アニメを斬る!

アニメ関連の話題をメインに、美少女DJ2名が会話形式でお送りする、仮想ラジオブログ!

アニメを斬る!

— 最 新 記 事 —
【旧OPと新訳を比較】Zガンダムの変形シーン(機構)の進化を振り返る【ガンプラ系YouTubeも紹介】
【アニメ第9話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode9 おはよう、金星の女神】
【初心者必見、動画つき】ダンベル何キロ持てる? 筋トレ講座(第12話)【シュラッグ&腕立て伏せ】
【アニメ第8話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode8 魔獣母神】
【初心者必見、動画つき】ダンベル何キロ持てる? 筋トレ講座(第11話)【アイソメトリックス&ブリッジ】
【アニメ第7話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode7 陽動作戦】
【初心者必見、動画つき】ダンベル何キロ持てる? 筋トレ講座(第10話)【スカルクラッシャー&インクラインベンチ】
【アニメ第6話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode6 天命の粘土板】
【初心者必見、動画つき】ダンベル何キロ持てる? 筋トレ講座(第9話)【ハンドグリップ&シーテッド・ローイング】
【アニメ第5話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode5 ギルガメッシュ紀行】
【アニメ第4話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode4 密林の呼び声】
【初心者必見、動画つき】ダンベル何キロ持てる? 筋トレ講座(第8話)【サイドベント&ランジ】
【アニメ第3話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode3 王と民】
【初心者必見、動画つき】ダンベル何キロ持てる? 筋トレ講座(第7話)【デッドリフト&サイドレイズ】
【アニメ第2話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode2 城塞都市ウルク】
【アニメ第1話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode1 絶対魔獣戦線バビロニア】
【初心者必見、動画つき】ダンベル何キロ持てる? 筋トレ講座(第6話)【アームレスリング&自重反動トレ】
【初心者必見、動画つき】ダンベル何キロ持てる? 筋トレ講座(第5話)【レッグカール&バイシクルクランチ】
【Episode13-2 神様も知らないヒカリで歴史を創ろう】戦姫絶唱シンフォギアXV 第13話(後【レビュー&感想】
【Episode13-1 神様も知らないヒカリで歴史を創ろう】戦姫絶唱シンフォギアXV 第13話(前【レビュー&感想】
※更新【個人的な面白さ】厳選お勧めアニメを紹介 ~ライトノベル原作編~【随時更新版】
【アニメ第0話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode 0 Initium Iter】
【初心者必見、動画つき】ダンベル何キロ持てる? 筋トレ講座(第4話)【チェストプレスマシン&ディップス】
※更新【2018年以降】厳選お勧めアニメを紹介 ~オリジナルアニメ編~【個人的な面白さ/随時更新版】
【Episode12 戦姫絶唱】戦姫絶唱シンフォギアXV 第12話【レビュー&感想】
【Episode11 ハジメニコトバアリキ】戦姫絶唱シンフォギアXV 第11話【レビュー&感想】
【Episode10 卑しき錆色に非ず】戦姫絶唱シンフォギアXV 第10話【レビュー&感想】
【初心者必見、動画つき】ダンベル何キロ持てる? 筋トレ講座(第3話)【ダンベルカール&フロントプレス】
【初心者必見、動画つき】ダンベル何キロ持てる? 筋トレ講座(第2話)【ラットプルダウン&プランク】
【Episode9 I am a father】戦姫絶唱シンフォギアXV 第9話【レビュー&感想】
【初心者必見、動画つき】ダンベル何キロ持てる? 筋トレ講座(第1話)【ベンチプレス&スクワット】
【Episode8 XV】戦姫絶唱シンフォギアXV 第8話【レビュー&感想】
【妖怪人間ベム】歴代アニメOPの比較と美少女化したJKなベラさん【令和版BEM】
【Episode7 もつれた糸を断ち切って】戦姫絶唱シンフォギアXV 第7話【レビュー&感想】
【Episode6 ゼノグラシア】戦姫絶唱シンフォギアXV 第6話【レビュー&感想】
【Episode5 かばんの隠し事】戦姫絶唱シンフォギアXV 第5話【レビュー&感想】
【響/翼/クリス】戦姫絶唱シンフォギアXV 変身バンク集【マリア/調/切歌】
【第1期~第4期】シンフォギアの歴代ラスボス&フィニッシュシーン GIFバージョン【無印/G/GX/AXZ】
【Episode4 花の名は、アマルガム】戦姫絶唱シンフォギアXV 第4話【レビュー&感想】
ヘッダー画像

【アニメ第6話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode6 天命の粘土板】

 

日本最大規模を誇る作品数のアニメが見放題!

※)引用したキャプチャ画像に関しては、著作権権利者様より異議申し立て・削除要請があれば、速やかに対処いたしますのでご承知置き願います。 

  また、権利者様および各関係者様への敬意を忘れず、不利益にならない用法を心掛ける事を明記します。

 

――オンエア、START! 

