アニメを斬る!

アニメ関連の話題をメインに、美少女DJ2名が会話形式でお送りする、仮想ラジオブログ!

アニメを斬る!

— 最 新 記 事 —
【アニメ第9話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode9 おはよう、金星の女神】
【初心者必見、動画つき】ダンベル何キロ持てる? 筋トレ講座(第12話)【シュラッグ&腕立て伏せ】
【アニメ第8話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode8 魔獣母神】
【初心者必見、動画つき】ダンベル何キロ持てる? 筋トレ講座(第11話)【アイソメトリックス&ブリッジ】
【アニメ第7話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode7 陽動作戦】
【初心者必見、動画つき】ダンベル何キロ持てる? 筋トレ講座(第10話)【スカルクラッシャー&インクラインベンチ】
【アニメ第6話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode6 天命の粘土板】
【初心者必見、動画つき】ダンベル何キロ持てる? 筋トレ講座(第9話)【ハンドグリップ&シーテッド・ローイング】
【アニメ第5話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode5 ギルガメッシュ紀行】
【アニメ第4話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode4 密林の呼び声】
【初心者必見、動画つき】ダンベル何キロ持てる? 筋トレ講座(第8話)【サイドベント&ランジ】
【アニメ第3話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode3 王と民】
【初心者必見、動画つき】ダンベル何キロ持てる? 筋トレ講座(第7話)【デッドリフト&サイドレイズ】
【アニメ第2話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode2 城塞都市ウルク】
【アニメ第1話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode1 絶対魔獣戦線バビロニア】
【初心者必見、動画つき】ダンベル何キロ持てる? 筋トレ講座(第6話)【アームレスリング&自重反動トレ】
【初心者必見、動画つき】ダンベル何キロ持てる? 筋トレ講座(第5話)【レッグカール&バイシクルクランチ】
【Episode13-2 神様も知らないヒカリで歴史を創ろう】戦姫絶唱シンフォギアXV 第13話(後【レビュー&感想】
【Episode13-1 神様も知らないヒカリで歴史を創ろう】戦姫絶唱シンフォギアXV 第13話(前【レビュー&感想】
※更新【個人的な面白さ】厳選お勧めアニメを紹介 ~ライトノベル原作編~【随時更新版】
【アニメ第0話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode 0 Initium Iter】
【初心者必見、動画つき】ダンベル何キロ持てる? 筋トレ講座(第4話)【チェストプレスマシン&ディップス】
※更新【2018年以降】厳選お勧めアニメを紹介 ~オリジナルアニメ編~【個人的な面白さ/随時更新版】
【Episode12 戦姫絶唱】戦姫絶唱シンフォギアXV 第12話【レビュー&感想】
【Episode11 ハジメニコトバアリキ】戦姫絶唱シンフォギアXV 第11話【レビュー&感想】
【Episode10 卑しき錆色に非ず】戦姫絶唱シンフォギアXV 第10話【レビュー&感想】
【初心者必見、動画つき】ダンベル何キロ持てる? 筋トレ講座(第3話)【ダンベルカール&フロントプレス】
【初心者必見、動画つき】ダンベル何キロ持てる? 筋トレ講座(第2話)【ラットプルダウン&プランク】
【Episode9 I am a father】戦姫絶唱シンフォギアXV 第9話【レビュー&感想】
【初心者必見、動画つき】ダンベル何キロ持てる? 筋トレ講座(第1話)【ベンチプレス&スクワット】
【Episode8 XV】戦姫絶唱シンフォギアXV 第8話【レビュー&感想】
【妖怪人間ベム】歴代アニメOPの比較と美少女化したJKなベラさん【令和版BEM】
【Episode7 もつれた糸を断ち切って】戦姫絶唱シンフォギアXV 第7話【レビュー&感想】
【Episode6 ゼノグラシア】戦姫絶唱シンフォギアXV 第6話【レビュー&感想】
【Episode5 かばんの隠し事】戦姫絶唱シンフォギアXV 第5話【レビュー&感想】
【響/翼/クリス】戦姫絶唱シンフォギアXV 変身バンク集【マリア/調/切歌】
【第1期~第4期】シンフォギアの歴代ラスボス&フィニッシュシーン GIFバージョン【無印/G/GX/AXZ】
【Episode4 花の名は、アマルガム】戦姫絶唱シンフォギアXV 第4話【レビュー&感想】
ヘッダー画像

【Episode6 ゼノグラシア】戦姫絶唱シンフォギアXV 第6話【レビュー&感想】

 

2800作品のアニメが見放題!

