j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190924172353j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190924172420j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190924172452j:plain

シェム・ハ「無意味だ。だがそれ以上に――目障りだ!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190924172524j:plain

引用元――戦姫絶唱シンフォギアXV(原作:上松範康・金子彰史、ProjectシンフォギアXV)より抜粋】

 

 

 

火力勝負では相手になりません。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20190924172632j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190924172653j:plain

キャロル「高くつくぞ、俺の歌はぁー!!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190924172718j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190924172744j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190924172811j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190924172839j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190924172911j:plain

シェム・ハ「動けぬ。鉄砲に緊縛するか」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190924173204j:plain

キャロル「恐るべきは、埒外の物理法則によるダメージの無効化」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190924173229j:plain

キャロル「だが、拘束に対してはどうだ?」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190924173248j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190924173305j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190924173320j:plain

キャロル「アルカ・ヘスタ!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190924173340j:plain

引用元――戦姫絶唱シンフォギアXV(原作:上松範康・金子彰史、ProjectシンフォギアXV)より抜粋】

 

 

 

バラ撒きと離脱は、これの為の罠だったのか。

 

花京院典明さんのスタンドを思い出しました。

 

ちなみに、この縛り方を「鉄砲縛り」という。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20190924173436j:plain

エルフナイン「僕に考えがあります。切札は《チフォージュ・シャトー》に備えられた、世界分解機能を限定的に再現し応用した錬金術です!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190924173456j:plain

弦十郎「確か、キャロルも言っていた。それで神に対抗できるとして」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190924173514j:plain

弦十郎「まさか、君は響君に代わって、友達殺しの罪を背負うつもりなのか!?」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190924173530j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190924173546j:plain

引用元――戦姫絶唱シンフォギアXV(原作:上松範康・金子彰史、ProjectシンフォギアXV)より抜粋】

 

 

 

必勝の錬金術があったんですね。

 

ここまでは完璧に作戦通りというわけか。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20190924173641j:plain

キャロル「人の概念などとうに解析済み! ならばそれ以外の不純物を神と定めて分解するまで。俺の錬金術をナメてくれるな!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190924173707j:plain

シェム・ハ「だが、言う程に簡単を成すには膨大なエネルギーが必要なはず。一体どこから」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190924173724j:plain

エルフナイン「思い出の焼却! 足りない分は、僕の思い出も一緒に燃やしてー!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190924173745j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190924173810j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190924173825j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190924173845j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190924173904j:plain

弦十郎「分解したのか? 神を、錬金術で!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190924173924j:plain

引用元――戦姫絶唱シンフォギアXV(原作:上松範康・金子彰史、ProjectシンフォギアXV)より抜粋】

 

 

 

未来成分(概念)を除いて分解とは、考えたな。

 

ですが、またしてもお二人の大切な思い出が。

 

エルフナインには新鮮な気持ちで、流しそうめんを再チャレンジしてもらおう。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20190924174019j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190924174037j:plain

キャロル「まさか、《神獣鏡》の凶払いで、俺の錬金術を!?」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190924174054j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190924174113j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190924174131j:plain

シェム・ハ「とどめ、は刺さずに捨て置いてやろう。神に肉薄した褒美だ。星の命が改造される様を、特等の席にて御覧じろ」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190924174149j:plain

キャロル「くっ。さっさと帰ってきやがれ、シンフォギアー!!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190924174207j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190924174224j:plain

引用元――戦姫絶唱シンフォギアXV(原作:上松範康・金子彰史、ProjectシンフォギアXV)より抜粋】

 

 

 

いい勝負でしたが、《神獣鏡》を忘れていました。

 

惜しかったな。

 

とはいっても、消魂状態で発揮できる力が万分の一以下のシェム・ハさんですからね。

 

頭脳的という意味合いでは、シリーズで最高のバトルだった。

 

3期ラスボスの面目躍如という内容でした。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20190925080819j:plain