 

 

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

リスナーの皆さま、DJの淡雪が義経伝説を懐かしみます。
第160回目の放送となる今回は『Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-』の第6話をレビューいたしましょう。第5話では、立香さんとマシュさんはプチ旅行にて賢王様との親睦を深めました。

           ※)メインDJ。14歳(中等部三年生)

 

お馴染み、助手の締里だ。私もプチ旅行に行ってみたい。
敗北イベントだった第4回に続いて、第5回も実質的な敗北イベントだった。そろそろ勝利イベントを観てみたいが、強敵・難敵揃いだから色々と厳しいかもしれない。

           ※)DJ助手。15歳(高等部一年生)

 

締里さん、プチ旅行でしたら私とFGOで共に旅行気分を味わおうではありませんか。

 

ええぇ?

 

一瞬、超嫌そうな顔しましたね。普段は能面みたいに表情ないのに。

 

お前とはこの仮想ラジオBlogだけの付き合いで、もうお腹一杯だ。

 

ツンデレですね、締里さん。

 

デレる時は永久に来ないがな。

 

そうこうガールズトークしている内に、始まってしまいました。

 

こういうのはガールズトークとはいわないだろ、ガールズトークとは。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20191113022555j:plain

巫女「豊穣の主、天の女主人、獅子の如く咆える御方よ。我らの苦難を救いたまえ。我らに輝きを与えたまえ」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191113022605j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191113022617j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191113022628j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191113022642j:plain

引用元――Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(原作:奈須きのこ/TYPE-MOON、アニプレックス/ノーツ/ディライトワークス)より抜粋】

 

 

 

こうして凛は召喚されたんだな。

 

気のせいか、普通にレイシフトよりも上位互換だと思います。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20191113022954j:plain

巫女「我らの祈りは聞き届けられたもうたか!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191113023007j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191113023018j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191113023032j:plain

巫女「お待ちしておりました、女神イシュタル。我らを魔獣の害より、どうかお救いください」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191113023049j:plain

イシュタル「救う、ね」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191113023105j:plain

イシュタル「救ってあげるわ」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191113023124j:plain

引用元――Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(原作:奈須きのこ/TYPE-MOON、アニプレックス/ノーツ/ディライトワークス)より抜粋】

 

 

 

悪い笑みが。
それと金髪になったのが気になりますね。

 

都合良く巫女の願いに従う義理はない。助けてと云われて、はい助けます、なんて反応はないだろう。

 

時系列は現在に飛びます。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20191113023209j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191113023226j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191113023245j:plain

牛若丸「北壁の防衛戦で損耗率は3割。レオニダス将軍はよく支えておりますが、弓矢と医薬品が不足しております」

ギル「3割なら想定内だ。負傷した者を順次交代させよ。補給品は俺が手配する」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191113023301j:plain

牛若丸「ありがたき幸せ。では、我らは今より戻ります」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191113023315j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191113023335j:plain

ギル「たわけ。疲弊した兵など足手纏いにしかならぬ。今日は休め」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191113023352j:plain

ギル「よし下がれ。次が来た」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191113023414j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191113023430j:plain

引用元――Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(原作:奈須きのこ/TYPE-MOON、アニプレックス/ノーツ/ディライトワークス)より抜粋】

 

 

 

牛若丸さんと弁慶さん、魔獣からの防衛線で頑張っております。

 

正しいサーヴァントの使い方だ。

 

しかも使い捨てにせず、上手く運用しておりますね。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20191113023526j:plain

立香「お呼びですか、王様」

ギル「思い出したことがあって貴様を呼んだ。天命の粘土板を回収してこい」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191113023540j:plain

立香「天命の粘土版、ですか?」

ギル「そうだ。俺が昔 瞑想で見た未来を記したものだ」

立香「でも王様が書いた物なら内容を覚えているんじゃ」

ギル「夢現に書いた千里眼の予見など、なぜ記憶に残さねばならぬのだ」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191113023558j:plain

マーリン「じゃあ粘土板の在処を思い出したってことかい?」

ギル「あれは俺が、冥界からウルクに戻る折、クタの町で書き記した物だ」

マーリン「西の森ではなかったわけだ」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191113023615j:plain

マシュ「”冥界から戻ってこられる”というのが、実感が持てませんね」

立香「そうだね」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191113023627j:plain

ギル「俺には冥界も天の神々もないという貴様らの世界の方が余程奇妙だがな」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191113023643j:plain

シドゥリ「クタの町は現在、女神イシュタルの支配領域に組み込まれています」

ギル「いずれヤツとはやり合わねばならぬ。手間が省ける」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191113023700j:plain

ギル「王命である。クタへ行き、粘土板を持ち帰るがいい」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191113023717j:plain

引用元――Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(原作:奈須きのこ/TYPE-MOON、アニプレックス/ノーツ/ディライトワークス)より抜粋】

 

 

 

またしても王命です。

 

派遣でバイトしていた日々が懐かしい。すっかり王の使いになったな。

 

的外れな旅に出ていたマーリンさんが、ちょっと不憫でした。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20191113023759j:plain

マーリン「クタ市は三女神同盟が現れた後、何の前触れもなく消え去った都市だ」

立香「消え去った?」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191113023812j:plain

