アニメを斬る!

アニメ関連の話題をメインに、美少女DJ2名が会話形式でお送りする、仮想ラジオブログ!

アニメを斬る!

— 最 新 記 事 —
【初心者必見、動画つき】ダンベル何キロ持てる? 筋トレ講座(第10話)【スカルクラッシャー&インクラインベンチ】
【アニメ第6話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode6 天命の粘土板】
【初心者必見、動画つき】ダンベル何キロ持てる? 筋トレ講座(第9話)【ハンドグリップ&シーテッド・ローイング】
【アニメ第5話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode5 ギルガメッシュ紀行】
【アニメ第4話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode4 密林の呼び声】
【初心者必見、動画つき】ダンベル何キロ持てる? 筋トレ講座(第8話)【サイドベント&ランジ】
【アニメ第3話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode3 王と民】
【初心者必見、動画つき】ダンベル何キロ持てる? 筋トレ講座(第7話)【デッドリフト&サイドレイズ】
【アニメ第2話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode2 城塞都市ウルク】
【アニメ第1話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode1 絶対魔獣戦線バビロニア】
【初心者必見、動画つき】ダンベル何キロ持てる? 筋トレ講座(第6話)【アームレスリング&自重反動トレ】
【初心者必見、動画つき】ダンベル何キロ持てる? 筋トレ講座(第5話)【レッグカール&バイシクルクランチ】
【Episode13-2 神様も知らないヒカリで歴史を創ろう】戦姫絶唱シンフォギアXV 第13話(後【レビュー&感想】
【Episode13-1 神様も知らないヒカリで歴史を創ろう】戦姫絶唱シンフォギアXV 第13話(前【レビュー&感想】
※更新【個人的な面白さ】厳選お勧めアニメを紹介 ~ライトノベル原作編~【随時更新版】
【アニメ第0話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode 0 Initium Iter】
【初心者必見、動画つき】ダンベル何キロ持てる? 筋トレ講座(第4話)【チェストプレスマシン&ディップス】
※更新【2018年以降】厳選お勧めアニメを紹介 ~オリジナルアニメ編~【個人的な面白さ/随時更新版】
【Episode12 戦姫絶唱】戦姫絶唱シンフォギアXV 第12話【レビュー&感想】
【Episode11 ハジメニコトバアリキ】戦姫絶唱シンフォギアXV 第11話【レビュー&感想】
【Episode10 卑しき錆色に非ず】戦姫絶唱シンフォギアXV 第10話【レビュー&感想】
【初心者必見、動画つき】ダンベル何キロ持てる? 筋トレ講座(第3話)【ダンベルカール&フロントプレス】
【初心者必見、動画つき】ダンベル何キロ持てる? 筋トレ講座(第2話)【ラットプルダウン&プランク】
【Episode9 I am a father】戦姫絶唱シンフォギアXV 第9話【レビュー&感想】
【初心者必見、動画つき】ダンベル何キロ持てる? 筋トレ講座(第1話)【ベンチプレス&スクワット】
【Episode8 XV】戦姫絶唱シンフォギアXV 第8話【レビュー&感想】
【妖怪人間ベム】歴代アニメOPの比較と美少女化したJKなベラさん【令和版BEM】
【Episode7 もつれた糸を断ち切って】戦姫絶唱シンフォギアXV 第7話【レビュー&感想】
【Episode6 ゼノグラシア】戦姫絶唱シンフォギアXV 第6話【レビュー&感想】
【Episode5 かばんの隠し事】戦姫絶唱シンフォギアXV 第5話【レビュー&感想】
【響/翼/クリス】戦姫絶唱シンフォギアXV 変身バンク集【マリア/調/切歌】
【第1期~第4期】シンフォギアの歴代ラスボス&フィニッシュシーン GIFバージョン【無印/G/GX/AXZ】
【Episode4 花の名は、アマルガム】戦姫絶唱シンフォギアXV 第4話【レビュー&感想】
ヘッダー画像

【アニメ第3話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode3 王と民】

 

日本最大規模を誇る作品数のアニメが見放題!

※)引用したキャプチャ画像に関しては、著作権権利者様より異議申し立て・削除要請があれば、速やかに対処いたしますのでご承知置き願います。 

  また、権利者様および各関係者様への敬意を忘れず、不利益にならない用法を心掛ける事を明記します。

 

――オンエア、START! 

