アニメを斬る!

アニメ関連の話題をメインに、美少女DJ2名が会話形式でお送りする、仮想ラジオブログ!

アニメを斬る!

ヘッダー画像(第1回へ誘導)
— 最 新 記 事 —
【赤井はあと@最強アイドル】VTuberなのにバーチャルではない『はあちゃまクッキング』を紹介する【ホロライブ(horolive)】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】佐倉睦子、最終回においてヒロインの貫禄をみせる【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子、辻堂一軍からワンアウトもとれなかった件で心が折れていた【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子、辻堂の一軍打線に比喩ではなくKOされる【メジャーセカンド】
【関羽雲長】人気声優・生天目仁美の嵌まり役(キャラ)、個人的ベスト5【冬馬かずさ】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】風林ナイン、打者一巡の猛攻も睦子は凡退する【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】エース睦子、辻堂との練習試合で上々の立ち上がり【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】Wヒロインとして着替えと活躍が期待される道塁を特集する【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子、キノコへの入部テストで接待投球をさせられる【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子、美麗な作画でメインヒロインの貫禄を見せつける【メジャーセカンド】
【遠坂凛】人気声優・植田佳奈の嵌まり役(キャラ)、個人的ベスト5【イシュタル】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子、試合の行方をかけて2度も激走【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子VS道塁、最終回2死で炎のヒロイン対決【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子、千里のピッチングに嫉妬も限界を超えた激走を披露【メジャーセカンド】
【PS4/Nintendo Switch】キャプテン翼 RISE OF NEW CHAMPIONSがヤバすぎと話題沸騰【ジャンル:サッカーアクション】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】ライト睦子、決勝戦にて痛恨のエラーをかます【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子、道塁が再登場して思わずジト目で嫉妬する【メジャーセカンド】
【フィギュア】止まらないホロライブ――全リリースを紹介【白上フブキが初】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】エース睦子、雨中で完投勝利もあまり目立てず【メジャーセカンド】
【アニメ版ワンパンマン】ヒーロー紹介『戦慄のタツマキ』がロリセクシーな件【One Punch-Man】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】メインヒロイン睦子、アニオリで大吾と深夜のデート【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】クリーンナップ睦子、チームは勝利も3打席3三振に終わる【メジャーセカンド】
【メニュー】『ダンベル何キロ持てる?』筋トレ講座を鍛える箇所別にまとめてみた【器具】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】我らが睦子、限界がきて無念の降板【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子パイセン、アニータに先輩の威厳を示す【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】エース睦子、二回戦は立ち上がりに2失点【メジャーセカンド】
【再放送版ハチナイ】アニメ『八月のシンデレラナイン Re:fine』、もう作画崩壊とはいわせない【試合プレー場面まとめ】
【GIF動画で検証】名作女子ベースボールアニメ『大正野球娘。』の作画を振り返る【大正義野球娘】
【フィギュア】毛利蘭ねえちゃんの角が『ねんどろいど』でヤバい件【名探偵コナン】
【ぼっち料理】ハック(Hac) ちょこっと家電 贅沢鍋&グリルおすすめしてみる【Φ12cm HAC2254】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】ヒロイン睦子、未来の義姉いずみと美少女的共演を果たす【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】エース睦子、初勝利後に変顔芸を披露する【メジャーセカンド】
【アニメ版ワンパンマン】ヒーロー紹介『地獄のフブキ』が可愛い件【One Punch-Man】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子、公式戦(大会1回戦)で初先発【メジャーセカンド】
【くぎゅぅぅぅぅ】人気声優・釘宮理恵の嵌まり役(キャラ)、個人的ベスト5【ツンデレの女王】
【アニメ版ワンパンマン】ヒーロー紹介『サイタマ(ハゲマント)』の戦績【One Punch-Man】
【報道ステーション】人気声優・佐藤利奈(サトリナ)の嵌まり役、個人的ベスト5【御坂美琴】
【黒子ちゃんドロップキック】名助演声優・新井里美の嵌まり役、個人的ベスト5【ジャッジメントですの!】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】中1の睦子がアニオリ回想回でも超可愛い件【メジャーセカンド】
【いもいも級の衝撃】きららアニメ『球詠』第4話の先行海外(北米)配信版が作画崩壊【dアニメ版と比べてみた】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子、大吾の情報をもとに打撃の特訓【メジャーセカンド】
【萌えすら捨てて】作画崩壊風きららアニメ『球詠』のプレー場面を集めてみた【野球を追求】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子、アニータとのバッテリーを拒否【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】佐倉睦子、練習試合で初の実戦登板【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』】沢 弥生様のご活躍を追いかけてみる【メジャーセカンド】
【上条当麻】旧約(第1部)までの男女平等パンチを振り返ってみる【その幻想をぶち殺す】
【ゾンビランドサガ】アニメ内とリアル声優ライブでの映像を比較してみた【フランシュシュ】
【アニメ第21話(最終回)】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode21 Grand Order】
【ハッカドール】伝説のお仕事アニメ、KUROBAKOを振り返ってみる【本家SHIROBAKOもよろすこ】
【アニメ第20話(後半)】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode20 絶対魔獣戦線メソポタミアⅡ】
【アニメ第20話(前半)】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode20 絶対魔獣戦線メソポタミアⅡ】
【アニメ第19話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode19 絶対魔獣戦線メソポタミアⅠ】
【海外での認識】織田信長のキャラデザを振り返る【日本人のイメージ】
【アニメ第18話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode18 原初の星、見上げる空】
【とあるシリーズ】能力者LEVEL5と各キャラの勢力分布を復習してみよう【禁書目録/超電磁砲】
【範馬刃牙/バキ】ごきげんな朝食(あさめし)【完全再現を目指してみた】
【アニメ第17話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode17 会議は踊る】
【アニメ第16話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode16 目覚め】
【HG/MG/RG】フリーダムガンダム&ストフリが超かっこいい件【登場シーン】
【松智洋先生なんと2作目】はてな☆イリュージョン、第4話でほぼ全編が作画崩壊【いもいもの悪夢再来か】
【アニメ第15話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode15 新しいヒトのカタチ】
【登録方法】アニメをネット視聴する動画配信サービスは「dアニメストア」がオススメ【TVでもOK】
【アニメ第14話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode14 決戦】
【アニメ第13話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode13 さよなら、冥界の女神】
【アニメ第12話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode12 王の死】
【楽天】おしゃれな薄型腕時計を紹介&おすすめしてみる【メンズ】
【お知らせ】ブログの記事レイアウトを変更します【重要】
ヘッダー画像下ライン