シェム・ハ「頃合いだ。いきり立て」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190925080852j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190925080921j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190925081000j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190925081033j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190925081106j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190925081138j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190925081207j:plain

洸「何があっても、もう逃げない! 約束する!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190925081232j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190925081259j:plain

引用元――戦姫絶唱シンフォギアXV(原作:上松範康・金子彰史、ProjectシンフォギアXV)より抜粋】

 

 

 

サクッと立花家の絆が再生された。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20190925081406j:plain

緒川「この大量反応は、《バラルの呪詛》はまだ解かれてないというのに、どうして!?」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190925081436j:plain

友里「ほぼ同タイミングにて、風鳴邸地下電算室からのハッキングを確認! 各地のコンピューター施設からの被害報告多数!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190925081458j:plain

藤尭「まさか、人類の脳を使わずとも、シェム・ハは現代の演算端末ネットワークシステムを応用して!?」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190925081522j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190925081545j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190925081609j:plain

友里「外部からの攻撃に左舷の一部が損傷! 浸水が始まっています!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190925081642j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190925081725j:plain

藤尭「《ユグドラシル》があちこちに! 鎌倉の1本じゃない! 世界中に《ユグドラシル》が!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190925081813j:plain

緒川「攻略は失敗。このままでは月にいる皆さんの救出どころか」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190925081836j:plain

引用元――戦姫絶唱シンフォギアXV(原作:上松範康・金子彰史、ProjectシンフォギアXV)より抜粋】

 

 

 

どうやら生体端末としての人類は、もう不要みたいです。

 

人類の英知の結晶だよな、インターネット。

 

それから、それを生活レベルにまで普及させたスマートフォンですね。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20190925081935j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190925082013j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190925082051j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190925082129j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190925082224j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190925082300j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190925082335j:plain

引用元――戦姫絶唱シンフォギアXV(原作:上松範康・金子彰史、ProjectシンフォギアXV)より抜粋】

 

 

 

ここまでで、前回のラストです。

 

さあ、時系列が前に進むぞ。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20190925082450j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190925082523j:plain

ヴァネッサ「始まったようね」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190925082602j:plain

響「あれが! あんなのが、ヴァネッサさんの望んだ、みんなと仲良くなれる世界なんですか!?」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190925082633j:plain

ヴァネッサ「人間に戻れない完全怪物となった今、この身を苛む孤独を埋めるには、全てを怪物にして仲良くするしかないじゃない」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190925082703j:plain

クリス「くっ、お前達が言う分かり合うって!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190925082738j:plain

ヴァネッサ「そうよ! そのためにシェム・ハは星と命を作り替え、私達は封じられたシェム・ハの力を取り戻すため《バラルの呪詛》を解除するの!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190925082807j:plain

エルザ「ヴァネッサ、戦うでありますか」

ヴァネッサ「戦うわ。だからエルザちゃんは下がってなさい。お姉ちゃん判断よ」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190925082840j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190925082911j:plain

引用元――戦姫絶唱シンフォギアXV(原作:上松範康・金子彰史、ProjectシンフォギアXV)より抜粋】

 

 

 

ヴァネッサさん、もう自棄になっています。

 

対して、エルザは戦意喪失しているな。明らかに乗り気ではない。

 

獣耳が垂れていますからね。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20190925083022j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190925083056j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190925083130j:plain

響「だったら私は、私達は!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190925083210j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190925083253j:plain

クリス「温もりと厳しさも繋がりも、全部をくれた場所を守るために!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190925083331j:plain

引用元――戦姫絶唱シンフォギアXV(原作:上松範康・金子彰史、ProjectシンフォギアXV)より抜粋】

 

 

 

クリスの迷いが吹っ切れた。

 

そして3度目の変身バンクです。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20190925083458j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190925083541j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190925083628j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190925083712j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190925083747j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190925083819j:plain

