アニメを斬る!

アニメ関連の話題をメインに、美少女DJ2名が会話形式でお送りする、仮想ラジオブログ!

アニメを斬る!

【Episode7 もつれた糸を断ち切って】戦姫絶唱シンフォギアXV 第7話【レビュー&感想】

 

2800作品のアニメが見放題!

※)引用したキャプチャ画像に関しては、著作権権利者様より異議申し立て・削除要請があれば、速やかに対処いたしますのでご承知置き願います。 

  また、権利者様および各関係者様への敬意を忘れず、不利益にならない用法を心掛ける事を明記します。

 

――オンエア、START! 

 

 

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

熱き適合者の皆さま、DJの淡雪が本日も頑張りますよ。
第136回目の放送となる今回は、シンフォギアXV第7話「もつれた糸を断ち切って」をレビューいたしましょう。サブブログの更新を再開した影響もあり、週一ペースでの記事アップになっています。ご容赦ください。

           ※)メインDJ。14歳(中等部三年生)

 

適合者の皆よ、お盆ボケがないようにな。助手の締里だ。
このシンフォギアのレビュー記事、想定よりも手間暇が掛かってしまい、メインブログはこれだけで手一杯という惨状だ。しかし当ブログの1番推しはシンフォギア。手抜きな内容には決してできないからな。

           ※)DJ助手。15歳(高等部一年生)

 

プロデューサーの少ない休日が、このレビュー記事で丸々潰れていますが、それでも後悔はなし、と断言していましたから。

 

今のところ、完璧ともいえる熱い展開だ。

 

前回の続き、ですが少しだけ時系列が巻き戻ります。

 

シャトー内部で「神の力」を起動したシーンになる。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821092211j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821092229j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821092252j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821092313j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821092336j:plain

引用元――戦姫絶唱シンフォギアXV(原作:上松範康・金子彰史、ProjectシンフォギアXV)より抜粋】

 

 

 

便利ですね、この精神侵食。

 

幻覚だったり洗脳だったり、使い勝手が良い。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821092453j:plain

ミラアルク「バイオパターン照合」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821092516j:plain

ミラアルク「さぁ、認証を突破してもらうぜ」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821092537j:plain

エルフナイン「その庭に咲き誇るは、ケントの花。知恵の実結ぶ、ディーンハイムの証なり」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821092655j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821092723j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821092746j:plain

エルザ「稼働は順調。廃棄されたとはいえ高密度のエネルギー体。これを利用しない手は、ないであります!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821092916j:plain

引用元――戦姫絶唱シンフォギアXV(原作:上松範康・金子彰史、ProjectシンフォギアXV)より抜粋】

 

 

 

ディーンハイムって言ったな、エルフナイン。

 

ええ。キャロル・マールス ・ディーンハイムがフルネーム。やはりキャロルさんはエルフナインさんの中で息づいています。

 

シャトーが起動し、腕輪とリンクしている様だ。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821093036j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821093742j:plain

ミラアルク「そしてこいつの利用価値はこれまでだぜ。後は心を破壊して」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821093806j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821093829j:plain

キャロル『これ以上、俺を覗き込むな!』

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821093851j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821093920j:plain

エルザ「どうしたでありますか?」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821093938j:plain

ミラアルク「な…ッ! こいつ何を」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821094003j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821094025j:plain

引用元――戦姫絶唱シンフォギアXV(原作:上松範康・金子彰史、ProjectシンフォギアXV)より抜粋】

 

 

 

やはりキャロルさんは生きていました。

 

伏線、張りまくりだったもんな。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821094414j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821094437j:plain

エルザ「制御不能! 腕輪から抽出されるエネルギーが抑えられないであります! このままでは」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821094500j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821094521j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821094539j:plain

引用元――戦姫絶唱シンフォギアXV(原作:上松範康・金子彰史、ProjectシンフォギアXV)より抜粋】

 

 

 

ここで第6話のラストと繋がるぞ。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821094649j:plain

弦十郎「何が起きている?」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821094719j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821094743j:plain

