アニメを斬る!

アニメ関連の話題をメインに、美少女DJ2名が会話形式でお送りする、仮想ラジオブログ!

アニメを斬る!

ヘッダーSP画像
— 最 新 記 事 —
【GIF動画で検証】名作女子ベースボールアニメ『大正野球娘。』の作画を振り返る【大正義野球娘】
【フィギュア】毛利蘭ねえちゃんの角が『ねんどろいど』でヤバい件【名探偵コナン】
【ぼっち料理】ハック(Hac) ちょこっと家電 贅沢鍋&グリルおすすめしてみる【Φ12cm HAC2254】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】ヒロイン睦子、未来の義姉いずみと美少女的共演を果たす【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】エース睦子、初勝利後に変顔芸を披露する【メジャーセカンド】
【アニメ版ワンパンマン】ヒーロー紹介『地獄のフブキ』が可愛い件【One Punch-Man】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子、公式戦(大会1回戦)で初先発【メジャーセカンド】
【くぎゅぅぅぅぅ】人気声優・釘宮理恵の嵌まり役(キャラ)、個人的ベスト5【ツンデレの女王】
【アニメ版ワンパンマン】ヒーロー紹介『サイタマ(ハゲマント)』の戦績【One Punch-Man】
【報道ステーション】人気声優・佐藤利奈(サトリナ)の嵌まり役、個人的ベスト5【御坂美琴】
【黒子ちゃんドロップキック】名助演声優・新井里美の嵌まり役、個人的ベスト5【ジャッジメントですの!】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】中1の睦子がアニオリ回想回でも超可愛い件【メジャーセカンド】
【いもいも級の衝撃】きららアニメ『球詠』第4話の先行海外(北米)配信版が作画崩壊【dアニメ版と比べてみた】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子、大吾の情報をもとに打撃の特訓【メジャーセカンド】
【萌えすら捨てて】作画崩壊風きららアニメ『球詠』のプレー場面を集めてみた【野球を追求】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子、アニータとのバッテリーを拒否【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】佐倉睦子、練習試合で初の実戦登板【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』】沢 弥生様のご活躍を追いかけてみる【メジャーセカンド】
【上条当麻】旧約(第1部)までの男女平等パンチを振り返ってみる【その幻想をぶち殺す】
【ゾンビランドサガ】アニメ内とリアル声優ライブでの映像を比較してみた【フランシュシュ】
【アニメ第21話(最終回)】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode21 Grand Order】
【ハッカドール】伝説のお仕事アニメ、KUROBAKOを振り返ってみる【本家SHIROBAKOもよろすこ】
【アニメ第20話(後半)】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode20 絶対魔獣戦線メソポタミアⅡ】
【アニメ第20話(前半)】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode20 絶対魔獣戦線メソポタミアⅡ】
【アニメ第19話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode19 絶対魔獣戦線メソポタミアⅠ】
【海外での認識】織田信長のキャラデザを振り返る【日本人のイメージ】
【アニメ第18話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode18 原初の星、見上げる空】
【とあるシリーズ】能力者LEVEL5と各キャラの勢力分布を復習してみよう【禁書目録/超電磁砲】
【範馬刃牙/バキ】ごきげんな朝食(あさめし)【完全再現を目指してみた】
【アニメ第17話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode17 会議は踊る】
【アニメ第16話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode16 目覚め】
【HG/MG/RG】フリーダムガンダム&ストフリが超かっこいい件【登場シーン】
【松智洋先生なんと2作目】はてな☆イリュージョン、第4話でほぼ全編が作画崩壊【いもいもの悪夢再来か】
【アニメ第15話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode15 新しいヒトのカタチ】
【登録方法】アニメをネット視聴する動画配信サービスは「dアニメストア」がオススメ【TVでもOK】
【アニメ第14話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode14 決戦】
【アニメ第13話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode13 さよなら、冥界の女神】
【アニメ第12話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode12 王の死】
【楽天】おしゃれな薄型腕時計を紹介&おすすめしてみる【メンズ】
【お知らせ】ブログの記事レイアウトを変更します【重要】
ヘッダー画像

【アニメ第17話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode17 会議は踊る】

スポンサーリンク

 

※)引用したキャプチャ画像に関しては、著作権権利者様より異議申し立て・削除要請があれば、速やかに対処いたしますのでご承知置き願います。 

  また、権利者様および各関係者様への敬意を忘れず、不利益にならない用法を心掛ける事を明記します。

 

――オンエア、START! 

