アニメを斬る!

アニメ関連の話題をメインに、美少女DJ2名が会話形式でお送りする、仮想ラジオブログ!

アニメを斬る!

— 最 新 記 事 —
【アニメ第17話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode17 会議は踊る】
【アニメ第16話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode16 目覚め】
【HG/MG/RG】フリーダムガンダム&ストフリが超かっこいい件【登場シーン】
【松智洋先生なんと2作目】はてな☆イリュージョン、第4話でほぼ全編が作画崩壊【いもいもの悪夢再来か】
【アニメ第15話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode15 新しいヒトのカタチ】
【登録方法】アニメをネット視聴する動画配信サービスは「dアニメストア」がオススメ【TVでもOK】
【アニメ第14話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode14 決戦】
【アニメ第13話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode13 さよなら、冥界の女神】
【アニメ第12話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode12 王の死】
【楽天】おしゃれな薄型腕時計を紹介&おすすめしてみる【メンズ】
【お知らせ】ブログの記事レイアウトを変更します【重要】
【HGCE/MG】デスティニーガンダムが超かっこいい件【まるで悪役】
【アニメ第11話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode11 太陽の神殿】
【アニメ第10話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode10 こんにちわ、太陽の女神】
【旧OPと新訳を比較】Zガンダムの変形シーン(機構)の進化を振り返る【ガンプラ系YouTubeも紹介】
【アニメ第9話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode9 おはよう、金星の女神】
【初心者必見、動画つき】ダンベル何キロ持てる? 筋トレ講座(第12話)【シュラッグ&腕立て伏せ】
【アニメ第8話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode8 魔獣母神】
【初心者必見、動画つき】ダンベル何キロ持てる? 筋トレ講座(第11話)【アイソメトリックス&ブリッジ】
【アニメ第7話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode7 陽動作戦】
【初心者必見、動画つき】ダンベル何キロ持てる? 筋トレ講座(第10話)【スカルクラッシャー&インクラインベンチ】
【アニメ第6話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode6 天命の粘土板】
【初心者必見、動画つき】ダンベル何キロ持てる? 筋トレ講座(第9話)【ハンドグリップ&シーテッド・ローイング】
【アニメ第5話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode5 ギルガメッシュ紀行】
【アニメ第4話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode4 密林の呼び声】
【初心者必見、動画つき】ダンベル何キロ持てる? 筋トレ講座(第8話)【サイドベント&ランジ】
【アニメ第3話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode3 王と民】
【初心者必見、動画つき】ダンベル何キロ持てる? 筋トレ講座(第7話)【デッドリフト&サイドレイズ】
【アニメ第2話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode2 城塞都市ウルク】
【アニメ第1話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode1 絶対魔獣戦線バビロニア】
【初心者必見、動画つき】ダンベル何キロ持てる? 筋トレ講座(第6話)【アームレスリング&自重反動トレ】
【初心者必見、動画つき】ダンベル何キロ持てる? 筋トレ講座(第5話)【レッグカール&バイシクルクランチ】
【Episode13-2 神様も知らないヒカリで歴史を創ろう】戦姫絶唱シンフォギアXV 第13話(後【レビュー&感想】
【Episode13-1 神様も知らないヒカリで歴史を創ろう】戦姫絶唱シンフォギアXV 第13話(前【レビュー&感想】
※更新【個人的な面白さ】厳選お勧めアニメを紹介 ~ライトノベル原作編~【随時更新版】
【アニメ第0話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode 0 Initium Iter】
【初心者必見、動画つき】ダンベル何キロ持てる? 筋トレ講座(第4話)【チェストプレスマシン&ディップス】
※更新【2018年以降】厳選お勧めアニメを紹介 ~オリジナルアニメ編~【個人的な面白さ/随時更新版】
【Episode12 戦姫絶唱】戦姫絶唱シンフォギアXV 第12話【レビュー&感想】
【Episode11 ハジメニコトバアリキ】戦姫絶唱シンフォギアXV 第11話【レビュー&感想】
【Episode10 卑しき錆色に非ず】戦姫絶唱シンフォギアXV 第10話【レビュー&感想】
【初心者必見、動画つき】ダンベル何キロ持てる? 筋トレ講座(第3話)【ダンベルカール&フロントプレス】
【初心者必見、動画つき】ダンベル何キロ持てる? 筋トレ講座(第2話)【ラットプルダウン&プランク】
【Episode9 I am a father】戦姫絶唱シンフォギアXV 第9話【レビュー&感想】
【初心者必見、動画つき】ダンベル何キロ持てる? 筋トレ講座(第1話)【ベンチプレス&スクワット】
【Episode8 XV】戦姫絶唱シンフォギアXV 第8話【レビュー&感想】
【妖怪人間ベム】歴代アニメOPの比較と美少女化したJKなベラさん【令和版BEM】
【Episode7 もつれた糸を断ち切って】戦姫絶唱シンフォギアXV 第7話【レビュー&感想】
【Episode6 ゼノグラシア】戦姫絶唱シンフォギアXV 第6話【レビュー&感想】
【Episode5 かばんの隠し事】戦姫絶唱シンフォギアXV 第5話【レビュー&感想】
【響/翼/クリス】戦姫絶唱シンフォギアXV 変身バンク集【マリア/調/切歌】
【第1期~第4期】シンフォギアの歴代ラスボス&フィニッシュシーン GIFバージョン【無印/G/GX/AXZ】
【Episode4 花の名は、アマルガム】戦姫絶唱シンフォギアXV 第4話【レビュー&感想】
ヘッダー画像

【アニメ第11話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode11 太陽の神殿】

 

日本最大規模を誇る作品数のアニメが見放題!