引用元――戦姫絶唱シンフォギアXV(原作:上松範康・金子彰史、ProjectシンフォギアXV)より抜粋】

 

 

 

【ノーブルレッド】最後の1人にして、リーダー的な存在であるヴァネッサとの最後の戦いだ。もう次はない。これで決着だ。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20190925083924j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190925084000j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190925084042j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190925084104j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190925084149j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190925084232j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190925084332j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190925084416j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190925084457j:plain

ヴァネッサ「奪われた未来を取り戻すため! 私達は先に進む!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190925084531j:plain

ヴァネッサ「元に戻るとか帰るとか! そういうのはもう必要としないのよ!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190925084612j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190925084655j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190925084737j:plain

響「正中線に、打たせてくれない!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190925084818j:plain

引用元――戦姫絶唱シンフォギアXV(原作:上松範康・金子彰史、ProjectシンフォギアXV)より抜粋】

 

 

 

真正面から響さんに一矢を報いるとは。これは天晴れです。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20190925084930j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190925085010j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190925085050j:plain

引用元――戦姫絶唱シンフォギアXV(原作:上松範康・金子彰史、ProjectシンフォギアXV)より抜粋】

 

 

 

女王蜂みたいなフォルムに。

 

いやいや、砲撃主体ではなく、響と近接戦で互角なんだから、副腕付きの軽装の方が総合的に戦術としては正しいと思うのだが。

 

これだと近距離や懐で、小回り利きませんしね。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20190925085153j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190925085230j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190925085318j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190925085347j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190925085412j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190925085449j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190925085522j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190925085553j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190925085624j:plain

ミラアルク「助太刀するぜぇー!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190925085657j:plain

引用元――戦姫絶唱シンフォギアXV(原作:上松範康・金子彰史、ProjectシンフォギアXV)より抜粋】

 

 

 

ミラアルクさん、このミニ状態でも加勢とは。

 

心意気には頭が下がるが、ぶっちゃけ無謀だよな。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20190925090025j:plain

クリス「うわっ! 邪魔だ!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190925090056j:plain

クリス「しまった! 懐に!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190925090134j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190925090212j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190925090252j:plain

響「クリスちゃん! 一緒に!」

クリス「あたしに接近戦をか!?」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190925090334j:plain

ミラアルク&エルザ「「ヴァネッサ!」」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190925090408j:plain

引用元――戦姫絶唱シンフォギアXV(原作:上松範康・金子彰史、ProjectシンフォギアXV)より抜粋】

 

 

 

優勢なのに、心配されるヴァネッサさんとは。

 

戦闘内容を考えると、彼女が3人で最弱かもな。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20190925090533j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190925090615j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190925090703j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190925090736j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190925090827j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190925090927j:plain

引用元――戦姫絶唱シンフォギアXV(原作:上松範康・金子彰史、ProjectシンフォギアXV)より抜粋】

 

 

 

防御特化の《コクーン》で突貫するとはな。

 

割と盲点的な使用法ではあります。

 

打撃でダメージというよりも、ビームの暴発を狙ったのだろう。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20190925091043j:plain

調「どこかで戦闘が!」

切歌「きっと近いデスよ」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190925091117j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190925091150j:plain

引用元――戦姫絶唱シンフォギアXV(原作:上松範康・金子彰史、ProjectシンフォギアXV)より抜粋】

 

 

 

これで全員が合流しました。

 

すでに《アマルガム》は発動済み。ここからお待ちかね、第二形態である《イマージュ》のお披露目だ。

 

最後の1人、クリスさんですね!