前振りトーク

読者の皆さま、DJの淡雪が会議にて踊りましょう。
アニメFGOのレビュー記事ですが、第17話まで進みまして、魔術王さんを除けば最大の敵であろうティアマト神さんが復活してしまいましたよ。

           ※)メインDJ。14歳(中等部三年生)

 

お馴染み、助手の締里だ。ピンチにも心は折れないぞ。
サブタイトルからして挑戦⇒撤退という流れは必至みたいだが、対策会議にてどの様な作戦が出てくるのか、その議論内容に期待だ。

           ※)DJ助手。15歳(高等部一年生)

 

会議がメインっぽいので、今回は作画的にはリソース温存回でしょうかね。

 

時事ネタになるが、例の新型コロナ肺炎の影響で、落とさないことで有名なJCが『超電磁砲3期』の7話を落としてしまった。

 

しかも総集編を用意する余力(時間)すらなく、第6話の再放送ですからね。

 

ただでさえスケジュールが崩壊気味なアニメ業界だが、このままコロナウィルスの影響が続き、中国アニメ会社が機能不全に陥ってしまうと作画の下請けを中国に頼っている元請けのアニメ会社は、春アニメも落としまくりそうだ。

 

それでも健康と人命が第一だと私達は考えております。スタッフの皆さま、どうか無理はなさらぬよう。ご自分を大切に。

 

第17話「会議は踊る」あらすじ

あらすじ紹介からと、今回もいつもの流れで。

 

どうやら立香が2度目の令呪を使うみたいだな。

 

 

ラフムによって回収された聖杯の力により、ペルシア湾は触れるもの全てが魔獣と化す黒い泥の海へと姿を変えてしまう。
黒泥が迫りくる中、ウルクを救うべく藤丸たちは全ての根源であるティアマトを撃破することを決意する。
ペルシア湾の中心に鎮座するティアマトへ、藤丸は令呪を用いイシュタルと共に猛攻を仕掛けるが―――。

脚本:永井千晶
絵コンテ/演出:石井俊匡
総作画監督:岡勇一
作画監督:高藤彩・小松麻美・浜友里恵

 

 

勝てなかったのは確実な展開かと。

 

撤退してからの会議が本番だろう。

 

本編レビュー開始

f:id:ayafumi-rennzaki:20200217064953j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20200217065015j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20200217065042j:plain

マシュ「ラフム、海中から湧き出してきます!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200217065105j:plain

イシュタル「私たちに反応していない。出てきたばかりのラフムは感覚が鈍いようね」

ケツァルコアトル「時間が経てばエリドゥにいたラフムのようになるわ」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200217065131j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20200217065153j:plain

ケツァルコアトル「これは新人類ではなくただの終末装置。女神の名にかけて放っておくことはできません」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200217065218j:plain

マシュ「はい。一刻も早くこの無尽蔵の魔獣工場を停止させないと」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200217065241j:plain

ティアマト〈歌声〉

ロマニ『異例の霊気反応確認!』

f:id:ayafumi-rennzaki:20200217065304j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20200217065323j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20200217065342j:plain

立香「あれが――ティアマト」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200217065401j:plain

引用元――Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(原作:奈須きのこ/TYPE-MOON、アニプレックス/ノーツ/ディライトワークス)より抜粋】

 

 

 

ついにティアマト神さんとご対面です。

 

立香としてはティアマトが想像よりも可憐な少女といった外見で、少し戸惑いはあるかもな。

 

外見はどうあれ、今は倒すのみですから。

 

ティアマトと遭遇

f:id:ayafumi-rennzaki:20200217073210j:plain

マシュ「敵影、確認しました」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200217073231j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20200217073252j:plain

マシュ「あれが本当に、魔獣たちの母にはとても」

イシュタル「間違いないわ。あれが創世の神、ティアマト神よ」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200217073322j:plain

立香「手足が拘束されてる!?」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200217073339j:plain

イシュタル「えぇ。ティアマト神が自由に動けない今がチャンスよ」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200217073356j:plain

立香「倒すなら今しかない!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200217073419j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20200217073435j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20200217073454j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20200217073519j:plain

引用元――Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(原作:奈須きのこ/TYPE-MOON、アニプレックス/ノーツ/ディライトワークス)より抜粋】

 

 

 

聖杯を取り込んだとはいえ、未だに両手両足の拘束はそのままか。

 

これはチャンスですね。

 

うむ、先手必勝だ。相手の出方を悠長に待つ必要性はないからな。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20200217073624j:plain

ティアマト〈歌声〉

f:id:ayafumi-rennzaki:20200217073641j:plain

マシュ「体が痺れ」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200217073701j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20200217073718j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20200217073734j:plain

ロマニ「ティアマト神 内部の魔力反応増大!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200217073753j:plain

ダ・ヴィンチ「この魔力量、水爆に匹敵する!」

ロマニ「放たれればそこからでもウルクが吹っ飛ぶぞ!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200217073809j:plain

引用元――Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(原作:奈須きのこ/TYPE-MOON、アニプレックス/ノーツ/ディライトワークス)より抜粋】

 

 

 

歌声だけでこの破壊力。

 

魔力を炸裂されると水爆級の威力がウルクにまで達してしまう。

 

立香さんは接近しようとしますが。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20200217073912j:plain

イシュタル「接近は危険よ! 一気に決める!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200217073929j:plain

イシュタル「藤丸、バックアップよろしく!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200217073946j:plain

立香「あぁ!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200217074001j:plain

立香「令呪を使う!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200217074018j:plain