マリア「まさか、《チフォージュ・シャトー》が稼働しているの?」

クリス「こいつら、廃棄施設をアジト代わりに使ってやがったのか!?」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821094818j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821094844j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821094904j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821094929j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821094955j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821095014j:plain

引用元――戦姫絶唱シンフォギアXV(原作:上松範康・金子彰史、ProjectシンフォギアXV)より抜粋】

 

 

 

目を離した隙にミドルキックを食らった。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821100314j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821100332j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821100348j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821100408j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821100427j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821100447j:plain

クリス「逃すか!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821100505j:plain

ヴァネッサ「フンガー!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821100522j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821100541j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821100603j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821100620j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821100638j:plain

マリア「どこまで奔放なの!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821100656j:plain

ヴァネッサ「ビックリさせちゃった? だけど、こちらも同じくらい驚いているのよ」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821100714j:plain

引用元――戦姫絶唱シンフォギアXV(原作:上松範康・金子彰史、ProjectシンフォギアXV)より抜粋】

 

 

 

立ち直りが早いですね、ヴァネッサさん。

 

それから『怪物くん』パロディーも炸裂したな。

 

ガンス、よりも強引な「フンガー」でした。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821100809j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821100829j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821100851j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821100914j:plain

引用元――戦姫絶唱シンフォギアXV(原作:上松範康・金子彰史、ProjectシンフォギアXV)より抜粋】

 

 

 

この転送での逃亡は、かなりチートですね。

 

止める手段がないもんな。文字通りインチキだ。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821101008j:plain

クリス『本部! 状況を教えてくれ!』

藤尭「先日観測した、同パターンの《アウフヴァッヘン波形》を確認!」

友里「腕輪の起動によるものだと思われます!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821101026j:plain

弦十郎「これがシェムハ。アダムの予言した復活のアヌンナキ」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821101044j:plain

友里「そちらに向かっていた翼さん達を、至急対応に向かわせました」

藤尭「《イチイバル》、《アガートラーム》も至急合流されたし!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821101103j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821101121j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821101143j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821101203j:plain

引用元――戦姫絶唱シンフォギアXV(原作:上松範康・金子彰史、ProjectシンフォギアXV)より抜粋】

 

 

 

超破壊力のビームです。薙ぎ払っています。

 

そして毎度のごとくヘリでの現場急行だ。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821101258j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821101325j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821101348j:plain

翼「敵は大筒・国崩し! ヘリで詰められる間合いには限りがある!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821101409j:plain

調「それでも、ここまで来られたら」

切歌「充分デス!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821101430j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821101448j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821101513j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821101538j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821101553j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821101624j:plain

引用元――戦姫絶唱シンフォギアXV(原作:上松範康・金子彰史、ProjectシンフォギアXV)より抜粋】

 

 

 

ビームがヘリに直撃していたら、終わりでしたね。

 

今日の変身バンクとヴォーカル担当は切歌だ。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821101732j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821101800j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821101822j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821101849j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821101912j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821101934j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821101956j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821102020j:plain

引用元――戦姫絶唱シンフォギアXV(原作:上松範康・金子彰史、ProjectシンフォギアXV)より抜粋】

 

 

 

やはり響さんだけ別格という感じです。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821102119j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821102146j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821102210j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821102227j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821102249j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821102309j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821102328j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821102353j:plain

翼「機動性においてはこちらに分がある!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821102414j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821102436j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821102501j:plain

引用元――戦姫絶唱シンフォギアXV(原作:上松範康・金子彰史、ProjectシンフォギアXV)より抜粋】

 

 

 

洗脳されかかっている不安もなんのその、だな。

 

素晴らしいリーダーシップを発揮しています。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821102555j:plain

翼「まずは距離を取りつつの威力偵察だ! いけるな?」

調「はい!」

切歌「デース!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821102620j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821102645j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821102709j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821102734j:plain

藤尭「《装者》応戦! ですが」

友里「高次元の存在相手に、有効な一撃を見舞えていません!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821102804j:plain

弦十郎「ああ」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821102824j:plain

引用元――戦姫絶唱シンフォギアXV(原作:上松範康・金子彰史、ProjectシンフォギアXV)より抜粋】

 

 

 

流石に相手は神だけある。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821102919j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821102942j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821103011j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821103036j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821103106j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821103132j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821103202j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821103224j:plain

引用元――戦姫絶唱シンフォギアXV(原作:上松範康・金子彰史、ProjectシンフォギアXV)より抜粋】

 

 

 

切歌さん、大ピンチです。

 

新技の《凶鎖スタaa魔忍イイ》って、どう読むんだ?