※)引用したキャプチャ画像に関しては、著作権権利者様より異議申し立て・削除要請があれば、速やかに対処いたしますのでご承知置き願います。 

  また、権利者様および各関係者様への敬意を忘れず、不利益にならない用法を心掛ける事を明記します。

 

――オンエア、START! 

 

 

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

清き適合者の皆さま、DJの淡雪が本日も登場ですからね。
第135回目の放送となる今回は、シンフォギアXV第6話「ゼノグラシア」をレビューいたしましょう。気のせいかシンフォギアの番組レビューで一杯一杯になっておりますが、この分、ボリュームとクォリティは保証します。

           ※)メインDJ。14歳(中等部三年生)

 

適合者の皆よ、お盆休みはどうだった? 助手の締里だ。
このお盆はコミケに参戦した歴戦の猛者も多いだろうが、くれぐれもマナーだけは遵守してくれよな。ちなみにプロデューサーはお盆も仕事だったぞ。貧乏暇無し、とはまさに奴を指す言葉だろう。

           ※)DJ助手。15歳(高等部一年生)

 

締里さん、悲しくなる指摘はお止めなさい。

 

ところで淡雪。私も休みが欲しいのだが――

 

さあ! 適合者の皆さまが続きを待っていますよ。

 

あからさまに誤魔化すなよ。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20190814073958j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190814074016j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190814074031j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190814074046j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190814074100j:plain

響「まさか。未来とエルフナインちゃんが」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190814074115j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190814074128j:plain

引用元――戦姫絶唱シンフォギアXV(原作:上松範康・金子彰史、ProjectシンフォギアXV)より抜粋】

 

 

 

駆けつけても、すでに終わっておりました。

 

未来の死体がないのが、希望を繋いでいる。

 

視聴者の誰も、393が犠牲になったとは思っていませんけどね。

 

それを言うな。心配するのがマナーだろ。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20190814074328j:plain

調査員「現場周辺から遺体発見の報告ありません」

調査員「近隣の病院に負傷者が運び込まれた記録もありません。ですが、あの出血では……」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190814074343j:plain

緒川「手口は周到。入念に」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190814074400j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190814074420j:plain

緒川『おそらくは偶発的に巻き込まれたのではなく』

弦十郎「ああ。敵の仕組んだ罠にかかってしまったと考えるべきだな」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190814074446j:plain

緒川『保護レベル最高位指定の2人が揃って』

弦十郎「錬金術によるバックアップスタッフと、『神の力の依代』足りうると仮説される少女」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190814074501j:plain

緒川「調査部にて警護に努めてきましたが、査察による、機能不全の隙をつかれてしまいました」

弦十郎『敵の狙いは未来君、またはエルフナイン君。あるいは』

f:id:ayafumi-rennzaki:20190814074516j:plain

引用元――戦姫絶唱シンフォギアXV(原作:上松範康・金子彰史、ProjectシンフォギアXV)より抜粋】

 

 

 

指令と緒川は冷静に状況を受け止めている。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20190814074608j:plain

緒川『その両方、という線も考えられますね』

f:id:ayafumi-rennzaki:20190814074628j:plain

弦十郎「いずれにせよ、今、必要なのは情報だ。状況打開のためにも引き続きの捜査を頼む」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190814074652j:plain

緒川『間もなく鑑識の結果も出ます。調査部の全力をかけて必ず』

f:id:ayafumi-rennzaki:20190814074715j:plain

引用元――戦姫絶唱シンフォギアXV(原作:上松範康・金子彰史、ProjectシンフォギアXV)より抜粋】

 