引用元――Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(原作:奈須きのこ/TYPE-MOON、アニプレックス/ノーツ/ディライトワークス)より抜粋】

 

 

 

2度目の令呪です。残り1つに。

 

前回に続いてイシュタルとのコンビプレーだ。

 

令呪発動、イシュタル全力全開

f:id:ayafumi-rennzaki:20200217074112j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20200217074131j:plain

立香「頼む! イシュタル!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200217074149j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20200217074206j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20200217074222j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20200217074242j:plain

イシュタル「まっかせなさーい!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200217074259j:plain

引用元――Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(原作:奈須きのこ/TYPE-MOON、アニプレックス/ノーツ/ディライトワークス)より抜粋】

 

 

 

さあ、必見の一撃をご覧あれ。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20200217074359j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20200217074416j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20200217074433j:plain

イシュタル「ゲートオープン!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200217074449j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20200217074509j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20200217074525j:plain

イシュタル「これが私の全力全霊!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200217074544j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20200217074602j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20200217074619j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20200217074637j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20200217074656j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20200217074712j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20200217074728j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20200217074747j:plain

イシュタル「打ち砕け!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200217074806j:plain

イシュタル「《アンガルタ・キガルシュ》!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200217074825j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20200217074845j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20200217074904j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20200217130656j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20200217130724j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20200217130745j:plain

引用元――Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(原作:奈須きのこ/TYPE-MOON、アニプレックス/ノーツ/ディライトワークス)より抜粋】

 

 

 

イシュタル版の《スターライトブレイカー》といったところか。

 

まさに金星の女神に相応しい一撃でした。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20200217130923j:plain

イシュタル「よし!」

立香「ドクター!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200217130949j:plain

ロマニ「海中のティアマト神 霊気崩壊を確認! 魔力炉停止!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200217131021j:plain

立香「それじゃあ」

ロマニ『倒したんだ!』

マシュ「や、やりました! やりました先輩!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200217131048j:plain

ケツァルコアトル「本当に消滅デスか?」

ロマニ『あぁ。あとは海の正常化を待って、聖杯を回収すれば、ミッションクリアだ』

f:id:ayafumi-rennzaki:20200217131115j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20200217131143j:plain

マシュ「先輩、大丈夫ですか!?」

立香「あはは。ものすごく疲れた」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200217131206j:plain

イシュタル「体、大丈夫なの?」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200217131230j:plain

立香「ありがとうイシュタル」

イシュタル「久々に全力出せてスッキリしたし、おあいこよ」

ケツァルコアトル「結局 私全然活躍できなかったデース」

マシュ「そんなことありません!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200217131254j:plain

引用元――Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(原作:奈須きのこ/TYPE-MOON、アニプレックス/ノーツ/ディライトワークス)より抜粋】

 

 

 

これで決まったみたいですね。

 

次の展開としては「お約束」になると思うぞ。

 

やはりそうでしょうか。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20200217131352j:plain

ダ・ヴィンチ「さてコフィンの状態は良好。いつでも大丈夫だぜ?」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200217131417j:plain

ロマニ「はぁ、了解」

ダ・ヴィンチ「こらこら。2人を無事帰還させるまでがお仕事だろ?」

ロマニ「はぁーい」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200217131441j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20200217131502j:plain

ダ・ヴィンチ「ん? ロマニ、これ」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200217131522j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20200217131546j:plain

ロマニ「は?」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200217131609j:plain

引用元――Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(原作:奈須きのこ/TYPE-MOON、アニプレックス/ノーツ/ディライトワークス)より抜粋】

 

 

 

案の定でした。

 

本体、顕現

f:id:ayafumi-rennzaki:20200217131702j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20200217131721j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20200217131739j:plain

シルビア「拡散からのメガストラクチャーに変化! スケール上昇! 霊気、再構成を確認!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200217131801j:plain

ロマニ「まさかさっきまでのティアマト神は頭脳体で、こっちが本体か」

ダ・ヴィンチ「ペルシア湾の水位急速に上昇! ロマニ!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200217131823j:plain

ロマニ『全員退避!』

f:id:ayafumi-rennzaki:20200217131846j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20200217131905j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20200217131931j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20200217131954j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20200217132026j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20200217132045j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20200217132104j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20200217132127j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20200217132146j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20200217132204j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20200217132225j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20200217132315j:plain

引用元――Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(原作:奈須きのこ/TYPE-MOON、アニプレックス/ノーツ/ディライトワークス)より抜粋】

 

 

 

倒したのは頭脳体に過ぎず、こちらが本体でした。例の宇崎ちゃんTシャツ風に表現すれば「SUGOIDEKAI」です。

 

気の所為かCGの質感がちょっとだけだが、その、なんだ、浮いている様な。

 

残念な話ですが、各所で「東京モード学園」風だと悪い意味で話題になりましたから。おそらくは予算の都合かと。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20200217132437j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20200217132457j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20200217132516j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20200217132542j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20200217132606j:plain

引用元――Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(原作:奈須きのこ/TYPE-MOON、アニプレックス/ノーツ/ディライトワークス)より抜粋】

