アニメを斬る!

アニメ関連の話題をメインに、美少女DJ2名が会話形式でお送りする、仮想ラジオブログ!

アニメを斬る!

ヘッダーSP画像
— 最 新 記 事 —
【くぎゅぅぅぅぅ】人気声優・釘宮理恵の嵌まり役(キャラ)、個人的ベスト5【ツンデレの女王】
【アニメ版ワンパンマン】ヒーロー紹介『サイタマ(ハゲマント)』の戦績【One Punch-Man】
【報道ステーション】人気声優・佐藤利奈(サトリナ)の嵌まり役、個人的ベスト5【御坂美琴】
【黒子ちゃんドロップキック】名助演声優・新井里美の嵌まり役、個人的ベスト5【ジャッジメントですの!】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】中1の睦子がアニオリ回想回でも超可愛い件【メジャーセカンド】
【いもいも級の衝撃】きららアニメ『球詠』第4話の先行海外(北米)配信版が作画崩壊【dアニメ版と比べてみた】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子、大吾の情報をもとに打撃の特訓【メジャーセカンド】
【萌えすら捨てて】作画崩壊風きららアニメ『球詠』のプレー場面を集めてみた【野球を追求】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子、アニータとのバッテリーを拒否【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】佐倉睦子、練習試合で初の実戦登板【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』】沢 弥生様のご活躍を追いかけてみる【メジャーセカンド】
【上条当麻】旧約(第1部)までの男女平等パンチを振り返ってみる【その幻想をぶち殺す】
【ゾンビランドサガ】アニメ内とリアル声優ライブでの映像を比較してみた【フランシュシュ】
【アニメ第21話(最終回)】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode21 Grand Order】
【ハッカドール】伝説のお仕事アニメ、KUROBAKOを振り返ってみる【本家SHIROBAKOもよろすこ】
【アニメ第20話(後半)】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode20 絶対魔獣戦線メソポタミアⅡ】
【アニメ第20話(前半)】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode20 絶対魔獣戦線メソポタミアⅡ】
【アニメ第19話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode19 絶対魔獣戦線メソポタミアⅠ】
【海外での認識】織田信長のキャラデザを振り返る【日本人のイメージ】
【アニメ第18話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode18 原初の星、見上げる空】
【とあるシリーズ】能力者LEVEL5と各キャラの勢力分布を復習してみよう【禁書目録/超電磁砲】
【範馬刃牙/バキ】ごきげんな朝食(あさめし)【完全再現を目指してみた】
【アニメ第17話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode17 会議は踊る】
【アニメ第16話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode16 目覚め】
【HG/MG/RG】フリーダムガンダム&ストフリが超かっこいい件【登場シーン】
【松智洋先生なんと2作目】はてな☆イリュージョン、第4話でほぼ全編が作画崩壊【いもいもの悪夢再来か】
【アニメ第15話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode15 新しいヒトのカタチ】
【登録方法】アニメをネット視聴する動画配信サービスは「dアニメストア」がオススメ【TVでもOK】
【アニメ第14話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode14 決戦】
【アニメ第13話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode13 さよなら、冥界の女神】
【アニメ第12話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode12 王の死】
【楽天】おしゃれな薄型腕時計を紹介&おすすめしてみる【メンズ】
【お知らせ】ブログの記事レイアウトを変更します【重要】
ヘッダー画像

【アニメ第18話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode18 原初の星、見上げる空】

スポンサーリンク

 

※)引用したキャプチャ画像に関しては、著作権権利者様より異議申し立て・削除要請があれば、速やかに対処いたしますのでご承知置き願います。 

  また、権利者様および各関係者様への敬意を忘れず、不利益にならない用法を心掛ける事を明記します。

 

――オンエア、START! 

前振りトーク

読者の皆さま、DJの淡雪が見上げる空の星になります。
アニメFGOのレビュー記事も大詰め。全21話で18話まで来ました。1クールを5話も超えているんですね。ここまで長かったです。

           ※)メインDJ。14歳(中等部三年生)

 

お馴染み、助手の締里だ。初心を忘れずにレビューしたい。
ついに魔獣の母――ティアマトとの決戦に赴く立香たち。前話で切り札と考えていたグガランナが行方不明と判明し、次の策はあるのか。

           ※)DJ助手。15歳(高等部一年生)

 

まともに戦っても勝てるどころか、足止めや時間稼ぎも困難そうですからね。

 

しかも丸1日という時間を稼がなければならないときている。

 

どの様なバトルというか、作戦(対抗策)を採ってくるのか興味深いです。

 

メタ的な話をするのもアレだが、全21話に変更がなければ、逆算していくと21話でエピローグ、20話で魔術王関連、19話と18話でティアマト撃破となるから、この話は重要になってくるな。

 

ゴルゴーン戦とは違い、この1話での決着にはならないでしょうね。締里さんのペース配分予想を私も支持します。偽弁慶さんとかの出番もありますし。

 

第18話「原初の星、見上げる空」あらすじ

いつもと同じで、まずはあらすじを確認してみましょう。

 

ティアマト戦前に色々と非日常的なイベントがあるみたいだな。

 

 

決戦を前にした最後の夜、藤丸やマシュたちは女神たちと束の間の穏やかな時間を過ごす。
同じ夜、ジグラットの頂を訪れたキングゥ。立ち上がることもできないほど傷んだ彼の前に、とある人物が現れる……。
そして迎えた朝、ギルガメッシュの言葉を胸に、藤丸たちはティアマトへの攻撃を仕掛ける。

脚本:桜井光
絵コンテ/演出:温泉中也
総作画監督:高瀬智章
作画監督:Moaang・川上大志・温泉中也
アクション作画監督:温泉中也

 

 

どうやら出陣前の穏やかな時間に尺が割かれていると読めます。

 

キングゥと誰かさんとのひと時か。

 

