アニメを斬る!

アニメ関連の話題をメインに、美少女DJ2名が会話形式でお送りする、仮想ラジオブログ!

アニメを斬る!

ヘッダーSP画像
— 最 新 記 事 —
【GIF動画で検証】名作女子ベースボールアニメ『大正野球娘。』の作画を振り返る【大正義野球娘】
【フィギュア】毛利蘭ねえちゃんの角が『ねんどろいど』でヤバい件【名探偵コナン】
【ぼっち料理】ハック(Hac) ちょこっと家電 贅沢鍋&グリルおすすめしてみる【Φ12cm HAC2254】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】ヒロイン睦子、未来の義姉いずみと美少女的共演を果たす【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】エース睦子、初勝利後に変顔芸を披露する【メジャーセカンド】
【アニメ版ワンパンマン】ヒーロー紹介『地獄のフブキ』が可愛い件【One Punch-Man】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子、公式戦(大会1回戦)で初先発【メジャーセカンド】
【くぎゅぅぅぅぅ】人気声優・釘宮理恵の嵌まり役(キャラ)、個人的ベスト5【ツンデレの女王】
【アニメ版ワンパンマン】ヒーロー紹介『サイタマ(ハゲマント)』の戦績【One Punch-Man】
【報道ステーション】人気声優・佐藤利奈(サトリナ)の嵌まり役、個人的ベスト5【御坂美琴】
【黒子ちゃんドロップキック】名助演声優・新井里美の嵌まり役、個人的ベスト5【ジャッジメントですの!】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】中1の睦子がアニオリ回想回でも超可愛い件【メジャーセカンド】
【いもいも級の衝撃】きららアニメ『球詠』第4話の先行海外(北米)配信版が作画崩壊【dアニメ版と比べてみた】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子、大吾の情報をもとに打撃の特訓【メジャーセカンド】
【萌えすら捨てて】作画崩壊風きららアニメ『球詠』のプレー場面を集めてみた【野球を追求】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】睦子、アニータとのバッテリーを拒否【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』中学生編】佐倉睦子、練習試合で初の実戦登板【メジャーセカンド】
【アニメ『MAJOR 2nd』】沢 弥生様のご活躍を追いかけてみる【メジャーセカンド】
【上条当麻】旧約(第1部)までの男女平等パンチを振り返ってみる【その幻想をぶち殺す】
【ゾンビランドサガ】アニメ内とリアル声優ライブでの映像を比較してみた【フランシュシュ】
【アニメ第21話(最終回)】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode21 Grand Order】
【ハッカドール】伝説のお仕事アニメ、KUROBAKOを振り返ってみる【本家SHIROBAKOもよろすこ】
【アニメ第20話(後半)】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode20 絶対魔獣戦線メソポタミアⅡ】
【アニメ第20話(前半)】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode20 絶対魔獣戦線メソポタミアⅡ】
【アニメ第19話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode19 絶対魔獣戦線メソポタミアⅠ】
【海外での認識】織田信長のキャラデザを振り返る【日本人のイメージ】
【アニメ第18話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode18 原初の星、見上げる空】
【とあるシリーズ】能力者LEVEL5と各キャラの勢力分布を復習してみよう【禁書目録/超電磁砲】
【範馬刃牙/バキ】ごきげんな朝食(あさめし)【完全再現を目指してみた】
【アニメ第17話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode17 会議は踊る】
【アニメ第16話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode16 目覚め】
【HG/MG/RG】フリーダムガンダム&ストフリが超かっこいい件【登場シーン】
【松智洋先生なんと2作目】はてな☆イリュージョン、第4話でほぼ全編が作画崩壊【いもいもの悪夢再来か】
【アニメ第15話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode15 新しいヒトのカタチ】
【登録方法】アニメをネット視聴する動画配信サービスは「dアニメストア」がオススメ【TVでもOK】
【アニメ第14話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode14 決戦】
【アニメ第13話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode13 さよなら、冥界の女神】
【アニメ第12話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode12 王の死】
【楽天】おしゃれな薄型腕時計を紹介&おすすめしてみる【メンズ】
【お知らせ】ブログの記事レイアウトを変更します【重要】
ヘッダー画像

【アニメ第10話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode10 こんにちは、太陽の女神】

 

日本最大規模を誇る作品数のアニメが見放題!

※)引用したキャプチャ画像に関しては、著作権権利者様より異議申し立て・削除要請があれば、速やかに対処いたしますのでご承知置き願います。 

  また、権利者様および各関係者様への敬意を忘れず、不利益にならない用法を心掛ける事を明記します。

 

――オンエア、START! 

 

 

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

リスナーの皆さま、DJの淡雪が女神にチャームです。
第168回目の放送となる今回は『Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-』の第10話のレビューをお届けいたします。第9話では、立香さんは脅威のモテ力によって見事にアンチを唸らせました。

           ※)メインDJ。14歳(中等部三年生)

 

お馴染み、助手の締里だ。立香の浮気性が少し不安だ。
第9話では寝ている最中に、まんまと浮気されてしまうマシュが不憫だった。牛若丸との逢瀬といい、立香はマシュのマスターかつ先輩として、もっと誠意をもって己を律した方がいいと思うぞ。

           ※)DJ助手。15歳(高等部一年生)

 

なにを言うのですか、締里さん。Fateシリーズの主人公として女性を虜にしてしまうのは、文字通りフェイト(宿命)なのです。

 

そうは言ってもだな。

 

それに第9話で女神イシュタルさんを傘下に収めるという大活躍が評価されたのか、こんなコラボ商品を発見しましたよ!