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821103323j:plain

調「切ちゃん!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821103346j:plain

弦十郎「神を殺すのはやはり――」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821103409j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821103430j:plain

引用元――戦姫絶唱シンフォギアXV(原作:上松範康・金子彰史、ProjectシンフォギアXV)より抜粋】

 

 

 

ここで頼りになるのは――

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821104813j:plain

響「ほぉぉぉおおおおおおッ!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821104840j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821104907j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821104939j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821105006j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821105035j:plain

弦十郎「神殺しの拳!

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821105102j:plain

切歌「響さん!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821105128j:plain

引用元――戦姫絶唱シンフォギアXV(原作:上松範康・金子彰史、ProjectシンフォギアXV)より抜粋】

 

 

 

やはり最強主人公、響さんです! この拳っ!!

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821105228j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821105259j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821105333j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821105357j:plain

藤尭「エネルギー収束!」

友里「このままでは響ちゃんが」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821105419j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821105440j:plain

引用元――戦姫絶唱シンフォギアXV(原作:上松範康・金子彰史、ProjectシンフォギアXV)より抜粋】

 

 

 

流石の響でも、これは辛いか。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821105537j:plain

響「負けられない、私は未来を、未来にもう一度!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821105601j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821105633j:plain

響「もう一度!!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821105703j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821105730j:plain

響「へいき」

調「わかってる。だから今は無茶できない」

響「へっちゃら」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821105754j:plain

クリス「おい、大丈夫か?」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821105818j:plain

引用元――戦姫絶唱シンフォギアXV(原作:上松範康・金子彰史、ProjectシンフォギアXV)より抜粋】

 

 

 

やっとクリスさんとマリアさんも現着です。

 

だが、響が戦闘不能になるダメージを負ってしまって、遅きに失した感だ。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821105916j:plain

翼「切り札たる立花を失えば、それだけ後れを取ることとなる! ここは撤退し、態勢を整えなければ!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821105947j:plain

クリス「立てるか? 本部に戻るぞ」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821110022j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821110046j:plain

引用元――戦姫絶唱シンフォギアXV(原作:上松範康・金子彰史、ProjectシンフォギアXV)より抜粋】

 

 

 

撃退されてしまった格好です。

 

巻き付いていた触手が胴体から離れると、デザインは赤ん坊っぽいな。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821110144j:plain

エルザ「ヴァネッサ、帰還したでありますか」

ヴァネッサ「早速でごめんね。状況を教えて」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821110208j:plain

ミラアルク「神の力は固着を開始。だけど想定以上の質量に、城外へと緊急パージしたのが、この体たらくだぜ」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821110244j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821110315j:plain

ヴァネッサ「遊びなしの、いきなり過ぎる展開はそういう」

エルザ「遠からず、この場所は突き止められていたはず! むしろ神の力の顕現でシンフォギアを退けられたのは、僥倖であります!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821110343j:plain

ヴァネッサ「そうだといいんだけど」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821110413j:plain

ミラアルク「決戦が近いとなると、お荷物の処分は早めに済ませておきたい所だぜ」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821110439j:plain

引用元――戦姫絶唱シンフォギアXV(原作:上松範康・金子彰史、ProjectシンフォギアXV)より抜粋】

 

 

 

エルフナインさん、始末されそうです。

 

神の力の中に、未来は入っていなかった。

 

つまりは不完全って事でもあります。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821110539j:plain

弦十郎「見た目以上に響君のダメージは深刻」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821110611j:plain

弦十郎「だが、翼の撤退判断が早くて、最悪の事態は免れたようだ」

翼「いえ。弱きを守るのは防人の務め。きっと奏だってそうしたはずです」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821110637j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821110702j:plain