マーリン「ある日突然クタ市からの連絡が途絶えてしまってね。駆け付けたレオニダスたちが見たものは静寂の町並みだった」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191113023826j:plain

マーリン「血痕も争った跡もなし。市民たちはみな眠るように息を引き取っていた。1つの町の全ての人がだ」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191113023841j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191113023859j:plain

立香「どうしてそんなことに」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191113023918j:plain

マーリン「原因は分からないままだ。以来クタは呪われた地として、人の寄りつかない荒れ地となってしまったのさ」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191113023934j:plain

引用元――Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(原作:奈須きのこ/TYPE-MOON、アニプレックス/ノーツ/ディライトワークス)より抜粋】

 

 

 

なにやら因縁や伏線がありそうです、目的地であるクタの町。

 

一行が宿舎へ戻ると――

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20191113024027j:plain

アナ「その荷物は?」

マシュ「新しい任務の準備です」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191113024044j:plain

立香「クタに天命の粘土板ってのを探しに行くんだ」

マシュ「なんとお給金は、巫女の銀貨20枚も貰えるのです」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191113024100j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191113024116j:plain

アナ「20枚!? それだけあれば大使館を花でいっぱいに」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191113024134j:plain

アナ「すぐ支度します。お待ち下さい」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191113024148j:plain

引用元――Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(原作:奈須きのこ/TYPE-MOON、アニプレックス/ノーツ/ディライトワークス)より抜粋】

 

 

 

アナはすっかり花屋のファンだ。

 

大使館って、おそらくこの宿舎の事ですよね?

 

うむ。どうやらカルデア大使館と本当に命名した模様。

 

アナさん、素っ気なく振る舞っていても、割と仲間意識が強いです。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20191113024240j:plain

牛若丸「旅の任務とは羨ましい。ぜひ同行したいところですが」

弁慶「なりませぬぞ牛若様。我らは」

牛若丸「みなまで言うな」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191113024257j:plain

牛若丸「北壁に戻る身でありますゆえ」

立香「そっか。俺も一緒に旅をしてみたかったな。憧れだからさ、牛若丸は」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191113024314j:plain

牛若丸「え?」

マーリン「そういえば君たちは同郷だったね」

立香「うん。俺の時代でもよく知られている武将だよ」

弁慶「いやはや喜ばしいですな」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191113024332j:plain

牛若丸「あの、よろしければ――」

アナ「お待たせしました! さぁ行きましょう!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191113024349j:plain

マシュ「出発は明日です」

アナ「え?」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191113024404j:plain

マーリン「ははは。張り切り過ぎだよ、アナは」

アナ「マーリンは緩み過ぎです」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191113024420j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191113024439j:plain

引用元――Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(原作:奈須きのこ/TYPE-MOON、アニプレックス/ノーツ/ディライトワークス)より抜粋】

 

 

 

アナによって会話が寸断されて、牛若丸は拗ねてしまった。

 

生前の自分のファンと云われて、嬉しくないはずがありません。

 

英霊として召喚されても、顕現したのがこの古代メソポタニアでは、日本史は分からないしな。

 

義経さんの時代はもっと後ですし。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20191113024539j:plain

牛若丸「藤丸殿」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191113024554j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191113024610j:plain

牛若丸「お聞きしたいことがあるのですが」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191113024630j:plain

引用元――Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(原作:奈須きのこ/TYPE-MOON、アニプレックス/ノーツ/ディライトワークス)より抜粋】

 

 

 

夜になり筋トレをしていた立香に牛若丸が接触をはかってきた。

 

マシュさんがいない時を巧妙に攻めてきましたね。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20191113024725j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191113024739j:plain

牛若丸「どうなさいました?」

立香「いや」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191113024756j:plain

引用元――Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(原作:奈須きのこ/TYPE-MOON、アニプレックス/ノーツ/ディライトワークス)より抜粋】

 

 

 

実にあざといです、牛若丸さん。

 

義経がこんな美少女だとは、立香も想像できなかっただろうしな。

 

ええ、FGOは本当に歴史の勉強になりますね。

 

間違っても学校のテストや授業で「牛若丸は美少女だった」と答えない様に。

 

真実は、時に秘匿する必要がありますから。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20191113024900j:plain

牛若丸「どこか具合でも」

立香「なんでも、な、い?」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191113025020j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191113025044j:plain

牛若丸「お気を付けください。いかな英雄豪傑でも、打ち所が悪ければただでは済みませぬ」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191113025100j:plain

立香「こ、心しておくよ」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191113025117j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191113025132j:plain

立香「聞きたいことって?」

牛若丸「その、昼間の、憧れというのを」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191113025154j:plain

引用元――Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(原作:奈須きのこ/TYPE-MOON、アニプレックス/ノーツ/ディライトワークス)より抜粋】

 

 

 

昼間、遮られた会話のリベンジだ。

 

マシュさんとは違った雰囲気で立香さんは接しています。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20191113025239j:plain

立香「牛若丸の伝説は俺の時代でも親しまれていて、五条大橋の話とか童謡になったりしてるんだ」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191113025257j:plain

立香「京の五条の橋の上~♪ ってよく歌ってた。真似しながらね」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191113025312j:plain