 

ひょっとして、もう終了しているけれど、大好評だったこれか?

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20191211232951j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191211233004j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191211233015j:plain

 

 

 

違います。ハズレです。

 

じゃあ、正解は?

 

答えは――特製・藤丸立香カレーです!

 

初耳なのだが。

 

これをご覧ください!!

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20191211233252j:plain

 

 

 

某生鮮系食堂とのコラボ企画です。

 

止めてくれないか? こういったガセ情報(ネタ)を流すのは。本気にするリスナーがいたら困るだろ。コラ丸出しだから騙される者も皆無だとは思うが。

 

これを目にした時、立香さんもメジャーになったものだと、感動しましたね。

 

ダメだろ、鯖太郎として有名になっても。

 

まあ、このネタは置いておくとして、待望の第10話をレビューしましょう。

 

レビュー開始

f:id:ayafumi-rennzaki:20191211221537j:plain

ギル「よくぞ帰った。素晴らしき勇者たちよ」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191211221600j:plain

ギル「そして恥知らずにも出戻ってきた、そこの女神」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191211221614j:plain

ギル「我らが軍門に降った感想を述べるがよい」

イシュタル「誰がアンタの軍門に降ったかっていうの! 私はビジネスパートナーとしてそこのマスターと契約したのよ!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191211221629j:plain

イシュタル「見てなさい! こいつがすっごいマスターになるまで、死のうが爆散しようが、私が生き返らせるから!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191211221645j:plain

イシュタル「そしてアンタはこう言うのよ。”おぉイシュタルはまさしく勝利の女神であったか。よし俺 死のう!”ってね!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191211221703j:plain

ギル「死なぬわ! 戯け!」

イシュタル「なによ! あー来るんじゃなかった!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191211221720j:plain

シドゥリ「お二人ともどうかそこまでに。何にせよ都市神が実際に舞い降りるなど、この上ない名誉なこと。牧場主からの被害報告などは水に流しましょう」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191211221738j:plain

立香「イシュタルも信心深いシドゥリさんには強く出られないんだね」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191211221754j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191211221820j:plain

ギル「さて貴様の更生は後回しにして三女神の問題だ。イシュタルは陥落したが策の本命は別にある」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191211221843j:plain

ギル「かつてティアマト神の喉を切り裂いたと云われる神具《マルドゥークの手斧》」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191211221900j:plain

ギル「これこそが最大の秘策だ」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191211221916j:plain

引用元――Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(原作:奈須きのこ/TYPE-MOON、アニプレックス/ノーツ/ディライトワークス)より抜粋】

 

 

 

ギルガメッシュさんとイシュタルさんの掛け合い、味があって良いですね。

 

神具《マルドゥークの手斧》か。

 

奥の手的なグガランナとは違った意味で、心強いアイテムです。

 

そのグガランナには逃げられているという事は、現時点では内緒だぞ。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20191211222030j:plain

立香「ティアマト神の喉元?」

マシュ「それならティアマトの権能を得ているゴルゴーンにも!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191211222048j:plain

ギル「あぁ。その手斧をもってゴルゴーン打倒の要とするのだ。斧はエリドゥに保管されている」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191211222104j:plain

ロマニ「エリドゥ。シュメール神話において最初に天から王権が下りた都市だね」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191211222119j:plain

ダ・ヴィンチ「なるほど。南の密林、ウルを越えたあの場所か」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191211222135j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191213200927j:plain

ギル「でどうなのだ? イシュタル。密林の女神の正体、貴様なら知っていよう」

立香「まさかジャガー的な」

アナ「いえ違います。あのサーヴァントも神霊ですが、あくまで付属物」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191213200946j:plain

アナ「次は剥ぎます」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191213201001j:plain

立香「よかった」

マーリン「うん。正直あれが三女神の一柱だった場合 打つ手が全く考えつかない」

イシュタル「ま、教えてあげてもいっか」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191213201019j:plain

引用元――Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(原作:奈須きのこ/TYPE-MOON、アニプレックス/ノーツ/ディライトワークス)より抜粋】

 

 

 

ここで正式に二柱目の女神が明かされます。

 

ジャガ村はやはり違った。

 

ククルン呼びからして、想定通りだとは思いますよ。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20191213201211j:plain

イシュタル「ウルクの南方に陣取った女神は翼ある蛇。私と同じ金星の女神にして太陽の鳳」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191213201226j:plain

イシュタル「南米の風 ケツァルコアトルよ」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191213201241j:plain

引用元――Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(原作:奈須きのこ/TYPE-MOON、アニプレックス/ノーツ/ディライトワークス)より抜粋】

 

 

 

ケツァルコアトルで正解だったな。

 

というか、現在進行形でウルクの門前にいるのですが。

 

訪問、じゃないよな?