※)引用したキャプチャ画像に関しては、著作権権利者様より異議申し立て・削除要請があれば、速やかに対処いたしますのでご承知置き願います。 

  また、権利者様および各関係者様への敬意を忘れず、不利益にならない用法を心掛ける事を明記します。

 

――オンエア、START! 

 

 

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

リスナーの皆さま、DJの淡雪がボディプレスです。
第169回目の放送となる今回は『Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-』の第11話のレビューをお届けとなります。第10話では、立香さんはジャガーマンを配下に加えました。

           ※)メインDJ。14歳(中等部三年生)

 

お馴染み、助手の締里だ。私も魂の真っ向勝負だ。
第10話では主人公に相応しい「モテ力」を如何なく発揮した立香だが、ケツァルコアトルを相手に同様の効果を発揮できるのかは不透明だ。しかし立香はやってくれるだろう、鯖太郎として。

           ※)DJ助手。15歳(高等部一年生)

 

そういえばアニメ化により鯖太郎さんという名称が有名になり過ぎた感じですが、本来は「ぐだ男」という別名(通称)があったんですよね、立香さん。

 

FGO未プレイかつアニメ初心者組に「ぐだ男」が浸透する前に、ネット社会によって鯖太郎が広まってしまったからな。

 

ちなみに「ぐだ男」とは、「ランドオーー」もしくは「くだくだオーダー」を由来に名付けられました。

 

略称が通称に転じたパターンだ。

 

それに対して「鯖太郎」は「鯖=サーヴァントのネット用語」+「なろう産の太郎系な男主人公」という組み合わせです。 

 

鯖太郎の方が明快だったというわけだ。

 

「イキリ鯖太郎」という呼称が登場した時には明らかに蔑称でしたが、いつの間にか通称として定着していたという。

 

この辺は、原作はシリアスなのにアニメはシュールギャグテイストとしてリファインされた某電撃作品を思い出す。「さすおに」はアンチ用語だったのに、気が付けばネット用語として定着し、ある種の誉め言葉になっていた。

 

振り返れば、鯖太郎という名称がネットで爆誕したのを含め、ここまで色々とありました。

 

そうだな、本当に様々な事があった。第11話というとほぼ1クールだし。

 

アニメ版FGOも今回で折り返し。

 

ここまで激動のストーリーだった。

 

では、本編にいきましょう。

 

レビュー開始

f:id:ayafumi-rennzaki:20191217211207j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191217211225j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191217211239j:plain

ギル<かつて俺には友がいた>

f:id:ayafumi-rennzaki:20191217211258j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191217211318j:plain

ギル<友の名はエルキドゥ>

f:id:ayafumi-rennzaki:20191217211344j:plain

引用元――Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(原作:奈須きのこ/TYPE-MOON、アニプレックス/ノーツ/ディライトワークス)より抜粋】

 

 

 

ギルガメッシュとエルキドゥだ。

 

どうやら過去のシーンみたいです。

 

吐く息が白い。

 

寒そうな夜なのに、お二人とも実に軽装でございます。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20191217211456j:plain

ギル<神々が俺を殺すために造り出し、俺を星と呼んだ男>

f:id:ayafumi-rennzaki:20191217211511j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191217211526j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191217211543j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191217211559j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191217211622j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191217211638j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191217211655j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191217211711j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191217211728j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191217211745j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191217211800j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191217211815j:plain

ギル<だがヤツは>

f:id:ayafumi-rennzaki:20191217211830j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191217211846j:plain

ギル「エルキドゥ」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191217211903j:plain

引用元――Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(原作:奈須きのこ/TYPE-MOON、アニプレックス/ノーツ/ディライトワークス)より抜粋】

 

 

 

回想は、ギルガメッシュさんが視ていた夢でした。

 

かつて2人が親友になる前に戦った記憶だろう。

 

ギルガメッシュさん、今より精神年齢がヤンチャそうでしたね。

 

だが、今のギルガメッシュは――

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20191217212002j:plain

兵士「北壁からの伝令です!」

民「東市場からの嘆願です!」

民「将官からの苦情です!」

民「祭祀学者からの要請です」

民「ギルガメッシュ王、巫女処から本日の――」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191217212017j:plain

ギル「ええい! 一列に並べ!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191217212034j:plain

ギル「順を追って片付ける!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191217212053j:plain

引用元――Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(原作:奈須きのこ/TYPE-MOON、アニプレックス/ノーツ/ディライトワークス)より抜粋】

 

 

 

落ち着いて、賢王様をやっております。

 

冒険譚も若き日の過去か。

 

今は激務の日々です。

 

政務中に居眠りするとは過労が心配になってくるぞ。

 

意識が落ちたのは一瞬でしょう。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20191217212146j:plain

ギル「シドゥリ、藤丸たちはそろそろ斧に辿り着いた頃だな?」

シドゥリ「予定通りならば。異変を知らせる狼煙もありません」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191217212200j:plain

ギル「雑種め、何をモタモタ予定通りになどやっておるのか」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191217212217j:plain

民「王よ!」

ギル「分かっておる。まずは北壁からだな」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191217212238j:plain

ギル「増援の補給はこちらの粘土板にまとめさせた。この通りに実行せよ」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191217212256j:plain

引用元――Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(原作:奈須きのこ/TYPE-MOON、アニプレックス/ノーツ/ディライトワークス)より抜粋】

 

 

 

立香は「予定以上」を期待されている。

 

私は「期待以上」を信じておりますよ。

 

その立香たちはというと――

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20191217212438j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191217212454j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191217212516j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191217212535j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191217212552j:plain