【関羽雲長】人気声優・生天目仁美の嵌まり役(キャラ)、個人的ベスト5【冬馬かずさ】

スポンサーリンク

 

※)引用したキャプチャ画像に関しては、著作権権利者様より異議申し立て・削除要請があれば、速やかに対処いたしますのでご承知置き願います。 

  また、権利者様および各関係者様への敬意を忘れず、不利益にならない用法を心掛ける事を明記します。

 

――オンエア、START! 

前振りトーク

リスナーの皆さま、ナビゲーターの淡雪も三国志に憧れます。
今回は228回目の放送になります。声優ネタ企画といきましょう。前回は植田佳奈さんを特集しましたが、その記事での予告通りに今日は生天目仁美さんですよ。

           ※)ナビゲーター。14歳(中等部三年生)

 

お馴染み、アシスタントの締里だぞ。武将だと呂蒙が好みだな。
著名なキャラの担当が多い生天目仁美であるが、デビュー初期と全盛期以降では、アニメファンが抱いている彼女のイメージに差異があるな。

           ※)アシスタント。15歳(高等部一年生)

 

そうですね。現在ですと、生天目さんは一般的に「クールな年上系」「ハスキーボイス」キャラという特徴が定着していますね。

 

伊藤静と同じ系統だと思う。

 

デビュー時期や年齢的にも同世代ですね。

 

過去にも云っているが、20代の若手だとデータ(記事)の更新が大変だしな。30代後半以降の声優をメインに特集したい。

 

では、恒例のやつを。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20201024072216j:plain