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20191213201349j:plain

マーリン「マヤの征服王、トルテカの太陽神か!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191213201405j:plain

ロマニ「主神クラスじゃないか!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191213201424j:plain

ロマニ「それ下手したらゴルゴーンより格上だぞ!?」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191213201439j:plain

ギル「ケツァルコアトル。人理が焼却された今、その南米とやらの未来も見えぬ。Dr.ロマン、追ってその女神の情報をまとめるがよい」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191213201454j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191213201511j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191213201529j:plain

一同「「えっ!?」」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191213201546j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191213201605j:plain

引用元――Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(原作:奈須きのこ/TYPE-MOON、アニプレックス/ノーツ/ディライトワークス)より抜粋】

 

 

 

カルデアバックアップ夫婦の詳細な解説が入る前に、事態が動き出してしまった。

 

カチコミでしたか。

 

魔獣の群れよりも驚異だ。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20191213201658j:plain

兵士「報告! ウルク南門より火急の報あり! 南門が破壊されました!」

兵士「敵影はただ1体! ケツァルコアトルと名乗る女が素手で城壁を粉砕し、ウルク内部に進行! ジグラットを目指して一直線に向かってきます!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191213201715j:plain

ケツァルコアトル「そーれっ。ウーノ、ドス、トレス」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191213201734j:plain

兵士「来るぞ! 槍兵三重に構え!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191213201754j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191213201811j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191213201829j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191213201845j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191213201907j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191213201923j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191213201941j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191213201959j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191213202017j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191213202034j:plain

引用元――Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(原作:奈須きのこ/TYPE-MOON、アニプレックス/ノーツ/ディライトワークス)より抜粋】

 

 

 

人間をお手玉にしていた。

 

フライングボディプレスを見舞おうとしていましたね。

 

カウンターのマシュキックでふっ飛ばしたが、果たしてダメージは。

 

期待しない方がいいでしょう。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20191213202132j:plain

マシュ「逃げてください! 早く!」

アナ「あとは私たちが受け持ちます」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191213202152j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191213202211j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191213202229j:plain

ケツァルコアトル「ワォ! テクニカ! 40点あげましょう!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191213202249j:plain

引用元――Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(原作:奈須きのこ/TYPE-MOON、アニプレックス/ノーツ/ディライトワークス)より抜粋】

 

 

 

ノーダメージでしたね。

 

不意打ちに怒ってすらいない。余裕が迸っている。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20191213202359j:plain

ケツァルコアトル「次の相手はあなたたち? みんな活きがよさそうね!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191213202411j:plain

マシュ「怖いですマスター。あんな風に笑えるのに人を殺すことに何の躊躇もないなんて」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191213202427j:plain

ケツァルコアトル「あら? あなたたちサーヴァント? じゃあ、もしかしてそちらの可愛い男の子が、他所から来たマスターさん?」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191213202500j:plain

マーリン「その通り。彼が【カルデア】のマスター 藤丸君だ。今更だが確認をしていいかな? 君が三女神同盟の1人 ケツァルコアトルで間違いないね?」

ケツァルコアトル「ハァーイ! 遙か南米からちょっとウルクを滅ぼしに来たお姉さんデース!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191213202517j:plain

立香「どうしてこんなことをするんだ!?」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191213202535j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191213202554j:plain

ケツァルコアトル「えっと、い、いやマスターさん。そんな風に見つめられるとお姉さんのツボ過ぎて反則デース」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191213202610j:plain

ケツァルコアトル「藤丸君が私と婚姻するなら、私そっち側に付いてもイイネ!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191213202627j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191213202641j:plain

マシュ「婚姻!?」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191213202707j:plain

マーリン「はははっ。今度の女神も予想以上の色物か。よーし話がこんがらがってきたぞ」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191213202725j:plain

引用元――Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(原作:奈須きのこ/TYPE-MOON、アニプレックス/ノーツ/ディライトワークス)より抜粋】

 

 

 

ケツァルコアトルさんは男性――いえ、主人公を見る目がお有りのようで。

 

そうか? いきなり婚姻だぞ。

 

ここで立香さんがケツァルコアトルさんを嫁として娶れば、今回のミッションは早くもコンプリートとなります。
戦わずして配下に収める。最高の主人公です!

 

いや、立香にはその意思はなさそうだが。

 

そ、そんな馬鹿な。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20191213202828j:plain

ケツァルコアトル「でも残念。流石にそれは大人げないわよね」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191213202844j:plain

ケツァルコアトル「なんでウルクを滅ぼすのか。それは私たちが人間を殺すために母さんに呼ばれたから。でもその方法自体は私の自由」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191213202905j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191213202924j:plain

ケツァルコアトル「なので私は1人1人丁寧に殺して」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191213202940j:plain

ケツァルコアトル「その結果 人類を絶滅させると決めたのデース」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191213203000j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191213203019j:plain

ケツァルコアトル「安心してください。私そろそろ帰りマース」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191213203037j:plain

ケツァルコアトル「試合は1日100人まで。それ以上になると相手のこと忘れちゃうから」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191213203100j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191213203120j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191213203136j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191213203151j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191213203209j:plain

ケツァルコアトル「それでは皆さんアディオス!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191213203234j:plain

ケツァルコアトル「また明日 太陽が昇ったら100人ぶち倒しに来マース!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191213203253j:plain

引用元――Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(原作:奈須きのこ/TYPE-MOON、アニプレックス/ノーツ/ディライトワークス)より抜粋】

 

 

 

あっさりと帰ってしまった。

 

彼女を呼んだ『母さん』というのが気になりました。

 

私はそれ以上に『1日に100人ポッキリ』では、人口増のペースの方が上回っているので、どう頑張っても人類絶滅なんて無理だと思ったぞ。

 

地球規模ではなく人類=ウルクの民、くらいの認識ではないでしょうか?