 

 

そして、場面は《装者》6名へと。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20190814074813j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190814074833j:plain

響「ありがとう。クリスちゃん」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190814074851j:plain

切歌「それにしても、まさかというより、やっぱりの陽動だったデス!」

調「あの時、管制指示を振り切ってさえいれば」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190814074906j:plain

翼「月詠と暁は、私の状況判断が誤っていたとでも言いたいのか」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190814074920j:plain

引用元――戦姫絶唱シンフォギアXV(原作:上松範康・金子彰史、ProjectシンフォギアXV)より抜粋】

 

 

 

う~~ん、これは。

 

1期の頃の、良くない翼さんですね。

 

実際、判断ミスだったしな。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20190814075019j:plain

切歌「えと……そうじゃなくてデスね」

翼「ならばどういう!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190814075034j:plain

マリア「いい加減にして!」

クリス「誰よりも取り乱しそうなコイツが、自分の成すべきことに向き合おうと努めてるんだ。頼むよ先輩」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190814075052j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190814075108j:plain

マリア「どうしたの? らしくもない」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190814075126j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190814075145j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190814075204j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190814075223j:plain

マリア「待ちなさい! 話はまだ!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190814075239j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190814075258j:plain

調「何だか様子が」

切歌「ギザギザハートになってるデス」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190814075317j:plain

マリア「そうね。でもこれ以上責めないであげて。翼自身わかってるはずよ」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190814075335j:plain

クリス「ンな事、言われなくたってな!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190814075354j:plain

引用元――戦姫絶唱シンフォギアXV(原作:上松範康・金子彰史、ProjectシンフォギアXV)より抜粋】

 

 

 

精神的ダメージは深刻です。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20190814082100j:plain

ヴァネッサ「腕輪から抽出した無軌道なエネルギーを、拘束具にて制御」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190814082120j:plain

ヴァネッサ「これで私達は――」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190814082138j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190814082150j:plain

エルザ『ヴァネッサ。ミラアルクの帰還を確認。お客様も一緒であります』

ヴァネッサ「ご苦労様。こちらの準備も順調よ。早速取り掛かりましょう」

エルザ『ガンス!』

f:id:ayafumi-rennzaki:20190814082210j:plain

ヴァネッサ「神の力は私達の未来を奪還するために」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190814082225j:plain

引用元――戦姫絶唱シンフォギアXV(原作:上松範康・金子彰史、ProjectシンフォギアXV)より抜粋】

 

 

 

第1話で思わせ振りだったが、まさか未来=自分達がヒトの身に戻る、だったとはな。

 

ウェル博士の在り方とは真逆ですよね、この方達。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20190814082327j:plain

翼(分かっている。悪いのはこの私だ。皆に当たるのも弱き者を守れないのも)

f:id:ayafumi-rennzaki:20190814082343j:plain

翼「翼です」

訃堂『聞いたぞ。失態であったな』

翼「言葉もありません。ですが次こそは、必ず防人の務めを果たしてみせます!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190814082402j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190814082416j:plain

訃堂「刻印、掌握

f:id:ayafumi-rennzaki:20190814082431j:plain

引用元――戦姫絶唱シンフォギアXV(原作:上松範康・金子彰史、ProjectシンフォギアXV)より抜粋】

 

 

 

幻覚だけじゃありませんでしたね、「刻印、掌握」は。

 

深層意識を握られているとか、浅い洗脳みたいな感じだ。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20190814082515j:plain

訃堂『翼。果たしてそこはお前の戦場か? そこにいて何を守る? 何を守り切れる!』

翼「ッ!!」

訃堂『道に迷うことがあらば、いつでも訪ねよ』

f:id:ayafumi-rennzaki:20190814082529j:plain

訃堂「お前は風鳴を継ぐ者であり、《天羽々斬》は国難を退ける剣であること、ゆめ忘れるな!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190814082542j:plain

翼「ここではない、私の戦場」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190814082556j:plain