引用元――戦姫絶唱シンフォギアXV(原作:上松範康・金子彰史、ProjectシンフォギアXV)より抜粋】

 

 

 

今になって奏と言うとは。

 

弦十郎さんも戸惑い気味です。

 

やはり正常とは言い難いな、翼は。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821110754j:plain

友里「司令。マリアさんから提案のあった、データの検証、完了しました」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821110822j:plain

調「データの検証?」

切歌「なんデスか、それは」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821110844j:plain

マリア「腕輪の起動時に検知される不協和音に、思うところがあってね」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821110909j:plain

藤尭「あの音に、経年や伝播距離による言語の変遷パターンを当てはめて、予測変換したものになります」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821110933j:plain

緒川「言語の変遷パターンを?」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821111001j:plain

調「この曲……どこかで聞いた」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821111027j:plain

切歌「いつかにマリアが歌ってたデスよ!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821111057j:plain

引用元――戦姫絶唱シンフォギアXV(原作:上松範康・金子彰史、ProjectシンフォギアXV)より抜粋】

 

 

 

こんなにノイズまみれなのに、マリアにはAppleに聞こえていたのか。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821111203j:plain

クリス「知ってるのか!?」

マリア「歌の名はApple。大規模な発電所事故で、遠く住む所を追われた父祖が、唯一持ち出せたわらべ歌」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821111229j:plain

翼「アヌンナキが口ずさむ歌と、マリアの父祖の土地の歌」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821111253j:plain

弦十郎「【フロンティア事変】にてみられた共鳴現象、それを奇跡と片付けるのは容易いが、マリア君の歌が引き金となっている事実を鑑みるに、何かしらの秘密が隠されているのかもしれないな」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821111320j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821111345j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821111407j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821111434j:plain

弦十郎「敵の全貌は今だ謎に包まれたまま。それでも根城は判明した。俺達は、俺達の出来る事を進めよう! おそらくは未来君とエルフナイン君もそこに囚われてるに違いない!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821111455j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821114948j:plain

引用元――戦姫絶唱シンフォギアXV(原作:上松範康・金子彰史、ProjectシンフォギアXV)より抜粋】

 

 

 

大規模な発電所事故――OP映像といい、間違いなく。

 

ああ。ほぼ確実にチェルノブイリを暗示している。

 

そしてりんごは「知恵の実」でもあります。

 

第2期での70億人の絶唱。

 

マムさんは言っていました。世界を救うには貴女(マリア)の歌が必要だと。

 

そもそも、名前が聖母(マリア)な時点で。

 

呪詛で封じられている共通言語にAppleが関係してそうです。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821115045j:plain

未来(じゃあ、私が誰かを困らせてたら響はどうするの?)

響(え)

未来(たとえばの話よ。たとえば)

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821115111j:plain

未来(でも、その時は響に止めてほしいな)

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821115136j:plain

未来(響にはそれができるんだもの。私の大好きな世界で一番優しい拳で)

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821115210j:plain

未来(お願いね。だって私の全部を預けられるのは、響だけなんだから)

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821115235j:plain

響(未来――)

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821115304j:plain

引用元――戦姫絶唱シンフォギアXV(原作:上松範康・金子彰史、ProjectシンフォギアXV)より抜粋】

 

 

 

こちらはこちらで、淡々とフラグが強化されています。

 

5期1話とみせかけて、1期8話の台詞も混じっている。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821115401j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821115424j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821115449j:plain

ヴァネッサ「新調した右手の具合を確かめなくちゃ。たまにはお姉ちゃんらしいところも見せないとね」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821115515j:plain

ヴァネッサ「神の力を神そのものへと完成するまでには、もうしばらくの時間が必要。それを邪魔する要因は、小さくても取り除かなくちゃ」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821115544j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821115611j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821115651j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821115718j:plain

引用元――戦姫絶唱シンフォギアXV(原作:上松範康・金子彰史、ProjectシンフォギアXV)より抜粋】

 

 

 

エルフナイン、目を覚ましていたのか。

 

高速振動な手刀は空振りに。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821115819j:plain

ミラアルク「こいつ!」

エルザ「気付いていたでありますか」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821115850j:plain