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20191213203356j:plain

マシュ「行ってしまいましたね」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191213203414j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191213203433j:plain

一同「「ん?」」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191213203450j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191213203511j:plain

引用元――Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(原作:奈須きのこ/TYPE-MOON、アニプレックス/ノーツ/ディライトワークス)より抜粋】

 

 

 

再びのジャガーマンさんです。

 

兵士を回収する為に、こんなところにまで出張とは。

 

良い笑顔ですね、非常に。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20191213203626j:plain

アナ「あのふざけたフード姿」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191213203646j:plain

ジャガーマン「もう、ククルンったら豹使い荒いんだからぁ」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191213203702j:plain

立香「ジャ、ジャガーマ――」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191213203718j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191213203737j:plain

引用元――Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(原作:奈須きのこ/TYPE-MOON、アニプレックス/ノーツ/ディライトワークス)より抜粋】

 

 

 

以前の借りを返すべく、アナが問答無用で攻撃した。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20191213203837j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191213203853j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191213203913j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191213203929j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191213203947j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191213204004j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191213204021j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191213204038j:plain

ジャガーマン「よう諸君」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191213204055j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191213204118j:plain

ジャガーマン「久しぶりー! でも今バタバタしてるから留守電だけ残しといて!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191213204140j:plain

引用元――Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(原作:奈須きのこ/TYPE-MOON、アニプレックス/ノーツ/ディライトワークス)より抜粋】

 

 

 

しかし、ジャガーマンさんには通用しませんね、現状の実力差だと。

 

アナも同じ神霊だと思うが、まだ未覚醒という感じだしな。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20191213204231j:plain

マシュ「せ、先輩。と、とにかくこのあからさまな人攫いを止めないと!」

ジャガーマン「おっと。荷物は降ろさないし そうは問屋も卸さない。現実はいつも過酷だからにゃ」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191213204252j:plain

ジャガーマン「私を殴ることに関しては一切手加減なしのククルン。あの冷酷なケツァルコアトルが、こんな重大任務に護衛を付けないとでも?」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191213204309j:plain

ジャガーマン「付けてくれなかったんだなー! これが!」

立香「そ、そう」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191213204326j:plain

ジャガーマン「なので私が厳選した森の仲間たちが私を守る! 来たれ 大いなるジャガーの戦士たちよ!」

豹マン「「「「オォー!」」」」

ジャガーマン「ヒュー! 見ろよこの逞しい豹マンたちを!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191213204346j:plain

ジャガーマン「ボーイズ&ガールズ! 今夜は寝かさなーいぜ!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191213204405j:plain

ジャガーマン「じゃ! あとは任せたにゃ!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191213204423j:plain

引用元――Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(原作:奈須きのこ/TYPE-MOON、アニプレックス/ノーツ/ディライトワークス)より抜粋】

 

 

 

サクッと撤退されてしまいました。

 

凄まじくあっさり風味で展開が流されたが、兵士たちを回収されてしまったので、イベント的な意味では普通に敗北だ。

 

前回の敗北イベントとは異なり、イシュタルさんがいるので逃したのは痛かったです。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20191213205906j:plain

マーリン「これはこれで大変なことになった。まさかケツァルコアトルが自ら乗り込んで来るとは」

ギル「まったくだ! あんなものが市内で暴れれば魔獣戦線の士気にも影響するわ!」

シドゥリ「職人たち兵士たちも南市場から離れてしまいました。王ご自慢の秘密工作もこれでは」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191213205925j:plain

マシュ「秘密工作? ギルガメッシュ王、何か作っておられるのですか?」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191213205942j:plain

ギル「いや」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191213210046j:plain

立香&マシュ「「明らかに!」」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191213210105j:plain

ギル「えぇいイシュタル! あれは貴様の同類であろう! 分かりやすく何とかせよ!」

イシュタル「同類じゃないわよ。ま、迷惑なのは確かよね。いちいち1人1人 人間と喧嘩していくとか」

マシュ「明日も来ると言っていました」

シドゥリ「犠牲になった兵士はちょうど100人です。遺体は運ばれてしまったため埋葬もままなりませんが」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191213210124j:plain

マシュ「先輩はどう思いま――」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191213210143j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191213210200j:plain

ギル「撃退しようにも歯が立たぬしな」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191213210218j:plain

ギル「何か策はないか? Dr.ロマンとやら」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191213210307j:plain

ロマニ「えぇ!? 普通こっちに振るかい!?」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191213210327j:plain

ロマニ『そっちにはマーリンがいるんだろ!? 千里眼でも何でも使ってケツァルコアトルの様子を見てみればいいじゃないか!』

f:id:ayafumi-rennzaki:20191213210346j:plain

マーリン「そうしたいのは山々だが、女神の観察なんかしたら確実に相手にバレてしまう。覗き見をされた女神が何をするか、多くの神話が雄弁に語ってくれている」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191213210413j:plain

イシュタル「えぇ。殺すでしょうね。全権能を使ってそいつのいる場所に宝具ぶっ放すわ」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191213210433j:plain

マーリン「ほらね。女神を怒らせるのはまだ早い。それにちょっと他のことに魔力を使っていてね」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191213210452j:plain

ダ・ヴィンチ「やっぱりね。おかしいんじゃないかってロマニと話してたんだ」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191213210510j:plain

ロマニ「あぁ。どうりでマーリンにしては後手に回っていると思った。君もう自分にできる手は打った後だったのか」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191213210529j:plain