考えてみればウルク最後の夜ですからね。私たちも感慨深いです。

 

それからアズレンのアニメ関係で色々と話題になった若き天才アニメーター、温泉中也の名前が。

 

実力と才能は折り紙付き。単純な作画のみならず、そのコンテや演出も楽しみですね。

 

本編レビュー開始

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226193346j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226193404j:plain

キングゥ「きっとこれが最後の夜だ」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226193429j:plain

キングゥ「人間たちも――僕も」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226193439j:plain

引用元――Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(原作:奈須きのこ/TYPE-MOON、アニプレックス/ノーツ/ディライトワークス)より抜粋】

 

 

 

黄昏れていますね、キングゥさん。

 

ここまで「最後」を強調するとなると、時系列的な意味では本当にラストなのだろう。

 

続きはあっても休息の夜はないですね。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226193602j:plain

ギル「よもや貴様ら、ウルクの滅びは自分たちのせいだと思っておるわけではあるまいな? ティアマト神を解放したせいだと」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226193613j:plain

ギル「愚か者どもめ。そのような慚愧千年早いわ」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226193626j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226193638j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226193652j:plain

ギル「マシュ、貴様は生き残ったシュメルの民をたった500人だと言ったが、それは違う」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226193706j:plain

ギル「たったではない。500人も残ったが正しい」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226193721j:plain

ギル「何しろこの局面においてウルクに残るのは俺1人だと千里眼は示していたのだ」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226193733j:plain

ギル「だが実際には500人もの命が残った。俺はこれを偉業と考える」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226193747j:plain

立香「王様は知っていたんですね?」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226193800j:plain

ギル「あぁ。それに民もな」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226193811j:plain

マシュ「えっ? つまり市民の皆さんは、結末を理解した上で戦い抜いてきたのですか?」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226193824j:plain

マシュ「すごい。とてもすごいです」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226193839j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226193850j:plain

ギル「よくぞ微笑んだ マシュ・キリエライト。哀れみなど浮かべようものなら引導を渡しておったわ」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226193903j:plain

ギル「貴様たちはウルクの民を助け、この地を慈しみ、女神どもとの対決を選んだ」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226193914j:plain

ギル「それが未来を変えたのだ。自責などやめよ」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226193927j:plain

ギル「誇れ。貴様らにはそれが似合う」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226193939j:plain

引用元――Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(原作:奈須きのこ/TYPE-MOON、アニプレックス/ノーツ/ディライトワークス)より抜粋】

 

 

 

ウルクにやって来た時の街の繁栄を思い出すと切なくなりました。

 

大半の人間は愚かで想像力に欠ける。王のことを崇拝していても実際にウルクの滅亡を信じていた者はどれくらいいたのだろうか。

 

少なくとも、ウルクに残った500名はギルガメッシュさんを信じていました。

 

そうなる様に未来を変えたのは、紛れもなく立香とマシュだろう。

 

藤丸とケツ姐さん

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226194031j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226194045j:plain

立香「どうしたの?」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226194058j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226194108j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226194120j:plain

引用元――Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(原作:奈須きのこ/TYPE-MOON、アニプレックス/ノーツ/ディライトワークス)より抜粋】

 

 

 

意外な方が会いに来てくれました。

 

どんな会話になるんだろうな。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226194220j:plain

立香「どうしたの?」

ケツァルコアトル「ウルクにとって私は敵だった女神でしょう? 最後の夜を迎える人々の心を騒がせたくはないの。だからちょっとお邪魔させてくださいね」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226194233j:plain

ケツァルコアトル「私は知っていました。真のティアマト神の存在を」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226194245j:plain

立香「じゃあゴルゴーンがティアマトじゃないってことも」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226194258j:plain

ケツァルコアトル「ええ。でも私は悪い女神だったのでホントのことは言えなかったです」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226194311j:plain

立香「ゴルゴーンのため?」

ケツァルコアトル「哀れんで欲しくなかったのです。彼女の復讐に全力で向き合って欲しかった。でも藤丸君はバレてしまいました。みっともないですね」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226194323j:plain

立香「みっともなくないと思うよ」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226194335j:plain

ケツァルコアトル「えぇ。そうだといいな」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226194351j:plain

引用元――Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(原作:奈須きのこ/TYPE-MOON、アニプレックス/ノーツ/ディライトワークス)より抜粋】

 

 

 

正直、視聴者的にはゴルゴーンが偽ティアマトだった関連は理解し難かった。

 

そうですね。イシュタルさんが「母さん」と呼ぶ存在が、そのままストレートに創造神であるティアマトさんを指しているとは、後半になるまで「裏があるのでは?」と勘ぐっていましたから。

 

コアトルはゴルゴーンの復讐にも肩入れしたんだな。

 

けれど途中から立香さんに感化されて、鞍替えしたといった感じですか。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226194441j:plain

ロマニ「ありがとう。アメリカン?」

ダストン「いえ。ブルーマウンテンです」

ダ・ヴィンチ「香りで分からないもんかなぁ?」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226194455j:plain

ロマニ「君と違って知らないことばかりさ」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226194510j:plain

ロマニ「とはいえ、無知を盾に立ち止まるわけにはいかない」

ダ・ヴィンチ「もどかしいかい?」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226194523j:plain

ロマニ「ああ。でも、僕らにできることは限られてる。だからその中でベストを尽くすしかないさ」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226194536j:plain

ダ・ヴィンチ「今ちょっとキュンときたかも」

ロマニ「反応に困る」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226194553j:plain

引用元――Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(原作:奈須きのこ/TYPE-MOON、アニプレックス/ノーツ/ディライトワークス)より抜粋】

 

 

 

このレオナルド・ダ・ヴィンチは体はモナリザを基準にした美女でも、中身はれっきとしたオッサンだからな。

 