ヴァネッサ「あら? 自分が原因で世界に仇なしてしまった以上、生きているのも辛くないかしら?」

エルフナイン「確かに昔の僕ならば――世界を守るために消えていいとさえ、思っていました」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821115938j:plain

エルフナイン「だけど、この体は大切な人からの預かりものです! 今はここから消えたくありません!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821120020j:plain

ヴァネッサ「そう。だけどそれは聞けない相談ね」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821120102j:plain

引用元――戦姫絶唱シンフォギアXV(原作:上松範康・金子彰史、ProjectシンフォギアXV)より抜粋】

 

 

 

「誰か!」と助けを求めて叫んだ、その時――

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821120153j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821120223j:plain

ヴァネッサ「な、なんなの?」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821120255j:plain

ファラ「ソードブレーカー。その一振りをあなたの剣と思うなら」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821120326j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821120357j:plain

ヴァネッサ「日に2度も!?」

エルザ「しっかりするであります」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821120432j:plain

引用元――戦姫絶唱シンフォギアXV(原作:上松範康・金子彰史、ProjectシンフォギアXV)より抜粋】

 

 

 

《オートスコアラー》が復活した。

 

これは、ファンには嬉しいサプライズです。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821120534j:plain

レイア「先手必勝」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821120601j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821120636j:plain

レイア「派手にいく」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821120706j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821120733j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821120806j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821120825j:plain

ミカ「ちゃぶ台をひっくり返すのは、いつだって最強のあたしなんだゾ!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821120851j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821120918j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821120947j:plain

引用元――戦姫絶唱シンフォギアXV(原作:上松範康・金子彰史、ProjectシンフォギアXV)より抜粋】

 

 

 

やはり強いな、《オートスコアラー》は。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821121059j:plain

エルフナイン「あなた達は、炉心に連結されていた廃棄躯体の」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821121129j:plain

ガリィ「スクラップにスペアボディ? 呼び方はいろいろあるけれど、再起動してくれたからには、やれるだけのことはやりますわよ」

ミカ「マスターのようでマスターでない、少しマスターっぽい誰かだけど、マスターのために働くことが、私達の使命なんだゾ!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821121157j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821121226j:plain

引用元――戦姫絶唱シンフォギアXV(原作:上松範康・金子彰史、ProjectシンフォギアXV)より抜粋】

 

 

 

廃棄躯体(スクラップ)という事は。

 

万全には程遠い、というワケだ。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821121340j:plain

ファラ「この身に蓄えられた残存メモリーを、エネルギーに利用しようと目論んだようですが。そうは参りません」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821121402j:plain

レイア「さてマスター。今後の指示を頼む。このまま地味に脱出するもよし。無論、派手に逆襲するも」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821121425j:plain

エルフナイン「だったら! やりたいことがあります!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821121457j:plain

友里「司令! 外部より専用回線にアクセスです!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821121533j:plain

弦十郎「専用回線だと? モニターに回せるか」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821121612j:plain

引用元――戦姫絶唱シンフォギアXV(原作:上松範康・金子彰史、ProjectシンフォギアXV)より抜粋】

 

 

 

ビビってしまう藤尭さんが可愛いです。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821131025j:plain

エルフナイン「ごめんなさい、僕です!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821131046j:plain

エルフナイン「通信を行った以上、捕捉される恐れがあるため、要点だけ手短に!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821131105j:plain

エルフナイン『現在地点は《チフォージュ・シャトー》内部! 僕と未来さんはここにいます!』

緒川「未来さんも、そこに!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821131125j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821131143j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821131202j:plain

クリス「ったりめーだ! そう信じていたから無茶してきてんだ! あたしらも、あの馬鹿も!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821131222j:plain

引用元――戦姫絶唱シンフォギアXV(原作:上松範康・金子彰史、ProjectシンフォギアXV)より抜粋】

 

 

 

このクリスのリアクション、いいな。

 

クリスさんらしいですね。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821131329j:plain

エルフナイン「これからオートスコアラー達の助けを借りて、未来さんの救出に向かいます。神そのものへと完成していない今なら、まだ間に合います!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821131350j:plain