 

 

 

ついに地上にまで。

 

本当に終わりの始まりだ。

 

戦略的撤退

f:id:ayafumi-rennzaki:20200217132723j:plain

立香「あいつウルクを見てる!」

マシュ「これは、こんな」

イシュタル「あれが本命ってわけ!?」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200217132746j:plain

ケツァルコアトル「一度ウルクに戻り、ギルガメッシュと合流しましょう」

立香「何とかしないと!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200217132808j:plain

ケツァルコアトル「落ち着いて。あれには絶対に勝てないわ」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200217132837j:plain

ロマニ『ケツァルコアトル、南米の最高神である君の力 宝具をもってしても、ティアマトには勝てないかい?』

f:id:ayafumi-rennzaki:20200217132857j:plain

ケツァルコアトル「たとえイシュタルの権能でも、今メソポタミアにあるどんな手段を使っても」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200217132920j:plain

ケツァルコアトル「このティアマト神には傷1つ付けられません」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200217132943j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20200217133005j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20200217133033j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20200217133057j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20200217133118j:plain

立香「戻ろう」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200217133138j:plain

引用元――Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(原作:奈須きのこ/TYPE-MOON、アニプレックス/ノーツ/ディライトワークス)より抜粋】

 

 

 

撤退を決断するしかない流れだ。

 

悠木碧さんの熱演が光りますね。

 

。いやセリフ無しでひたすら「あーー」と歌声を出しているだけだが。

 

場面はジグラットに移ります。

 

ナピシュテムの牙

f:id:ayafumi-rennzaki:20200217133240j:plain

「黒泥 ラガシュ市を呑み込みウンマ市、ウルク市方面に向かって流出!」

「黒く燃え上がる炎のようです!」

「ウンマ市の城壁では到底耐えられません! 到着まであと」

ギル「よい、碇をあげよ! 《ナピシュテムの牙》展開!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200217133302j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20200217133324j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20200217133344j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20200217133405j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20200217133426j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20200217133448j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20200217133510j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20200217133533j:plain

引用元――Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(原作:奈須きのこ/TYPE-MOON、アニプレックス/ノーツ/ディライトワークス)より抜粋】

 

 

 

混乱するジグラットでしたが、とりあえずは黒泥からの防御に成功しました。

 

一時凌ぎっていう感じだけどな。

 

でも今はその一時が貴重で大切ですから。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20200217133636j:plain

ギル「なんとか持ち堪えたというところか。さて、ようやくここに到ったか。この半年 鉛を飲む思いで待たされたぞ」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200217133716j:plain

ギル「原初の母 百獣母体ティアマトよ。この先は俺にも見えなかった神話の戦い。貴様が世界を飲むか、それとも人類はこの世界を広げるにたる者なのか、答えを出す時が来た」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200217133743j:plain

ギル「神代世界、最後の戦いを始めようではないか!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200217133802j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20200217133823j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20200217133844j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20200217133922j:plain

立香「ギルガメッシュ王!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200217133956j:plain

ギル「よくぞ戻った」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200217134024j:plain

引用元――Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(原作:奈須きのこ/TYPE-MOON、アニプレックス/ノーツ/ディライトワークス)より抜粋】

 

 

 

察するに、ギルガメッシュはこの展開を千里眼で見通していた様だ。

 

ここから会議に入ります。

 

今回はここからがメインだな。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20200217134128j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20200217134152j:plain

立香「500、そんな」

マシュ「間違い、ですよね?」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200217134216j:plain

マシュ「残された人が、たった500人だけだなんて」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200217134240j:plain

ギル「そう。ラフムによる2度の襲撃とティアマトによる海洋の侵食により、ウルク第一王朝は崩壊した」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200217134303j:plain

ギル「たとえこの窮地を乗り越えようと、王国は維持できぬ。衰退するのみであろう」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200217134329j:plain

立香「ウルクを、この時代を俺たちは守れなかった」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200217134357j:plain

ギル「案ずるな。我らが滅亡しようとシュメルの文化が生き残れば、後に続く者が現れよう」

マシュ「シュメル文化?」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200217134428j:plain

イシュタル「シュメル文化の象徴であるウルクとこのバカが生き残れば、メソポタミア文明は守られるのよ」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200217134452j:plain

ギル「つまり人類史を守りたければティアマトを止め、ウルクを守らねばならんということだ」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200217134515j:plain

マシュ「先輩?」

立香「まだ、やれる!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200217134534j:plain

マシュ「はい!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200217134554j:plain

立香「ティアマトを止める!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200217134615j:plain

マシュ「はい!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200217134636j:plain

引用元――Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(原作:奈須きのこ/TYPE-MOON、アニプレックス/ノーツ/ディライトワークス)より抜粋】

 

 

 

立香さんの心は折れておりません。

 

マシュの繰り返しの「はい!」は、イントネーション的にもとても良い感じだ。

 

ええ。高揚していく感じが口調から伝わってきます。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20200217134805j:plain