中の人(声優)がご夫婦という関係なので、面白い会話といえば面白いです。 

 

マシュとイシュタル

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226194646j:plain

マシュ「どうぞ」

イシュタル「ありがと。藤丸は?」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226194658j:plain

マシュ「寝室のお掃除をなさっていましたが、今頃は一休みされているかと」

イシュタル「なにそれ。今さら掃除?」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226194713j:plain

引用元――Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(原作:奈須きのこ/TYPE-MOON、アニプレックス/ノーツ/ディライトワークス)より抜粋】

 

 

 

意外ですね、この組み合わせ。

 

イシュタルは最後に立香と2人きりでだと思っていたけれど、相手はマシュか。

 

マシュさんと立香さんの2人きりは、この様子ですと最後の最後までお預けっぽいです。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226194802j:plain

マシュ「先輩なりのお礼なんだと思います。ウルクの皆さんへの」

イシュタル「お礼?」

マシュ「先輩はウルクが滅びる未来も考えていなければ、去ることを空しくも感じてもいない。なのでいつも通りに振る舞われているのかなと」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226194813j:plain

イシュタル「図太いというか何というか」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226194828j:plain

イシュタル「あなたはちょっと違うみたい」

マシュ「え?」

イシュタル「戦いが怖いでしょ? 未だに慣れていないんじゃない?」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226194844j:plain

マシュ「はい。でもその点に関して私はもう問題視してはいません」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226194859j:plain

引用元――Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(原作:奈須きのこ/TYPE-MOON、アニプレックス/ノーツ/ディライトワークス)より抜粋】

 

 

 

イシュタルはマシュの本心を見抜いていた。

 

しかしマシュさんは己を誤魔化さないで、真っ向から克服していました。

 

回想シーンだ。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226194951j:plain

レオニダス「あなたが戦いを恐れるのは、大切なものを多く知っているからです」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226195007j:plain

レオニダス「その心が自らの恐怖で折れない限り、あなたの盾は何者にも穢されない。負けることはないのです」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226195022j:plain

引用元――Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(原作:奈須きのこ/TYPE-MOON、アニプレックス/ノーツ/ディライトワークス)より抜粋】

 

 

 

レオニダスが言うからこそ重く深い言葉だ。

 

彼は筋トレで恐怖を乗り越えていましたね。

 

恐怖は否定するものではない。

 

イシュタルさんは「指パッチン」で周囲の火(照明)を消します。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226195113j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226195128j:plain

イシュタル「あの光と同じね」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226195142j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226195154j:plain

イシュタル「遙かな過去、遙かな時代に輝いた誰かの人生」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226195210j:plain

イシュタル「それを何千年も経った今、受け取る。いい旅ね」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226195224j:plain

マシュ「はい。とてもいい旅です」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226195242j:plain

引用元――Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(原作:奈須きのこ/TYPE-MOON、アニプレックス/ノーツ/ディライトワークス)より抜粋】

 

 

 

マシュの瞳に映る空が美しい。

 

視聴者にとっても「いい旅」だったと思いますよ、このアニメFGOは。 

 

お待ちかねの、あらすじにあった邂逅だ。

 

キングゥとギルガメッシュ

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226195335j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226195346j:plain

キングゥ「バカみたいだ。何でこんな場所に」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226195400j:plain

ギル「立ち上がらぬか、腑抜け」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226195414j:plain

ギル「ここで屍を晒すことは許さぬ。疾く失せよ。そうであれば罪には問わん」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226195429j:plain

引用元――Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(原作:奈須きのこ/TYPE-MOON、アニプレックス/ノーツ/ディライトワークス)より抜粋】

 

 

 

ついにギルガメッシュとキングゥが決着か。

 

結論すると、彼はティアマト神に「キングゥだと思い込まされた誰でもない存在」に過ぎず、その体はエルキドゥさんの亡骸でした。

 

サーヴァントとしての真名はキングゥであっても、それはFate本編の佐々木小次郎と同じ意味程度しか持たないだろう。

 

フラッシュバックしていた記憶も、エルキドゥさんの体に残っていた魂の断片だったのでしょう。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226201534j:plain

ギル「どうした? 立つことすらできぬか? それでも神々の最高傑作と言われた者か」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226201550j:plain

キングゥ「何を偉そう」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226201604j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226201621j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226201634j:plain

引用元――Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(原作:奈須きのこ/TYPE-MOON、アニプレックス/ノーツ/ディライトワークス)より抜粋】

 

 

 

聖杯を失いエルキドゥの亡骸が崩壞している。

 

今の彼は型月の魔術世界でいうところの人形に近い存在なのでは。

 

蒼崎橙子が作っていたやつだな。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226201727j:plain

キングゥ「クソ! こんなところを! お前に見られるなんて!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226201741j:plain

キングゥ「クソぉ!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226201757j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226201812j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226201824j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226201837j:plain

引用元――Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(原作:奈須きのこ/TYPE-MOON、アニプレックス/ノーツ/ディライトワークス)より抜粋】

 

 

 

ギルガメッシュは彼に聖杯を与えた。

 

ちょっと待って下さい。その聖杯は確か立香さんへのご褒美だったのでは?