牛若丸「それ程まで。なんだか信じられません」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191113025328j:plain

牛若丸「私は生涯戦い続けていました。誰かの力になりたい。助けになりたいとの思いからだったのですが、そのような考えは誰にも理解されなかった」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191113025346j:plain

牛若丸「だから信じられないくらい嬉しいのです」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191113025401j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191113025416j:plain

立香「牛若丸の志はたくさんの人に共感されているよ。だって1000年も語り継がれているんだもの。それに俺にも分かるよ。戦う理由」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191113025433j:plain

立香「自分じゃない誰かが泣いているのは見たくない。できるならその涙を止めたいって思うから」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191113025451j:plain

牛若丸「えぇ、えぇ! そうです! そうですとも藤丸殿!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191113025506j:plain

牛若丸「感激です! やはり貴殿は素晴らしい方だ! 私を理解してくださった!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191113025522j:plain

引用元――Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(原作:奈須きのこ/TYPE-MOON、アニプレックス/ノーツ/ディライトワークス)より抜粋】

 

 

 

このお二方、士郎さんとも打ち解けられそうですね。

 

アグレッシブに攻めるな、牛若丸。

 

つい浮気してしまいそうですよね、美少女にこんな態度を取られたら。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20191113025608j:plain

牛若丸「兄上以外で初めて」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191113025624j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191113025639j:plain

牛若丸「藤丸立香殿、ここで貴殿に誓いましょう」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191113025656j:plain

牛若丸「我が主君はあくまでギルガメッシュ王。ですが1人の武士として私は貴殿の帰る場所を守ると」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191113025712j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191113025728j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191113025749j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191113025805j:plain

立香「俺は牛若丸のマスターじゃない。だから友達として誓うよ。俺も俺の使命を果たしてみせるって」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191113025820j:plain

牛若丸「友達、素敵な言葉ですね」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191113025834j:plain

牛若丸「戦場は違えど、我らの心は共に」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191113025855j:plain

引用元――Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(原作:奈須きのこ/TYPE-MOON、アニプレックス/ノーツ/ディライトワークス)より抜粋】

 

 

 

最後は素敵な友情で締めくくった。

 

マシュさんにこの逢瀬がバレなくて良かったです。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20191113030108j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191113030123j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191113030142j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191113030157j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191113030215j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191113030233j:plain

立香「これは酷い」

マシュ「見渡す限り、ボコボコです」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191113030251j:plain

立香「あ、人がいる!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191113030307j:plain

引用元――Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(原作:奈須きのこ/TYPE-MOON、アニプレックス/ノーツ/ディライトワークス)より抜粋】

 

 

 

平和で順調な旅路でしたが。

 

途中で牧場がボコボコになっていた。

 

詳しい話を訊きます。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20191113030359j:plain

牧場主「牧場がこの有様で、逃げた羊を集めるのも一苦労でね」

立香「いったい何があったんですか?」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191113030414j:plain

牧場主「天災だよ」

マシュ「嵐か雷でも?」

牧場主「イシュタル神さ」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191113030430j:plain

牧場主「今年のイシュタル神は滅茶苦茶さ。魔獣ごとぼーん! おかげで土地はこの通り」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191113030445j:plain

牧場主「その上、ウチの宝石を根こそぎかっさらって ”これで勘弁してあげる”ときたもんだ。怪我人が出てないのが救いだがね」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191113030501j:plain

マシュ「まるで強盗ですね」

立香「仮にも神様が」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191113030516j:plain

マーリン「そうだね。本来の彼女なら、そんなことしないだろうからね」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191113030622j:plain

引用元――Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(原作:奈須きのこ/TYPE-MOON、アニプレックス/ノーツ/ディライトワークス)より抜粋】

 

 

 

今年のイシュタル神というフレーズ。

 

察するに、1年単位で依り代を替えているみたいですね。

 

神が降りている間、依り代が不老でない限り数年単位で拘束されたら、依り代の人生が悲惨な事になってしまうしな。

 

マーリンさんが説明してくれます。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20191113030646j:plain

マーリン「魔獣戦線が現れた頃、ウルクの巫女たちは、ある人間の少女にイシュタル神を降ろす儀式をしたらしい。それがあのイシュタルだ。少女の自我と女神の自我が溶け合い、新しい人格になっている」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191113030716j:plain

マーリン「そもそもメソポタミアの神々は、黄金の髪の毛を有している。それが黒髪なのは少女の要素だからだろうね」

マシュ「なるほど」

立香「何となく憎めないのはそのせいなのかな?」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191113030734j:plain

アナ「そうかもしれません。あのイシュタルは少しだけ、人間らしいです」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191113030750j:plain

マーリン「へぇー珍しい。人間は嫌いじゃなかったのかい」

アナ「あっ」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191113030807j:plain

アナ「人間も女神も、どちらも嫌いです」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191113030823j:plain

アナ「マーリンはもっと嫌いです」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191113030839j:plain

引用元――Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(原作:奈須きのこ/TYPE-MOON、アニプレックス/ノーツ/ディライトワークス)より抜粋】

 

 

 

冒頭のシーンで金髪になった理由が判明しました。

 