ギル「聞いたか【カルデア】の。藤丸の心はまだ折れてはおらんぞ。よもやそちらが諦めてなどおらぬだろうな?」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200217134827j:plain

ロマニ「当たり前だ!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200217134848j:plain

ダ・ヴィンチ「分からせてやろうぜロマニ。君がどんなに執念深い男か」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200217134911j:plain

ダ・ヴィンチ「こっちがどれほど修羅場をくぐってきたかをさ!」

「「「「 おう!! 」」」」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200217134936j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20200217135003j:plain

ロマニ「ティアマトのデータを送る!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200217135027j:plain

ロマニ「仕切り直しだ!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200217135050j:plain

引用元――Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(原作:奈須きのこ/TYPE-MOON、アニプレックス/ノーツ/ディライトワークス)より抜粋】

 

 

 

ロマニも立香に触発されたか。

 

絶望している時間すら惜しい状況です。少しでも考えを巡らせないと。

 

対策会議、スタート

f:id:ayafumi-rennzaki:20200217135233j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20200217135301j:plain

ロマニ『移動する生体工場。星間すら航行可能な魔力量』

f:id:ayafumi-rennzaki:20200217135327j:plain

ロマニ『体内に貯蔵した膨大な生命原種。人類があと数百年かけて到達すべき神の箱船』

f:id:ayafumi-rennzaki:20200217135352j:plain

ロマニ『これがティアマト神の正体だ』

f:id:ayafumi-rennzaki:20200217135417j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20200217135441j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20200217135504j:plain

ギル「貴様! ティアマトの太鼓持ちか!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200217135528j:plain

ギル「弱点らしきものが一切書かれていないではないか!」

ロマニ『僕だって攻略法の1つくらい書きたかったよ! でもこれが現実なんだ!』

f:id:ayafumi-rennzaki:20200217135552j:plain

ロマニ『あれは物理的にも神話的にも欠点のない、完全な存在だ! 僕らでは太刀打ちしようがない!』

f:id:ayafumi-rennzaki:20200217135623j:plain

ダ・ヴィンチ「やや乱暴な仮説なんだけど、ティアマトには生まれつき死の概念が無いようなんだよ。彼女は生命の母だから」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200217135644j:plain

ロマニ「僕たちが生きている、ということ自体が彼女の存在を証明してしまうんだ。地上にまだ生きている生命がいる限り、ティアマトに死は訪れない」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200217135709j:plain

マシュ「それでは本当に倒せません」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200217135731j:plain

マシュ「ティアマト神を倒すには、全人類が死に絶えなければならないということですよね!?」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200217135754j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20200217135817j:plain

立香「それじゃあ意味が」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200217135839j:plain

引用元――Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(原作:奈須きのこ/TYPE-MOON、アニプレックス/ノーツ/ディライトワークス)より抜粋】

 

 

 

マシュさん、いきなり消沈してしまいます。

 

ティアマトがこれだけ圧倒的な存在だとな。

 

しかも「死という概念」が観測者である人間が存在する以上、無いのではという仮説まである始末ですし。

 

このままでは打つ手なしだ。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20200217140239j:plain

ギル「ジャガーマンどうだ? 貴様の目から見たティアマトは」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200217140306j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20200217140330j:plain

ジャガーマン「うん。でっかいわ。そしてとてもカッコいいと思うわ」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200217140352j:plain

ギル「戯け。貴様に人としての理性など求めておらぬわ。野生の勘を語れ、野生の勘を」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200217140418j:plain

ジャガーマン「あっそういう話? あのスピードだと、岸に上がってウルクまで2日ってところね」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200217140440j:plain

立香「2日」

ギル「さすがに早いな。もはや迎撃以外に策の打ちようがない」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200217140506j:plain

ギル「しかし《ナピシュテムの牙》も先の攻撃の影響で、かなり崩壊が進んでいる。補修を進めてはいるものの、あれでは撃退はできん」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200217140531j:plain

立香「他になにか」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200217140554j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20200217140620j:plain

エレシュキガル『ギルガメッシュ~』

イシュタル「げっ」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200217140644j:plain

エレシュキガル『地上はどうなっているのかしら~?』

立香「この声」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200217140707j:plain

引用元――Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(原作:奈須きのこ/TYPE-MOON、アニプレックス/ノーツ/ディライトワークス)より抜粋】

 

 

 

おや、ここで待望のあの方が再登場ですよ。

 

エレシュキガルだ。彼女が登場して、どう作戦に影響が出るのか。

 

再登場のエレシュキガル

f:id:ayafumi-rennzaki:20200217140823j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20200217140848j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20200217140914j:plain

エレシュキガル『後から後から魂がわんさかわんさか来るのだけど、おかげで冥界は今 大混乱です!』

f:id:ayafumi-rennzaki:20200217140937j:plain

引用元――Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(原作:奈須きのこ/TYPE-MOON、アニプレックス/ノーツ/ディライトワークス)より抜粋】

 

 

 

鏡の角度が合っていません。

 

死者が多いという状況だから、普通に悲報だ。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20200217141041j:plain