マーリン『理解が早くて助かる。それでロマニ・アーキマン、君からの提案は?』

f:id:ayafumi-rennzaki:20191213210554j:plain

ロマニ「単刀直入に言えば 潜入しかないだろう」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191213210614j:plain

立香「潜入」

マシュ「本拠地を叩くということですか?」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191213210639j:plain

マシュ「でも どこに」

ロマニ「それも当たりがついてるんだ。恐らく本拠地は彼女を祀る神殿そのものにある」

ダ・ヴィンチ「土着の神でないはずなのに、彼女は圧倒的な力を我々に見せつけた。その理由はどこかに神殿を造っているからとしか考えられない」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191213210718j:plain

ロマニ「実は先日 藤丸君がウルの調査に向かった時、南にひときわ強い魔力反応があったんだ」

立香『じゃあそこに神殿が』

f:id:ayafumi-rennzaki:20191213210741j:plain

ダ・ヴィンチ「更に言えば、それがギルガメッシュ王が言っていたエリドゥ市だと推察される」

ロマニ「そう。そして神殿を成立させるには象徴となるシンボルが必要なんだ」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191213210801j:plain

ダ・ヴィンチ「だからシンボルを破壊して神殿を停止させ、ケツァルコアトルの神格を落とす」

ロマニ「その通り。その後ならケツァルコアトルが相手でも多少の勝機はある」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191213210826j:plain

ギル「話は決まったようだな。藤丸よ 今回の任務を言い渡そう。女神退治その2を許す!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191213210846j:plain

ギル「密林を越えエリドゥに向かえ!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191213210901j:plain

ギル「彼の地にてケツァルコアトルを打倒し、ついでにエリドゥに保管された神具《マルドゥークの手斧》を回収してくるのだ!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191213210921j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191213210939j:plain

引用元――Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(原作:奈須きのこ/TYPE-MOON、アニプレックス/ノーツ/ディライトワークス)より抜粋】

 

 

 

ギルガメッシュといいマーリンといい、今後の展開への伏線を張りまくりだったな。

 

ケツァルコアトルさん攻略の為の目的地と標的がハッキリしましたね。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20191213211739j:plain

立香「マシュ? どうかした?」

マシュ「先輩、今回の作戦うまくいくでしょうか?」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191213211800j:plain

マシュ「ケツァルコアトルのあの笑顔が頭から離れないんです」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191213211819j:plain

マシュ「人を殺していたのに。彼女がああいう性質である以上 話し合いもできないでしょうし」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191213211836j:plain

立香「話し合い」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191213211854j:plain

マーリン「いや、それで戦闘を回避する可能性はあるかもだ。彼女はこう言った”母さんに呼ばれたから人間を滅ぼす”と。ということは、人間と敵対しているのは彼女自身の考えじゃない」

マシュ「そうなんでしょうか? だとしたらその母さんというのは誰なんでしょう?」

マーリン「まぁ順当に行けば魔獣たちの母、ティアマトになるのだけど」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191213211912j:plain

マーリン「さて」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191213211937j:plain

引用元――Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(原作:奈須きのこ/TYPE-MOON、アニプレックス/ノーツ/ディライトワークス)より抜粋】

 

 

 

野営です。

 

また貴重な一晩が過ぎていく。

 

トータル10日ですからね。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20191213212210j:plain

イシュタル「こんばんは。また1人で見張り?」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191213212226j:plain

イシュタル「はいこれ。差し入れ」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191213212241j:plain

引用元――Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(原作:奈須きのこ/TYPE-MOON、アニプレックス/ノーツ/ディライトワークス)より抜粋】

 

 

 

今回も女神との会話イベントだ。

 

浮気タイムです。

 

そういう表現は控えような。

 

本当にマシュさんは油断しているのか、隙だらけですね。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20191213212355j:plain

イシュタル「今夜はね 少し忠告に来た――はっくしゅっ!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191213212411j:plain

立香「また?」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191213212429j:plain

イシュタル「なによ。クシャミなんて誰でもするものでしょ」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191213212448j:plain

引用元――Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(原作:奈須きのこ/TYPE-MOON、アニプレックス/ノーツ/ディライトワークス)より抜粋】

 

 

 

クシャミで変化したが、今夜は衣装までエレシュキガルになってしまった。

 

うっかり度合いが増しています。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20191213212537j:plain

イシュタル「人が親切に教えてあげようっていうのに、随分な反応ね」

立香「あ、うん。ごめん」

イシュタル「まぁいいわ。ケツァルコアトルのこと。いい? アイツは善なる神。善性の頂点よ」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191213212555j:plain

立香「善性の頂点。そうなんだ」

イシュタル「逆説的に善なる者では敵わないの。アイツに有効打を与えられるのは悪性の者。だから間違っても私に頼らないこと」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191213212614j:plain

立香「さすが女神様だね」

イシュタル「えぇ当然よ。私はメソポタミアで最も賢く聡明な女神なのだから」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191213212631j:plain

立香「でも何というか、割と世間知らずなところあるよね」

イシュタル「そ、それはまぁ」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191213212650j:plain

イシュタル「基本的には神殿にいるから 私。外のことは知識でしか知らなかったのよ。生まれてからすぐ職務を与えられて、自由なんてなかったし」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191213212707j:plain

イシュタル「こうしてまともに話してくれる友達なんて、本気であなたが初めてだし」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191213212721j:plain