ロマニ『見えるか藤丸くん、その正面に太陽神殿が見えるはずだ!』

立香「正面」

ロマニ『近隣の人々を生贄として連れ去った、ケツァルコアトルの太陽の神殿だ!』

f:id:ayafumi-rennzaki:20191217212611j:plain

引用元――Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(原作:奈須きのこ/TYPE-MOON、アニプレックス/ノーツ/ディライトワークス)より抜粋】

 

 

 

ケツァルコアトルを目指して一直線だ。

 

おや? マーリンさんのお姿が。

 

そのマーリンだが後方で援護している。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20191217212711j:plain

ダ・ヴィンチ『後続の翼竜たちはマーリンが抑えてくれている。今のうちに神殿に向かうんだ!』

f:id:ayafumi-rennzaki:20191217212732j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191217212806j:plain

マシュ「先輩、あれ!」

立香「あれは」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191217212823j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191217212839j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191217212854j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191217212910j:plain

ロマニ「こ、これは予想外のサイズだな」

ダ・ヴィンチ「なるほど。あれがマルドゥークの斧か。確かにあれなら女神を殺せるかも知れない」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191217212926j:plain

ロマニ「そうだね」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191217212942j:plain

オペ子「魔力反応増加、ノイズが濃くなっています」

ロマニ「くるぞ!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191217213000j:plain

引用元――Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(原作:奈須きのこ/TYPE-MOON、アニプレックス/ノーツ/ディライトワークス)より抜粋】

 

 

 

斧ってあんなサイズだったんですね。

 

武器として振るうのは無理だよな。

 

首尾よくゲットできたとして、アレをどうやって持ち帰るのでしょうか。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20191217213059j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191217213122j:plain

ケツァルコアトル「ハァーイ! ようこそ私の太陽神殿へ!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191217213139j:plain

ケツァルコアトル「藤丸くんムーチョムーチョ!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191217213200j:plain

ケツァルコアトル「信じて待ってた甲斐がありマース!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191217213216j:plain

ロマニ「分かっているね? 藤丸くん。あの神殿の上に見えるのが目標だ」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191217213233j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191217213249j:plain

ダ・ヴィンチ『あれこそ《太陽遍歴アスティックカレンダー》。ケツァルコアトルの第二の宝具だ』

f:id:ayafumi-rennzaki:20191217213311j:plain

ロマニ『古代アステカにおいて世界の過去・現在・未来を示したとされる巨石。すなわち彼女の力の源だ』

f:id:ayafumi-rennzaki:20191217213331j:plain

立香「あれを壊せれば」

ケツァルコアトル「なるほど。アレに気付きましたか」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191217213352j:plain

引用元――Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(原作:奈須きのこ/TYPE-MOON、アニプレックス/ノーツ/ディライトワークス)より抜粋】

 

 

 

神殿そのものではなく、あの宝具を破壊すればオッケーだ。

 

しかし、あれを破壊するだけでも楽だとは思えません。

 

そうだよな。ハンマーで叩くとして、相当な時間が掛かりそうだ。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20191217213443j:plain

ケツァルコアトル「いいでしょう。私はどんな挑戦も受けて立ちます」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191217213501j:plain

ケツァルコアトル「だって、私はそれが楽しいから。人間は隅々までいじり甲斐のある生き物です」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191217213519j:plain

立香「いじり甲斐?」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191217213537j:plain

ケツァルコアトル「ハァーイ。私はあなたたちを愛していマース。そう、人間こそ私たちの生き甲斐なのですから」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191217213553j:plain

立香「あなたにとって人間が生き甲斐なら、どうして人間を滅ぼすんだ!?」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191217213611j:plain

イシュタル「違うわ。生き甲斐というのは趣味ではないの。そうしないと生きていけない方向性を指すのよ」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191217213627j:plain

ケツァルコアトル「私は人間をいじらないと生存できない神性。人間が私という脅威によって進化するのが喜びなの」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191217213645j:plain

アナ「それがあなたの神としての本質?」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191217213700j:plain

ケツァルコアトル「ハーイ! ですから人間を滅ぼすつもりは毛頭ありません。自由に私という脅威から逃げ回ってくだサーイ!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191217213722j:plain

引用元――Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(原作:奈須きのこ/TYPE-MOON、アニプレックス/ノーツ/ディライトワークス)より抜粋】

 

 

 

あれ? 確か先週は人類を滅ぼすと言っていた記憶が。

 

やはりウルク内だけのスケールで、自身を人類の脅威として印象付ける手段みたいだな。

 

1日に100人ポッキリで、しかも即時蘇生の特典がオマケでしたからね。

 

そうなってくると、件の母親との関係性に疑問が出てくる。

 

それも今後、明かされるでしょう。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20191217213822j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191219131710j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191219131729j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191219131750j:plain

マシュ「先輩!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191219131809j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191219131829j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191219131847j:plain

イシュタル「コイツとの対話は無駄よ!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191219131909j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191219131929j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191219131947j:plain

ケツァルコアトル「私たちは戦いを通して分かり合えマース!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191219132006j:plain

ジャガーマン「ククルン! 容赦ないにゃ!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191219132024j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191219132042j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191219132101j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191219132118j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191219132136j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191219132158j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191219132218j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191219132234j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191219132254j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191219132313j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191219132334j:plain

ケツァルコアトル「さぁ、もっともっと楽しみましょう、この戦いを!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191219132354j:plain

引用元――Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(原作:奈須きのこ/TYPE-MOON、アニプレックス/ノーツ/ディライトワークス)より抜粋】

 

 

 

圧倒的な強さです、ケツ姐さん。

 

ジャガーマンとイシュタルを揃えたけれど、歯が立たないとは。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20191219132632j:plain

ケツァルコアトル「あなたも楽しいでしょ? 人類最後のマスターさん」

立香「俺はそんなことのために戦ってるんじゃない!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191219132655j:plain