立香「エレシュキガル!」

エレシュキガル『ん?』

f:id:ayafumi-rennzaki:20200217141103j:plain

エレシュキガル『って藤丸!?』

f:id:ayafumi-rennzaki:20200217141124j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20200217141148j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20200217141238j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20200217141303j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20200217141326j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20200217141350j:plain

エレシュキガル『冥界の神エレシュキガル! 華麗に参上したわ!』

マシュ「エレシュキガルさん、ものすごく優雅に登場し直しました!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200217141412j:plain

引用元――Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(原作:奈須きのこ/TYPE-MOON、アニプレックス/ノーツ/ディライトワークス)より抜粋】

 

 

 

ここで一気にギャグテイストに。

 

まあ、シリアスに意気消沈していてもプラスはないしな。

 

秘策、冥界落とし

f:id:ayafumi-rennzaki:20200217141521j:plain

エレシュキガル『この鏡を使うということは、私に何か用かしら? ウルクの王』

f:id:ayafumi-rennzaki:20200217141541j:plain

ギル「使っておらぬ。貴様が勝手に交信してきたのだ」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200217141606j:plain

マシュ「あの、先ほど仰られていた魂というのは」

立香「ウルクの人たちの?」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200217141629j:plain

ギル「現在、ティアマト神がウルクに向かっている。これを倒さねばメソポタミアは滅びる」

エレシュキガル『えぇ。そのようね』

f:id:ayafumi-rennzaki:20200217141650j:plain

ギル「しかしティアマト神は地上に命がある限り死なぬ、というところでどん詰まりというわけだ」

エレシュキガル『残念だけど私にアイデアはないわ』

f:id:ayafumi-rennzaki:20200217141714j:plain

イシュタル「ちょっとは考えてから言いなさいよ」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200217141736j:plain

エレシュキガル『あのねぇ。見ての通り冥界は今 魂が溢れかえっていて大変なの。本来ならこんなにも賑わっていてはいけないのに』

立香「前と全然違う」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200217141800j:plain

マシュ「これではウルクの様相とまるで逆です」

エレシュキガル『それでも冥界は死したる魂の眠る場所。この光もみんな、生きてはいないのだわ』

f:id:ayafumi-rennzaki:20200217141830j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20200217141853j:plain

立香「それが冥界。冥界は死の国」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200217141914j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20200217141939j:plain

ギル「俺と同じ閃きとは小癪なヤツよ。よいぞ、言ってやれ」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200217142006j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20200217142028j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20200217142052j:plain

立香「エレシュキガル! お願いがあるんだ!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200217142114j:plain

エレシュキガル『はい!』

f:id:ayafumi-rennzaki:20200217142138j:plain

立香「ティアマトを冥界に落としたい!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200217142203j:plain

エレシュキガル『はい?』

f:id:ayafumi-rennzaki:20200217142226j:plain

引用元――Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(原作:奈須きのこ/TYPE-MOON、アニプレックス/ノーツ/ディライトワークス)より抜粋】

 

 

 

冥界落とし! その手がありましたか。

 

神代という舞台設定だからこその策だ。

 

ですね。神代でなければ、生者が冥界に堕ちるのは、現世で倒され生を失った後ですから。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20200217142335j:plain

イシュ&エレ「『ぅぇぇえええぇえええぇぇ!?」』

f:id:ayafumi-rennzaki:20200217142404j:plain

ギル「命ある世界では死を知らぬというのなら、命なき世界に落とすまで」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200217142429j:plain

立香「冥界でティアマトは唯一の命。つまり倒せる」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200217142453j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20200217142519j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20200217142543j:plain

ロマニ「い、一見無茶苦茶だけど、これはもしかするともしかして!」

ダ・ヴィンチ「いけるんじゃない?」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200217142607j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20200217142633j:plain

エレシュキガル『っていうか落とす!? 落とすって言った!?』

f:id:ayafumi-rennzaki:20200217142659j:plain

立香「ああ!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200217142721j:plain

エレシュキガル『ここに!?』

f:id:ayafumi-rennzaki:20200217142746j:plain

ギル「冥府の女神エレシュキガルよ」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200217142813j:plain

ギル「王の名の下に貴様に命じる」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200217142840j:plain

ギル「このウルク全土に冥界の門を開け!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200217142907j:plain

ギル「ティアマト神を語る災害の獣を、地の底に繋ぎ止めよ!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200217142925j:plain

ギル「それが三女神として狼藉を働いた貴様の役割! 唯一の罪滅ぼしである!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200217142950j:plain

引用元――Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(原作:奈須きのこ/TYPE-MOON、アニプレックス/ノーツ/ディライトワークス)より抜粋】

 

 

 

一気に希望が見えてきた。

 

あの巨大な体躯を落とす穴って、かなり大変そうですけどね。

 

比喩抜きにウルク全土を覆う規模だろう。

 

エレシュキガルさんの反応は――

 

某クロエを思い出す富士山みたいな口だ。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20200217143103j:plain