 

 

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

リスナーの皆さま、DJの淡雪が《王の財宝》を炸裂です。
第155回目の放送となる今回は『Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-』の第3話をレビューいたしましょう。やっと本来のスタート地点であったウルクに到着した立香さん一向。けれど予想外は続きます。

           ※)メインDJ。14歳(中等部三年生)

 

お馴染み、助手の締里だ。アニメFGOを応援だ。
第1話で壮大な自然、第2話でウルクの街並みと背景美術の素晴らしさに恍惚となりそうだ。予定ではウルクにレイシフトする筈だったが、徒歩でウルクに旅する羽目になった。けれど、そのお陰でマーリンを仲間にできた。

           ※)DJ助手。15歳(高等部一年生)

 

ええ。一見すると遠回りでしたが、総合的には近道だと思いますよ。

 

ギルガメッシュとのバトルもそうだろう。

 

無駄である筈がありません。

 

立香とマシュには意外な展開かもしれないが、それを乗り越えてこその試練だ。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20191024211807j:plain

立香「力を見せろってことなのか?」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191024211818j:plain

マーリン「アナ、すまないがまた手助けしてあげなさい」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191024211829j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191024211842j:plain

アナ「また余分な戦いをさせられます。マーリンは死んでください」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191024211854j:plain

引用元――Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(原作:奈須きのこ/TYPE-MOON、アニプレックス/ノーツ/ディライトワークス)より抜粋】

 

 

 

開幕バトル展開に、ワクワクが止まりません!

 

またマシュ&アナのコンビで戦うんだな。出し惜しみは無しか。

 

なんだかんだで律儀にマーリンさんの言い付けに従うアナさんは可愛いですね。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20191024212026j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191024212038j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191024212053j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191024212106j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191024212120j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191024212135j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191024212151j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191024212206j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191024212220j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191024212236j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191024212253j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191024212311j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191024212330j:plain

引用元――Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(原作:奈須きのこ/TYPE-MOON、アニプレックス/ノーツ/ディライトワークス)より抜粋】

 

 

 

ギルガメッシュは《王の財宝(ゲート・オブ・バビロン)》できた。

 

でも、クラスがアーチャーの時とは使い方が違います。

 

あの時代のサーヴァントとしてのギルガメッシュは、冒険中で王としての自覚に欠ける時期の英霊化だ。このギルガメッシュは冒険後の、いわば賢王モード。こちらの方が格上といえるだろう。

 

このギルガメッシュさんでしたら、SN本編で士郎さんに負けなかったでしょうね。

 

ただし、純粋な戦闘能力ではSNのギルガメッシュの方が上ではある。色々な意味で若かったというか未熟だから、士郎に敗北してしまうが。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20191024212447j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191024212506j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191024212521j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191024212535j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191024212548j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191024212603j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191024212615j:plain

立香「マシュ!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191024212630j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191024212645j:plain

引用元――Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(原作:奈須きのこ/TYPE-MOON、アニプレックス/ノーツ/ディライトワークス)より抜粋】

 

 

 

身のこなしが抜群なギルガメッシュさんでしたが、これはピンチかも。

 

良いコンビプレーだ。

 

立香さんもマスターとして適切にマシュさんをサポートです。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20191024212835j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191024212851j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191024212905j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191024212923j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191024212939j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191024212955j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191024213024j:plain

ギル「つまらん。出直して来るがいい」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191024213038j:plain

引用元――Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(原作:奈須きのこ/TYPE-MOON、アニプレックス/ノーツ/ディライトワークス)より抜粋】

 

 

 

通じませんでした。

 

あっさりとテスト終了だ。

 

不合格でしたね。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20191024213200j:plain

シドゥリ「王よ、あの者たちが話されていた異邦人なのですか?」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191024213218j:plain

ギル「マーリンが連れてきたのだ。そうなのだろうよ」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191024213234j:plain

立香「ギルガメッシュ王! 少しだけでもお話を!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191024213247j:plain

ギル「その必要は無い! 俺は全てを為し得るが故に全てを知り得ると心得よ。お前たち【カルデア】のことも既に心得ている」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191024213302j:plain

立香「だ、だったら尚のこと聞いてください! この時代の聖杯を回収しなければ、人理が崩壊します! 一刻も早く」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191024213315j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191024213332j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191024213346j:plain

ギル「どうした? 聖杯とやらを探している、という話だったが?」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191024213359j:plain

引用元――Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(原作:奈須きのこ/TYPE-MOON、アニプレックス/ノーツ/ディライトワークス)より抜粋】

 

 

 

全てを分かった(見通した)上での演出、だった。

 

いきなり目的の聖杯が目前に。

 

まさに予想外――かなりのビックリ展開だよな、これ。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20191024213458j:plain

マシュ「あれは聖杯! で、でもどうして」

ギル「当然だ。この世の財は全て俺の物。大方 三女神同盟とやらの目的も、この聖杯であろう。そうでなければウルクを攻める理由がない」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191024213516j:plain

立香「そ、その――」

ギル「間違っても”その聖杯を譲渡して欲しい”などとほざくなよ? 俺の宝を貴様たちにくれてやる道理はない」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191024213534j:plain

