アニメを斬る!

アニメ関連の話題をメインに、美少女DJ2名が会話形式でお送りする、仮想ラジオブログ!

アニメを斬る!

— 最 新 記 事 —
【初心者必見、動画つき】ダンベル何キロ持てる? 筋トレ講座(第10話)【スカルクラッシャー&インクラインベンチ】
【アニメ第6話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode6 天命の粘土板】
【初心者必見、動画つき】ダンベル何キロ持てる? 筋トレ講座(第9話)【ハンドグリップ&シーテッド・ローイング】
【アニメ第5話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode5 ギルガメッシュ紀行】
【アニメ第4話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode4 密林の呼び声】
【初心者必見、動画つき】ダンベル何キロ持てる? 筋トレ講座(第8話)【サイドベント&ランジ】
【アニメ第3話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode3 王と民】
【初心者必見、動画つき】ダンベル何キロ持てる? 筋トレ講座(第7話)【デッドリフト&サイドレイズ】
【アニメ第2話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode2 城塞都市ウルク】
【アニメ第1話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode1 絶対魔獣戦線バビロニア】
【初心者必見、動画つき】ダンベル何キロ持てる? 筋トレ講座(第6話)【アームレスリング&自重反動トレ】
【初心者必見、動画つき】ダンベル何キロ持てる? 筋トレ講座(第5話)【レッグカール&バイシクルクランチ】
【Episode13-2 神様も知らないヒカリで歴史を創ろう】戦姫絶唱シンフォギアXV 第13話(後【レビュー&感想】
【Episode13-1 神様も知らないヒカリで歴史を創ろう】戦姫絶唱シンフォギアXV 第13話(前【レビュー&感想】
※更新【個人的な面白さ】厳選お勧めアニメを紹介 ~ライトノベル原作編~【随時更新版】
【アニメ第0話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode 0 Initium Iter】
【初心者必見、動画つき】ダンベル何キロ持てる? 筋トレ講座(第4話)【チェストプレスマシン&ディップス】
※更新【2018年以降】厳選お勧めアニメを紹介 ~オリジナルアニメ編~【個人的な面白さ/随時更新版】
【Episode12 戦姫絶唱】戦姫絶唱シンフォギアXV 第12話【レビュー&感想】
【Episode11 ハジメニコトバアリキ】戦姫絶唱シンフォギアXV 第11話【レビュー&感想】
【Episode10 卑しき錆色に非ず】戦姫絶唱シンフォギアXV 第10話【レビュー&感想】
【初心者必見、動画つき】ダンベル何キロ持てる? 筋トレ講座(第3話)【ダンベルカール&フロントプレス】
【初心者必見、動画つき】ダンベル何キロ持てる? 筋トレ講座(第2話)【ラットプルダウン&プランク】
【Episode9 I am a father】戦姫絶唱シンフォギアXV 第9話【レビュー&感想】
【初心者必見、動画つき】ダンベル何キロ持てる? 筋トレ講座(第1話)【ベンチプレス&スクワット】
【Episode8 XV】戦姫絶唱シンフォギアXV 第8話【レビュー&感想】
【妖怪人間ベム】歴代アニメOPの比較と美少女化したJKなベラさん【令和版BEM】
【Episode7 もつれた糸を断ち切って】戦姫絶唱シンフォギアXV 第7話【レビュー&感想】
【Episode6 ゼノグラシア】戦姫絶唱シンフォギアXV 第6話【レビュー&感想】
【Episode5 かばんの隠し事】戦姫絶唱シンフォギアXV 第5話【レビュー&感想】
【響/翼/クリス】戦姫絶唱シンフォギアXV 変身バンク集【マリア/調/切歌】
【第1期~第4期】シンフォギアの歴代ラスボス&フィニッシュシーン GIFバージョン【無印/G/GX/AXZ】
【Episode4 花の名は、アマルガム】戦姫絶唱シンフォギアXV 第4話【レビュー&感想】
ヘッダー画像

【アニメ第5話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode5 ギルガメッシュ紀行】

 

日本最大規模を誇る作品数のアニメが見放題!

※)引用したキャプチャ画像に関しては、著作権権利者様より異議申し立て・削除要請があれば、速やかに対処いたしますのでご承知置き願います。 

  また、権利者様および各関係者様への敬意を忘れず、不利益にならない用法を心掛ける事を明記します。

 

――オンエア、START! 