やはり今のイシュタルは遠坂凛のファクターが強いのだろう。

 

ようやくクタの町に到着です。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20191113030954j:plain

マーリン「さあ見えたよ。あれがクタの町だ」

マシュ「聞いた通り、人の気配が全くありません」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191113031010j:plain

ロマニ「それどころか魔獣の反応もない。このエリアに侵入する様子もない」

ダ・ヴィンチ「まるでこの町を恐れているようだ。理由は分からないがね」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191113031029j:plain

マーリン「まぁでも、夜に町に入るのは危険だ。今日はここでキャンプとしよう」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191113031046j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191113031105j:plain

マーリン「おや? 夜明けにはまだ間があるよ」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191113031225j:plain

立香「日課、こなしとこうと思って」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191113031243j:plain

引用元――Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(原作:奈須きのこ/TYPE-MOON、アニプレックス/ノーツ/ディライトワークス)より抜粋】

 

 

 

マーリンさん、寝ずの番とは。

 

普通に最も貢献しているな。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20191113031334j:plain

マーリン「でも君が体を鍛える意味はあるのかい?」

立香「俺はただの人間で、マスターとしても半人前だからさ。せめて体を鍛えておかないと」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191113031351j:plain

マーリン「君は十分よくやっていると思うけど」

立香「ありがとう。でもそれはみんなのおかげだよ」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191113031417j:plain

立香「みんなに助けてもらって、マシュに守ってきてもらったから」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191113031754j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191113031818j:plain

立香「レイシフト要員に選ばれたのも、生き残ったのが俺だけだっただけ。でも、だからこそ俺にできることは何でもしたいんだ」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191113031835j:plain

立香「意味のなさそうなことでもね」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191113031852j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191113031907j:plain

マーリン「そうか。そうだね」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191113031923j:plain

マーリン「いつだって星を落とすのはただの人間だよ」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191113031936j:plain

立香「星?」

マーリン「いや昔の話さ」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191113031951j:plain

引用元――Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(原作:奈須きのこ/TYPE-MOON、アニプレックス/ノーツ/ディライトワークス)より抜粋】

 

 

 

深い会話でした。

 

マシュの好感度がまた上がった。

 

すでにMAXだと思いますが。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20191113032321j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191113032339j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191113032359j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191113032415j:plain

マーリン「さて小さな町とはいえ目的の粘土板を見つけるには少々広すぎる。幸い魔獣は入ってこないし、手分けして探すとしよう」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191113032431j:plain

引用元――Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(原作:奈須きのこ/TYPE-MOON、アニプレックス/ノーツ/ディライトワークス)より抜粋】

 

 

 

魔獣がいないので効率重視だ。

 

マシュさんは不満そうです。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20191113032530j:plain

マシュ「え、いえ それは。私は先輩のサーヴァントですので、離れるわけには」

立香「大丈夫だよマシュ。時間をかけすぎて夜になっちゃったら、それこそ大変だよ」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191113032545j:plain

立香「フォウ君もいるしね」

マーリン「あぁ。コイツはこう見えてピンチになったらやるヤツだ」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191113032605j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191113032624j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191113032642j:plain

立香「え? 人影!?」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191113032700j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191113032717j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191113032736j:plain

引用元――Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(原作:奈須きのこ/TYPE-MOON、アニプレックス/ノーツ/ディライトワークス)より抜粋】

 

 

 

これは明らかに。

 

イベントのフラグが立ちました。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20191113032823j:plain

ロマニ「あれ? 藤丸君の観測波が消えた!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191113032853j:plain

ダ・ヴィンチ「なんだって?」

ロマニ「生体反応が感知できない!」

ダ・ヴィンチ「どういうことだ?」

ロマニ「藤丸君、応答してくれ! 藤丸君!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191113032914j:plain

引用元――Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(原作:奈須きのこ/TYPE-MOON、アニプレックス/ノーツ/ディライトワークス)より抜粋】

 

 

 

データ的には、なんと死亡してしまいました。

 

これが町の人々が全滅した現象か。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20191113033305j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191113033321j:plain

立香「なんだここ!? クタの町じゃない! 夢でも視てるのか?」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191113033336j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191113033355j:plain

引用元――Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(原作:奈須きのこ/TYPE-MOON、アニプレックス/ノーツ/ディライトワークス)より抜粋】

 

 

 

なんでしょう、此処は?