立香「初めての友達か」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191213212739j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191213212756j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191213212814j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191213212835j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191213212854j:plain

引用元――Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(原作:奈須きのこ/TYPE-MOON、アニプレックス/ノーツ/ディライトワークス)より抜粋】

 

 

 

喪った友が脳裏を過ぎったか。

 

過去の女というか、浮気に成功した愛人1号って感じですね。

 

色々とブチ壊すなよ、貴様。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20191213213001j:plain

立香「ありがとう。嬉しいよ」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191213213020j:plain

イシュタル「う、嬉しいって。そうなの?」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191213213038j:plain

イシュタル「も、もしかして気が合うのかしらね 私たち」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191213213058j:plain

引用元――Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(原作:奈須きのこ/TYPE-MOON、アニプレックス/ノーツ/ディライトワークス)より抜粋】

 

 

 

もう立香さんにメロメロです。これぞ主人公の中の主人公でしょう。 

 

割と真面目に、この女たらし力しか今の立香には優位点がないもんな。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20191213213149j:plain

ガサガサ

イシュタル「2人きりのところ誰かに見られた!?」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191213213212j:plain

イシュタル「なんだ小動物か」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191213213231j:plain

イシュタル「ってまた災厄の獣か。あなたよくそんな物騒なの連れてるわね」

立香「フォウ君ってば物騒なの?」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191213213247j:plain

イシュタル「あぁもう分かったわよ。戻ればいいんでしょ」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191213213304j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191213213321j:plain

イシュタル「そろそろ寝るのだわ。しっかりね」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191213213340j:plain

立香「うん」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191213213400j:plain

イシュタル「えっと。ふ、藤丸」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191213213419j:plain

引用元――Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(原作:奈須きのこ/TYPE-MOON、アニプレックス/ノーツ/ディライトワークス)より抜粋】

 

 

 

まるでメインヒロインの様ですね。

 

アナもヒロイン的に台頭してきたし、正直マシュのメインヒロインとしての印象は薄くなっている気が。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20191213213514j:plain

マシュ「すみません。やっぱりどうしても気になるのですが」

「昨日の話?」

イシュタル「なになに? 昨日の話って」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191213213538j:plain

「女神たちの母親についてだったよね? 人類排斥をケツァルコアトルたちに命じたのは誰なのか」

マシュ「はい。イシュタルさんならそれを知っていますよね?」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191213213556j:plain

マシュ「やはりティアマト。いえゴルゴーンなのでしょうか?」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191213213616j:plain

イシュタル「知らないわよ。三女神同盟のことなんて」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191213213634j:plain

マシュ「えっ?」

イシュタル「はい?」

マーリン「ん?」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191213213653j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191213213712j:plain

ジャガーマン「にゃっはははは! 予想通りノコノコ現れたにゃ 獲物ども!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191213213731j:plain

引用元――Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(原作:奈須きのこ/TYPE-MOON、アニプレックス/ノーツ/ディライトワークス)より抜粋】

 

 

 

イシュタルさんが三女神ではないと、改めて明示されました。

 

エレシュキガルという裏の存在を念頭に、アニメ初見組は第1話から見直してみるのも面白いかもな。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20191213213933j:plain

マーリン「まぁともかく、ケツァルコアトルとて南米の主神だ」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191213213949j:plain

マーリン「いかにゴルゴーンが聖杯で強化されているとはいえ、理由もなしで従うとも思えない」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191213214003j:plain

マーリン「彼女にも事情があるのかも知れない」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191213214021j:plain

マーリン「いずれにせよ会話を試みるのはいいことだ」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191213214038j:plain

マーリン「そう会話」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191213214054j:plain

マーリン「会話こそ人間の真心であり優しさだからね 藤丸君」

立香「はい」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191213214114j:plain

ジャガーマン「もう全然説得力がねぇ!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191213214133j:plain

ジャガーマン「今 目の前で会話すらしてもらえない神が1匹、涙で瞳を曇らせていると思えないのかにゃ!?」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191213214153j:plain

引用元――Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(原作:奈須きのこ/TYPE-MOON、アニプレックス/ノーツ/ディライトワークス)より抜粋】

 

 

 

ギャグはキレッキレだ。

 

GIFにしてもいいくらいですよね、ここのシーン。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20191214022206j:plain

アナ「木彫りの虎ぐらいにしか見えませんでした」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191214022227j:plain

ジャガーマン「よーし殺す!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191214022248j:plain

ジャガーマン「ここで1000年にわたる光と闇の戦いに決着をつけてやる!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191214022306j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191214022332j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191214022353j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191214022410j:plain

ジャガーマン「なんだぁ? その程度かぁ?」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191214022431j:plain

ジャガーマン「にゃはははは 痛くなーい。めちゃくちゃ痛くなーい」

イシュタル「うわ やっば。まともにヒットしたわあれ。頼まれたから撃っちゃったけどよかったの?」

アナ「大丈夫です」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191214022453j:plain

引用元――Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(原作:奈須きのこ/TYPE-MOON、アニプレックス/ノーツ/ディライトワークス)より抜粋】

 

 

 

イシュタルが味方なので、ジャガーマンも驚異ではなくなっている。

 

対ケツァルコアトル戦でイシュタルさんが有用でないのが惜しいです。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20191214022639j:plain