 

 

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

リスナーの皆さま、DJの淡雪が思い出話を咲かせます。
第158回目の放送となる今回は『Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-』の第5話をレビューいたしましょう。初となった王命をクリアした立香さん達。しかしウルの町の人々は救えなかったという苦いオチでしたね。

           ※)メインDJ。14歳(中等部三年生)

 

お馴染み、助手の締里だ。トラなのにジャガーとはな。
敗北イベントだった前回のラスト、ギルガメッシュが立香たちの宿舎に単身で訪ねてきた。どうやらお忍びの様子だが、どういった訳か非常に気になるところだ。

           ※)DJ助手。15歳(高等部一年生)

 

シドゥリさんとの極秘デートの最中、立ち寄ったのかも。

 

それは無いだろ。

 

そんなバッサリと。

 

SN本編ではアルトリアに求愛していたからな。シドゥリに恋愛感情を抱いていた筈がない。加えて言えば史実『ギルガメシュ叙事詩』においてシドゥリは酒屋の女主人だ。

 

本当に締里さんは乙女らしくない思考回路です。ロマンを分かっていません。

 

乙女はともかくロマンを名乗るドクターが登場するアニメFGOに話を進めるからな。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20191106020056j:plain

立香「ギ、ギルガメッシュ王!?」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191106020108j:plain

ギル「声が大きいわ。シドゥリめが駆け込んできたらどうする?」

立香「す、すみません」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191106020122j:plain

マシュ「あの、今朝はその、どのようなご用件なのでしょうか? 王様自らここまでいらっしゃるなんて」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191106020141j:plain

立香「まさか何かあったんですか!?」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191106020158j:plain

ギル「なに、たまには趣向を変えようと思ってな」

立香「と、いいますと?」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191106020245j:plain

ギル「今回は俺自らが仕事を言い渡す。喜べ藤丸立香」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191106020308j:plain

引用元――Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(原作:奈須きのこ/TYPE-MOON、アニプレックス/ノーツ/ディライトワークス)より抜粋】

 

 

 

王命の第2弾でした。

 

呼びつければよかったのに、わざわざ王自らが足を運ぶとは。

 

気に入られています、立香さん。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20191106021232j:plain

立香「ギルガメッシュ王 直々の依頼が、”ペルシャ湾の水質調査”か」

マシュ「ペルシャ湾にある観測所に行って、そこで採取した海水を持ち帰る。荷物運びのお仕事です」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191106021248j:plain

立香「この街道は三女神の襲撃も受けてないっていうし、天気も良いし、なんだか穏やかだな」

マシュ「マーリンさんとアナさんはお留守番なんて、もったいないですね」

立香「あ、通行証が2人分なんだっけ?」

マシュ「はい。ですから久しぶりに先輩と2人の道行き」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191106021303j:plain

立香「うん。そのはずなんだけど」

マシュ「はい。そのはずでしたが」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191106021320j:plain

ギル「おぉ、ザグロス山脈に良い雲がかかっておるわ」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191106021338j:plain

引用元――Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(原作:奈須きのこ/TYPE-MOON、アニプレックス/ノーツ/ディライトワークス)より抜粋】

 

 

 

ギルガメッシュも帯同していた。

 

なるほど。この為に政務を抜け出したんですね。

 

どうやら運命(スタッフ)は、2人のラブコメ展開を徹底的に妨害する方針の様だ。

 

それから今回はマーリンさんとアナさんの出番はなさそうです。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20191106021508j:plain

ギル「ここで一句。”白峰の 雲海遙か 杉の山”。ふむ、特に上手くはなかったか」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191106021523j:plain

マシュ「何故か、ギルガメッシュ王も一緒です」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191106021537j:plain

引用元――Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(原作:奈須きのこ/TYPE-MOON、アニプレックス/ノーツ/ディライトワークス)より抜粋】

 

 

 

邪魔だな、という空気が2人から滲み出ている。

 

回想シーンに移りますよ。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20191106021622j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191106021639j:plain

ギル「このウルクでの移動手段はロバだ。ロバに荷車を引かせ、そこに水瓶を乗せるのだ」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191106021655j:plain

ギル「特別に俺が手配しておいたものだ。なんという手際の良さ。そして配慮か。俺にここまでさせるとは、ほとほと困ったヤツらよ」

マシュ「ありがとうございます」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191106021713j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191106021731j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191106021746j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191106021802j:plain