引用元――Wikipedia 生天目仁美のページより抜粋】

 

スポンサーリンク

 

本編スタート

出演数もさることながら、そのキャリアの濃密さには感嘆しますよ。

 

近年においてもメイン級こそ若手に譲っているものの、役者としての充実ぶりには目を見張るものがある。

 

ゲームをはじめとして、TVアニメ以外でもスケジュールが埋まっている印象ですね。 

 

前置きは終えて紹介していくぞ。

 

演じた有名・人気キャラ

アルクェイド・ブリュンスタッド

f:id:ayafumi-rennzaki:20201024130809j:plain

引用元――真月譚 月姫(原作:奈須きのこ/TYPE-MOON、「真月譚 月姫」製作委員会)より抜粋】

 

 

 

一番最初のメイン級キャラはアニメ版『月姫』のアルクェイドになる。

 

前回の声優企画――植田佳奈さんは琥珀さんを担当、また前途した伊藤静さんは秋葉さんを担当という、型月作品のメディアミックスにおける黎明期だからこそのキャスティングですね。

 

アニメ版以外の画像を見せると――

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20201024131108j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20201024131122j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20201024131135j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20201025195159j:plain

引用元――月姫シリーズ他(原作:奈須きのこ/TYPE-MOON、アニプレックス/ほか多数)より抜粋】

 

 

 

生天目さんにとっては記念碑的なキャラかもしれませんけれど、やはり現在のファンにとってのアルクェイドさんといえば、CV柚木涼香さんでしょうね。

 

そうだな。生天目自身もアルクェイドは柚木涼香のキャラであり、自分のキャラだとは今は考えていないだろう。

 

宮間夕菜

f:id:ayafumi-rennzaki:20201024131548j:plain

引用元――まぶらほ(原作:築地俊彦/駒都えーじ、まぶらほ製作委員会)より抜粋】

 

 

 

同じ年(2003)には、『まぶらほ』でメインヒロインを務めております。

 

夕菜か。今の生天目のイメージからすると割と驚く配役だ。

 

富士見ファンタジア文庫が最も人気があった時期を支えた、王道的なラブコメ作品でしたね。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20201024131714j:plain

 

 

 

今だから言えるが、メイン級3名のヒロインでこの夕菜が最も不人気だった。というか、他のヒロインとの相対的ではなく絶対的な意味で人気がなかった。

 

1番人気のヒロインは下級生のサムライ娘――神城凜さんだったと記憶しております。それとリーラ・シャルンホルストというメイドさん。

 

岸本恵

f:id:ayafumi-rennzaki:20201024132008j:plain

引用元――GANTZ(原作:奥浩哉、GANTZ Partners)より抜粋】

 

 

 

週刊ヤングジャンプで連載された大人気作品『GANTZ』でも、生天目さんはヒロインを演じております。

 

途中退場しているから、厳密にはメインヒロインとは定義できないけどな。

 

生天目さんが出演したTVアニメ版は2004年の放映でしたが、後の2016年にフル3DCGアニメーションにて映画化(タイトル『GANTZ:O』)されております。

 

鳳ヴィヴィアン

f:id:ayafumi-rennzaki:20201024132406j:plain

引用元――UG☆アルティメットガール(原作:m.o.e.、スタジオマトリックス)より抜粋】

 

 

 

オリジナルアニメ作品『UG☆アルティメットガール』にて主役級3人の内の鳳ヴィヴィアンさんを担当しました。

 

奇しくも『GANTZ』岸本恵と同じく作中にて「巨乳」というあだ名を付けられているぞ。

 

ちなみに『ウルトラマン』のパロディ作品だったりします。

 

神宮司奏

f:id:ayafumi-rennzaki:20201024133153j:plain

引用元――極上生徒会(原作・製作:コナミ)より抜粋】

 

 

 

『極上生徒会』――コナミが手掛けたメディアミックス作品のアニメ版に出演しておりました。

 

『ときめきメモリアル』や『耽美夢想マイネリーベ』などのコナミ作品は、ゲームを起点にメディア展開されていったが、この『極上生徒会』はアニメが起点だった。全26話だったしな。

 