ケツァルコアトル「不思議なことを言うわね。あなたは憎しみのために戦っているのではないでしょう?」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191219132716j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191219132736j:plain

ケツァルコアトル「それなら戦いを通して分かり合う喜び、興奮を知っているはずデース」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191219132757j:plain

立香「違う。俺にとって戦いは過程なんだ」

ケツァルコアトル「では何を得るというのです? 人理を救済し、英雄となること?」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191219132818j:plain

立香「俺が英雄かどうかなんてどうでもいい」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191219132836j:plain

立香「ただ、戦いの後にみんなが、今より少しでも幸せになれるなら。それが俺の戦う理由だ」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191219132856j:plain

ケツァルコアトル「だから”戦いそのものは楽しめない”というのですね」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191219132916j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191219132935j:plain

ケツァルコアトル「フ。――いいわ」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191219132956j:plain

ケツァルコアトル「なら見事 私を乗り越えて行きなさい」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191219133016j:plain

立香「乗り越える?」

ケツァルコアトル「イエース。乗り越えてあの太陽の祭壇を目指すのデース!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191219133037j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191219133113j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191219133133j:plain

引用元――Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(原作:奈須きのこ/TYPE-MOON、アニプレックス/ノーツ/ディライトワークス)より抜粋】

 

 

 

立香の回答に、ケツァルコアトルは具体的な道を示してくれた。

 

投げ寄越してくれた剣ならば、おそらく宝具を壊せるかと。

 

仮に壊せなかったら詐欺みたいなものだよな、他に手段ないし。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20191219133252j:plain

ケツァルコアトル「私を乗り越え、祭壇を破壊すればあなたの勝ち」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191219133311j:plain

ケツァルコアトル「シンプルなゲーム デース!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191219133330j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191219133350j:plain

立香「マシュ!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191219133409j:plain

マシュ「はい!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191219133427j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191219133446j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191219133506j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191219133526j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191219133547j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191219133604j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191219133624j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191219133643j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191219133704j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191219133723j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191219133745j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191219133805j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191219133822j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191219133842j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191219133904j:plain

ケツァルコアトル「あぁ楽しい。楽しいわ」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191219133927j:plain

引用元――Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(原作:奈須きのこ/TYPE-MOON、アニプレックス/ノーツ/ディライトワークス)より抜粋】

 

 

 

フランケンシュタイナーが豪快に炸裂です。

 

早くもアナが、またKOされた。

 

見た目が可愛いだけで、本当に役立たずですね、アナさん。ここ最近の戦績を振り返れば、立香さんの配下に相応しいとは思えません。

 

お前、そんなハッキリ言うなよ。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20191219134033j:plain

ケツァルコアトル「あなたこそ私たち神々が待ち続けた人類かもしれない」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191219134056j:plain

イシュタル「主語がいちいちデカイ!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191219134115j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191219134133j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191219134150j:plain

ケツァルコアトル「さぁ見せて! あなたの勇気を!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191219134209j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191219134226j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191219134246j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191219134304j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191219134325j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191219134345j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191219134402j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191219134427j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191219134447j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191219134508j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191219134525j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191219134546j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191219134607j:plain

引用元――Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(原作:奈須きのこ/TYPE-MOON、アニプレックス/ノーツ/ディライトワークス)より抜粋】

 

 

 

フライング・クロスチョップからのフライング・ボディプレスだ。

 

完全にプロレスですね、スタイルが。

 

ほら、南米の神というかムーチョな神だから。

 

まさに肉体言語です。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20191219141529j:plain

ケツァルコアトル「あなたが求めるみんなの幸せは、ただの傲慢かも知れない」

立香「それでも俺は自分の決断を、俺を信じてくれたみんなを信じる」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191219141551j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191219141612j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191219141632j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191219141651j:plain

立香「その答えは、全てが終わった後に分かるはずだから!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191219141711j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191219141748j:plain

引用元――Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(原作:奈須きのこ/TYPE-MOON、アニプレックス/ノーツ/ディライトワークス)より抜粋】

 

 

 

感動です。今週の立香さんの名セリフ、いただきました。

 

気のせいか、ずっと棒立ちのまま名前を叫ぶか問答しているだけな気が。いや、ここに辿り着くまでランニングもしていたけど。

 

そこに気が付いてはいけません

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20191219141900j:plain

ジャガーマン「私を無視されても困るにゃ」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191219141915j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191219141933j:plain

ケツァルコアトル「あなたを視界に入れると、殺すしかなくなるものね」

ジャガーマン「ククルンはそう言うと思ったにゃ!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191219141952j:plain

ジャガーマン「でも今日の私はちょっとマジー! いわばタイガー6割減! ダイエットジェットタイガー!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191219142011j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191219142030j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191219142051j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191219142112j:plain

ケツァルコアトル「ワォ! モテモテですね 藤丸くん!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191219142130j:plain

引用元――Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(原作:奈須きのこ/TYPE-MOON、アニプレックス/ノーツ/ディライトワークス)より抜粋】

 

 

 

アナが戦線に復帰している。

 

再びボコられるだけでしょうが、数が多い方が見た目的に華やかになるから良しとしましょう。

 

辛辣だな、お前。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20191219142243j:plain

マシュ「マスター! ここは私たちが抑えます!」

ロマニ「そうだ! ケツァルコアトルの身動きが取れないうちに、祭壇へ走るんだ!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191219142303j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191219142321j:plain

ロマニ『一直線に走れ! 太陽遍歴を破壊するんだ!』

f:id:ayafumi-rennzaki:20191219142340j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191219142357j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191219142419j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191219142439j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191219142458j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191219142515j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191219142532j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191219142547j:plain