エレシュキガル『無理も無理! 絶対無理! ウルクの下に冥界を持ってこいって言うの!?』

f:id:ayafumi-rennzaki:20200217143131j:plain

立香「やっぱり、難しい」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200217143156j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20200217143218j:plain

エレシュキガル『まぁ、やるしかないけど』

f:id:ayafumi-rennzaki:20200217143240j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20200217143301j:plain

エレシュキガル『だって、そうしないと、メソポタミアが滅びるじゃない』

立香「ああ、だからこそ頼みたい」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200217143323j:plain

エレシュキガル『でも、ウルク全土を覆う死の穴なんてそんな簡単に準備できないわよ?』

立香「どれぐらいかかる?」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200217143347j:plain

エレシュキガル『本来なら10年かけてもギリギリね』

ギル「10年か、それはさすがに」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200217143414j:plain

立香「本来なら?」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200217143439j:plain

引用元――Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(原作:奈須きのこ/TYPE-MOON、アニプレックス/ノーツ/ディライトワークス)より抜粋】

 

 

 

可能とはいえ、10年ですか。

 

でも本来って事は、本来じゃない期間で可能そうだぞ?

 

特例的な何かでもあるんでしょうかね。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20200217143600j:plain

エレシュキガル『実は、ウルク憎しでずっと前から企んでいたから、3日もあれば準備できるのだわ』

f:id:ayafumi-rennzaki:20200217143622j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20200217143649j:plain

マシュ「す、すごいですエレシュキガルさん!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200217143725j:plain

エレシュキガル『そ、そう? 地道に毎晩呪ってきた甲斐があったわね』

イシュタル「照れるところじゃないでしょうに」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200217143753j:plain

ギル「フハハハハッ! 見事だエレシュキガル! だが貴様には後で話がある!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200217143820j:plain

引用元――Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(原作:奈須きのこ/TYPE-MOON、アニプレックス/ノーツ/ディライトワークス)より抜粋】

 

 

 

酷いオチだった。

 

結果オーライとはいえ、これは何とも言えない微妙な。

 

ギルガメッシュの引き攣り具合がナイスだった。

 

切り札、グガランナ

f:id:ayafumi-rennzaki:20200217144009j:plain

ケツァルコアトル「となると、あとは時間の問題ね」

マシュ「ティアマト神がウルクに到達するまであと2日。エレシュキガルさんの冥界門の準備ができるまで、3日」

ケツァルコアトル「せめて1日押し止めなくてはいけないわ」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200217144034j:plain

イシュタル「でもどうする? 《マルドゥークの斧》は、もう壊れて使えないし」

ギル「何をもったいぶっておる。勝ち筋は見えているではないか」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200217144106j:plain

イシュタル「だーかーらー その方法を」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200217144131j:plain

ギル「貴様だ、イシュタル」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200217144156j:plain

イシュタル「――私?」

ギル「フハハハハッ!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200217144222j:plain

ギル「此奴め、切り札の見せ方を心得ているとは!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200217144248j:plain

ギル「憎い憎い!」

イシュタル「ちょっ、やめっ! 藤丸!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200217144312j:plain

立香「グガランナだよ!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200217144336j:plain

引用元――Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(原作:奈須きのこ/TYPE-MOON、アニプレックス/ノーツ/ディライトワークス)より抜粋】

 

 

 

ついに、ついにイシュタルさんにとって、恐れていた「この時」が来てしまいました。

 

そりゃ、使えているんだったらゴルゴーン戦でも使っているだろうし。

 

ゴルゴーン戦だと巨大過ぎる力なので未使用だったと言い訳できますが。

 

どう考えても、第1話の落とし物だもんなぁ、グガランナ。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20200217144503j:plain

マシュ「女神イシュタルの従える、シュメル最大の神獣! 《天の牡牛グガランナ》で!」

立香「ティアマト神を足止めするんだ!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200217144527j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20200217144551j:plain

ケツァルコアトル「そうでした! グガランナは、あのティグリスすら干上がらせたと聞きマース! 楽勝デース!」

ジャガーマン「流石だわ。イシュタルさん」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200217144611j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20200217144635j:plain

イシュタル「ちょっ、あの、グガランナって、実はそんな大したヤツじゃないっていうか」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200217144658j:plain

ジャガーマン「グッガランナ!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200217144719j:plain

ジャガーマン「グッガランナ! グッガランナ!」

ケツァルコアトル「イシュタル! イシュタル!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200217144740j:plain

ジャガーマン「グッガランナ! グッガランナ!」

ケツァルコアトル「イシュタル! イシュタル!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200217144804j:plain

キャスパリーグ「フォーウ! フォーウ!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200217144832j:plain

イシュタル「ティアマト神の前じゃ何の役にも立たないっていうか」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200217144958j:plain

ギル「アハハハハハッ!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200217145019j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20200217145039j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20200217145057j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20200217145122j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20200217145143j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20200217145207j:plain

ギル「おい、どうした? 様子がおかしいではないか? いつもの貴様なら甲高い笑い声と共に、自分の力でもないグガランナを自慢しきっていたはずだが」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200217145233j:plain