ちなみに神宮司奏さんは準主役で、主役の蘭堂りのさんは田村ゆかりさんがCVでしたよ。

 

十波由真

f:id:ayafumi-rennzaki:20201024133312j:plain

引用元――ToHeart2(原作: AQUAPLUS、TH2 Works)より抜粋】

 

 

 

あの『東鳩』こと『ToHeart2』では人気キャラ、十波由真さんの声を担当しております。

 

美麗な「みつみ絵」は以下だ。流石に当時のアニメ映像技術ではこのままのクォリティでのアニメ化は不可能だった。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20201024133446j:plain

 

 

 

こうして見ると、本当に初期の生天目さんは今とはイメージ違いますね。

 

「曲芸商法」ほどではないが、この『ToHeart』シリーズも手を変え品を変えて、色々な作品や商品がリリースされていた。

 

高橋絵里子

f:id:ayafumi-rennzaki:20201024133833j:plain

引用元――女子高生 GIRL'S-HIGH(原作: 大島永遠、「女子高生」製作委員会)より抜粋】

 

 

 

かのJKコメディ作品の金字塔『女子高生』では主演でした。

 

ポンコツな秀才というキャラだった。

 

こうして振り返ると様々な役をこなしています。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20201024133851j:plain

 

 

 

こういった「おバカで軽い」ライトなノリの生天目さんの演技、また観てみたいですね。

 

鬼丸美輝

f:id:ayafumi-rennzaki:20201024134135j:plain

引用元――無敵看板娘(原作: 佐渡川準、鬼丸飯店)より抜粋】

 

 

 

週刊少年チャンピオンで人気だった『無敵看板娘』でも主演だったぞ。

 

2006年から2008年は生天目さんが声優界で無双した感じがあります。

 

フィーナ・ファム・アーシュライト

f:id:ayafumi-rennzaki:20201024135328j:plain

引用元――夜明け前より瑠璃色な-Crescent Love-(原作: オーガスト、月文化交流会)より抜粋】

 

 

 

『けよりな』こと『夜明け前より瑠璃色な』でもメインヒロインでしたよ。八月作品だと『FORTUNE ARTERIAL』の悠木かなで役も務めましたね。

 

オーガストとべっかんこうの全盛期だな。

 

エ炉ゲ界を席巻していましたね。

 

それがここまで衰退するとはなぁ。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20201024135410j:plain

 

 

 

上がオリジナルの「べっかん絵」です。

 

アニメ版の『けよりな』といえば、作画崩壊でも伝説を作っている。

 

オマケ:けよりな「キャベツ」

f:id:ayafumi-rennzaki:20201024140245g:plain

 

 

 

スケジュールが崩壊してアニメーターさんが「キャベツの資料」を手元に寄せる余裕がなかったとか。

 

スイカか何かと勘違いしているよな。

 

孫権仲謀

f:id:ayafumi-rennzaki:20201024141712j:plain

引用元――鋼鉄三国志(原作・製作: 鋼鉄三国志製作委員会)より抜粋】

 

 

 

実は『一騎当千』ではなく『鋼鉄三国志』という作品ですが、生天目さんは孫権仲謀さんを演じておりました。

 

あまり孫権という感じはしないな。

 

ええ。世間的に孫権仲謀といえば下のイメージで浸透していますからね。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20201024141748j:plain

 

 

 

いや、CV大橋彩香キャラではなく、アニメオリジナルの方を思い浮かべる人も多いかもしれない。

 

下の自称・孫権仲謀さんはアニメGG~XXに登場する本名、小喬さんなので、どうか間違えない様にお願いします。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20201024141807j:plain

 

 

 

ちなみに『鋼鉄三国志』での関羽さんは?