翼「――奏」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190814082612j:plain

友里『緊急の対策会議を行います。《装者》達は至急、発令所に集合をお願いします』

f:id:ayafumi-rennzaki:20190814082627j:plain

引用元――戦姫絶唱シンフォギアXV(原作:上松範康・金子彰史、ProjectシンフォギアXV)より抜粋】

 

 

 

これは翼が一時的に訃堂サイドに離反するかもな。

 

彼が求める神の力は、翼さんの為なのかもしれません。

 

こんな時、奏が生きて傍にいてやれれば。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20190814082726j:plain

翼「遅くなりました」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190814082744j:plain

弦十郎「翼、なにをしてたんだ」

翼「すみません」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190814082800j:plain

マリア「はぁ」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190814082814j:plain

引用元――戦姫絶唱シンフォギアXV(原作:上松範康・金子彰史、ProjectシンフォギアXV)より抜粋】

 

 

 

気のせいか、マリアさんは翼さんに呆れています。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20190814082904j:plain

弦十郎「これより未来君とエルフナイン君の失踪について、最新の調査報告を基に、緊急対策会議を行う」

緒川「鑑識の結果、現場に残された血痕は、未来さん並びにエルフナインさんのものではないと、判明しました」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190814082918j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190814082935j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190814082952j:plain

マリア「まだ一概に喜べない。それでも希望を繋ぐことはできたわね」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190814083014j:plain

弦十郎「これより今後の方針を2人の奪還作戦に切り替え」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190814083034j:plain

調「あの、一ついいですか? 略取って、錬金術を扱うエルフナインはわかります。ですが、どうして未来さんまでが」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190814083053j:plain

弦十郎「その仮説を聞いてもらうには、いい頃合いかもしれないな」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190814083112j:plain

引用元――戦姫絶唱シンフォギアXV(原作:上松範康・金子彰史、ProjectシンフォギアXV)より抜粋】

 

 

 

案の定、消されたのはオッサンか。

 

そして393についての秘密が、皆に明かされました。

 

未来のみならず、伏せられていた秘密は響も同じだ。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20190814083157j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190814083212j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190814083228j:plain

エルフナイン「まさかここは」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190814083243j:plain

ミラアルク「お帰りなさいませ~~、ご主人様」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190814083437j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190814083507j:plain

エルフナイン「あなた達!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190814083527j:plain

ミラアルク「ははは! 日本に来たのなら一度言ってみたかったんだぜ~」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190814083545j:plain

エルフナイン「ほほはシフォーシュシャフォー」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190814083604j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190814083622j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190814083639j:plain

エルザ「いけないであります! 客人は丁重に扱わないと」

ミラアルク「次からはそうさせてもらうぜ」

エルザ「む~~、であります」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190814083655j:plain

エルフナイン(考えなきゃ。今なにが起きてるかを。ここに連れて来られるまでに、何が起きたかを)

f:id:ayafumi-rennzaki:20190814083712j:plain

引用元――戦姫絶唱シンフォギアXV(原作:上松範康・金子彰史、ProjectシンフォギアXV)より抜粋】

 

 

 

ここで、前回ラストからの回想シーンです。

 

共通する箇所(キャプチャ)は端折るぞ。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20190814083817j:plain

監査官「思いがけない、空模様」

未来「いやぁぁああああああ!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190814083833j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190814083848j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190814083905j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190814083920j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190814083941j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190814083956j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190814084015j:plain

引用元――戦姫絶唱シンフォギアXV(原作:上松範康・金子彰史、ProjectシンフォギアXV)より抜粋】

 

 

 

サクッと、予想通りでした。

 

羽根をマントみたいに纏うの、様になってるな。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20190814084111j:plain

エルフナイン「そうだ、未来さん! 未来さんはどこにいるんですか!?」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190814084128j:plain

エルザ「用済みと判断された彼とは異なり、彼女はまだ生きている。生かしてるであります」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190814084147j:plain

引用元――戦姫絶唱シンフォギアXV(原作:上松範康・金子彰史、ProjectシンフォギアXV)より抜粋】

 

 

 

できれば枕を用意してあげて欲しいですね。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20190814084233j:plain