ジャガーマン(あ、これ死ぬ)

f:id:ayafumi-rennzaki:20191219142606j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191219142625j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191219142646j:plain

アナ「あれは痛いです」

イシュタル「当分立っちゃこないわね」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191219142702j:plain

引用元――Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(原作:奈須きのこ/TYPE-MOON、アニプレックス/ノーツ/ディライトワークス)より抜粋】

 

 

 

敵だった時はあんなに強かったのに。

 

味方になった途端、弱くなるのはお約束といえばお約束だ。

 

やられっぷりがアナさんと大差ないとは、本当に情けない。

 

だが、時間は稼いでくれた。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20191219142821j:plain

イシュタル「行くわよ! マアンナ!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191219142837j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191219142854j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191219142911j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191219142928j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191219142944j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191219142959j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191219143019j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191219143035j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191219143050j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191219143109j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191219143136j:plain

ケツァルコアトル「ナイスコンビネーション! お姉さん盛り上がってきました!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191219143159j:plain

ケツァルコアトル「でも残念! 善き力で私を倒すのはちょっと難しいのです!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191219143218j:plain

ケツァルコアトル「良い子たち!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191219143239j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191219143258j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191219143316j:plain

引用元――Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(原作:奈須きのこ/TYPE-MOON、アニプレックス/ノーツ/ディライトワークス)より抜粋】

 

 

 

ラリアットでなぎ倒されました。

 

コンビネーションは良かったが。

 

イシュタルさんとジャガーマンさんより確実に弱いお二人ですしね。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20191219143425j:plain

イシュタル「やっぱ改めて相手にするとマジめんどいわコイツ」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191219143441j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191219143457j:plain

ケツァルコアトル「さぁ同じ金星の女神同士、心ゆくまでファイトファイトね!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191219143518j:plain

引用元――Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(原作:奈須きのこ/TYPE-MOON、アニプレックス/ノーツ/ディライトワークス)より抜粋】

 

 

 

メンタルがサイヤ人みたいだ。

 

まさに戦闘狂です。

 

そして時間が流れる。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20191219143630j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191219143646j:plain

立香「これを」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191219143702j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191219143720j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191219143737j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191219143757j:plain

引用元――Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(原作:奈須きのこ/TYPE-MOON、アニプレックス/ノーツ/ディライトワークス)より抜粋】

 

 

 

日が落ちかけていました。

 

一段登るのに何分かかっているのか。

 

見た感じ、段数が少なすぎる気が。

 

イシュタルもこれでKOだ。

 

手持ちの鯖は全滅ですね。
死んではいませんけど。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20191219143919j:plain

ケツァルコアトル「お待たせデース」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191219143935j:plain

ロマニ『急げ藤丸くん! 生贄を求める邪悪な女神を倒せるのは今しかない!』

f:id:ayafumi-rennzaki:20191219143951j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191219144008j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191219144024j:plain

立香「邪悪?」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191219144045j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191219144106j:plain

ロマニ「どうした藤丸くん!? 彼女が求めているのは戦いだけだ! そんなものに取り合うな!」

立香『それ、違うと思います ドクター』

f:id:ayafumi-rennzaki:20191219144122j:plain

立香「彼女が見たがっているのは、単なる勝利じゃない」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191219144138j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191219144155j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191219144211j:plain

引用元――Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(原作:奈須きのこ/TYPE-MOON、アニプレックス/ノーツ/ディライトワークス)より抜粋】

 

 

 

せっかくの武器を。

 

素手で宝具を破壊できるのか?

 

というか、鯖が全員KOされているので、ケツ姐さんを弱体化させても、もう立香さんのみでは万策尽きていると思いますが。

 

そうだよな。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20191220022007j:plain

立香「魂の真っ向勝負なんだ!!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191220022042j:plain

ダ・ヴィンチ「おやおや、盛り上がってきたねぇ。まさか素手で神と戦うつもりかな? 彼」

ロマニ「バカな! やめるんだ! 君が倒れたら、全て終わりなんだぞ!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191220022059j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191220022117j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191220022137j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191220022156j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191220022210j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191220022227j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191220022244j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191220022303j:plain

立香「俺は、見せたい。人間がどこまで高みにのぼれるのか、どこまで勇気あるものなのか。俺がこの旅で見てきたもの全てを、叩き付ける!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191220022326j:plain

引用元――Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(原作:奈須きのこ/TYPE-MOON、アニプレックス/ノーツ/ディライトワークス)より抜粋】

 

 

 

今までの出逢いを立香は思い返す。

 

皆さま、FGOをプレーですよ。プレーすれば、ここは感動できますから。

 

魂の真っ向勝負とは、果たしてどんな勝負なのだろうか。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20191220022444j:plain

ケツァルコアトル「いい覚悟ね。でもそんな高さと勇気じゃまだ足りないわ。太陽にはとても届かない」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191220022500j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191220022520j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191220022540j:plain

立香「頼む! イシュタル!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191220022556j:plain

イシュタル「女神遣いが荒いわね。飛ぶわよ、マアンナ!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191220022615j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191220022633j:plain

イシュタル「いいのね?」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191220022652j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191220022711j:plain

ロマニ「待つんだ藤丸くん! 高さとか勇気とかそんなダイレクトな」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191220022820j:plain

ダ・ヴィンチ「いひひひひっ」

ロマニ「くそっ! 通信切れか!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191220022836j:plain

ダ・ヴィンチ「いやいやいや。これは見物だ」

ロマニ「笑ってる場合じゃないだろ!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191220022853j:plain

ダ・ヴィンチ「少なくとも泣き喚く場面じゃないと思うよ?」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191220022908j:plain

引用元――Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(原作:奈須きのこ/TYPE-MOON、アニプレックス/ノーツ/ディライトワークス)より抜粋】

 

 

 

ケツァルコアトルの挑発に乗った。

 

正直いって意味が分かりません。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20191220022925j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191220022943j:plain

イシュタル「後戻りできないわよ?」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191220022959j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191220023019j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191220023033j:plain

立香「征ってくる」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191220023050j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191220023109j:plain

イシュタル「よし」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191220023125j:plain

引用元――Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(原作:奈須きのこ/TYPE-MOON、アニプレックス/ノーツ/ディライトワークス)より抜粋】

 

 

 

ええと、紐なしバンジージャンプで勇気を示す事が、魂の真っ向勝負?

