アニメを斬る!

アニメ関連の話題をメインに、美少女DJ2名が会話形式でお送りする、仮想ラジオブログ!

MENU

【なのは】リンネ対ヴィヴィオを解説しよう(後)【外伝】

 

2300作品のアニメが見放題!

※)引用したキャプチャ画像に関しては、著作権権利者様より異議申し立て・削除要請があれば、速やかに対処いたしますのでご承知置き願います。 

  また、権利者様および各関係者様への敬意を忘れず、不利益にならない用法を心掛ける事を明記します。

 

――オンエア、START! 

 

 

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

    

ご機嫌よう、皆さま。DJの淡雪で御座います。
第13回目である今回は、前回の続きの後編となりますわよ!

           ※)メインDJ。14歳(中等部三年生)

 

リスナーの皆よ、続きを待っていてくれたか? 助手の締里だ。
前後編に分割しただけあるヴォリュームで送るから、楽しみにな。

           ※)DJ助手。15歳(高等部一年生)

 

後編の今回は決着となります。

 

さあ、第3ラウンドが開始したぞ。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20180612143852j:plain

 引用元――ViVid Strike!(原作:都築真紀、ViVid Strike PROJECT)より抜粋】

 

 

 

開始早々のダッシュです。リンネさんが勝負を仕掛けてきました。

 

様子見は終わり。一気にプレッシャーを掛けてきたな。ガンガン前に出ている。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20180612144018j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180612144035j:plain

引用元――ViVid Strike!(原作:都築真紀、ViVid Strike PROJECT)より抜粋】

 

 

 

強引に踏み込みましたね。

 

プレッシャーが掛かっていたし、決してスピード負けしていないしな。

 

けれど、真正面ですよ。このポジショニングでは……

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20180612144207j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180612144221j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180612144238j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180612144302j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180612144320j:plain

 引用元――ViVid Strike!(原作:都築真紀、ViVid Strike PROJECT)より抜粋】

 

 

 

危惧した通り、呼び込んでのカウンターです。

 

右と右のライトクロスか。決まれば一発で失神だ。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20180612144501j:plain

 引用元――ViVid Strike!(原作:都築真紀、ViVid Strike PROJECT)より抜粋】

 

 

 

決まった!? いえ……

 

タイミングはドンピシャだったが、これは!

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20180612144617j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180612144635j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180612144701j:plain

 引用元――ViVid Strike!(原作:都築真紀、ViVid Strike PROJECT)より抜粋】

 

 

 

リンネの右拳に注目だ。

 

振り切っていなく、オンガードに戻っています。これって!

 

ああ! このシチュエーションを演出したのはヴィヴィオではなく――

 

クイックネスで上回ったのはリンネさんです!

 

当然だ。リンネはこの一瞬の停滞だけを待っていたんだから。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20180612144936j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180612144951j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180612145008j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180612145027j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180612145046j:plain

 引用元――ViVid Strike!(原作:都築真紀、ViVid Strike PROJECT)より抜粋】

 

 

 

な、なんて剛拳! もの凄いリバーブローです!

 

見事に肝臓(レバー)を打ち抜いた。威力、角度ともに申し分ない。

 

最初から、この一瞬だけを狙っていたのですね。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20180612145559j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180612145530j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180612145616j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180612145634j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180612145655j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180612145717j:plain

 引用元――ViVid Strike!(原作:都築真紀、ViVid Strike PROJECT)より抜粋】

 

 

 

クロスアームブロックで頭を守りにいったヴィヴィオさんですが。

 

右ボディアッパーか。練習していたな。

 

コンビネーションは止まりません。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20180612150106j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180612150143j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180612150200j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180612150220j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180612150240j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180612150255j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180612150320j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180612150337j:plain

引用元――ViVid Strike!(原作:都築真紀、ViVid Strike PROJECT)より抜粋】

 

 

 

これは――終わる!?