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20191113033450j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191113033505j:plain

引用元――Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(原作:奈須きのこ/TYPE-MOON、アニプレックス/ノーツ/ディライトワークス)より抜粋】

 

 

 

後ろにゾンビっぽいのがいた。

 

ホラーな絵面です。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20191113033547j:plain

死人「なぜ生者が冥界にいる?」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191113033603j:plain

立香「冥界? ここが!?」

死人「我らは殺された」

死人「尊厳もなく祈りもなく、ただ打ち棄てられた」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191113033759j:plain

死人「笑いに来たのか?」

死人「奪いに来たのか?」

死人「逃げて来たのか?」

死人「どれも許されない」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191113033817j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191113033835j:plain

死人「温かな息など、温かな肉など不要!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191113033849j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191113033905j:plain

引用元――Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(原作:奈須きのこ/TYPE-MOON、アニプレックス/ノーツ/ディライトワークス)より抜粋】

 

 

 

レイシフトで再現されている存在だから、死なずに冥界に踏み入れられたという事だろうか。ギルガメッシュは半神だから別として。

 

魔獣が寄り付かないのも、町が冥界への入口になってしまったからです。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20191113034002j:plain

キャスパリーグ「フォォ~~~ウ!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191113034023j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191113034159j:plain

引用元――Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(原作:奈須きのこ/TYPE-MOON、アニプレックス/ノーツ/ディライトワークス)より抜粋】

 

 

 

フォウのファインプレーだ。

 

こうやって鳴くから、キャスパリーグ(本名)さんはフォウと呼ばれる様に。

 

ここで聞き覚えのある声音が。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20191113034248j:plainジウスドゥラ「待て。その者はまだ死してはいない。連れ去っては主人の怒りを買おう」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191113034308j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191113034327j:plain

ジウスドゥラ「七つの門を閉じ、駕籠槍の番に戻るがいい!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191113034347j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191113034402j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191113034418j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191113034438j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191113034456j:plain

引用元――Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(原作:奈須きのこ/TYPE-MOON、アニプレックス/ノーツ/ディライトワークス)より抜粋】

 

 

 

あの時の浮浪者だ。

 

助けてくれました。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20191113034542j:plain

ジウスドゥラ「彼らに非はない。無礼を働いたのはそちらだ。生きたまま死の国に訪れたのだからな」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191113034714j:plain

立香「え、えっと。すいません」

ジウスドゥラ「だが其方には恩が1つある。不肖の弟子とはいえ其方は信念を守った」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191113034731j:plain

ジウスドゥラ「ときに信仰は命と同義となる。即ち命を救うに値する」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191113034746j:plain

ジウスドゥラ「地上に戻り魔術師にこう伝えよ。”冥界は健在なり”と」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191113034804j:plain

立香「待って! 俺は藤丸立香! あなたは!?」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191113034823j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191113034840j:plain

ジウスドゥラ「私の名はジウスドゥラ」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191113034855j:plain

引用元――Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(原作:奈須きのこ/TYPE-MOON、アニプレックス/ノーツ/ディライトワークス)より抜粋】

 

 

 

勝手に弟子認定されていました。

 

だが、そのおかげで助かった。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20191113035003j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191113035021j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191113035038j:plain

ロマニ『藤丸君の生体反応回復! よかったー!』

立香「ドクター」 

f:id:ayafumi-rennzaki:20191113035059j:plain

ダ・ヴィンチ『目覚めはどうだい?』

立香「はい、良好です」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191113035115j:plain

マシュ「よかった。先輩が目を覚ましてくれて」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191113035135j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191113035153j:plain

立香「ごめんマシュ。心配かけて。もう大丈夫だから」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191113035212j:plain

マーリン「ところで君がずっと抱えてるそれ、天命の粘土板では?」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191113035229j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191113035256j:plain

立香「えぇぇえええええええ!?」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191113035315j:plain

引用元――Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(原作:奈須きのこ/TYPE-MOON、アニプレックス/ノーツ/ディライトワークス)より抜粋】

 

 

 

目的の粘土板、ゲットです!

 

ギルガメッシュは冥界に忘れていた。

 

お土産まで持たせてくれるとは、ジウスドゥラさん、良い方でしたね。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20191113035946j:plain

マーリン「冥界に行ってた?」

立香「うん。地上と冥界が繋がってる時代って、こういうことなんだね。実感したよ」

マシュ「お、落ち着きすぎです」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191113040003j:plain

立香「これはあの人が預けてくれたのかな?」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191113040021j:plain

マーリン「ジウスドゥラか、あるいはジウスドゥラの役割に近い何者かだ。酔狂で名乗る名ではないからね」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191113040036j:plain

ロマニ『大型の魔力反応が急速に接近!』

f:id:ayafumi-rennzaki:20191113040050j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191113040108j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191113040124j:plain

引用元――Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(原作:奈須きのこ/TYPE-MOON、アニプレックス/ノーツ/ディライトワークス)より抜粋】

 

 

 

和やかな空気が一変した。

 

敵襲ですね。

 

事前情報からすると、当然――

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20191113040210j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191113040322j:plain

イシュタル「見つけたわよ。牧場主に根掘り葉掘り聞いたそうね」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191113040558j:plain

イシュタル「女神のオフを調べようとか、デリカシーがないにも程があるんじゃない?」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191113040624j:plain

引用元――Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(原作:奈須きのこ/TYPE-MOON、アニプレックス/ノーツ/ディライトワークス)より抜粋】

 

 

 

やっぱりイシュタルさんでした。

 

彼女のテリトリーだからな。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20191113041105j:plain

マーリン「おや? 探られて痛い腹でもあると見える。宝石強盗がバレて恥ずかしくなったのかい?」

イシュタル「違うわよ! 第一私は金銭目的で人間を襲ったことなんて無いんだから!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191113041122j:plain