エルフナイン「まさか、《バラルの呪詛》から解き放たれた未来さんを使って」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190814084254j:plain

ミラアルク「そのまさかだぜ。そしてやってもらうことは、お前にもあるんだぜ」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190814084311j:plain

エルザ「今はあなたが使ってる『キャロルの体』を使って、起動して欲しいものがあります」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190814084328j:plain

エルフナイン「キャロル……まさか! 《チフォージュ・シャトー》を!? それは無理です! たとえ起動できたとして《ヤントラ・サルヴァスパ》も《ネフィリムの左腕》も失われた今、自在に制御することなど絶対に!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190814084345j:plain

ミラアルク「落ち着けって。そうじゃないんだぜ」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190814084400j:plain

エルザ「あなたに起動してもらいたいのはこちらであります」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190814084417j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190814084431j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190814084446j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190814084505j:plain

エルフナイン「まるで何かのジェネレーター」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190814084524j:plain

エルフナイン「これは」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190814084548j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190814084607j:plain

エルフナイン「あなた達は、一体何を企んで」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190814084626j:plain

引用元――戦姫絶唱シンフォギアXV(原作:上松範康・金子彰史、ProjectシンフォギアXV)より抜粋】

 

 

 

ぶっちゃけ、《装者》達より敵の方が情報豊かだ。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20190814084709j:plain

未来(どこまで…落ちていくのだろう)

f:id:ayafumi-rennzaki:20190814084727j:plain

未来(なんとかしないと、響に心配かけちゃう。そうだ、私は響と仲直りしなきゃいけないんだ)

f:id:ayafumi-rennzaki:20190814084745j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190814084800j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190814084815j:plain

未来(あなたは――)

f:id:ayafumi-rennzaki:20190814084830j:plain

引用元――戦姫絶唱シンフォギアXV(原作:上松範康・金子彰史、ProjectシンフォギアXV)より抜粋】

 

 

 

これで今回(第6話)の393の出番は終了です。

 

そして場面は、マリアの自主トレに切り替わる。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20190814084923j:plain

マリア(非戦闘員の仲間を巻き込んだ今回の一件、衝撃は大きかったはず)

f:id:ayafumi-rennzaki:20190814084940j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190814084957j:plain

マリア(まさか、あの時《神獣鏡》の光を受けた2人が《原罪》を解かれた人間――神の依代に成り得る存在だなんて)

f:id:ayafumi-rennzaki:20190814085014j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190814085029j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190814085044j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190814085100j:plain

マリア(それを誰もが受け止め、強い心で乗り越えようと努めている)

f:id:ayafumi-rennzaki:20190814085119j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190814085135j:plain

マリア「駄目だな私は。苛立つ翼に差し伸べる手すら持っていない」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190814085150j:plain

引用元――戦姫絶唱シンフォギアXV(原作:上松範康・金子彰史、ProjectシンフォギアXV)より抜粋】

 

 

 

翼さんに対する態度、自分でも分かっていたんですね。

 

奏がいない今、マリアが傍で支えてやるべきだからな。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20190814085240j:plain

マリア「仲違いくらい。セレナとだってした事あるのに」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190814085256j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190814085329j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190814085345j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190814085403j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190814085419j:plain

マリア(いつだって2人の間には歌が流れていて。仲直りするのに、言葉なんて要らなかったわね)

f:id:ayafumi-rennzaki:20190814085438j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190814085454j:plain

マリア「このフレーズ、最近どこかで聞いたような」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190814085510j:plain

引用元――戦姫絶唱シンフォギアXV(原作:上松範康・金子彰史、ProjectシンフォギアXV)より抜粋】

 

 

 

Appleがここでも。伏線ですよね、完全に。

 

OPのトップといえ、マリアの秘密も重要そうだ。

 

言葉なんて要らなかった、も「イヴ」を連想します。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20190814103030j:plain

研究員「調査結果はこの中に収めております」

緒川「確かに受領いたしました」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190814103535j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190814103559j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190814103621j:plain

緒川「証拠物品と共に、これより帰還します」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190814103645j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190814103708j:plain