 

いや、ヴィヴィオも反応しているぞ。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20180612150651j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180612150708j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180612150737j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180612150757j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180612150817j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180612150841j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180612150857j:plain

 引用元――ViVid Strike!(原作:都築真紀、ViVid Strike PROJECT)より抜粋】

 

 

 

辛うじてガードの上ですが、スリップではなくダウン判定です。

 

予想以上だ。こんなにスペック差があったのか……

 

ええ。ガードできていなければ、最後の一発で終わっていました。この相手にポイントリードしていたヴィヴィオさんも驚嘆ですが。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20180612151250j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180612151311j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180612151331j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180612151350j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180612151421j:plain

引用元――ViVid Strike!(原作:都築真紀、ViVid Strike PROJECT)より抜粋】

 

 

 

立ちましたね。

 

それだけで見事だ。けれど……

 

そうですね。立ったところで、もう。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20180612151533j:plain

引用元――ViVid Strike!(原作:都築真紀、ViVid Strike PROJECT)より抜粋】

 

 

 

な、なんだ? リンネの表情が。

 

ええ。相手が立つ事を想定してニュートラルコーナーで待機してない? もう相手を見下ろして余裕で仕留められる状況の筈なのに?

 

しかもリンネの表情が分からないのか、セコンドのGOサインだ。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20180612151806j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180612151829j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180612151853j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180612151916j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180612151935j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180612151952j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180612152012j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180612152032j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180612152047j:plain

 引用元――ViVid Strike!(原作:都築真紀、ViVid Strike PROJECT)より抜粋】

 

 

 

一気呵成にロープ際まで追い込みました。

 

けれど、決定打には持ち込めないな。

 

コレは……、ヴィヴィオさん、左足を故障している?

 

ローキックで破壊されたか。ヴィヴィオに次のラウンドはないな。

 

普通なら3ラウンド終了TKO勝ちでしょう。セコンドが続行を許可する筈がありませんので。

 

前回の雪辱で倒し切りたいリンネ本人は分かるが、どうしてセコンドは「深追いせずに流せ」とリンネを引かせないのか疑問だ。
実質、もう勝利しているのだぞ? このまま第3ラウンドを終えればTKO勝利が転がり込んでくる。

             ※)次の試合でフーカが4回KO勝ちしている。

 

リンネさん以上に、セコンド陣が冷静な判断を出来ない状態……?

 

それにヴィヴィオ陣営がタオルを投入しないのも疑問だ。通常の格闘技ならば、とっくにレフェリーストップの筈。

 

まさか……、まだ、ヴィヴィオさんには手がある?

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20180612152637j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180612152715j:plain

引用元――ViVid Strike!(原作:都築真紀、ViVid Strike PROJECT)より抜粋】

 

 

 

と、止めないと! レフェリーもセコンドもッ!!

 

いや、待て!!

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20180612152941j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180612152959j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180612153017j:plain

 引用元――ViVid Strike!(原作:都築真紀、ViVid Strike PROJECT)より抜粋】

 

 

 

サウスポーにスイッチしてのカウンターです!

 

これを隠していたのか。

 

単なる奥の手ではなく、負傷している左足から右足へと軸足をスイッチする事により、負担を軽減していますよ。

 

かといって蹴り足が負傷している側になった。長くは保たないぞ。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20180612153249j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180612153309j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180612153324j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180612153341j:plain

 引用元――ViVid Strike!(原作:都築真紀、ViVid Strike PROJECT)より抜粋】

 

 

 

凄い打ち合いです。

 

どの道、ヴィヴィオに次のラウンドはない。勝算度外視で運任せの捨て身にいくだけだろう。そして、それがベストの選択だ。

 

そうですね。けれど、リンネさんとセコンドが冷静ならば……。

 

ああ。だが、それを見越してヴィヴィオは玉砕戦法に出た。ヴィヴィオ本来のスタイルには程遠いが、負けて元々、勝てればラッキーで思い切りいける!