 

違うな。今までの戦闘の流れからすると、これはフライング・ボディプレスだ。

 

プロレス的な勝負でしたか。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20191220023242j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191220023301j:plain

立香「ぅぉおおおおぉぉおおおおお!!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191220023330j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191220023353j:plain

立香「これが人間の、覚悟だぁぁあああ!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191220023407j:plain

引用元――Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(原作:奈須きのこ/TYPE-MOON、アニプレックス/ノーツ/ディライトワークス)より抜粋】

 

 

 

凄いとしか言葉が出てきません。

 

なるほど。ネットでの反応が「すげえええええ鯖太郎すげえええええええええ」で染まるわけだ。

 

ケツ姐さんなら受け止めてくれるでしょう。

 

技を受けるというか、キャッチしてくれないと鯖太郎は死ぬよな。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20191220023558j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191220023613j:plain

マシュ「よかった、先輩」

立香「生きてる」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191220023631j:plain

立香「あっ! あぁッ」

ケツァルコアトル「どうしてこんな無茶を? 私が避けたらとか考えなかったですか?」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191220023647j:plain

立香「受け止めてくれると信じてました」

ケツァルコアトル「どうして?」

立香「だって人間大好きなんでしょ?」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191220023745j:plain

引用元――Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(原作:奈須きのこ/TYPE-MOON、アニプレックス/ノーツ/ディライトワークス)より抜粋】

 

 

 

鯖太郎ですね。魂から真っ向で鯖太郎をしています、立香さん。

 

よく分からないが、よく分かる言い回しだな、鯖太郎しているって。

 

ふふふ。「防人る」みたいな感じで良いでしょう?

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20191220023801j:plain

ケツァルコアトル「あーん! もう! 負け! 私の負けデース!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191220023819j:plain

ケツァルコアトル「たった今から、私は三女神同盟を抜けます!」

立香「えっ? それって」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191220023838j:plain

ケツァルコアトル「イエース! 今日からあなたは、私のマスターです!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191220023853j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191220023911j:plain

イシュタル「やっぱり、こうなったか」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191220023928j:plain

引用元――Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(原作:奈須きのこ/TYPE-MOON、アニプレックス/ノーツ/ディライトワークス)より抜粋】

 

 

 

ケツ姐さんを鯖としてゲットです!

 

見事に目的を達成だ。

 

戦力的に考えると、もうマーリンさんを除く他のサーヴァントは要らないですね、これで。オマケでキャスパリーグ(フォウ)さん。

 

そういう事をぶっちゃけるなよ。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20191220024033j:plain

マーリン「契約成立おめでとう。早速だが、あの斧を引き取らせてもらえるかな?」

ケツァルコアトル「もちろんデース。エリドゥに捕らえた戦士たちにも、手伝わせましょう」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191220024051j:plain

マシュ「他の方も無事なんですか?」

ケツァルコアトル「ジャガーの説明が理解できなかったのは無理もないけど、みんな無事よ。試練は与えたけど、殺してはいないわ」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191220024309j:plain

ケツァルコアトル「彼らに手伝わせ、私の翼竜たちに括り付けて、輸送させましょう」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191220024327j:plain

ケツァルコアトル「じゃあジャガーマン、翼竜の指揮はお願いね!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191220024343j:plain

ジャガーマン「ちょ、ちょっと待ったぁー! それって2軍落ちってことじゃないかな!?」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191220024358j:plain

ケツァルコアトル「バックアップも大事な仕事よ」

ジャガーマン「嫌にゃ~! メイン藤丸の隣がいいにゃ~!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191220024416j:plain

ケツァルコアトル「私に2度同じことを言わせるの? 敷物と剥製どちらがいい?」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191220024431j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191220024451j:plain

ジャガーマン「オーケー。輸送作業は任せてくれにゃ」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191220024507j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191220024526j:plain

引用元――Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(原作:奈須きのこ/TYPE-MOON、アニプレックス/ノーツ/ディライトワークス)より抜粋】

 

 

 

懸念されていた巨大斧の運搬は、翼竜による空輸という手段でした。

 

運ぶのはそれでいいが、武器としてはどう使うんだろうな。

 

それからジャガーマンさんはここから2軍落ちに。やはりビジュアル的に問題が。

 

完全にギャグ系統だし仕方なかろう。 常時、画面に映しておくのはキツイ。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20191220024628j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191220024646j:plain

ロマニ『今いいかな?』

立香「あ、はい」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191220024709j:plain

ロマニ「さっきの判断は、いささか独断が過ぎたと思う」

立香『否定はしません』

f:id:ayafumi-rennzaki:20191220024727j:plain

ロマニ「確かに結果としては上々だ」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191220024743j:plain

ロマニ『君はケツァルコアトルの信頼を勝ち得、《マルドゥークの斧》を手にした』

f:id:ayafumi-rennzaki:20191220024803j:plain

ロマニ『だけどそれは結果論だ』

f:id:ayafumi-rennzaki:20191220024818j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191220024835j:plain