ジャガーマン「そこ! 殺したらサーヴァントといえ死んじゃうでしょ! 同じはぐれサーヴァントとして私の気持ちが分からないはずはにゃい!」

マシュ「はぐれサーヴァント!?」

立香「てっきりケツァルコアトルの手下かと」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191214022653j:plain

ジャガーマン「ククルンとはただの腐れ縁です。マスターがいないから、とりあえずククルンのおこぼれに預かっているだけなのにゃ」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191214022715j:plain

マーリン「なるほど。ただのたかりだったのか」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191214022732j:plain

マーリン「藤丸君」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191214022751j:plain

マーリン「味方は多ければ多いほどいい。あとは分かるね?」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191214022809j:plain

引用元――Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(原作:奈須きのこ/TYPE-MOON、アニプレックス/ノーツ/ディライトワークス)より抜粋】

 

 

 

こ、このパターンは。

 

さあ、藤丸立香さんこと鯖太郎さんの真の実力を発揮する時!

 

逆だ逆。名前が反対だぞ。

 

つ、ついうっかり。

 

お前もエレシュキガルを笑えないな。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20191214022912j:plain

立香「自信はないですけど」

ジャガーマン「話は聞かせてもらったわ! だって耳が4つあるから! どんな声もばっちりキャット! だが そんな素敵な可能性はないと断言しよう!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191214022930j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191214022948j:plain

立香「ジャガー、あなたの魔猪の如き艶やかな毛並み、ゲイザーめいたつぶらな瞳」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191214023006j:plain

立香あまりにも美しい」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191214023023j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191214023039j:plain

マシュ「それって褒めてるんでしょうか?」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191214023102j:plain

ジャガーマン「んんっ」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191214023120j:plain

ジャガーマン「にゃおーん!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191214023138j:plain

引用元――Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(原作:奈須きのこ/TYPE-MOON、アニプレックス/ノーツ/ディライトワークス)より抜粋】

 

 

 

これでジャガーマンさんを鯖としてゲットです。

 

なんかチョロい女ばっかりだ。

 

立香さんだからこそですよ、最高の主人公にしてマスターであるFGOの頂点、立香さんだからこそ!

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20191214023241j:plain

ジャガーマン「はい味方になった」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191214023303j:plain

アナ「藤丸 最大の悪手です。マーリンが余計なことを言わなければ」

ジャガーマン「うっす ジャガーマンっす! 今日から藤丸さんのお世話になるっす! みんなよろしくね!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191214023322j:plain

マシュ「よろしくお願いします ジャガーマンさん。マスターの正式サーヴァント マシュ・キリエライトです」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191214023340j:plain

ジャガーマン「お、おう。そこはかとなく怖い子だというのは分かったわ。よろしくねマシュちゃん」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191214023357j:plain

イシュタル「またうるさいのを仲間にしちゃって」

マーリン「この密林はジャガーマンの庭だから、ウルからエリドゥまでの案内は彼女にお願いしよう」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191214023418j:plain

ジャガーマン「それなら任せて! 超特急で案内するわ!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191214023435j:plain

引用元――Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(原作:奈須きのこ/TYPE-MOON、アニプレックス/ノーツ/ディライトワークス)より抜粋】

 

 

 

威圧的な笑顔でしたね、マシュさん。

 

そりゃそうだろうな、彼女的には。

 

正妻ぶっていますが牛若丸さんとの浮気を知ったら、どんな笑顔になるのでしょうか。

 

止めないか? 浮気浮気と連呼するのは。立香に悪気はないんだし。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20191214023534j:plain

ジャガーマン「ここを抜けたらエリドゥや~♪」

立香「助かったよ」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191214023555j:plain

兵士「あ、アンタたちはカルデア大使館の!」

マシュ「連れ去られたウルクの皆さん!? 生きてらっしゃったのですか!?」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191214023611j:plain

兵士「あぁ。アレで死ななかったのは我々も驚きなんだが」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191214023629j:plain

ジャガーマン「そうそう。一見殺してるように見えたでしょう? 実際 殺してるんだけど 即死級の一撃を与えた瞬間、即死級のリヴァイブをかけてるのよ あの子」

立香「ということは死傷者ゼロ」

マシュ「で、でもそんな回りくどいことを」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191214023645j:plain

ジャガーマン「ん~~。ククルンのポリシー? 命を捨てる覚悟で挑んでくるなら応える。けどその覚悟ができない人間は助けるって」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191214023703j:plain

マシュ「でも皆さんはここに閉じ込められているようですが」

兵士「そうなんだよ。そこの女神見習いがウルクに帰るのを邪魔するんだ」

ジャガーマン「だって大切な生贄だからね。来たるべき時のためにククルンの兵士になってもらわないと」

兵士「俺たちはウルクの兵士だ! 1日だって町から離れられるか!」

ジャガーマン「まぁまぁそう言わないで。ウルも楽しいわよ? 住人たちは気合い足りないけど そこはそれ」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191214023727j:plain

引用元――Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(原作:奈須きのこ/TYPE-MOON、アニプレックス/ノーツ/ディライトワークス)より抜粋】

 

 

 

犠牲者はゼロというオチでした。

 

メタ的に見ると、殺しまくりだと味方になった後に気まずいからな。

 

そもそも善性の頂点ですしね。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20191214023836j:plain

ジャガーマン「頑張れ人間もいれば頑張れない人間もいる。戦える者があり戦えない者がいる。その許容範囲の広さは人間社会だけの特徴だ。そうククルンは語っていました」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191214023857j:plain