 

求めていた聖杯は別で、今はティアマトが所持しているし。

 

ティアマト戦用の切り札として立香さんに譲っても良かったと思いますよ、私は。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226201932j:plain

キングゥ「何のつもりだ!? 僕は敵だぞ!? お前のエルキドゥじゃない!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226201945j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226201957j:plain

キングゥ「エルキドゥじゃ、エルキドゥじゃないんだよ!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226202009j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226202022j:plain

ギル「そうだな。貴様はヤツの体を使っているに過ぎん」

キングゥ「だったら」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226202036j:plain

ギル「だが! 貴様は我が庇護の、いや友愛の対象だ」

キングゥ「なにを」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226202049j:plain

ギル「言わねば分からぬか! この大バカ者が!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226202103j:plain

ギル「たとえ異なる心、魂があろうと」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226202118j:plain

ギル「貴様のそれはこの地上でただ1つの天の鎖!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226202130j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226202145j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226202210j:plain

ギル「ま、ヤツはただの兵器と言って譲らなかったがな。だがその言葉に倣うのなら、俺が貴様を気にかけるのは当然至極」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226202224j:plain

ギル「なにせ、貴様は最も信頼した兵器の後継機のようなもの。贔屓にして何が悪い」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226202239j:plain

ギル「世界の終わりだ。自らの思うままにせよ」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226202258j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226202313j:plain

キングゥ「待って。それはどういう」

ギル「母親も生まれも気に留めず、ただ望むことを為すがいい。かつての俺やヤツのようにな」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226202336j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226202351j:plain

キングゥ「何を今更。僕には自由なんて、選ぶ知性も無いのに」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226202404j:plain

引用元――Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(原作:奈須きのこ/TYPE-MOON、アニプレックス/ノーツ/ディライトワークス)より抜粋】

 

 

 

まさに王の器だな、ギルガメッシュ。

 

キングゥさんはこれで自由になりました。

 

果たして彼はどんな最後という「答え」を自分の意思で見つけ出すのか。

 

会議は再び踊る

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226202505j:plain

ギル「あの脚は巨体を支えるには細すぎる。ティアマト神は黒泥の上でしか歩行できないと見るべきだ」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226202526j:plain

ギル「この仮説は当たりだと俺と【カルデア】は見ている」

ロマニ『要はあの黒泥はティアマト神にとって移動用の滑走路なのさ』

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226202542j:plain

ギル「うむ、つまりそれを除去すればヤツの移動も止まるということ。よって現在【カルデア】では黒泥を元の海水に戻す手段を」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226202556j:plain

「報告です。南部観測所がティアマト神の進行再開を確認。ウルク市到達まで残り約8時間です」

ロマニ『予測より半日も早い。これじゃ解析はできても、分解薬を作れないぞ』

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226202613j:plain

ギル「戦士長、城壁より50精鋭を集めよ。無理にでもあの脚を破壊するほか」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226202637j:plain

ケツァルコアトル「その必要はないわ。ティアマト神周辺であれば、黒泥の除去は私の宝具で十分に可能デース」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226202652j:plain

引用元――Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(原作:奈須きのこ/TYPE-MOON、アニプレックス/ノーツ/ディライトワークス)より抜粋】

 

 

 

着眼点はティアマトの足だった。

 

確かに巨大になればなる程、自重を支える骨格は倍々ゲームで強度が必要になります。

 

像なんて歩くだけで骨折する事もある。

 

反対に猫は2階から飛び降りても平気です。

 

コアトルの宝具がここにきてクローズアップされた。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226202800j:plain

ジャガーマン「おぉ! アレがあったか!」

立香「アレって、まさか!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226202815j:plain

ケツァルコアトル「イエース! エリドゥの祭壇にあった太陽石デス!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226202827j:plain

ケツァルコアトル「藤丸君があの時 砕かなくて、ホントによかったデスよ」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226202843j:plain

ギル「任せてよいのだな?」

ケツァルコアトル「えぇ。ですが」

イシュタル「ラフムを抑えつつ、なおかつ魔力供給を続けるために母さんの近くに留まり続けるリスクがある」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226202857j:plain

ケツァルコアトル「はい。非常に危険な」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226202911j:plain

立香「よし、やろう」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226202927j:plain

ギル「よかろう」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226202941j:plain

ギル「そうと決まれば、あとは行動あるのみ。皆急ぎ準備に取りかかれ」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226202954j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226203009j:plain

ギル「目に物見せてやろうではないか!」

全員「「「「 了解!! 」」」」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226203024j:plain

引用元――Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(原作:奈須きのこ/TYPE-MOON、アニプレックス/ノーツ/ディライトワークス)より抜粋】

 

 

 

コアトルが宝具を使用する為には、マスターである立香がパスの通っている範囲内にいる事が絶対条件だ。

 

最も危険なのは、サーヴァントではない生身の立香さんという役回りです。

 

それでも立香は一瞬たりとも躊躇せずに決断した。見事な覚悟だ。

 

ギルガメッシュさんの言葉に、全員が「了解!」と返事するのも良かったです。

 

盛り上がってきたな。

 

作戦も立案できましたしね。

 

シドゥリの魂と共に

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226203122j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226203135j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226203152j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226203207j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226203222j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226203238j:plain

引用元――Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(原作:奈須きのこ/TYPE-MOON、アニプレックス/ノーツ/ディライトワークス)より抜粋】

 

 

 

何とも言えない余韻があります。

 

栄光の演説

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226203524j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226203537j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226203552j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226203611j:plain

引用元――Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(原作:奈須きのこ/TYPE-MOON、アニプレックス/ノーツ/ディライトワークス)より抜粋】

 

 

 

ウルクに来た時には、あんなに栄えていたのに、もう廃墟同然だ。

 

かつての繁栄が夢や幻の様です。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226203755j:plain

「ウルクに残る全ての民に告げる」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226203815j:plain

「半年より前、魔獣戦線が作られた時だ。俺はお前たちに言った。どう足掻いてもウルクは滅ぶ」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226203831j:plain

「逃げるのもよい、享楽に浸るのもよい、嘆きから冥界に身を投げてもよいとな」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226203853j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226203912j:plain

「だが、お前たちは戦うと口にした。この結末を知った上で、なお抗うと」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226203929j:plain

「まさにウルクは幸福な都市であった」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226203944j:plain

引用元――Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(原作:奈須きのこ/TYPE-MOON、アニプレックス/ノーツ/ディライトワークス)より抜粋】

 

 

 

心に染みる演説だ。

 

原作ファンにとっては最大級の見せ場というか名場面との事ですから。

 