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20190925091253j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190925091332j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190925091357j:plain

ヴァネッサ「生きる! 足掻く!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190925091435j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190925091515j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190925091549j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190925091618j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190925091651j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190925091725j:plain

マリア「リフレクターを先端に?」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190925091759j:plain

引用元――戦姫絶唱シンフォギアXV(原作:上松範康・金子彰史、ProjectシンフォギアXV)より抜粋】

 

 

 

やっぱり最弱はヴァネッサさんでしたね。

 

エルザ、ミラアルクは合体技で撃破されたが、ヴァネッサだけクリスとの一騎打ちで、しかも必殺技なしで完敗するとは。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20190925091905j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190925091948j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190925092023j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190925092101j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190925092135j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190925092213j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190925092249j:plain

ヴァネッサ「それでも、私達は、怪物なんかに――」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190925092329j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190925092359j:plain

引用元――戦姫絶唱シンフォギアXV(原作:上松範康・金子彰史、ProjectシンフォギアXV)より抜粋】

 

 

 

このままでは宇宙に放り出されてしまいます。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20190925092504j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190925092547j:plain

ヴァネッサ「なりたくなかった!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190925092609j:plain

クリス「くらいやがれぇ~~!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190925092649j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190925092722j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190925092758j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190925092838j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190925092905j:plain

引用元――戦姫絶唱シンフォギアXV(原作:上松範康・金子彰史、ProjectシンフォギアXV)より抜粋】

 

 

 

クリスがカットイン技で、3人を救った。

 

響さんが色々と特別で例外なだけで、純粋なフォニックゲインだとクリスさんが《装者》の中で随一ですからね。

 

3期でエルフナインがそう評していたな。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20190925132031j:plain

ヴァネッサ「どうして、助けたの」

クリス「助けたわけじゃねえ。ただ。本当に今よりここより先に進むもうと願うのなら、なおのこと帰る場所ってのが大切なんだって伝えたかった」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190925132106j:plain

クリス「あたしは考え過ぎるから、きっとまた迷ったりするかもしれない。だけど! 帰る場所があるから、立ち直って先に進んでいける。それはあんただって」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190925132146j:plain

エルザ「もうやめるであります。心まで怪物にしないためにも」

ミラアルク「うちも、弱さを言い訳に、自分の心を殺すのは、沢山だぜ」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190925132300j:plain

ヴァネッサ「帰る場所、私の家族」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190925132339j:plain

引用元――戦姫絶唱シンフォギアXV(原作:上松範康・金子彰史、ProjectシンフォギアXV)より抜粋】

 

 

 

これで、今度こそ3人は敵ではなくなった、か。

 

贖罪は残っていますが、分かり合えますよ。

 

真に悪いのは訃堂のジジイだしな。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20190925132445j:plain

シェム・ハ「だが、茶番は終わり。ここまでだ」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190925132521j:plain

シェム・ハ「忌々しきネットワークジャマーも手ずから葬らせてもらう」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190925132610j:plain

エンキ「まさか! シェム・ハか!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190925132656j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190925132733j:plain

シェム・ハ「この者を完全怪物と再生させた際に、我の一部を滑り込ませていたのだ」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190925132809j:plain

引用元――戦姫絶唱シンフォギアXV(原作:上松範康・金子彰史、ProjectシンフォギアXV)より抜粋】

 

 

 

神なのに寛大どころか姑息ですね。

 

コイツも性根は訃堂と変わらないクズだな。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20190925132929j:plain

ヴァネッサ「くっ、た、頼む、神殺し。その拳でシェム・ハを討て」

響「そんなことしたら、ヴァネッサさんまで」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190925133031j:plain

ヴァネッサ「私はもう、誰にも利用されたく、ない」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190925133109j:plain

ミラアルク「頼むぜ!」

エルザ「頼むで、あります!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190925133152j:plain

ヴァネッサ「神殺し! 頼む!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190925133217j:plain

引用元――戦姫絶唱シンフォギアXV(原作:上松範康・金子彰史、ProjectシンフォギアXV)より抜粋】

 

 

 

また、響さんが十字架を背負ってしまいます。

 

主人公のサダメだ。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20190925134441g:plain

引用元――戦姫絶唱シンフォギアXV(原作:上松範康・金子彰史、ProjectシンフォギアXV)より抜粋】

 

 

 

間に合うか?