立香「え、でも宝石を」

イシュタル「魔獣から守った報酬を要求しただけ! タダで助けたら、あなた達すぐ堕落するじゃない!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191113041142j:plain

立香「えっ? ってことはタダでも助けてた?」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191113041532j:plain

イシュタル「あ、しまった」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191113041548j:plain

イシュタル「と、とにかくあなた達には天罰が必要よ!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191113041604j:plain

イシュタル「この私を2度もコケにした罪を償いなさい!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191113041625j:plain

立香「待ってくれ! あなたと戦うつもりは」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191113041644j:plain

イシュタル「問答無用! その手にあるお宝、慰謝料代わりに頂戴するわよ!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191113041702j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191113041717j:plain

立香「やっぱり強盗じゃないか!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191113041735j:plain

引用元――Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(原作:奈須きのこ/TYPE-MOON、アニプレックス/ノーツ/ディライトワークス)より抜粋】

 

 

 

このやり取り、まさしく凛さんです。

 

宝石を集めるというのは、遠坂凛の宝石魔術の影響だろうな。

 

なんにしろ抜け目ない性格ですね。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20191113041827j:plain

イシュタル「容赦なく素寒貧にしてあげる!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191113041842j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191113041858j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191113041915j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191113041929j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191113041947j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191113042004j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191113042019j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191113042037j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191113042053j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191113042109j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191113042125j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191113042145j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191113042213j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191113042233j:plain

引用元――Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(原作:奈須きのこ/TYPE-MOON、アニプレックス/ノーツ/ディライトワークス)より抜粋】

 

 

 

2戦目だけあり、立香さん達もそれなりに対応しております。

 

初戦は手も足も出なかった。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20191113042327j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191113042347j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191113042401j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191113042418j:plain

イシュタル「空も飛べない身で、この私を捕らえられると思わないことね!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191113042434j:plain

マーリン「ズルいぞー! 地面に降りて正々堂々と勝負しないか!」

イシュタル「自分の優位性を捨てるわけないじゃない」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191113042451j:plain

イシュタル「さぁ遊びはここまで」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191113042507j:plain

イシュタル「いよいよ本気を出して」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191113042521j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191113042543j:plain

イシュタル「出し、て」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191113042557j:plain

立香「動きが止まった?」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191113042617j:plain

引用元――Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(原作:奈須きのこ/TYPE-MOON、アニプレックス/ノーツ/ディライトワークス)より抜粋】

 

 

 

どうやら陽の光と関係ある模様。

 

つまり昼間とは違いパワーダウンしているという解釈で良いのかな?

 

しかも日陰に入ったら、フリーズしてしまいました。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20191113042659j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191113042715j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191113042730j:plain

立香「イシュタル!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191113042744j:plain

引用元――Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(原作:奈須きのこ/TYPE-MOON、アニプレックス/ノーツ/ディライトワークス)より抜粋】

 

 

 

意識が飛んでいた感じですね。

 

この辺りは依り代を要して顕現しているデメリットなんだろう。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20191113042916j:plain

立香「こい! 俺が相手だ!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191113042931j:plain

イシュタル「はぁ? アンタなんかがこの私と戦えると思ってるの?」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191113042948j:plain

立香「やってみなくちゃ分からないだろ!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191113043003j:plain

イシュタル「その無謀さは侮辱に値するわよ、おバカさん」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191113043018j:plain

イシュタル「いいわ。そんなに死にたいなら殺してあげる」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191113043040j:plain

イシュタル「冥界で身の程を思い知りなさい!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191113043057j:plain

立香「今だ、アナ!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191113043115j:plain

引用元――Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(原作:奈須きのこ/TYPE-MOON、アニプレックス/ノーツ/ディライトワークス)より抜粋】

 

 

 

中断からの影響か、状況判断が甘くなっていたな、イシュタルは。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20191113043455j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191113043514j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191113043529j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191113043552j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191113043612j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191113043628j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191113043646j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191113043703j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191113043722j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191113043737j:plain

アナ「あの時のお返しです」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191113043754j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191113043813j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191113043826j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191113043842j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191113044025j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191113044044j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191113044059j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191113044113j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191113044128j:plain

マーリン「空を飛ぶのも、いいことばかりじゃないな」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191113044147j:plainマシュ「女神イシュタル、完全に沈黙」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191113044204j:plain

引用元――Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(原作:奈須きのこ/TYPE-MOON、アニプレックス/ノーツ/ディライトワークス)より抜粋】

 

 

 

これはアナさんのキックで倒したというより。

 

日陰で意識がシャットダウンした感じだな。

 

どちらにせよ、リベンジ成功です。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20191113044256j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191113044309j:plain

イシュタル「あら、もう夜なのね。おはよう」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191113044322j:plain

イシュタル「って何よこれ!? 私ったら縛られてる!? ここはどこ!? あなた誰なの!?」

立香「えっと、藤丸立香。人類最後のマスター」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191113044336j:plain

イシュタル「はぁ!? 何よそれ! 何だか知らないけど、こんなことしてタダで済むと思って」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191113044349j:plain

アナ「抵抗は無駄です」

立香「教えて欲しいんだ。三女神同盟のこと」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191115171432j:plain