確かに、それは伝わってくる。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226204050j:plain

「その歴史も、生活も、民も、この俺も含めてな」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226204104j:plain

「今一度言おう! ウルクは滅ぶ! もはや変えようもない事実だ! しかし憂う必要はない! なぜか!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226204120j:plain

「それは勝利の暁を1人でも拝む者があれば、その胸中に我らの生き様が刻まれるからだ!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226204136j:plain

「たとえ死するとも、子を残せずとも、人は人の中に意思を残す! それこそ人が持つ力の粋! 血を介さぬ知性による継承! 命の連鎖!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226204151j:plain

「ウルクの滅びは、我らの滅びではない! 我らは勝利の暁に輝き、その光で時代を繋ぐ!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226204204j:plain

「心せよ! 我が精鋭たちよ!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226204217j:plain

「今こそ原初の神を否定し」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226204232j:plain

「我らは人の時代を始める!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226204245j:plain

「これは神との真なる決別の戦い!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226204301j:plain

「その命 我に捧げよ!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226204320j:plain

引用元――Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(原作:奈須きのこ/TYPE-MOON、アニプレックス/ノーツ/ディライトワークス)より抜粋】

 

 

 

なるほど。ここが神代の歴史との決別点か。

 

この戦いに勝利した後、人と神は同一のスクロール上に存在しなくなるのでしょう。

 

冥界や天界もだろう。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226204426j:plain

「後の世に我らウルクの栄光を伝えるために!」

「「「ぉおおおおおおおおおおおッ!!」」」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226204441j:plain

立香「マシュ、必ず成功させよう」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226204456j:plain

マシュ「はい!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226204510j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226204524j:plain

引用元――Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(原作:奈須きのこ/TYPE-MOON、アニプレックス/ノーツ/ディライトワークス)より抜粋】

 

 

 

おや、キングゥさんの姿が。

 

彼はウルクを去っていない。

 

余談ですが、今回の作画は冴えていますね。このシーンのマシュさんの顔が素晴らしい。温泉さん、本当に天才です。話題になるだけはあります。

 

ほんの少しだけ癖が感じられるが、レベルが高く才能に溢れた画だと思う。

 

最終決戦へ

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226204628j:plain

シルビア「ティアマト神 まもなく目視距離に入ります」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226204645j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226204659j:plain

ケツァルコアトル「ジャガーには地上を任せといたわ」

立香「助かる!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226204715j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226204732j:plain

立香「見えた!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226204745j:plain

引用元――Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(原作:奈須きのこ/TYPE-MOON、アニプレックス/ノーツ/ディライトワークス)より抜粋】

 

 

 

ジャガーマンさんは今回も。またしても2軍落ちとは。

 

仕方がないだろ、キャラデザ的に。

 

シリアスな空気を壊してしまいますからね、彼女が出張ってしまうと。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226204845j:plain

ケツァルコアトル「なんて数」

マシュ「第一波来ます!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226204858j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226204913j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226204928j:plain

イシュタル「待ちくたびれたわ! いくわよ!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226204940j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226205002j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226205015j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226205028j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226205041j:plain

引用元――Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(原作:奈須きのこ/TYPE-MOON、アニプレックス/ノーツ/ディライトワークス)より抜粋】

 

 

 

作戦開始だ。もう後には引けない。

 

両女神とも、活躍しております。

 

牛若オルタ、再来襲

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226211539j:plain

ダストン「第一陣を突破!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226211556j:plain

シルビア「レーダーに新たな霊気反応! 1つ、2つ、更に増殖!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226211612j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226211627j:plain

ロマニ『マズい! 囲まれるぞ!』

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226211643j:plain

立香「右だ!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226211656j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226211709j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226211727j:plain

マシュ「先輩!」

ロマニ『また来るぞ!』

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226211741j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226211757j:plain

引用元――Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(原作:奈須きのこ/TYPE-MOON、アニプレックス/ノーツ/ディライトワークス)より抜粋】

 

 

 

またしても牛若オルタさんが!

 

あれで全滅じゃなかったみたいだ。

 

早見沙織さんのお仕事がまだ継続ですよ。

 

そういうメタな台詞は止めてくれ。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226211902j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226211916j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226211933j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226211947j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226212003j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226212022j:plain

牛若オルタ「いやー残念。また功を焦ったな、私は」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226212038j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226212054j:plain

引用元――Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(原作:奈須きのこ/TYPE-MOON、アニプレックス/ノーツ/ディライトワークス)より抜粋】

 

 

 

しかも前回来襲時の記憶まで引き継いでいる模様。

 

態勢的に大ピンチだぞ、これ。マシュは立香を支えているから動けない。

 

ピンチというか、イシュタルさん達のフォローがなければ絶体絶命かと。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226212147j:plain

立香「回れ!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226212215j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226212231j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226212247j:plain

牛若オルタ「小賢しい真似を!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226212301j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226212317j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226212332j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226212347j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226212404j:plain

ケツァルコアトル「相手をしている時間はないの!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226212417j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226212433j:plain

引用元――Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(原作:奈須きのこ/TYPE-MOON、アニプレックス/ノーツ/ディライトワークス)より抜粋】

 

 

 

なんという度胸。立香さん、翼竜を旋回させてピンチを脱しました。

 

マシュがモーメントに耐え切れなければ、そのまま落下だったな。

 

でもコアトルさんがフォローに入ってくれる時間は、辛うじて稼げました。

 

弁慶、馳せ参じる

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226212542j:plain

ケツァルコアトル「イシュタル!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226212559j:plain

イシュタル「分かってるわよ!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226212611j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226212625j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226212640j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226212657j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226212711j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226212729j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226212744j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226212757j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226212809j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226212823j:plain

立香「弁慶!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226212837j:plain

弁慶「我が主の不始末! どうか拙僧にも背負わせていただきたい!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226212849j:plain

引用元――Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(原作:奈須きのこ/TYPE-MOON、アニプレックス/ノーツ/ディライトワークス)より抜粋】

 

 

 

弁慶がここで参戦とは!