ヴァネッサ『疑いはまだしも、証拠となるものを持ち帰られるのはマズイかもね。2人とも。聞こえて?』

f:id:ayafumi-rennzaki:20190814103730j:plain

ヴァネッサ『警戒監視網にて【S.O.N.G.】の動きを捉えちゃった。私達と【風鳴機関】の繋がりもバレたみたいだけど、どうしよう?』

f:id:ayafumi-rennzaki:20190814103751j:plain

エルザ『位置は把握してるでありますね? だったら迷うことはありません』

f:id:ayafumi-rennzaki:20190814103824j:plain

ヴァネッサ「やっぱそうよね。ここはお姉ちゃんとして強襲、しかないわね」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190814103845j:plain

引用元――戦姫絶唱シンフォギアXV(原作:上松範康・金子彰史、ProjectシンフォギアXV)より抜粋】

 

 

 

ドローンで筒抜けだったか。

 

お姉ちゃんとは強襲するものなのです。ふふふ。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20190814104016j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190814104036j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190814104053j:plain

ミラアルク『神の力の具現化は、うちらで進めとく。そっちは任せたぜ』

f:id:ayafumi-rennzaki:20190814104112j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190814104131j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190814104150j:plain

弦十郎『間違いないのだな?』

緒川「はい。技研による解析の結果、廃棄物処理場で回収した物品は119.6%の確率でアンティキラの歯車との事です」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190814104210j:plain

緒川『先立っての事故で失われたはずの聖遺物が、敵のアジトにて発見される』

弦十郎「あの件に関して、保管物品強奪の報せは受けていない。遺失を装い、横流しされたと考えるならば」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190814104229j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190814104244j:plain

緒川「護災法施行後、国内の聖遺物管理は【風鳴機関】に一括。指令の懸念通り、やはり鎌倉と【ノーブルレッド】には、何らかの繋がりがあると見て…ッ!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190814104259j:plain

弦十郎『どうした!?』

緒川「敵襲です! おそらくは証拠物品を狙ってと思われます!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190814104317j:plain

引用元――戦姫絶唱シンフォギアXV(原作:上松範康・金子彰史、ProjectシンフォギアXV)より抜粋】

 

 

 

回り込み、わざわざ真正面から待ち伏せしてきた。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20190814104415j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190814104434j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190814104454j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190814104517j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190814104538j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190814104604j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190814104627j:plain

ヴァネッサ「せっかく誘ったのにつれないわ」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190814104648j:plain

引用元――戦姫絶唱シンフォギアXV(原作:上松範康・金子彰史、ProjectシンフォギアXV)より抜粋】

 

 

 

早くも1台が破壊されてしまいました。呆気ないです。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20190814104750j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190814104809j:plain

弦十郎『応援は既に手配している。到着まで振り切ってみせろ!』

緒川「そのつもりです!!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190814104828j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190814104846j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190814104912j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190814104937j:plain

引用元――戦姫絶唱シンフォギアXV(原作:上松範康・金子彰史、ProjectシンフォギアXV)より抜粋】

 

 

 

さらに2台目も。モブに厳しいな。

 

どう見てもドムですよね、これ。

 

パロネタの塊だよな、ヴァネッサ。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20190814105133j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190814105150j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190814105210j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190814105230j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190814105253j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190814105312j:plain

引用元――戦姫絶唱シンフォギアXV(原作:上松範康・金子彰史、ProjectシンフォギアXV)より抜粋】

 

 

 

緒川の超絶ドライビング技術にビックリだ。

 

水上を走れるNINJAですから、この方。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20190814105411j:plain

ヴァネッサ「行かせない。スイッチオン。コレダー!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190814105429j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190814105449j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190814105510j:plain

引用元――戦姫絶唱シンフォギアXV(原作:上松範康・金子彰史、ProjectシンフォギアXV)より抜粋】

 

 

 

004的な膝ロケットから、バスターコレダーとは。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20190814105605j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190814105625j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190814105647j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190814105712j:plain

引用元――戦姫絶唱シンフォギアXV(原作:上松範康・金子彰史、ProjectシンフォギアXV)より抜粋】

 

 

 

車が分身しました。繰り返します、人ではなく車です。

 

もう1回、GIFで動きを確認してみようか。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20190814110751g:plain

引用元――戦姫絶唱シンフォギアXV(原作:上松範康・金子彰史、ProjectシンフォギアXV)より抜粋】

 

 

 

どういう事だ?