ギル「さぁ急ぐぞ。俺が同行するのだ。遅れは許されん」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191106021822j:plain

立香&マシュ「「同行!?」」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191106021838j:plain

引用元――Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(原作:奈須きのこ/TYPE-MOON、アニプレックス/ノーツ/ディライトワークス)より抜粋】

 

 

 

このウルクでの王の慕われぶりが明らかになる。特に、子供たち相手のやり取りは、賢王と呼ばれるに相応しい。

 

で、時系列は元に戻ります。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20191106021922j:plain

立香「あの、そろそろ同行しているわけを聞かせてもらいたいのですが」

ギル「ま、俺とて海を見たくなる時もある、ということだ」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191106022009j:plain

立香「海を?」

マシュ「つまりは休暇を取られるということでしょうか?」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191106022024j:plain

ギル「戯け。遊ぶ時間が無い故、こうして忍び旅をしているのではないか」

立香「め、滅茶苦茶ですね」

マシュ「では、シドゥリさんは今頃」

ギル「ふん、シドゥリの目を欺くことなど造作もない」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191106022243j:plain

引用元――Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(原作:奈須きのこ/TYPE-MOON、アニプレックス/ノーツ/ディライトワークス)より抜粋】

 

 

 

その頃、当のシドゥリは——

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20191106022339j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191106022358j:plain

シドゥリ「はぁ」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191106022413j:plain

引用元――Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(原作:奈須きのこ/TYPE-MOON、アニプレックス/ノーツ/ディライトワークス)より抜粋】

 

 

 

シドゥリさんが不憫でなりません。

 

普通にサボりだよな、これ。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20191106022457j:plain

ギル「とにかくだ。俺は職務に疲れたわけでも、刺激が欲しいわけでもないのだ。さぁ、いつも通り、おかしな話でもして俺を楽しませよ」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191106022514j:plain

立香「やっぱり刺激が欲しいのでは?」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191106022530j:plain

引用元――Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(原作:奈須きのこ/TYPE-MOON、アニプレックス/ノーツ/ディライトワークス)より抜粋】

 

 

 

王様は退屈の解消をご所望です。

 

これは悩む。さあ、2人は果たして何を披露すれば良いのか。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20191106022624j:plain

ロマニ「王様も随分とまぁ無茶振りを」

ダ・ヴィンチ「ロマニばっかりズルい! ダ・ヴィンチちゃんも聞きたいぃー!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191106022643j:plain

ロマニ「なんだい、そのテンション」

ダ・ヴィンチ「だって、おもしろ話を聞いた王様が、腹筋大崩壊するかもしれないんだろ?」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191106022700j:plain

ダ・ヴィンチ「これは是非、モニタリングしないと」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191106022714j:plain

引用元――Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(原作:奈須きのこ/TYPE-MOON、アニプレックス/ノーツ/ディライトワークス)より抜粋】

 

 

 

普通に悪趣味ですね、カルデアバックアップ夫婦のお二方。

 

冷静に考えると、どんなに立香とマシュが2人きりで良い雰囲気になっても、この2人に観測されているんだよな。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20191106022820j:plain

マシュ「それでは1番手、マシュ・キリエライトいかせていただきます」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191106022834j:plain

マシュ「やはりここは、旅の話がいいかと」

ギル「ほぅ」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191106022848j:plain

マシュ「その為には、まず私と先輩の出逢いから」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191106022906j:plain

マシュ「先輩は初めてお会いした時、【カルデア】の通路で寝ていまして」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191106022946j:plain

ギル「マシュめ、貴様 話を盛っておるな? 通路で眠るヤツがあるか」

立香「いやぁ~~」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191106023005j:plain

引用元――Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(原作:奈須きのこ/TYPE-MOON、アニプレックス/ノーツ/ディライトワークス)より抜粋】

 

 

 

詳しくはゲーム本編で。

 

もしくは大好評発売中である『Fast Order』のアニメでな。

 

2人の馴れ初めに王様は大笑い。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20191106023055j:plain

ダ・ヴィンチ「あははははっ! いいぞマシュ、話題のチョイスがいい!」

ロマニ「本人至って真面目だから、それが王様にツボってるのかな?」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191106023114j:plain