 

これだな。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20201024141826j:plain

 

 

 

性別が男性版の関羽さんでしたか。これでは残念ながら生天目さんは担当できませんね。

 

世間一般が抱く関羽像からは、申し訳ないが少々かけ離れていると思うぞ。なんていうか、これは関羽っぽくない気がする。

 

生天目さんの関羽雲長さんを除けば、一般的な世間の方々が抱く関羽像は次になるでしょう。いわば世の中の認知度ナンバー2関羽ですね。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20201024142752j:plain

 

 

 

これだな。まさにコレだ。だいたい関羽といえば色黒で巨乳な女子高生か、こっちのイメージだろう。

 

関羽さんっぽいですよね。上もまさに「これぞ関羽」というキャラデザになっております。

 

マツリ

f:id:ayafumi-rennzaki:20201024142342j:plain

引用元――ロケットガール(原作: 野尻抱介/むっちりむうにい、ハピネット)より抜粋】

 

 

 

次に紹介するのは『ロケットガール』でのマツリ役になります。

 

右側のキャラだ。

 

この2007年は生天目さんにとって運命的な年でありまして、他には『ながされて藍蘭島(梅梅役)』『ムシウタ(立花利菜役)』『ハヤテのごとく!(桂雪路役)』なども担当しています。

 

立花利菜も生天目キャラ的には単独で紹介するべきかもしれないが、残念ながら原作に比べるとアニメ版の出来は良くなかったんだよな。作者の岩井恭平も『ムシウタ』以降は振るわなかったし。

 

スポンサーリンク

 

蒼井セナ

f:id:ayafumi-rennzaki:20201024143028j:plain

引用元――カオス;ヘッド -CHAOS;HEAD-(原作: ニトロプラス/5pb.、「CHAOS;HEAD」製作委員会)より抜粋】

 

 

 

かのヒット作『カオス;ヘッド -CHAOS;HEAD-』の蒼井セナさんですね。

 

ここから先は、キャリア初期よりも「生天目ブランド」を確立した配役をゲットしていく感じになるぞ。

 

薬師寺涼子

f:id:ayafumi-rennzaki:20201024144054j:plain

引用元――薬師寺涼子の怪奇事件簿(原作: 田中芳樹/垣野内成美、女王陛下執務室)より抜粋】

 

 

 

某インバースさんの如く「ドラよけお涼」なる異名をもつ薬師寺涼子さんを演じました。

 

『薬師寺涼子の怪奇事件簿』という作品の空気にも、生天目の演技はピッタリだった。

 

この作品は主演というか、語り手である泉田準一郎さんが主役といった方が適切かも。

 

寮監

f:id:ayafumi-rennzaki:20201024170351j:plain

引用元――とある科学の超電磁砲シリーズ(原作: 鎌池和馬/冬川基、PROJECT-RAILGUN)より抜粋】

 

 

 

『とある~』シリーズにも出演してます。

 

彼女にスポットが当たった回は切なくなった。

 

哀しきキャリアウーマンですよね、

 

沙織・バジーナ

f:id:ayafumi-rennzaki:20201024170534j:plain

引用元――俺の妹がこんなに可愛いわけがない(原作: 伏見つかさ/かんざきひろ、アニプレックス/アスキー・メディアワークス/バンダイナムコゲームス/ムービック)より抜粋】

 

 

 

『俺妹』こと『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』にもメイン級で出ていました。

 

沙織・バジーナは人気あったな、そのビジュアルも含めて。

 

柴田勝家

f:id:ayafumi-rennzaki:20201024170703j:plain

引用元――織田信奈の野望(原作: 春日みかげ/みやま零、織田信奈の野望製作委員会)より抜粋】

 

 

 

美少女版・柴田勝家も生天目さんが担当しておりました。

 

『織田信奈の野望』シリーズだな。

 

他には井口裕香さんが演じる柴田勝家も有名だったりします。

 

クリスカ・ビャーチェノワ

f:id:ayafumi-rennzaki:20201024171042j:plain

引用元――トータル・イクリプス(原作: 吉宗鋼紀/唯々月たすく/宮田蒼、オルタネイティヴ第一計画)より抜粋】

 

 

 

『トータル・イクリプス』ではメインヒロインを担当していました。

 

下は「たすく絵」での紅の姉妹だ。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20201024171220j:plain

 

 

 

アニメ化された範囲内では、どう見てもメインヒロインとは思えなかったぞ。

 

EDクレジットも下でしたし、普通に篁 唯依さんがメインヒロインと錯覚しそうです。

 