イシュタル「はぁ、そういうこと。いいわ。答えられる範囲で答えてあげる」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191115171522j:plain

立香「あなた達がウルクを襲う理由は?」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191115171554j:plain

イシュタル「私たちは競争してるのよ。誰がウルクを滅ぼしてギルガメッシュ王が持つ聖杯を手に入れるかってね」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191115171655j:plain

イシュタル「1番最初にウルクの聖杯を手に入れた女神がこの土地を所有物とする。これが理由よ。単純でしょ?」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191115171726j:plain

立香「他の2名の真名は?」

イシュタル「それは答えられないわ」

立香「どうして?」

イシュタル「私たち御柱はそれぞれ不可侵の戒律があります。たとえ殺されても言えないわ」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191115171752j:plain

立香「そうか。なら真名は諦めよう」

マシュ「マスター!?」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191115171825j:plain

立香「友達の秘密を勝手に漏らすようなものだものね」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191115171903j:plain

イシュタル「よい判断ね。高潔な人間は好きよ。だったらもう1つだけ教えてあげる」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191115171935j:plain

引用元――Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(原作:奈須きのこ/TYPE-MOON、アニプレックス/ノーツ/ディライトワークス)より抜粋】

 

 

 

ちなみに、イシュタルを縛っているロープは特別製だからな。

 

夜なのに「おはよう」と言いましたね。

 

凛の自我が目覚めているのか?

 

ですね。立香さんと初対面みたいな反応を見せましたし。

 

だとすれば、凛は自覚してイシュタルに協力しているという事になる。

 

三女神同盟の内容も分かりました。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20191115172103j:plain

イシュタル「私を召喚したのはウルクの巫女たち。でもあとの二柱は聖杯に呼び寄せられたの」

立香「魔術王の手によって?」

イシュタル「さぁ。私の知るところではないわ」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191115172130j:plain

イシュタル「それより夜も更けてきたわよ」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191115172155j:plain

イシュタル「周りを見た方がいいんじゃない?」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191115172225j:plain

マーリン「こりゃあクタ市のご先祖様が総出で里帰りってとこかな?」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191115172256j:plain

アナ「撤退すべきです。幸い目的の粘土板は回収しています」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191115172319j:plain

引用元――Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(原作:奈須きのこ/TYPE-MOON、アニプレックス/ノーツ/ディライトワークス)より抜粋】

 

 

 

元々からしてイシュタルとの再戦は想定外だったからな。

 

夜が危険なのも承知ですし。

 

アナの撤退を推す判断は的確だ。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20191115172421j:plain

マシュ「屋根伝いに町の外へ!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191115172445j:plain

立香「あなたも逃げてください」

イシュタル「えっ? 何のつもり?」

立香「あなたはウルクの人を守ってくれた。そんな人を置き去りにはできないよ」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191115172518j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191115172554j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191115172621j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191115172644j:plain

イシュタル「礼は言わないわよ」f:id:ayafumi-rennzaki:20191115172706j:plain

引用元――Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(原作:奈須きのこ/TYPE-MOON、アニプレックス/ノーツ/ディライトワークス)より抜粋】

 

 

 

おやおや、立香さんはまたしてもフラグを立ててしまった模様。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20191115172820j:plain

マシュ「数が多い」

アナ「私がもっと大人なら」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191115172844j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191115172907j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191115172932j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191115172956j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191115173022j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191115173053j:plain

引用元――Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(原作:奈須きのこ/TYPE-MOON、アニプレックス/ノーツ/ディライトワークス)より抜粋】

 

 

 

夜バージョンでも神だけあって強いな、イシュタルは。

 

活動できるんですね、完全に陽が落ちていても。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20191115173203j:plain

マーリン「女神の気まぐれに感謝だ!」

マシュ「先輩、今のうちに!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191115173226j:plain

立香「ありがとー!」

イシュタル「この私にお礼を言うなんて」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191115173251j:plain

イシュタル「藤丸立香。他の女神には勿体ない生贄かもね」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191115173322j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191115173340j:plain

引用元――Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(原作:奈須きのこ/TYPE-MOON、アニプレックス/ノーツ/ディライトワークス)より抜粋】

 

 

 

金髪になっています。

 

こっちがイシュタルベースで、昼間が凛ベースなのかも。

 

なんにせよ再現性が薄いとはいえ、1度はイシュタルさんに勝てました。そして、関係も良好になった感じです。

 

ここ2話は淡々とイベントをこなして前進している。

 

他の二柱も気掛かりです。

 

次回のアニメFGOも本当に目が離せない展開になるからな。

 

立香さんの活躍に刮目ですよ!

◆配信電子ストア◆

 

 

 

 

引用元――Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(原作:奈須きのこ/TYPE-MOON、アニプレックス/ノーツ/ディライトワークス)より抜粋】

f:id:ayafumi-rennzaki:20191115024816j:plain

※)引用したキャプチャ画像に関しては、著作権権利者様より異議申し立て・削除要請があれば、速やかに対処いたしますのでご承知置き願います。

  また、権利者様および各関係者様への敬意を忘れず、不利益にならない用法を心掛ける事を明記します。