ロマニ「というか今の僕らってすごく出歯亀だよね。マシュ、藤丸君ごめーん」

ダ・ヴィンチ「君もなかなか真面目な男だよね」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191106023221j:plain

ダ・ヴィンチ「ま、ほどほどにね」

ロマニ「さっきコーヒーを溢したのは君じゃないか」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191106023237j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191106023253j:plain

引用元――Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(原作:奈須きのこ/TYPE-MOON、アニプレックス/ノーツ/ディライトワークス)より抜粋】

 

 

 

ロマニさん、今のマシュさんに色々と満足しているのでしょう。

 

幸せそうだもんな、マシュ。

 

で、惚気話がひと段落つきました。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20191106023342j:plain

ギル「――ふむ、実に退屈だった」

立香「お気に召しませんでしたか?」

ギル「どれもこれも貴様らばかり楽しそうな話題だったではないか」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191106023401j:plain

ギル「しかし、良い旅をしてきたのは分かった。土産話とは旅した本人が1番楽しいものだからな」

立香「あぁ、なるほど」

ギル「本人が楽しそうなのだ。それは良い旅だったのだろう」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191106023419j:plain

立香「ギルガメッシュ王には、ありますか?」

ギル「ん?」

立香「旅の思い出とか、土産話とか」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191106023450j:plain

ギル「全て覚えている」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191106023520j:plain

ギル「輝かしい英雄譚も、くだらぬ道行きも争いも」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191106023535j:plain

引用元――Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(原作:奈須きのこ/TYPE-MOON、アニプレックス/ノーツ/ディライトワークス)より抜粋】

 

 

 

その記憶こそが、かの『ギルガメッシュ叙事詩』というわけです。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20191106023641j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191106023657j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191106023715j:plain

引用元――Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(原作:奈須きのこ/TYPE-MOON、アニプレックス/ノーツ/ディライトワークス)より抜粋】

 

 

 

ペルシャ湾に到着だ。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20191106023803j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191106023821j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191106023835j:plain

ギル「此度持ち帰る水は、この観測所の研究員が集めたものだ」

マシュ「本格的に水質の調査をしているんですね。やはりこの時代、水は貴重だからですか?」

ギル「行くぞ」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191106023854j:plain

研究員「ギルガメッシュ王! 王自らいらっしゃるとは。政務はよろしいのですか?」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191106023912j:plain

マシュ「先輩と同じリアクションです」

立香「あはは」

ギル「なに、ちと用事があってな」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191106023933j:plain

引用元――Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(原作:奈須きのこ/TYPE-MOON、アニプレックス/ノーツ/ディライトワークス)より抜粋】

 

 

 

なかなか立派な研究所ですね。

 

紀元前なんだよな、これ。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20191106024021j:plain

立香「え。暇潰しじゃ」

ギル「貴様、俺のことを舐めているな? それか阿呆だと思っているだろう?」

立香「め、滅相もない!」

マシュ「先輩先輩、きっと王様は暇潰しに見せかけて、何か重要なお仕事をなされているのかと。凄いです」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191106024041j:plain

ギル「ははは。いいぞマシュ。畏敬をもって俺を称えよ」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191106024059j:plain

ギル「貴様らもこの娘を見習うがいい」

研究員「もちろんでございます。ですが、せめて一言連絡をいただけると、職員一同 心穏やかに励めるのですが」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191106024116j:plain

立香「確かに。当然来られると心臓がもたない」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191106024131j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191106024147j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191106024206j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191106024227j:plain

引用元――Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(原作:奈須きのこ/TYPE-MOON、アニプレックス/ノーツ/ディライトワークス)より抜粋】

 

 

 

マシュさん、意外にギルガメッシュさんの扱い方が上手いですね。

 

粘土板に記録がされているが、現代の情報量からすると、やはり大したデータとはいえないだろう。

 

一説では、平安時代の平民が得られる一生分の情報量は、現代人の1日分の情報量よりも少なかったかもしれないと。

 

現代人もスマホ(によるネット)の普及で、(一般人が)得られる情報量が劇的に上昇した。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20191106024314j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191106024330j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191106024346j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191106024402j:plain

引用元――Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(原作:奈須きのこ/TYPE-MOON、アニプレックス/ノーツ/ディライトワークス)より抜粋】

 

 

 

これで任務は果たしました。

 

ウルクに帰るまでが任務だぞ。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20191106024505j:plain

マシュ「フォウさーん! あまり遠くへ行ってはダメですよー!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191106024523j:plain