 

厳しいタイミングです。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20190925134654j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190925134803j:plain

響「ぅうわぁぁあああああ!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190925134858j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190925134945j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190925135026j:plain

エンキ「くっ、ウイルスプログラム! シェム・ハの断章を打ち込まれたか!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190925135059j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190925135136j:plain

シェム・ハ「恐ろしきかな神殺しの拳。だが、その躊躇がもたらす未来がこれだ」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190925135209j:plain

ミラアルク「ヴァネッサぁ」

響「ヴァネッサさん!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190925135257j:plain

引用元――戦姫絶唱シンフォギアXV(原作:上松範康・金子彰史、ProjectシンフォギアXV)より抜粋】

 

 

 

辛い結末になってしまいました。

 

神殺しの拳――色々と重いよな。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20190925135424j:plain

ヴァネッサ「情けない顔しないの。あなたは守ったのよ」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190925135501j:plain

ヴァネッサ「呪われた拳で、私達の誇りを守ってくれた」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190925135743j:plain

マリア「教えて、何が起こっているの?」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190925135828j:plain

エンキ「このままではここ【マルドゥーク】は新たなシェム・ハと再生!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190925135912j:plain

シェム・ハ「このようにな」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190925135943j:plain

引用元――戦姫絶唱シンフォギアXV(原作:上松範康・金子彰史、ProjectシンフォギアXV)より抜粋】

 

 

 

呆気なくシステムごと全てハッキングされてしまうとは。

 

エンキの意思(遺志)はここで潰えた。無念だ。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20190925140043j:plain

シェム・ハ「万謝するぞ人間。1年前のあの日、刹那に人が1つに繋がったことで、我は蘇り、【メガラリカ】からの浮上を果たせた」

マリア「1年前。はっ! 月の落下を止めるために、世界中の人類がappleに繋がれたから!?」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190925140126j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190925140205j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190925140236j:plain

マリア「じゃあ父祖の地のあの歌は一体」

シェム・ハ「形を変えて現代に残る、統一言語の断片。その成れの果てだ」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190925140310j:plain

翼「人は、1つに繋がれないのではなく」

マリア「繋がっては、いけなかった!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190925140337j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190925140405j:plain

シェム・ハ「だが真実を知った所で、お前達は月遺跡ごと吹き飛ばされる運命!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190925140439j:plain

クリス「このままだと地球に帰還どころか、宇宙の藻屑だ」

切歌「ギアを! ギアを纏うデスよ!」

調「ギアを纏ったってどうしようも」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190925140512j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190925140543j:plain

引用元――戦姫絶唱シンフォギアXV(原作:上松範康・金子彰史、ProjectシンフォギアXV)より抜粋】

 

 

 

appleの謎も明かされました。

 

第2期のラストバトルそのものが伏線になっていたとは、驚いた。

 

これはもう絶体絶命では?

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20190925140651j:plain

シェム・ハ「爽快である。忌々しきは全て塵芥に。怪物共は実に役立ってくれた。後は月食に合わせて」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190925140712j:plain

シェム・ハ「ッ!!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190925140740j:plain

引用元――戦姫絶唱シンフォギアXV(原作:上松範康・金子彰史、ProjectシンフォギアXV)より抜粋】

 

 

 

シェム・ハが異常を察知した。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20190925140835j:plain

響「こ、これは?」

エルザ「わたくしめら3人が形成する、全長38万kmを超える哲学の迷宮は!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190925140859j:plain

ミラアルク「遺跡ボカンの衝撃を遮断するだけでなく、空間を捻じ曲げて地球への道を! 切り開くんだぜ!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190925140921j:plain

引用元――戦姫絶唱シンフォギアXV(原作:上松範康・金子彰史、ProjectシンフォギアXV)より抜粋】

 

 

 

大方の予想通り《ダイダロス・エンド》を利用しての帰還でした。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20190925141017j:plain