 

それからリンネさんのアッパーへの防御が気になります。

 

なんだかんだで、まだまだキャリアが浅いからな。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20180612153640j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180612153749j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180612153804j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180612153822j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180612153858j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180612153914j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180612153929j:plain

引用元――ViVid Strike!(原作:都築真紀、ViVid Strike PROJECT)より抜粋】

 

 

 

ついに、ついにリンネさんが止まりました!

 

アクセルスマッシュの連打か。

 

返しの右が、ちょ、直撃しますッ!

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20180612154059j:plain

引用元――ViVid Strike!(原作:都築真紀、ViVid Strike PROJECT)より抜粋】

 

 

 

決まった。セコンドは早くタオルを――

 

れ、連打は続きますっ!

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20180612154210j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180612154227j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180612154244j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180612154302j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180612154318j:plain

 引用元――ViVid Strike!(原作:都築真紀、ViVid Strike PROJECT)より抜粋】

 

 

 

滅多打ち! ぼ、棒立ちのまま、まともに連打を食らっています。

 

何をやっているセコンド! 早くタオルで選手を助けるんだ!!

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20180612154513j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180612154529j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180612154549j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180612154607j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180612154622j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180612154753j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180612154809j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180612154826j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180612154844j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180612154859j:plain

引用元――ViVid Strike!(原作:都築真紀、ViVid Strike PROJECT)より抜粋】

 

 

 

試合終了です。大逆転の末、ヴィヴィオさんの第3ラウンドKO勝ちで終わりました。

 

逆転に次ぐ逆転で、いい試合だった。観客は満足だったろう。

 

締里さんの感想としては?

 

リンネの精神的な不安定さが気になったな。だが、それ以上にスペック的に明白に劣るヴィヴィオが、見事に格上相手のジャイアント・キリングを達成した事への賞賛が先に立つだろう。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20180612183922j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180612183937j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180612183952j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180612184007j:plain

 引用元――ViVid Strike!(原作:都築真紀、ViVid Strike PROJECT)より抜粋】

 

 

 

では、この試合を包括、かつラバーマッチ(3度目の対戦)が実現した場合の勝敗予想をすれば?

 

この試合の総評は、ヴィヴィオが見事だったの一言に尽きる。ヴィヴィオ自身はベストラウンドだった第2ラウンドを貫けなかった事が不満だろうがな。

 

第2ラウンドのヴィヴィオさんは理想的でしたね。見惚れました。

 

ラバーマッチの勝敗を予想するのならば、メンタルの脆さを克服できると仮定すれば、やはり実力とスペックからしてリンネが圧倒的に優位。けれど克服できなければ、最悪そのまま引退もあり得るか。才能と資質は怪物的なのだが。

 

格下相手のこういった敗戦は、再起に対して不安ですよね。
いっそ格上相手に完敗した方が切り替えできます。

 

本当に深刻なのは、前戦不覚を取っておきながら、ヴィヴィオを格下と侮った陣営だがな。10回戦えば8回勝てる相手に、フロックではなく実力で落とした。この敗戦は陣営の失態だ。
そして、対するヴィヴィオも第2ラウンドで今後の可能性を示した。あの素晴らしいパフォーマンスを進化できれば、リンネとのラバーマッチの勝利どころか、もっと上のステージで活躍できるだろう。
なんにせよ、二人とも私からみれば、技術的にはまだまだ未熟だ。

 

貴女と戦闘能力を比較するのは、流石にどうかと思いますが……。
とにかく、素晴らしい好試合を披露してくれた両者に感謝しつつ、今回初となる前後編を終えたい思います。リスナーの皆さま、ご試聴ありがとう御座いました。

 

では、また次回の放送でな。

 

 

 

 

引用元――ViVid Strike!(原作:都築真紀、ViVid Strike PROJECT)より抜粋】

f:id:ayafumi-rennzaki:20180612143329j:plain

 

※)引用したキャプチャ画像に関しては、著作権権利者様より異議申し立て・削除要請があれば、速やかに対処いたしますのでご承知置き願います。 

  また、権利者様および各関係者様への敬意を忘れず、不利益にならない用法を心掛ける事を明記します。

RSSを購読するにほんブログ村 アニメブログへ