立香「ひと段落だね」

マシュ「先輩、ありがとうございます。あの、これは?」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191106024538j:plain

立香「研究員の人たちがお疲れ様ですって」

マシュ「そうですか」

立香「”王の思い付きに付き合うのは大変でしょう”だって」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191106024554j:plain

マシュ「あの、そのギルガメッシュ王はどこに」

立香「それがなんだか調べることがあるらしくて、観測所に残るってさ」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191106024612j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191106024641j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191106024658j:plain

引用元――Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(原作:奈須きのこ/TYPE-MOON、アニプレックス/ノーツ/ディライトワークス)より抜粋】

 

 

 

心が癒されるデートタイムですね。

 

ギルガメッシュには、やはり相応の理由があった様だ。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20191106024933j:plain

ロマニ『穏やかでいい日だね。いっそここで休日になれば、海で泳ぐこともできたのに、残念だ』

立香「ドクター」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191106024951j:plain

ロマニ「2人ともお疲れ様。肉眼で見るペルシャ湾はどうだい?」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191106025012j:plain

ロマニ「オケアノス。第3特異点で体験した海とは、随分違うだろう?」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191106025032j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191106025050j:plain

マシュ「はい。この先にインド洋が広がっているかと思うとドキドキします」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191106025110j:plain

ロマニ『じゃあ更にドキドキする話を。この第7特異点は今までの特異点より規模が大きいようだ』

マシュ「規模、ですか?」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191106025130j:plain

ロマニ『ペルシャ湾の先、インド洋まで観測結果が届いているんだ。メソポタミア世界にとって海は欠かせないファクターなんだろう。それ故にこうして形成されているんじゃないかな?』

立香「なんだかすごい途方もない話になってきた」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191106025147j:plain

マシュ「どれほど過去の世界だろうと、人間は海と向き合い、そして渡ってきたのですね」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191106025207j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191106025226j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191106025241j:plain

マシュ「私は——」

立香「マシュ?」

マシュ「先輩、私はちゃんと向き合えてるでしょうか? 向き合ってそして、自分の本当の望みを知ることができるんでしょうか?」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191106025302j:plain

引用元――Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(原作:奈須きのこ/TYPE-MOON、アニプレックス/ノーツ/ディライトワークス)より抜粋】

 

 

 

マシュさんの心の深淵です。

 

第0話からマシュも変化している。

 

今まで壮大な旅を経ましたから。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20191106025407j:plain

ドレイク「アンタはもう望みを持ってるよマシュ。人間、誰だって望みは持ってるんだ。望みがない人間は、生きていられないからね」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191106025658j:plain

マシュ「人間——でも、私は」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191106025716j:plain

ドレイク「悪人が善行を為し 善人が悪行を為すこともある。それが人間だ。それがアタシたちだ」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191106025731j:plain

マシュ「それが、人間?」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191106025749j:plain

ドレイク「きっと最後に分かるさ。アンタは何がしたいのか、アンタは何をする為に、最後までその盾を振るうのかってね」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191106025803j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191106025816j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191106025838j:plain

引用元――Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(原作:奈須きのこ/TYPE-MOON、アニプレックス/ノーツ/ディライトワークス)より抜粋】

 

 

 

ドレイク姐さんの言葉が心に刺さります。

 

思い出すな、第3特異点での壮大な冒険を。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20191106025927j:plain

立香「これまでの旅で、俺はマシュを1番近くで見てきたよ」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191106025940j:plain

立香「自分と向き合うって簡単そうで難しい。何をすべきか、何が望みなのか」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191109183109j:plain

立香「持っている答えを、俺は聞きたい」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191109183212j:plain

立香「きっとマシュは見つけられるはずだから」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191109183231j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191109183259j:plain

マシュ「はい」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191109183318j:plain

ロマニ「きっと、そうなるさ」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191109183337j:plain

引用元――Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(原作:奈須きのこ/TYPE-MOON、アニプレックス/ノーツ/ディライトワークス)より抜粋】

 

 

 

このまま時が止まってしまえば。

 

まあ、そうはいかないがな。

 

いい雰囲気でしたが、一転、フォウさんが危機を報せてくれました。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20191109183433j:plain

マシュ「ドクター! 9時の方角を! 何かが一直線に飛んできます!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191109183451j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191109183508j:plain