引用元――Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(原作:奈須きのこ/TYPE-MOON、アニプレックス/ノーツ/ディライトワークス)より抜粋】

 

 

 

盛り上がるだけ盛り上がっていますね、皆さん。

 

フォウことキャスパリーグまで。

 

この「これで勝てる!」みたいな雰囲気、ネタが分かっている視聴者には最高です。

 

駄女神、正直に白状する

f:id:ayafumi-rennzaki:20200217145356j:plain

イシュタル「ありません

f:id:ayafumi-rennzaki:20200217145419j:plain

ギル「は?」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200217145442j:plain

ギル「貴様 今」

イシュタル「はい。ありませんグガランナ」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200217145509j:plain

ケツァルコアトル「あ?」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200217145534j:plain

ロマニ&ダ・ヴィンチ「は?」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200217145600j:plain

キャスパリーグ「フォ?」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200217145621j:plain

立香「えぇ」

マシュ「え?」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200217145647j:plain

イシュタル「ないの! 落としたの!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200217145713j:plain

イシュタル「どっかでなくしちゃったのよー!」

立香「なくし」

ジャガーマン「グッガランナ! グッガランナ!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200217145734j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20200217145801j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20200217145821j:plain

立香「あぁ、あの時にはもう」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200217145843j:plain

イシュタル「メソポタミア中 探し回ったのに、グガランナのヤツ影も形もないんだもの!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200217145906j:plain

引用元――Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(原作:奈須きのこ/TYPE-MOON、アニプレックス/ノーツ/ディライトワークス)より抜粋】

 

 

 

皆さん、ナイスなリアクションでした。

 

コアトルの固まりっぷりが最高だった。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20200217150014j:plain

ギル「このバカ女神が! 何のために貴様をスカウトしたと思っている!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200217150035j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20200217150100j:plain

ロマニ「ハァ」

ダ・ヴィンチ「コーヒー、淹れてくるよ」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200217150124j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20200217150143j:plain

引用元――Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(原作:奈須きのこ/TYPE-MOON、アニプレックス/ノーツ/ディライトワークス)より抜粋】

 

 

 

さあ、1日の時間稼ぎ、どうすればいいのか。

 

こうなってくるとロマニさんの分析に期待するしかないのでは?

 

倒すのは無理でも時間稼ぎだったら、何か作戦が出せるかもな。

 

会議は解散

f:id:ayafumi-rennzaki:20200217150258j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20200217150318j:plain

ギル「よい、解散だ。一旦休憩とする」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200217150339j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20200217150400j:plain

ギル「夜明けまでの短い時間だが、これがウルクでの最後の休暇となろう」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200217150422j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20200217150442j:plain

ギル「我らは諦めて眠るのではない」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200217150503j:plain

ギル「明日、生き延びるために、この夜を過ごすのだ」

f:id:ayafumi-rennzaki:20200217150525j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20200217150545j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20200217150603j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20200217150623j:plain

引用元――Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(原作:奈須きのこ/TYPE-MOON、アニプレックス/ノーツ/ディライトワークス)より抜粋】

 

 

 

会議は明日に持ち越しです。

 

翌日には迎撃に打って出る必要があるから、今宵がウルク最後の夜だな。

 

踊っていたのはジャガーマンさんでしたね。

 

内容的にはエレシュキガルからイシュタルと踊っていた。

 

まとめ&感想

第17話要約

  • 美少女モードは頭脳体だったティアマト
  • 東京モード学園のCG風な本体は超巨大
  • 令呪を使っての一撃、無駄に終わる
  • 立香たちは一時撤退
  • ティアマト来襲まで残り2日
  • エレシュキガルが再登場
  • ティアマトを冥界に落とす作戦
  • 3日で冥界落としの準備可能
  • 1日だけ時間稼ぎの必要あり
  • 切り札、グガランナに湧く一行
  • イシュタル、グガランナを無くしていた
  • 会議は解散し、最後の休息を

 

 

絶望に満ちたシリアスな雰囲気でしたが、要所要所にて型月らしいコミカル&ギャグが挟まれており、苦痛なく視聴できましたね。

 

次は18話か。もうラストが近いな。

 

ティアマト戦と魔術王さんとのラストバトルで〆ですかね?

 

ここにきて、一気に色々な伏線が機能し始めてきた印象だ。

 

伏線といえば、偽弁慶さんは果たしてどうなるのでしょう。

 

出番ないまま、あれでフェードアウトとは思えないよな。OP2の映像的にも。

 

その辺も含めて、次回からのティアマト戦に注目ですね!

◆配信電子ストア◆

 

 

 

 

引用元――Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(原作:奈須きのこ/TYPE-MOON、アニプレックス/ノーツ/ディライトワークス)より抜粋】

f:id:ayafumi-rennzaki:20200224223253j:plain

※)引用したキャプチャ画像に関しては、著作権権利者様より異議申し立て・削除要請があれば、速やかに対処いたしますのでご承知置き願います。

  また、権利者様および各関係者様への敬意を忘れず、不利益にならない用法を心掛ける事を明記します。