そうそう。ついに本編『マブラヴ オルタネイティブ』のアニメ化が決定した。先日――10月24日に正式発表および公式HPが開設だ。

 

今から放映が楽しみであります。

 

相田マナ / キュアハート

f:id:ayafumi-rennzaki:20201024171506j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20201024171525j:plain

引用元――ドキドキ!プリキュア(原作: 東堂いづみ、朝日放送/ADK/東映アニメーション)より抜粋】

 

 

 

失礼ながら、なんと生天目さんは単にプリキュア声優というだけではなく『プリキュアシリーズ』にて主演を務めていたんですよ。

 

シリーズ10作目にして8代目の主役プリキュアという輝かしいキャリアだ。

 

ご本人の強い希望でオーディションに挑戦する前、マネージャーさんから「お前には無理だよ。年齢的にも、キャラクター的にも」と云われた事は逸話になっております。

 

年齢はともかく、キャラクター的に無理って、まあ、その、なんだ。

 

キャリア初期とは違い、確かに売りであるイメージとは違いましたが、それでもオーディションを勝ち抜き、見事に主演を果たしました。

 

カル・シェーカル

f:id:ayafumi-rennzaki:20201024171748j:plain

引用元――タブー・タトゥー(原作: 真じろう、タブー・タトゥー製作委員会)より抜粋】

 

 

 

プリキュアとは正反対でキャラクター的に嵌っているといえば、このカル・シェーカルさんはピッタリでした。

 

『タブー・タトゥー』だな。

 

名前とは裏腹にメイドさん達を従える巫女&刀キャラでした。

 

作中で最強クラスだったな。

 

和田はつね

f:id:ayafumi-rennzaki:20201024171901j:plain

引用元――つうかあ (原作: にこいち、「つうかあ」製作委員会)より抜粋】

 

 

 

オリジナルアニメ『つうかあ』にも出ていました。

 

主人公たちが所属する高校の教師であり側車部顧問――和田はつねを演じていたぞ。

 

黒田怜奈

f:id:ayafumi-rennzaki:20201024172122j:plain

引用元――サークレット・プリンセス(原作: DMM GAMES、サークレット・プリンセス製作委員会)より抜粋】

 

 

 

スマホゲーが原作の『サークレット・プリンセス』にも出演していた。

 

前途した『つうかあ』とは違い、教師役ではなく生徒役で主人公が所属する高校のメインキャラです。

 

ぶっちゃけ、主人公の声優が無名に近く主人公チームでは水橋かおりと生天目が有名どころだったな。

 

そしてライバル校の声優で有名なのは種﨑敦美さんくらいですかね。

 

一時代を築いた桐谷華というネームバリューに負けないくらい種﨑敦美名義もビッグになった。風音はここまでアニメ用の名義で伸びなかったし。

 

――と、ここまで様々なキャラを挙げて参りましたが、いよいよベスト5の発表に移りたいと思います。

 

今回は第1位以外の順位は読めないな。逆に言えば第1位だけは分かり切っているが。

 

さあ、第5位は果たして――

    ※)あくまで彼女の個人的な順位です。

 

スポンサーリンク

 

第5位

f:id:ayafumi-rennzaki:20201024172557j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20201024172656j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20201024172709j:plain

 

引用元――Fateシリーズ(原作:奈須きのこ/TYPE-MOON、アニプレックス/ほか多数)より抜粋】

 

 

 

『Fateシリーズ』よりバゼット・フラガ・マクレミッツさんです!

 

やはり生天目の型月キャラと言えば、アルクェイドではなくバゼットだな。

 

キャリアと実績を重ねた生天目さんのブランドイメージの具現化ですね、このキャラは。

 

意外だが、生天目のFGOキャラはバゼットだけだったりする。

 

続きまして、第4位はというと――

    ※)あくまで彼女の個人的な順位です。

 

第4位

f:id:ayafumi-rennzaki:20201024173009j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20201024173023j:plain

引用元――灼眼のシャナシリーズ(原作:高橋弥七郎/いとうのいぢ、『灼眼のシャナ』製作委員会)より抜粋】

 

 

 

『灼眼のシャナ』シリーズよりマージョリー・ドーさんとなりました!