ロマニ「こちらも確認した! 神代のマナ濃度の中で、時速500km!?」

ダ・ヴィンチ「接触まで、3、2、1」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191109183528j:plain

ダ・ヴィンチ「マシュ、シールドを」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191109183625j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191109183643j:plain

引用元――Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(原作:奈須きのこ/TYPE-MOON、アニプレックス/ノーツ/ディライトワークス)より抜粋】

 

 

 

時速500キロか。

 

002さんより遅いですね。

 

そういう比較するなよ。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20191109183741j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191109183801j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191109183818j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191109183833j:plain

エルキドゥ「呆れた。随分と危機感が薄いんだね 君たちは。こんな人気のない所に護衛もなしでやって来るなんて」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191109183849j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191109183909j:plain

エルキドゥ「自分たちの強運に慣れてしまったのか、それとも舐めているのか」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191109183926j:plain

引用元――Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(原作:奈須きのこ/TYPE-MOON、アニプレックス/ノーツ/ディライトワークス)より抜粋】

 

 

 

エルキドゥ、再びの来襲だ。

 

マシュさんしか鯖がいません。

 

大ピンチだ。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20191109184050j:plain

立香「エルキドゥ、君はもう死んでいるはずだ」

マシュ「マスター、彼から魔術王の気配を感じます。目前の敵個体はエルキドゥではありません」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191109184107j:plain

エルキドゥ「君たちは正しい。僕はエルキドゥとしては偽物だ」

立香「じゃあ、君はいったい」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191109184130j:plain

エルキドゥ「ちょっと持ち主が替わっただけで、人間は本当にどうしようもない」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191109184150j:plain

立香「持ち主が、替わった?」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191109184217j:plain

エルキドゥ「でもそんなのは些末なことさ」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191109184236j:plain

引用元――Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(原作:奈須きのこ/TYPE-MOON、アニプレックス/ノーツ/ディライトワークス)より抜粋】

 

 

 

この微妙な言い回し。

 

やっぱりエルキドゥだよな、変貌してしまっているが。

 

魔獣の女神に再生(リサイクル)されたっぽいですね。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20191109184347j:plain

マシュ「マスター、きます!」

エルキドゥ「僕は壊れるまで人間の敵だ。何があろうとそこは変わらない」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191109184406j:plain

エルキドゥ「それを今 君たちの命で証明しよう」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191109184420j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191109184437j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191109184506j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191109184521j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191109184539j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191109184555j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191109184610j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191109184624j:plain

引用元――Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(原作:奈須きのこ/TYPE-MOON、アニプレックス/ノーツ/ディライトワークス)より抜粋】

 

 

 

マシュ単騎でどれだけ戦えるのか。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20191109184715j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191109184731j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191109184752j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191109184807j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191109184823j:plain

ロマニ「この戦い方はまさしく、英雄王ギルガメッシュの十八番だ!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191109184840j:plain

エルキドゥ「当たり前だろう? 無尽蔵に刃をつくり惜しみなく叩き付ける。それがこの体が行う、戦闘の最適解だ」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191109184856j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191109184915j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191109184933j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191109184948j:plain

引用元――Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(原作:奈須きのこ/TYPE-MOON、アニプレックス/ノーツ/ディライトワークス)より抜粋】

 

 

 

呆気なくノックダウンです。

 

もう戦えないっぽいぞ。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20191109185036j:plain

立香「マシュ!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191109185050j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191109185106j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191109185123j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191109185142j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191109185201j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191109185223j:plain

引用元――Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(原作:奈須きのこ/TYPE-MOON、アニプレックス/ノーツ/ディライトワークス)より抜粋】

 

 

 

身を挺して、がむしゃらにマシュさんを守りました。

 

なんという胆力、そして行動力。これそ真の主人公というやつだ。

 

全然、イキリ鯖太郎なんかじゃありませんよ、立香さんは。

 

イキってはいないし、太郎呼びも勘弁してくれ。頼むから。

 

ネットでは皆さん、立香さんを鯖太郎鯖太郎って、本当に。

 

もう、それいいから。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20191109185313j:plain

エルキドゥ「同じ戦い方をするのなら、むしろそいつの方が僕の真似をしているのさ!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191109185330j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191109185350j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191109185406j:plain

引用元――Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(原作:奈須きのこ/TYPE-MOON、アニプレックス/ノーツ/ディライトワークス)より抜粋】

 

 

 

絶体絶命です!