 

正確には偽弁慶さんですけどね。

 

水を差さないでくれ。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226213022j:plain

牛若オルタ「今さら何をしに来た!? 臆病者の貴様らしからぬ蛮勇だぞ、常陸坊!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226213039j:plain

弁慶「自由な風の如き貴方様が怒りに囚われるなど」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226213056j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226213134j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226213148j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226213204j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226213221j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226213239j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226213253j:plain

弁慶「拙僧にはとても耐えられません!」

牛若オルタ「抜かせ!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226213307j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226213321j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226213333j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226213348j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226213402j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226213422j:plain

引用元――Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(原作:奈須きのこ/TYPE-MOON、アニプレックス/ノーツ/ディライトワークス)より抜粋】

 

 

 

う~~ん、牛若丸は弁慶が武蔵坊じゃなくて常陸坊だって真実を知っていたのか。

 

私だったらガッカリですよ、本物の武蔵坊弁慶さんじゃなくて常陸坊さんが自分と一緒に召喚されたならば。

 

そう言ってやるなよ。常陸坊なりに思うところがあったからこその結果だろう。

 

でも、結局は臆病風に吹かれて逃げ出してしまいましたけどね。

 

だからこそ、こうして戦線復帰した事実が重い。黒化した牛若丸は見過ごせないと。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226213526j:plain

イシュタル「あとどれくらい!?」

ロマニ「残り10kmだ!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226213543j:plain

イシュタル「まだそんなに!? 母さんはもう《ナピュシテムの牙》の目の前だってのに!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226213556j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226213624j:plain

イシュタル「ちょっと! そっちは!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226213642j:plain

イシュタル「ラフムの群れ!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226213657j:plain

引用元――Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(原作:奈須きのこ/TYPE-MOON、アニプレックス/ノーツ/ディライトワークス)より抜粋】

 

 

 

立香さん、大胆なショートカットを選択です。

 

無茶だが、ここで止めるしかないしな。

 

最短距離を突っ切れ

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226213816j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226213832j:plain

イシュタル「なに考えてんの!」

ケツァルコアトル「なに考えてマス?」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226213847j:plain

立香「このまま突っ切る! 牛若を相手取りながら群れを迂回している時間はない!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226213905j:plain

弁慶「此奴らは烏合の衆! 義経様にとっても邪魔となり得ましょう!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226213922j:plain

イシュタル「ったく、イチかバチかね!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226213935j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226213948j:plain

引用元――Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(原作:奈須きのこ/TYPE-MOON、アニプレックス/ノーツ/ディライトワークス)より抜粋】

 

 

 

もう特攻に賭けるしかない。

 

偽弁慶さんがいなければ、この状況、どうなっていた事でしょうね。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226214040j:plain

牛若オルタ「クソが!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226214057j:plain

ロマニ「目標まで残り3km! 各自ケツァルコアトルの宝具展開に備えてくれ!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226214114j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226214129j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226214148j:plain

牛若オルタ「何をするつもりだ!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226214202j:plain

牛若オルタ「この期に及んで策を弄したところで無」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226214215j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226214230j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226214246j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226214302j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226214319j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226214335j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226214354j:plain

引用元――Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(原作:奈須きのこ/TYPE-MOON、アニプレックス/ノーツ/ディライトワークス)より抜粋】

 

 

 

今回は大活躍ですね、コアトルさん。

 

まさしく太陽の女神だ。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226214452j:plain

立香「群れに穴が!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226214507j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226214521j:plain

ケツァルコアトル「藤丸君、ここでお別れデース! 魔力供給バッチリお願いしマース!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226214535j:plain立香「了解」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226214550j:plain

立香「パスが切れない限界まで距離を取る!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226214609j:plain

引用元――Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(原作:奈須きのこ/TYPE-MOON、アニプレックス/ノーツ/ディライトワークス)より抜粋】

 

 

 

ここからが作戦の本命です。

 

しかし、弁慶がコアトルに付いて行ったぞ。

 

距離を取らないとマズイのですが。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226214656j:plain

立香「弁慶! 巻き込まれるぞ! 弁慶ぇえええ!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226214712j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226214729j:plain

ケツァルコアトル「護衛は有り難いけど諸共に焼き尽くしますよ」

弁慶「望む所です!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226214744j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226214801j:plain

引用元――Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(原作:奈須きのこ/TYPE-MOON、アニプレックス/ノーツ/ディライトワークス)より抜粋】

 

 

 

偽弁慶さん、ここを死地と決めていました。

 

腹を括っていたんだな。

 

元より主である牛若さんはゴルゴーン戦で斃され、今は本来の状態から逸脱しておりますし、彼がこの時代に受肉している意味はもうないのでしょう。

 

宝具、発動

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226214900j:plain

弁慶「お任せを!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226214915j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226214932j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226214948j:plain

ケツァルコアトル「過去はここに!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226215007j:plain

ケツァルコアトル「今もまた等しく!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226215023j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226215040j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226215055j:plain

ケツァルコアトル「未来もまたここにあり!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226215112j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226215130j:plain

ケツァルコアトル「風よ来たり雷よ来たれ!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226215148j:plain

ケツァルコアトル「明けの明星輝く時!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226215204j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226215219j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226215234j:plain

牛若オルタ「死ねぇぇええええ!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226215248j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226215304j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226215318j:plain

引用元――Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(原作:奈須きのこ/TYPE-MOON、アニプレックス/ノーツ/ディライトワークス)より抜粋】

 

 

 

コアトルさんの詠唱、格好いいですね。

 

というか、弁慶がついに捕まった。三方から刺突されてしまったぞ。

 

3対1の割には時間を稼げた方でしょう。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226215424j:plain

ケツァルコアトル「太陽もまた彼方にて輝くと知るがいい!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226215438j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226215451j:plain

ケツァルコアトル「ピエドラ!