ヴァネッサ「勘違いしないで。これは怪物が苦し紛れにかける呪い。鼻持ちならない正義の味方に、手遅れとなった地球を見せつけたいだけの、ちっぽけな抵抗」

響「うん。だけど、ありがとう。呪いはきっと祝福に変えられる。お父さんがそう言ってたし、私も信じて疑わない」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190925141041j:plain

エルザ「どうやら、わたくしめ等は」

ミラアルク「ここまでのようだぜ」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190925141104j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190925141128j:plain

調「3人の想い、確かに受け止めた!」

切歌「そして、それを背負うのがお気楽者の使命なのデス!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190925141151j:plain

クリス「ああ、確かに届けてやる。あたし達の帰る場所に!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190925141211j:plain

ヴァネッサ「どいつもこいつも、大嫌いよ。シンフォギア装者、私達を怪物にすらさせてくれないなんて」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190925141235j:plain

ヴァネッサ「ありがとう――」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190925141258j:plain

引用元――戦姫絶唱シンフォギアXV(原作:上松範康・金子彰史、ProjectシンフォギアXV)より抜粋】

 

 

 

ここで3名は綺麗に退場だ。

 

罪を犯し、血でその手を汚しましたが、最後は救われたのではないでしょうか?

 

悪役ではあったが、悪ではなく、他人の悪意に翻弄され、利用された悲哀に満ちた人生だったからな。

 

流石に虐殺の当事者であった、翼さんとマリアさんは声掛けできませんでした。

 

特に、翼は心中複雑だろうな。実行させたのは訃堂だと分かっているだけに。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20190925141350j:plain

翼「誰かと手を繋ぐこと、こんなにも勇気が必要だったんだな。それを、私は」

響「翼さん!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190925141412j:plain

引用元――戦姫絶唱シンフォギアXV(原作:上松範康・金子彰史、ProjectシンフォギアXV)より抜粋】

 

 

 

これで翼さんも響さんと手を繋ぎました。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20190925141502j:plain

マリア「こんなになった地球を見ると、どこに帰還したらいいか分からないわ」

翼「この星に生きる命は」

響「みんなは!?」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190925141522j:plain

友里『こちら本部! 応答願います!』

f:id:ayafumi-rennzaki:20190925141540j:plain

藤尭『ボロボロなれどこちらは無事! そして無事なのは本部だけじゃない!』

f:id:ayafumi-rennzaki:20190925141602j:plain

弦十郎「ネットワークシステムを利用した演算で《ユグドラシル》を起動するならば、ネットワークから妨害することも可能!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190925141621j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190925141645j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190925141712j:plain

マリア「まさか、【エシュロン】を利用して、各所にファイヤーウォールの設置を!?」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190925141742j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190925141806j:plain

大統領「米国大統領の名において、非常事態宣言を発動する!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190925141838j:plain

大統領「腕に覚えのある者、並びに各国機関は、世界規模で発生しているハッキングに対抗せよ! 各端末の演算機能を死守することで、これ以上の侵食を阻止できる! 人類の総力で押し留めるんだ!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190925141858j:plain

引用元――戦姫絶唱シンフォギアXV(原作:上松範康・金子彰史、ProjectシンフォギアXV)より抜粋】

 

 

 

統一言語で繋がれなくても。

 

プログラミング言語で繋がれたな。

 

人類の心が、まさに1つに!

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20190925141953j:plain

翼「それでも、この連携は!?」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190925142015j:plain

総司「生前の八紘殿の指示により、事あらば協力を要請する書簡を、各国指導者の下へ届けるべく奔走していたのだ」

捨犬「さすがにこの事態は想定外だけど~~」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190925142041j:plain

捨犬「それでも、うちの店にいるIT関連の太客達に、手伝ってもらったのさ」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190925142103j:plain

緒川「兄上! 捨君! 痛み入ります!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190925142123j:plain

翼「繋がれぬ運命を背負いながら、それでも人は、世界は繋がっていく」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190925142145j:plain

翼「ああ、防人が人を守るのは、弱いからではなく、その勇気。果て無き強さが尊いからなのですね、――お父様」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190925142201j:plain

引用元――戦姫絶唱シンフォギアXV(原作:上松範康・金子彰史、ProjectシンフォギアXV)より抜粋】

 

 

 

緒川家の詳細についてはゲームシナリオにて!