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20191109185450j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191109185505j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191109185521j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191109185536j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191109185552j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191109185614j:plain

ギル「ほぅ、それは異な事を。これは俺の記憶違いか?」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191109185632j:plain

引用元――Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(原作:奈須きのこ/TYPE-MOON、アニプレックス/ノーツ/ディライトワークス)より抜粋】

 

 

 

間一髪、ギルガメッシュさんが助けに来てくれました。

 

死別して以来の対面か。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20191109185719j:plain

ギル「あの時 我が脳裏に閃いた新戦法は、”無駄遣いの極み”と罵られたはずだがな」

エルキドゥ「違う。あれはお前、が」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191109185735j:plain

エルキドゥ「お前が、ギルガメッシュ!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191109185753j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191109185810j:plain

ギル「他の何に見えるか、マヌケ」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191109185827j:plain

引用元――Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(原作:奈須きのこ/TYPE-MOON、アニプレックス/ノーツ/ディライトワークス)より抜粋】

 

 

 

切ないな、ギルガメッシュの表情とエルキドゥをマヌケという声音が。

 

さあ、バトルが始まります。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20191109190105j:plain

ギル「冷静沈着な兵器としての無駄の無さはどうした?」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191109190121j:plain

ギル「戦闘を楽しむなぞ、貴様らしくないぞエルキドゥ」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191109190142j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191109190156j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191109190211j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191109190229j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191109190246j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191109190304j:plain

マシュ「あれは偽物! 本物のエルキドゥさんではありません!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191109190325j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191109190342j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191109190400j:plain

ギル「ほぅ、それにしてはよく出来ているではないか!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191109190513j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191109190527j:plain

引用元――Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(原作:奈須きのこ/TYPE-MOON、アニプレックス/ノーツ/ディライトワークス)より抜粋】

 

 

 

これぞ英雄王の戦い方。

 

本家本元の戦法ですね。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20191109190639j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191109190653j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191109190712j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191109190725j:plain

ギル「余程よい魔力を得たのだろう。三女神とやらの差し金か」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191109190739j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191109190753j:plain

エルキドゥ「黙れ!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191109190808j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191109190822j:plain

エルキドゥ「この地球上で、最強の創造物は僕だ!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191109190834j:plain

引用元――Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(原作:奈須きのこ/TYPE-MOON、アニプレックス/ノーツ/ディライトワークス)より抜粋】

 

 

 

白熱の戦闘シーンです。

 

よく動く。作画も良い。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20191110174900j:plain

エルキドゥ「お前のような半端なつくりものは、要らない!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191110174959j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191110175108j:plain

エルキドゥ「愚かなウルクの王、母さんの敵。お前は僕が必ず殺す!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191110175203j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191110175250j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191110175343j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191110175426j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191110175536j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191110175843j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191110180002j:plain

エルキドゥ「この世界は、お前の死と共に終わらせてやる!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191110180110j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191110180152j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191110180242j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191110180327j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191110180509j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191110180627j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191110180718j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191110180759j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191110180857j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191110180951j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191110181034j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191110181106j:plain

引用元――Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(原作:奈須きのこ/TYPE-MOON、アニプレックス/ノーツ/ディライトワークス)より抜粋】

 

 

 

ギルガメッシュが「半端なつくりもの」?

 

意味深な台詞が。

 

それに捕まったぞ。これはマズイ。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20191110181248j:plain

エルキドゥ「お前は何だ!?」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191110181342j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191110181425j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191110181505j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191110181601j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191110181633j:plain

立香「ギルガメッシュ王!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191110181705j:plain

引用元――Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(原作:奈須きのこ/TYPE-MOON、アニプレックス/ノーツ/ディライトワークス)より抜粋】

 

 

 

迎撃はもう間に合わない。

 

回避も無理ですよ、これ。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20191110181812j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191110181836j:plain

エルキドゥ「はっ!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191110181908j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191110181932j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191110181952j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191110182015j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191110182040j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191110182115j:plain

引用元――Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(原作:奈須きのこ/TYPE-MOON、アニプレックス/ノーツ/ディライトワークス)より抜粋】

 

 

 

外れたのではなく――

 

ええ。外しましたね、無意識に。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20191110182236j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191110182309j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191110182336j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191110182401j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191110182418j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191110182446j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191110182516j:plain

引用元――Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(原作:奈須きのこ/TYPE-MOON、アニプレックス/ノーツ/ディライトワークス)より抜粋】

 

 

 

心臓にトラブルが発生か?