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226215507j:plain

ケツァルコアトル「デル!

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226215523j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226215541j:plain

牛若オルタ「させるかぁぁああああ!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226215557j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226215615j:plain

弁慶「此度こそ最後までお供いたします」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226215632j:plain

牛若オルタ「貴様」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226215645j:plain

引用元――Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(原作:奈須きのこ/TYPE-MOON、アニプレックス/ノーツ/ディライトワークス)より抜粋】

 

 

 

これが弁慶の願い。本懐か。

 

もう常陸坊さんは本物の弁慶さんに並びましたね。

 

今、彼は牛若丸にとって本物の武蔵坊になった。

 

願いの成就

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226215748j:plain

ケツァルコアトル「ソル!

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226215805j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226215822j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226215838j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226215851j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226215907j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226215927j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226215942j:plain

牛若オルタ「誠に、臆病者の貴様らしからぬ蛮勇だぞ、常陸坊」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226215954j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226220011j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226220024j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226220038j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226220050j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226220105j:plain

シルビア「宝具《ピエドラ・デル・ソル》の展開を確認! 黒泥がものすごいスピードで焼却され」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226220123j:plain

ロマニ「なんだ?」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226220143j:plain

シルビア「黒泥と共に牛若丸、弁慶の霊気反応も完全に消失しました」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226220201j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226220221j:plain

引用元――Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(原作:奈須きのこ/TYPE-MOON、アニプレックス/ノーツ/ディライトワークス)より抜粋】

 

 

 

弁慶さんの忠義に、今度こそ牛若さんの心は浄化されたのでしょう。

 

それはそうと、この回だが、オペ子であるシルビアがやたら良作画で目立っているな。

 

プロデューサーもシルビアさんが大好きなので、これにはニッコリしてます。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226220317j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226220334j:plain

立香「ティアマトが、止まった!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226220350j:plain

シルビア「ティアマト神 進行を停止しました! 成功です!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226220409j:plain

シルビア「ケツァルコアトルは、なおも宝具展開を継続中」

ダ・ヴィンチ「このまま時間を稼げば冥界の門が開く」

ロマニ「あぁ。そうすればこちらの勝利だ」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226220422j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226220435j:plain

引用元――Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(原作:奈須きのこ/TYPE-MOON、アニプレックス/ノーツ/ディライトワークス)より抜粋】

 

 

 

やりましたね、締里さん。

 

うむ、作戦成功だ。

 

しかしストーリー的に、こんなにアッサリと勝てるとは思いません。

 

メタ発言は止めろと主張したいが、私もそれには同意する。

 

止まらぬ大地母神

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226220545j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226220603j:plain

イシュタル「起き上がるつもり!? 自分の体重を支えられないんじゃないの!?」

マシュ「そのはずです!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226220618j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226220633j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226220648j:plain

ダ・ヴィンチ「体格と背面構造体への魔力集中に、自重を度外視した起立の成功」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226220704j:plain

ダ・ヴィンチ「まさか!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226220719j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226220732j:plain

立香「と、飛べるのか!?」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226220749j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226220811j:plain

イシュタル「そんなありえない! 母さんは地の神よ! 天には近付けないはずなのに!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226220828j:plain

マシュ「飛べるということは冥界にも落ちないということ」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226220840j:plain

マシュ「先輩、これでは作戦が成り立ちません!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226220853j:plain

引用元――Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(原作:奈須きのこ/TYPE-MOON、アニプレックス/ノーツ/ディライトワークス)より抜粋】

 

 

 

あの、これって根本的に作戦ミスなのでは?

 

好意的に解釈すると、この時点で判明して良かったとも言える。

 

だけど、ここからどうすれば――

 

ケツァルコアトルVSティアマト

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226220947j:plain

ケツァルコアトル「メソポタミア世界の武器では彼女を傷付けられない。そう言ったのは私でしたね」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226221003j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226221018j:plain

ケツァルコアトル「だが!

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226221034j:plain

ケツァルコアトル「我が身は遠い魔境の神性なれば!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226221049j:plain

ケツァルコアトル「メソポタミアの神 何するものぞ!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226221105j:plain

ケツァルコアトル「我ら南米がシバルバ!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226221120j:plain

ケツァルコアトル「多くの命を絶滅させた大衝突の力を見せてくれる!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226221136j:plain

引用元――Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(原作:奈須きのこ/TYPE-MOON、アニプレックス/ノーツ/ディライトワークス)より抜粋】

 

 

 

演出といい、作画といい凄いの一言だ。

 

コアトルさんのマッチョ化は、もう少しキュートに出来なかったのでしょうか?

 

正直、ちょっと恐いよな。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226221232j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226221246j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226221302j:plain

ケツァルコアトル「我が身を燃える岩となす!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226221315j:plain

ケツァルコアトル「彗星となって大地を殺す!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226221328j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226221343j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226221400j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226221422j:plain

ケツァルコアトル「《ウルティモ・トペ・パターダ》!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226221438j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226221455j:plain

引用元――Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(原作:奈須きのこ/TYPE-MOON、アニプレックス/ノーツ/ディライトワークス)より抜粋】

 

 

 

大気圏外から迂回してのライダーキックです。

 

これって、気のせいか仮に三女神同盟がなかったら、コアトルは真っ向勝負でゴルゴーンを撃破できるのでは?

 

3度目――最後の令呪

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226221550j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226221604j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226221618j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226221635j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226221649j:plain

ケツァルコアトル(足りない! この壁を越える力が!)

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226221705j:plain

立香「令呪よ!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226221725j:plain

立香「ケツァルコアトルに勝利を!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226221745j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226221759j:plain

引用元――Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(原作:奈須きのこ/TYPE-MOON、アニプレックス/ノーツ/ディライトワークス)より抜粋】

 

 

 

こんなに恰好いい立香さんが見れるなんて!