 

光学装備で幻惑したのでしょうか?

 

いや、ごく普通の一般車両にしか見えないが。

 

まさに、これがシンフォギアです!

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20190814110949j:plain

ヴァネッサ「どういう事?

f:id:ayafumi-rennzaki:20190814111012j:plain

ヴァネッサ「現代忍法?」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190814111034j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190814111056j:plain

引用元――戦姫絶唱シンフォギアXV(原作:上松範康・金子彰史、ProjectシンフォギアXV)より抜粋】

 

 

 

ヴァネッサが視聴者の気持ちを代弁してくれた。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20190814111308j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190814111329j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190814111348j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190814111409j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190814111427j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190814111447j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190814111505j:plain

引用元――戦姫絶唱シンフォギアXV(原作:上松範康・金子彰史、ProjectシンフォギアXV)より抜粋】

 

 

 

クリス&マリアが現着だ。

 

今日はこのコンビでしたか。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20190814111607j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190814111627j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190814111645j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190814111707j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190814111726j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190814111744j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190814111804j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190814111825j:plain

引用元――戦姫絶唱シンフォギアXV(原作:上松範康・金子彰史、ProjectシンフォギアXV)より抜粋】

 

 

 

電磁フィールドまで装備していました。何でもありです。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20190814111937j:plain

マリア「隙だらけぇぇええ!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190814112000j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190814112027j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190814112045j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190814112111j:plain

引用元――戦姫絶唱シンフォギアXV(原作:上松範康・金子彰史、ProjectシンフォギアXV)より抜粋】

 

 

 

隙はありませんでした。

 

ジオングみたいだな。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20190814112201j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190814112219j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190814112236j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190814112255j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190814112319j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190814112338j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190814112401j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190814112418j:plain

マリア「何度も卑怯な手を使って!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190814112440j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190814112501j:plain

友里「緒川さんの戦線離脱を確認しました」

藤尭「敵、【ノーブルレッド】、一般車両に取り付き移動を開始」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190814112519j:plain

ヴァネッサ「証拠隠滅は失敗。こうなったら《装者》の足止めくらいはしておかないとね」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190814112535j:plain

引用元――戦姫絶唱シンフォギアXV(原作:上松範康・金子彰史、ProjectシンフォギアXV)より抜粋】

 

 

 

今のところ、押しているな。

 

というか、今期3名は基本、負けっ放しな印象です。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20190814112630j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190814112648j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190814112712j:plain

マリア「また一般人を巻き込むつもり?」

ヴァネッサ「ご名答」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190814112732j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190814112750j:plain

マリア「そうは、させない!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190814112813j:plain

ヴァネッサ「それが《アガートラーム》。妹共々、よくその輝きを疑いもせず、身に纏えるわね」

マリア「どういう意味!?」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190814112842j:plain

ヴァネッサ「イラク戦争の折、米軍が接収した聖遺物の一つ」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190814112859j:plain

ヴァネッサ「《シュルシャガナ》や《イガリマ》と異なり、出自不明故に便宜上の呼称を与えられた、得体のしれない謎のギア」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190814112917j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190814112934j:plain

引用元――戦姫絶唱シンフォギアXV(原作:上松範康・金子彰史、ProjectシンフォギアXV)より抜粋】

 

 

 

やっぱりか。

 

本来の《アガートラーム》は逆の右腕ですから。

 

Appleといい、このギアも伏線なのだろう。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20190814131758j:plain

ヴァネッサ「なんてね」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190814131821j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190814131845j:plain

クリス「あいつら得意の絡め手だ! 揺さぶりに付き合ってペースを乱されるな!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190814131914j:plain

マリア「ええ、そうね! これ以上好きにさせない!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190814131938j:plain