ロマニ「君は【カルデア】の指揮を無視し、一歩間違えば、人理修復自体を台無しにしていた」

立香『はい』

f:id:ayafumi-rennzaki:20191220024850j:plain

ロマニ「君は僕の指示に従ってくれればいいんだ。それは――」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191220024906j:plain

オペ子「通信途絶。魔力濃度が濃密過ぎます。回復まで600」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191220024924j:plain

ロマニ「あっちゃー やっちゃったな。柄じゃないお説教をしようとしたらこれだよ」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191220024945j:plain

ダ・ヴィンチ「肩でも揉んで欲しいのかなぁ? それなら新型のマッサージ器があるぞ?」

ロマニ「遠慮しておくよ」

ダ・ヴィンチ「えー」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191220025007j:plain

ロマニ「やるべきことと果たすことは分かっているつもりだからね」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191220030118j:plain

引用元――Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(原作:奈須きのこ/TYPE-MOON、アニプレックス/ノーツ/ディライトワークス)より抜粋】

 

 

 

説教タイムは中途半端で終わってしまう。

 

ちなみにオペ子さんの名称はシルビアさんといいます。

 

ハッキリいって今回の立香は無謀だったし、ロマニの方が正論だと思った。

 

勝算充分でも、ケツ姐さんがキャッチに失敗したらジ・エンドでしたしね。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20191220030436j:plain

マシュ「先輩?」

立香「あの時――」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191220030454j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191220030511j:plain

立香「聖杯戦争?」

ホームズ「2004年日本 冬木市。そこで万能の願望器”聖杯”を巡る最後の戦いが行われた」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191220030618j:plain

ホームズ「その勝者の名は君たちもよく知っていることだろう」

マシュ「え、それって」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191220030635j:plain

ホームズ「【カルデア】の前所長 マリスビリー・アニムスフィア。彼が聖杯戦争の勝者だ」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191220030705j:plain

マシュ「所長が聖杯を!?」

ホームズ「そうだ。そして彼には助手がいた」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191220030720j:plain

ホームズ「ロマニ・アーキマン」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191220030735j:plain

立香「Dr.ロマンが!?」

マシュ「聖杯戦争に?」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191220030748j:plain

ホームズ「彼は翌年【カルデア】のスタッフとなった。そして、その前歴は一切不明のままだ」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191220030803j:plain

ホームズ「彼に気を許さないことだ。彼は重大な秘密を隠している。聖杯戦争と人理焼却に関わる何かをね」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191220030829j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191220030852j:plain

マシュ「この特異点に来る直前のことです」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191220030913j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191220030933j:plain

マシュ「人間に、いえ、生命に意味はあるのでしょうか?」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191220030949j:plain

ロマニ「うーん、難しい話をしてくるなぁ」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191220031009j:plain

ロマニ「そりゃあ神様視点で見ると、どれも同じ無意味なものに見えるかもね。でもまぁ、人間の生きる意味とか価値とか、そんなものはないよ。最期までね」

マシュ「最期まで、ですか?」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191220031024j:plain

引用元――Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(原作:奈須きのこ/TYPE-MOON、アニプレックス/ノーツ/ディライトワークス)より抜粋】

 

 

 

懐かしいですね、ホームズさん。

 

ああ、分からなければ是非ともFGOをプレーするんだぞ、リスナーの皆よ。

 

そして課金してください。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20191220032718j:plain

ロマニ「意味を持たないまま人間は生まれ、育ち、寿命を迎える。そうして終わった時に、ようやくその生命がどういうものだったのかという意味が生まれる」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191220032735j:plain

ロマニ「これを人生と言うんだよ、マシュ」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191220032755j:plain

ロマニ「僕らは意味のために生きるんじゃない」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191220032810j:plain

ロマニ「生きたことに意味を見出すために、生きているんだ」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191220032827j:plain

マシュ「私、先輩がケツァルコアトルさんに言ったことと、ドクターが言ったことは、同じ意味じゃないかって思うんです」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191220032848j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191220032905j:plain

マシュ「だから、きっと」

立香「うん。マシュの言う通りだ。ドクターが何か隠しているにしても、きっと意味がある」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191220032921j:plain

マシュ「はい! 私たちは体ごとドーンとぶつかっていきましょう!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191220032939j:plain

マシュ「私も先輩を見習います!」

立香「あはは。俺は2度と御免だけどね」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191220032957j:plain

引用元――Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(原作:奈須きのこ/TYPE-MOON、アニプレックス/ノーツ/ディライトワークス)より抜粋】

 

 

 

お二人のロマニさんへの信頼は揺らぎませんでした。

 

月夜が巡ってくる。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20191220033103j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191220033118j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191220033136j:plain

立香「交代の時間はまだ先だよ」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191220033157j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191220033220j:plain

イシュタル「勘いいじゃない。それとも、それだけ私の気配に敏感になったということかしら?」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191220033240j:plain

イシュタル「それなら悪い気はしないわね。夜ごと女神に対するマナーを教えてあげた甲斐があったというものだわ」

立香「あれ? そんな話だったっけ?」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191220033303j:plain

引用元――Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(原作:奈須きのこ/TYPE-MOON、アニプレックス/ノーツ/ディライトワークス)より抜粋】

 

 

 

恒例となりつつある、女神タイムです。

 

もうメインヒロンの貫禄だ。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20191220033408j:plain

イシュタル「むぅ」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191220033426j:plain

イシュタル「まぁいいわ。今夜はあなたを労いに来たのだから。また新しい女神を仲間にしたようね」

立香「うん」

イシュタル「ほんとすごいわ」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191220033442j:plain

イシュタル「でも、なぜか頭にくるのだわ」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191220033459j:plain

イシュタル「ちょっと、ほっぺた抓らせて」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191220033516j:plain