弦十郎『君が? 無茶だ!』

エルフナイン「そう、無茶です!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821131411j:plain

エルフナイン『だから、応援をお願いします! ここは敵の只中です。どうしたって危険が伴うのであれば、戦うしかありません!』

弦十郎「こちらも負傷で神殺しを欠いた状態にある」

エルフナイン『この局面に響さんを』

弦十郎「救出に向かうまで、何とか持ちこたえてほしい。頼んだぞ!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821131441j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821131501j:plain

ファラ「マスター」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821131525j:plain

引用元――戦姫絶唱シンフォギアXV(原作:上松範康・金子彰史、ProjectシンフォギアXV)より抜粋】

 

 

 

追い付かれてしまった。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821131618j:plain

レイア「地味に窮地。今度はさすがに不意を突けないかと」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821131637j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821131652j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821131707j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821131723j:plain

ファラ「ここは私達に。ガリィにはマスターのエスコートをお願いするわ」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821131743j:plain

ガリィ「任せて。目的地までの道のりは、ここに叩きこんであるから」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821131801j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821131820j:plain

ファラ「ミカも一緒に」

レイア「お前が付いていれば、私もファラも憂いがない」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821131842j:plain

ミカ「元気印の役割は心得てるゾ!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821131902j:plain

エルフナイン「ごめん――違う! ありがとう! ファラ! レイア!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821131919j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821131941j:plain

引用元――戦姫絶唱シンフォギアXV(原作:上松範康・金子彰史、ProjectシンフォギアXV)より抜粋】

 

 

 

やはり弱体化は深刻な模様です。

 

端から玉砕を覚悟しているな。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821132041j:plain

ミラアルク「行かせやしないぜ!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821132059j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821132116j:plain

ファラ「この道は通行止めです。他を当たっていただきましょう」

レイア「ああ。行かせるわけにはいかないな」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821132141j:plain

引用元――戦姫絶唱シンフォギアXV(原作:上松範康・金子彰史、ProjectシンフォギアXV)より抜粋】

 

 

 

格好いいです、このコンビ。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821132232j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821132254j:plain

エルフナイン「ファラとレイアなら、きっと大丈夫ですよね?」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821132314j:plain

ガリィ「不足はいろいろありますが、それでも全力を尽くしています。だからマスターも、全力で信じてあげてくださいな」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821132332j:plain

ミラアルク「待たせたな

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821132349j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821132407j:plain

ミラアルク「お仕置きの時間だぜ!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821132426j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821132444j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821132511j:plain

引用元――戦姫絶唱シンフォギアXV(原作:上松範康・金子彰史、ProjectシンフォギアXV)より抜粋】

 

 

 

ガリィも指が震えて、満足に動かせていなかった。

 

あの2人、すでに倒されてしまってるのでしょうか。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821132604j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821132624j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821132643j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821132705j:plain

ミカ「マスターを頼んだゾ。そんな楽しい任務、ホントはあたしがしたいけど」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821132723j:plain

ミカ「この手じゃ、マスターの手を引くことなんてできないから。残念だゾ」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821132743j:plain

ガリィ「わかってる! あんたの分まであたしに任せて!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821132804j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821132826j:plain

エルフナイン「ミカ! だけど、かっこいいです! ミカのその手、大好きです!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821132848j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821132905j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821132926j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821132952j:plain

ミカ「褒められたゾ! 照れくさいゾ!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821133008j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821133025j:plain

ミカ「こうなったら照れ隠しに、邪魔者をぶっ飛ばしちゃうゾ!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821133042j:plain

引用元――戦姫絶唱シンフォギアXV(原作:上松範康・金子彰史、ProjectシンフォギアXV)より抜粋】

 

 

 

ミカもやられてしまいそうだな、この様子だと。

 

パワー系のミカさんがパワー負けしていますから。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821133148j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821133207j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821133227j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821133243j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821133302j:plain

ガリィ「あそこです」

エルフナイン「あの向こうに、未来さんが」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821133323j:plain

引用元――戦姫絶唱シンフォギアXV(原作:上松範康・金子彰史、ProjectシンフォギアXV)より抜粋】

 