 

心筋梗塞? 不整脈?

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20191110182641j:plain

ロマニ「ふぅ、助かった」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191110182712j:plain

ロマニ「エルキドゥ、ウルク北部方面に撤退したようだ。これ以上は追えない」

ダ・ヴィンチ「どうして撤退したのかまるで分からないけどね。ひとまず安心していいよ」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191110182741j:plain

マシュ「先輩、お怪我はありませんか?」

立香「大丈夫。マシュは?」

マシュ「ギルガメッシュ王のおかげです」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191110182815j:plain

ギル「そろそろ来るだろうとは思っていたが、見事な悪運だったな」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191110182911j:plain

マシュ「ありがとうございました」

ギル「馬鹿者。俺の手助けなどで戦力差は覆らぬ。今回助かったのは向こうの気まぐれよ。あ奴がその気なら貴様らと共に死んでいたわ」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191110182940j:plain

立香「あの、何か苦しそうだったのは?」

ギル「さあな。何かの故障か、心肺機能が停止していたようだ。そういうこともあるだろう。どちらにせよ過ぎたことだ。気にするな」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191110183022j:plain

立香「気にするなと言われても、どう見ても様子が」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191110183051j:plain

ギル「ウルクに帰るぞ。調べるべきものは調べ、見るべきものは見た。それに思い出したこともある」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191110183117j:plain

引用元――Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(原作:奈須きのこ/TYPE-MOON、アニプレックス/ノーツ/ディライトワークス)より抜粋】

 

 

 

さらっと心肺機能停止と言ったな。

 

ギルガメッシュさんは今のエルキドゥさんの正体を掴んでいそうです。

 

色々と悲しい背中だ。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20191110183229j:plain

エルキドゥ「僕の方が強い。あの王より、僕の方が強いはずなのに」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191110183303j:plain

エルキドゥ「なのに、どうして撤退なんかしているんだ、僕は」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191110183332j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191110183401j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191110183432j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191110183514j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191110183552j:plain

エルキドゥ「記憶が秩序立っていない。以前の記憶ばかり閲覧している」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191110183648j:plain

エルキドゥ「分からない。この胸の故障はなんだ?」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191110183730j:plain

引用元――Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(原作:奈須きのこ/TYPE-MOON、アニプレックス/ノーツ/ディライトワークス)より抜粋】

 

 

 

そういえば彼は人間という生命体ではなく、元々からして「造られた人形的な存在」でしたよね、エルキドゥさん。

 

型月世界でいう「人形」そのものっぽいな。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20191110183903j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191110183950j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191110184020j:plain

エルキドゥ「アイツは殺すべき相手だ。でも話を。いや会話をする余地はない。ただ殺す、殺す、殺さなくちゃ、殺さなくちゃ、殺さなくちゃ、母さんの為にも、殺さなくちゃ」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191110184054j:plain

エルキドゥ「そうだ。僕は、エルキドゥではないのだから」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191110184129j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191110184225j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191110184305j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191110184344j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191110184422j:plain

引用元――Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(原作:奈須きのこ/TYPE-MOON、アニプレックス/ノーツ/ディライトワークス)より抜粋】

 

 

 

エルキドゥさんは心が壊れつつあります。

 

最後は碇シンジっぽかったな。

 

同じ月夜を仰ぐギルガメッシュさんの心境は如何に。

 

一度は死別した親友同士、今度はどういった結末を迎えるのか。

 

第6話は牛若丸さん、アナさん、そしてイシュタルさんにスポットが当たりますから、彼女達のファンはお楽しみに。

 

お使い的な箸休め回と思ったら、凄い戦闘シーンで息を飲んだぞ。

 

次回のFGOも期待しましょう。

◆配信電子ストア◆

 

 

 

 

引用元――Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(原作:奈須きのこ/TYPE-MOON、アニプレックス/ノーツ/ディライトワークス)より抜粋】

f:id:ayafumi-rennzaki:20191109183139j:plain

※)引用したキャプチャ画像に関しては、著作権権利者様より異議申し立て・削除要請があれば、速やかに対処いたしますのでご承知置き願います。

  また、権利者様および各関係者様への敬意を忘れず、不利益にならない用法を心掛ける事を明記します。