引用元――Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(原作:奈須きのこ/TYPE-MOON、アニプレックス/ノーツ/ディライトワークス)より抜粋】

 

 

 

ふくれっ面、可愛いですね。

 

嫉妬全開じゃないか。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20191220033634j:plain

イシュタル「って熱いわよ!? 何かの病気!?」

立香「ちょっと疲れたかな。でも大丈夫だよ」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191220033649j:plain

イシュタル「大丈夫って、ちゃんと休んでるの?」

立香「レイシフトしてからずっと働き詰めだから、もう1ヶ月くらいかな」

イシュタル「ってハードワークにも程があるのだわ! 冥府の重労働だって3日で解放されるのよ!」

立香「いや、毎回こんなもんだよ」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191220033704j:plain

イシュタル「特異点の探索ですものね。そりゃあ人間には過酷な戦いだったわよね」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191220033723j:plain

立香「でも楽しかったよ」

イシュタル「そうなの」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191220033739j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191220033757j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191220033815j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191220033834j:plain

イシュタル「いいわ。見張りは私がしてあげるから、あなたはそこで横になりなさい」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191220033852j:plain

立香「ありがと」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191220033915j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191220033937j:plain

イシュタル「イルカルラの名に懸けて、どんな外敵も近付かせない。だから安心して気を休めていいわ」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191220033959j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191220034015j:plain

引用元――Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(原作:奈須きのこ/TYPE-MOON、アニプレックス/ノーツ/ディライトワークス)より抜粋】

 

 

 

久しぶりの休息になった。

 

イルカルラ――普通にエレシュキガルと名乗っています。ググれば一発です。

 

察するに、イシュタルとエレシュキガルは遠坂凛という同一の依代を共有しているという感じだろうな。

 

イシュタルさんはエレシュキガルさんを認識しているのでしょうか?

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20191220034205j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191220034222j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191220034238j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191220034254j:plain

イシュタル「そろそろ眠らなくちゃ」

立香「眠る?」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191220034311j:plain

イシュタル「じゃあね。夜のお喋りはこれでおしまい。あなたはひ弱な人間なんだから、しっかり休みなさいよ」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191220034327j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191220034343j:plain

引用元――Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(原作:奈須きのこ/TYPE-MOON、アニプレックス/ノーツ/ディライトワークス)より抜粋】

 

 

 

イシュタルさんより布地の多いキャラデザです、エレシュキガルさん。

 

牛若丸の肌色率を見た後だと、イシュタルも割と普通に見れるけどな。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20191220034500j:plain

立香「よーし! もうすぐウルクだー!」

マシュ「先輩元気ですね」

立香「うん。今日のキャンプはぐっすり寝られたからね」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191220034516j:plain

アナ「これで王様から報酬が貰えますね」

マーリン「《マルドゥークの斧》に女神が1人。これは大手柄だよ」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191220034534j:plain

ケツァルコアトル「私も王様に会うの楽しみデース!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191220034550j:plain

イシュタル「ん? あれって、シドゥリじゃない?」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191220034607j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191220034622j:plain

立香「シドゥリさん! 何かあったの!?」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191220034638j:plain

シドゥリ「た、大変です」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191220034652j:plain

シドゥリ「ギルガメッシュ王が!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191220034712j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191220034727j:plain

引用元――Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(原作:奈須きのこ/TYPE-MOON、アニプレックス/ノーツ/ディライトワークス)より抜粋】

 

 

 

最後の最後のに何やら波乱が。

 

これで折り返しとなるが、いったいギルガメッシュに何が起きたのか。

 

心配です。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20191220034902j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191220034919j:plain

ギル「シドゥリ?」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191220034935j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191220034956j:plain

ギル「ふむ。王が居眠りから覚めるとそこは冥府の底であった、か」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191220035011j:plain

ギル「などと言っている場合か!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191220035025j:plain

ギル「本当に死んでいるではないか我!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191220035036j:plain

引用元――Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(原作:奈須きのこ/TYPE-MOON、アニプレックス/ノーツ/ディライトワークス)より抜粋】

 

 

 

アバンで居眠りしていたのは、やはり伏線でしたか。

 

思い切り過労死じゃないか。

 

玉座で居眠りしてしまう時点で、潔く休養に専念するべきでした。

 

ひょっとしてギルガメッシュの出番はこれで終わりなのか?

 

せめて聖杯だけでも置き土産として残してくれないと。

 

鬼か、貴様は。

 

次回は総集編との事。番組レビュー記事は時間と労力が半端なく掛かってしまうので、流石に総集編はレビューしませんから悪しからず。

 

時間的なコストを考えると割が合わないからな、番組レビュー記事は。

 

10年後のアニメ史的な価値を考えて、継続していきますけどね。

 

それはそうと、サブブログに続いて当メインブログもやっと『関連コンテンツ』が開放された。これでこのブログもようやく一人前だ。

 

やはり『関連コンテンツ』なしだと、ブログとして見栄えが悪いですからね。『関連コンテンツ』に到達できないブログの数を思えば、嬉しいです。

 

これも皆のお陰だ。
『関連コンテンツ』に相応しいブログを心がけ、頑張っていくからな。

 

感謝、感謝です! リスナーの皆さまに、スポンサーの皆さま!

◆配信電子ストア◆

 

 

 

 

引用元――Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(原作:奈須きのこ/TYPE-MOON、アニプレックス/ノーツ/ディライトワークス)より抜粋】

f:id:ayafumi-rennzaki:20191222021600j:plain

※)引用したキャプチャ画像に関しては、著作権権利者様より異議申し立て・削除要請があれば、速やかに対処いたしますのでご承知置き願います。

  また、権利者様および各関係者様への敬意を忘れず、不利益にならない用法を心掛ける事を明記します。