 

 

ガリィさん、とっさに危機を感知です。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821133430j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821133448j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821133511j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821133526j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821133550j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821133609j:plain

ヴァネッサ「やっと追い付いたわ」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821133629j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821133649j:plain

引用元――戦姫絶唱シンフォギアXV(原作:上松範康・金子彰史、ProjectシンフォギアXV)より抜粋】

 

 

 

感動的かつ派手に再登場したのはいいが。

 

全滅(退場)は呆気なかったです。

 

万全ならば『怪物くん』トリオに負けなかったものを。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821133745j:plain

エルフナイン「ガリィ! 僕を守るために」

ガリィ「いやですよマスター。性根の腐ったあたしが、そんなことするはずないじゃないですか~~」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821133805j:plain

エルフナイン「だけど!」

ガリィ「もっと凛としてくださいまし。あたし達のマスターは、いつだってそうだったじゃないですか」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821133823j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821133852j:plain

ヴァネッサ「手に余るから足で失礼しちゃいます」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821133923j:plain

引用元――戦姫絶唱シンフォギアXV(原作:上松範康・金子彰史、ProjectシンフォギアXV)より抜粋】

 

 

 

ヴァネッサ達は本当に悪役に徹している。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821134017j:plain

エルフナイン「みんなは僕のために。じゃあ僕はみんなのために何を」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821134033j:plain

ヴァネッサ「あなたにできることは、最早1つ!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821134053j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821134117j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821134138j:plain

エルフナイン「みんなのために僕は!」f:id:ayafumi-rennzaki:20190821134159j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821134226j:plain

引用元――戦姫絶唱シンフォギアXV(原作:上松範康・金子彰史、ProjectシンフォギアXV)より抜粋】

 

 

 

これは――覚醒です!

 

ライダーキックなコレダーをATフィールドもどきで防いだ。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821134324j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821134346j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821134409j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821134434j:plain

引用元――戦姫絶唱シンフォギアXV(原作:上松範康・金子彰史、ProjectシンフォギアXV)より抜粋】

 

 

 

《ファウストローブ》を纏います。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821134533j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821134601j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821134634j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821134714j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821134755j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821134823j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821134845j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821134910j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821134931j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821134957j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821135023j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821135054j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821135125j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821135156j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821135225j:plain

引用元――戦姫絶唱シンフォギアXV(原作:上松範康・金子彰史、ProjectシンフォギアXV)より抜粋】

 

 

 

キャロルさんの《ダウルダヴラ》がここに!

 

決めポーズはちょっとアレだな。

 

大人ヴァージョンではなくロリなままです。

 

視聴者の要望に応えたのだろう。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821135325j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821135348j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821135420j:plain

ガリィ「それですよマスター、あたし達が欲しかったのは」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821135444j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821135514j:plain

ヴァネッサ「この土壇場でデタラメな軌跡を!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821135543j:plain

キャロル「軌跡だと?」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821135606j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821135626j:plain

キャロル「冗談じゃない! 俺は軌跡の殺戮者だ!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821135653j:plain

引用元――戦姫絶唱シンフォギアXV(原作:上松範康・金子彰史、ProjectシンフォギアXV)より抜粋】

 

 

 

ファンが待ち焦がれた、キャロルの復活だ。

 

エルフナインさんの人格はどうなったのでしょうか?

 

消滅ではなく、自由に切り替えだと思うぞ。

 

今後は二重人格キャラとしてやっていくのですね。

 

というか、役目を終えたら再び眠りに就くだろう。

 

第8話でのキャロルさんの活躍が楽しみです。

 

 

◆配信電子ストア◆

 

 

 

 

引用元――戦姫絶唱シンフォギアXV(原作:上松範康・金子彰史、ProjectシンフォギアXV)より抜粋】

f:id:ayafumi-rennzaki:20190821092055j:plain

※)引用したキャプチャ画像に関しては、著作権権利者様より異議申し立て・削除要請があれば、速やかに対処いたしますのでご承知置き願います。

  また、権利者様および各関係者様への敬意を忘れず、不利益にならない用法を心掛ける事を明記します。