 

彼女もバゼット同様、お姉さん系のキャラだな。

 

親分肌という面で、バゼットさんとは異なっておりますね。

 

このチョイスは予想外だったかな。私だったらマージョリーよりもクリスカを4位に入れたいところだ。

 

次に、第3位にランクインするのは――

    ※)あくまで彼女の個人的な順位です。

 

第3位

f:id:ayafumi-rennzaki:20201024173312j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20201024173323j:plain

引用元――スクールランブル(原作:小林尽、テレビ東京/創通/マーベラスエンターテイメント)より抜粋】

 

 

 

『スクールランブル』より周防美琴さんでした!

 

嵌り役というよりも、生天目がスクランの美琴役だったのかと驚くファンも多いと思うぞ。 

 

プロデューサーとしては変に捻らずに幼馴染のオカッパとくっ付けておけば、と思っております。

 

それ(真っ直ぐな展開)を素直に出来ていれば、スクランの後半は恋愛面で迷走しなかっただろう。

 

いよいよ、第2位といきます。

    ※)あくまで彼女の個人的な順位です。

 

第2位

f:id:ayafumi-rennzaki:20201024173900j:plain

www.youtube.com

f:id:ayafumi-rennzaki:20201024173911j:plain

www.youtube.com

f:id:ayafumi-rennzaki:20201024173923j:plain

www.youtube.com

f:id:ayafumi-rennzaki:20201024173933j:plain

www.youtube.com

引用元――WHITE ALBUM2 (原作:AQUAPLUS、PROJECT W.A.2)より抜粋】

 

 

 

『WHITE ALBUM2 』より冬馬かずささんが選ばれました!

 

実質的にはこのキャラがナンバー1だろう。

 

恋愛系としては超名作でしたね。

 

アニメ版は残念ながらヒットせずに、三部構成(高校生編=introductory chapter、大学生編=closing chapter、社会人編=coda)で高校生編までしか映像化されなかった。

 

原作はノベル型ゲームでマルチエンディングですから「真ルート」「真エンディング」に対しての解釈は複数存在しております。

 

小木曽 雪菜とのWヒロインとなっているが、主人公の名前が北原 春希だからな。第1ヒロインの雪菜と第2ヒロインのかずさ、どちらが本命の真ヒロインかというと――

 

両ヒロインが主人公と結ばれた場合、「北原雪菜」「北原かずさ」で冬が去って(希望する)春が訪れているのがどちらなのか明白ですし、何よりもかずさルートのDE曲名が「Closing」ですからね。

 

ライターの丸戸史明いわく「負け癖が魅力」と評されたのが雪菜だしな。

 

では、第1位の栄冠を発表です!

    ※)あくまで彼女の個人的な順位です。

 

第1位

f:id:ayafumi-rennzaki:20201026053644j:plain

www.youtube.com

引用元――一騎当千シリーズ(原作:塩崎雄二、一騎当千WWWパートナーズ/少年画報社)より抜粋】

 

 

 

『一騎当千シリーズ』より関羽雲長さんが栄光の1位です!

 

当たり前の結果に落ち着けたな。

 

他の順位に出来なかったんですよ、あまりにもブッチギリ過ぎて。主人公である孫策伯符さんよりも主役しておりますし。

 

有名なだけではなく、生天目が声優として生涯で最もギャラを稼げているキャラでもある。

 

原作の進み具合が遅いので、アニメ版はOVAシリーズでのリリースに移行しておりますが、果たして原作およびアニメ版の完結はいつになるのやら。

◆配信電子ストア◆

 

 

 

 

引用元――一騎当千シリーズ(原作:塩崎雄二、一騎当千WWWパートナーズ/少年画報社)より抜粋】

f:id:ayafumi-rennzaki:20201024072800j:plain

※)引用したキャプチャ画像に関しては、著作権権利者様より異議申し立て・削除要請があれば、速やかに対処いたしますのでご承知置き願います。

  また、権利者様および各関係者様への敬意を忘れず、不利益にならない用法を心掛ける事を明記します。