モブ「世界の果てを見せてくれ!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190814132003j:plain

引用元――戦姫絶唱シンフォギアXV(原作:上松範康・金子彰史、ProjectシンフォギアXV)より抜粋】

 

 

 

世界の果て、とは? 凄い語彙だ。

 

なかなか刺激的なアングルですし。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20190814132115j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190814132136j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190814132158j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190814132226j:plain

クリス「あいつの相手は任せた!」

マリア「了解!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190814132247j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190814132307j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190814132334j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190814132359j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190814132425j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190814132451j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190814132515j:plain

ヴァネッサ「あなた達が不甲斐ないから、余計な被害者でちゃったかも」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190814132540j:plain

引用元――戦姫絶唱シンフォギアXV(原作:上松範康・金子彰史、ProjectシンフォギアXV)より抜粋】

 

 

 

悪役に徹しているな、ヴァネッサは。汚れ役はミラアルクのみではない。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20190814132639j:plain

ヴァネッサ「なんですって?」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190814132711j:plain

ヴァネッサ「けれど! 弱点を抱えているも同じ」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190814132732j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190814132753j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190814132831j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190814132855j:plain

クリス「最大出力!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190814132916j:plain

ヴァネッサ「狙いが大雑把すぎるわ」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190814132941j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190814133003j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190814133037j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190814133057j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190814133132j:plain

クリス「くらいやがれぇぇええ!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190814133148j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190814133211j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190814133233j:plain

引用元――戦姫絶唱シンフォギアXV(原作:上松範康・金子彰史、ProjectシンフォギアXV)より抜粋】

 

 

 

完璧な尺で「ぜんぶのせをくらいやがれ」に合わせました。

 

またしてもヴァネッサの敗北だ。

 

本当に弱いです、今期の3人組。

 

《ダイダロス・エンド》しか見せ場がないもんな。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20190814133337j:plain

クリス「プチョヘンザだ!」

マリア「未来とエルフナイン、連れ去った2人の居場所を教えてもらうわ!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190814133404j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190814133429j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190814133456j:plain

クリス「なんだ!?」

マリア「《チフォージュ・シャトー》!?」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190814133518j:plain

引用元――戦姫絶唱シンフォギアXV(原作:上松範康・金子彰史、ProjectシンフォギアXV)より抜粋】

 

 

 

シャトーの起動よりも、クリスの造語が気になった。

 

プチョヘンザ――Put your hands upで「PU、TYOur、HANd、Sup」となり、ぷちょへんざ、かと。要は「手を挙げろ」という意味です。

 

まるで暗号だな。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20190814133618j:plain

ヴァネッサ「マテリアライズ? だけど、早すぎる!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190814133641j:plain

弦十郎「なにが起きている?」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190814133702j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190814133732j:plain

マリア「やっぱりこの歌、私の胸にはAppleの様にも聞こえて」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190814133811j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190814133850j:plain

引用元――戦姫絶唱シンフォギアXV(原作:上松範康・金子彰史、ProjectシンフォギアXV)より抜粋】

 

 

 

マテリアライズといえば『舞-乙-Hime』を思い出します。

 

ここでもAppleか。

 

覚えていない方の為に、Apple - 用語解説 - TVアニメ「戦姫絶唱シンフォギアG」公式サイト https://www.symphogear-g.com/introduction/keyword_50.php

 

あの中身、未来なんだろうな。

 

まだ中盤なのに、クライマックスな盛り上がりです。

 

回を追う毎に、ますます目が離せなくなっていく。

 

リスナーの皆さま、次回の第7話もお楽しみに!

 

 

◆配信電子ストア◆

 

 

 

 

引用元――戦姫絶唱シンフォギアXV(原作:上松範康・金子彰史、ProjectシンフォギアXV)より抜粋】

f:id:ayafumi-rennzaki:20190812232925j:plain

※)引用したキャプチャ画像に関しては、著作権権利者様より異議申し立て・削除要請があれば、速やかに対処いたしますのでご承知置き願います。

  また、権利者様および各関係者様への敬意を忘れず、不利益にならない用法を心掛ける事を明記します。