 

やはり八紘はあの時、亡くなっているんだな。

 

実は生きていたという線は、残念ですが完全消滅です。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20190925142303j:plain

響「みんな、《エクス・ドライブ》だ!」

クリス「だけど、可能とするだけのフォニックゲインは?」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190925142323j:plain

響「信じよう! 私達の胸の歌を! シンフォギアを!」

藤尭『軌道算出、ですが』

f:id:ayafumi-rennzaki:20190925142339j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190925142357j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190925142414j:plain

引用元――戦姫絶唱シンフォギアXV(原作:上松範康・金子彰史、ProjectシンフォギアXV)より抜粋】

 

 

 

最後の絶唱です。

 

6名の美しい歌声が響く。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20190925142505j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190925142524j:plain

藤尭「この突入角では」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190925142546j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190925142604j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190925142626j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190925142650j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190925142713j:plain

緒川「やはり《エクス・ドライブ》を起動させるだけのフォニックゲインは」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190925142728j:plain

引用元――戦姫絶唱シンフォギアXV(原作:上松範康・金子彰史、ProjectシンフォギアXV)より抜粋】

 

 

 

バリアが割れて、このままでは。

 

ここでOP曲である『METANOIA』のイントロが流れ出す。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20190925142822j:plain

シェム・ハ「月からの帰還とは驚嘆に値する。なれどここまでよ」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190925142842j:plain

シェム・ハ「流れ星」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190925142903j:plain

シェム・ハ「堕ちて、燃えて」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190925142927j:plain

シェム・ハ「尽きて

f:id:ayafumi-rennzaki:20190925142952j:plain

引用元――戦姫絶唱シンフォギアXV(原作:上松範康・金子彰史、ProjectシンフォギアXV)より抜粋】

 

 

 

この台詞は、第1期13話のサブタイトル。

 

「流れ星、墜ちて燃えて尽きて、そして―」だな。

 

つまり、この先を言うのは!

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20190925143045j:plain

響「そしてぇぇ~~!!

f:id:ayafumi-rennzaki:20190925143111j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190925143132j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190925143154j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190925143214j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190925143236j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190925143259j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190925143333j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190925143355j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190925143420j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190925143443j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190925143503j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190925143524j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190925143540j:plain

引用元――戦姫絶唱シンフォギアXV(原作:上松範康・金子彰史、ProjectシンフォギアXV)より抜粋】

 

 

 

ついに出ました、《エクス・ドライブ》です!

 

メインビジュアルにあった流れ星も回収だ。

 

様式美であるOP曲がスタッフロールと共に。

 

最後のXDは炎めいたオーラを纏っている。

 

歌舞伎役者みたいなオサレ的ポーズも最高です。

 

プロデューサー、このシーンだけでも飽きずに30分くらいリピートしていたくらいだしな。

 

次回、いよいよシリーズのオーラスです。

 

本音では完結せず、第6期へと続いて欲しいぞ。

 

 

◆配信電子ストア◆

 

 

 

 

引用元――戦姫絶唱シンフォギアXV(原作:上松範康・金子彰史、ProjectシンフォギアXV)より抜粋】

f:id:ayafumi-rennzaki:20190923223646j:plain

※)引用したキャプチャ画像に関しては、著作権権利者様より異議申し立て・削除要請があれば、速やかに対処いたしますのでご承知置き願います。

  また、権利者様および各関係者様への敬意を忘れず、不利益にならない用法を心掛ける事を明記します。