 

鯖太郎とアニメ視聴者にバカにされていた面影はないな。 

 

温泉さんもツイッターで鯖太郎いってましたが、ファンゆえの愛からくる叱咤だったんですね、この仕事の出来栄えからして。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226221855j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226221908j:plain

ケツァルコアトル「燃えろ闘魂!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226221929j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226221945j:plain

ケツァルコアトル「シウ・コアトル!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226222000j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226222016j:plain

ケツァルコアトル「オラァァアアアア!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226222030j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226222043j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226222057j:plain

立香「負けるな! ケツァルコアトルぅぅううう!!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226222112j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226222130j:plain

ケツァルコアトル「ぅぉおおおおおおおおおお!!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226222147j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226222204j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226222217j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226222232j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226222251j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226222307j:plain

引用元――Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(原作:奈須きのこ/TYPE-MOON、アニプレックス/ノーツ/ディライトワークス)より抜粋】

 

 

 

今回の立香さんの叫びは、今までとは一味も二味も違いました。

 

でも叫ぶシーンの作画、レベルが高い故に今までの回と比較すると逆に浮いている様な。

 

他のキャラの顔も全くイメージを損なう事なく微塵も崩れませんし、感嘆しますね。

 

打つ手なし

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226222357j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226222411j:plain

マシュ「そんな。あれだけの攻撃をもってしても届かないだなんて」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226222425j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226222439j:plain

引用元――Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(原作:奈須きのこ/TYPE-MOON、アニプレックス/ノーツ/ディライトワークス)より抜粋】

 

 

 

もう絶望しかありません。

 

万策尽きた感じだ。

 

総集編を2話も挟む羽目になった超電磁砲Tのスタッフも、こんな気持ちを抱いたのでしょうか。

 

そういう喩えは不謹慎だろ、貴様。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226222524j:plainロマニ「マズい、マズいぞ。このままでは」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226222538j:plain

立香『ドクター! ティアマト神のダメージ分析を! 損傷箇所から突破口が開けるかもしれない!』

ロマニ「わ、分かった!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226222552j:plain

立香「イシュタルは北西に見えるラフムの迎撃を!」

イシュタル「了解!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226222606j:plain

立香「マシュ、敵前方で宝具を展開して少しでも時間を稼ぎたい」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226222622j:plain

マシュ「でも、もう先輩の魔力が」

立香「大丈夫。まだやれる」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226222635j:plain

引用元――Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(原作:奈須きのこ/TYPE-MOON、アニプレックス/ノーツ/ディライトワークス)より抜粋】

 

 

 

こんなにも逞しく成長するなんて、立香さん。

 

冷静に考えるとクライマックス前の主人公だから、成長しているのは当たり前といえば当たり前だが。

 

そういえば、そうでした。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226222722j:plain

マシュ「先輩、やはりこれ以上は!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226222736j:plain

立香「それでも、立ち止まるわけにはいかないんだ!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226222749j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226222802j:plain

マシュ「分かりました。やりま」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226222815j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226222829j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226222843j:plain

立香「あれは」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226222855j:plain

立香「ゴルゴーン」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226222908j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20200226222919j:plain

引用元――Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(原作:奈須きのこ/TYPE-MOON、アニプレックス/ノーツ/ディライトワークス)より抜粋】

 

 

 

ここでゴルゴーンが再登場とは全く予想できなかった。

 

浅川悠さんの出番がまた来るなんて。この回は台詞なしでしたので、ギャラは未発生ですが。

 

第19話も台詞あるとは限らないぞ。

 

悠木碧さんなんて、ずっと「あーー」と歌ったり叫んだりしているだけですしね。

 

声優ネタはその辺にしておけ。

 

まとめ&感想

第18話要約

  • それぞれの穏やかな夜
  • ギル、キングゥに聖杯を使う
  • 自由を得たキングゥ
  • 名演説でギルがまるで主役の様
  • 足止め作戦の要はケツ姐
  • 牛若オルタ、再び
  • 出番が多かったシルビアちゃん
  • 弁慶、最後に見せ場を作る
  • 未だに台詞なしのティアマト
  • 立香が最後の令呪を使う
  • ケツ姐の宝具も母神には通用せず
  • もう鯖太郎とは呼ばせない活躍
  • 魔力が枯渇し、限界っぽい立香
  • ゴルゴーンさん、まさかの再登場

 

 

牛若さんのエピソードとしては蛇足感がありましたが、弁慶さんと絡める事によって綺麗に消化というか昇華させましたね。

 

作戦は失敗に終わったが、それだけにコアトルの活躍と見せ場が光ったな。

 

ゴルゴーンさんとティアマトさんはどんな怪獣大決戦になるのでしょうか?

 

おそらくはアナ(メデューサ)の自我が勝っている状態だろうから、ゴルゴーンがティアマトを冥界に引きずり下ろすという展開になる筈。

 

私も同感です。問題は冥界落としが成功した後、なにが、いえ誰が、ティアマトさんを斃すかという点です。

 

マシュを除けば残っている手札は、まだ契約していないエレシュキガルのみ。

 

冥界の女神は果たしてどの様な役割を果たすのか。それにキングゥさんの選択も気になるところです。次回も刮目ですね。

◆配信電子ストア◆

 

 

 

 

引用元――Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(原作:奈須きのこ/TYPE-MOON、アニプレックス/ノーツ/ディライトワークス)より抜粋】

f:id:ayafumi-rennzaki:20200302182639j:plain

※)引用したキャプチャ画像に関しては、著作権権利者様より異議申し立て・削除要請があれば、速やかに対処いたしますのでご承知置き願います。

  また、権利者様および各関係者様への敬意を忘れず、不利益にならない用法を心掛ける事を明記します。