ロマニ「ククルン」

ダ・ヴィンチ「トルテカでは神官王ケツァルコアトル。マヤでは征服王ククルカン」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191214023914j:plain

ロマニ「神でありながら時に人の王として登場する。それら全ての記憶、経歴をあの女神は継承しているのかもしれない」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191214023931j:plain

イシュタル「はぁ、神のくせに忙しいのね。他の土地の神性ってみんな働き者なのかしら?」

マーリン「人間の何たるかを理解した上で滅ぼそうとしてくる女神ということだ。これはこれで厄介だが」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191214023948j:plain

マーリン「どうかな? 藤丸君。話し合いの見込みは」

立香「えっと、結局ケツァルコアトルは誰も殺していないし、彼女の本質は善性だというし、その言動を踏まえてみても」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191214024004j:plain

マーリン「君にしては言葉が多いな。結局どう思ったんだい?」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191214024021j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191214024043j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191214024102j:plain

立香「できると思います」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191214024119j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191214024141j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191214024201j:plain

ジャガーマン「私は無理だと思うわよ。本性を出したあの子はゴルゴーンより恐ろしい。あの子はね 戦うのが楽しい系のモンスター。言葉じゃ絶対に倒れない」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191214024221j:plain

立香「分かってる。言葉でやりとりするつもりじゃないよ」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191214024239j:plain

引用元――Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(原作:奈須きのこ/TYPE-MOON、アニプレックス/ノーツ/ディライトワークス)より抜粋】

 

 

 

迷いを吹っ切った立香さんは実に爽やかですね。頼もしいです。

 

言葉ではないのならば、一体なにでやりとりするのだろうか?

 

大丈夫です締里さん。信じましょう、立香さんの主人公としての活躍を!

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20191214024329j:plain

マーリン「どうする? ケツァルコアトルがウルクに向かうのを待つという手もあるが」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191214024345j:plain

立香「ウルクにこれ以上の犠牲は出せない。行こう」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191214024402j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191214024520j:plain

立香「ケツァルコアトルと」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191214024535j:plain

立香の真っ向勝負だ!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191214024549j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191214024601j:plain

引用元――Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(原作:奈須きのこ/TYPE-MOON、アニプレックス/ノーツ/ディライトワークス)より抜粋】

 

 

 

魂のやりとり。真っ向勝負。ゾクゾクしちゃいました。

 

うむ。決まっていたな。

 

これ以上の犠牲者――というフレーズに誤解が生じない様に説明を。(ケツァルコアトルによる)これ以上の犠牲者ではなく、(ケツァルコアトルを仲間にできなければ勝てないゴルゴーンによる)これ以上の犠牲者、という意味ですよ、きっと。

 

語尾にさりげなく小声で「きっと」を付けるなよ。

 

かつて《ピンクの教祖様》と崇拝されたラクス・クライン嬢も、己の推論を披露した最後に「おそらく」と付け加えていたのを真似しました。

 

あれ、視聴者から「おそらく」かよ、と盛大にツッコミを入れられていたよな。

 

とにかく第11話での立香さんの超ウルトラ大活躍は保証しましょう!

 

その自信の根拠は?

 

すでにTV放映済みの第11話の視聴者の皆さまの反応ですよ。

 

このブログは時間差を置いてアップされる『dアニメストア』が基準となっているぞ。それから『Amazonプライム』にも(つい、うっかり)加入した。

 

では視聴者の立香さんへの称賛をご覧あれ。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20191215234540j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191215234555j:plain

 

 

 

しかし、アレだな。なろう産である『イキリ骨太郎』は一般に浸透しなかったのに、なろう産ではない『鯖太郎』はすっかり立香の別名として定着したよな。

 

ええ。立香さんと呼ぶのが申し訳なく感じる程に、皆さん、鯖太郎と自然に言っております。私も気を抜くと、つい鯖太郎さんと。

 

この熱い視聴者の反応の数々。私も早く第11話での立香の活躍を目にしたい。

 

最後に、コラボ企画の宣伝を。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20191215235250j:plain

© JRA © TYPE-MOON /FGO7 ANIME PROJECT

JRA×FGOバビロニア Fate/Grandprix Order -絶対競馬戦線アリマニア- | Umabi

umabi.jp

 

 

 

JRAとのコラボです。

 

JRAコラボ“絶対競馬戦線アリマニア”だ。

 

2019年12月22日開催の第64回有馬記念に先駆けてのコラボ企画で、5日からサイトが公開されております。絶大的人気を誇るFateシリーズとJRAのコラボレーションは昨年に続き2度目ですね。

 

イベントは15日で終了しているが、有馬記念はこれからだぞ。

 

皆さま、サイトを訪問してスペシャルムービーを堪能しましょう。

 

全ムービーを制覇したら、オリジナル壁紙を入手できるからな。

 

さあ皆さまも、有馬記念へレイシフト(霊子転移)!

◆配信電子ストア◆

 

 

 

 

引用元――Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(原作:奈須きのこ/TYPE-MOON、アニプレックス/ノーツ/ディライトワークス)より抜粋】

f:id:ayafumi-rennzaki:20191214153309j:plain

※)引用したキャプチャ画像に関しては、著作権権利者様より異議申し立て・削除要請があれば、速やかに対処いたしますのでご承知置き願います。

  また、権利者様および各関係者様への敬意を忘れず、不利益にならない用法を心掛ける事を明記します。