引用元――Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(原作:奈須きのこ/TYPE-MOON、アニプレックス/ノーツ/ディライトワークス)より抜粋】

 

 

 

当たり前ですが、そんなに簡単にゲットできる筈がありませんでした。

 

ある意味、目の前だが最も入手困難な場所にある。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20191024213639j:plain

立香「じゃあ、三女神同盟を倒すのと引き換えではどうですか!?」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191024213652j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191024213707j:plain

ギル、大爆笑

f:id:ayafumi-rennzaki:20191024213722j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191024213737j:plain

ギル「倒す? 貴様たちがあの女神どもを倒すだと!? シドゥリ、あの阿呆どもは俺を笑い殺す気だ! あっはっはっははは!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191024213752j:plain

ギル「はぁ~~。いや今のはなかなかだった。後で王宮史につけておこう、王腹筋大激痛と」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191024213810j:plain

ギル「だがな、ウルクは俺が守るべき物だ。お前ら【カルデア】の力を借りる必要はない」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191024213829j:plain

兵士「ご歓談中、失礼いたします! 王」

ギル「歓談などしておらぬわ! どこに目を付けているか!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191024213848j:plain

引用元――Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(原作:奈須きのこ/TYPE-MOON、アニプレックス/ノーツ/ディライトワークス)より抜粋】

 

 

 

立香さんの交渉(提案)にギルガメッシュさん、大受けでしたね。

 

そりゃ、ギルガメッシュ当人に歯が立たなかったのに、あんな提案してもな。

 

無謀ですよね。ギルガメッシュさんだってウルクで防衛線をキープするので精一杯ですから。

 

個別撃破が可能でも、女神を斃すのにはギルガメッシュと同等の力がないと。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20191024213947j:plain

兵士「いえ、王の笑い声がジグラット中に響いておりましたので」

ギル「戯け。箸が転がるだけで面白い年頃もあろう。いやそれはよい。何事か?」

兵士「はっ! ここウルクに接近中とのこと! 三女神同盟の一柱――女神イシュタルです!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191024214001j:plain

ギル「はぁ、またあの愚か者か。懲りない阿呆なのか?」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191024214017j:plain

イシュタル「なんですってぇ~~!?」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191024214039j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191024214056j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191024214114j:plain

兵士「あれはイシュタル様!」

兵士「総員退避!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191024214132j:plain

マシュ「え? 先輩、あの女性は」

立香「あの時の! 三女神だったのか」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191024214148j:plain

引用元――Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(原作:奈須きのこ/TYPE-MOON、アニプレックス/ノーツ/ディライトワークス)より抜粋】

 

 

 

イシュタルさんが再登場しました。

 

やはり三女神だったか。

 

いきなり打倒してのアピールチャンスです。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20191024214250j:plain

イシュタル「退いてなさい。用があるのはそこの金ピカだけだから」

ギル「ほう、珍しいこともあるものだ。女神イシュタルともあろう者が、他人の心配をするとはな」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191024214307j:plain

イシュタル「は、はぁ!? べ、別に気遣ってなんかいないわよ! 気遣ってるのはウルクの方で」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191024214325j:plain

イシュタル「って、私の物じゃなくなったんだから、ウルクなんて別に気遣ってなんかいないんだけどね!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191024214345j:plain

イシュタル「あ」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191024214404j:plain

イシュタル「なんだろう、今の自分の発言でイラッときた!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191024214420j:plain

イシュタル「もうどうでもいいわ! 何もかも木っ端微塵にしてあげる!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191024214435j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191024214454j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191024214508j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191024214522j:plain

引用元――Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(原作:奈須きのこ/TYPE-MOON、アニプレックス/ノーツ/ディライトワークス)より抜粋】

 

 

 

言動がまんま遠坂凛なのだが。

 

滅茶苦茶ですね、結論が。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20191024214644j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191024214700j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191024214718j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191024214734j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191024214752j:plain

引用元――Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(原作:奈須きのこ/TYPE-MOON、アニプレックス/ノーツ/ディライトワークス)より抜粋】

 

 

 

ギルガメッシュ戦に続いて、イシュタル戦だ。連戦になった。

 

正直、現時点でマシュさんが勝てるイメージ皆無ですよね。

 

使用可能な鯖もマシュと契約外のアナだけだしな。

 

TVアニメでも課金できて、もっと多くの鯖が使えれば。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20191024214909j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191024215354j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191024215413j:plain

引用元――Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(原作:奈須きのこ/TYPE-MOON、アニプレックス/ノーツ/ディライトワークス)より抜粋】

 

 

 

スピードあるな、アナは。

 

エルキドゥさんとの一戦では気が付きませんでしたが、何気に鎖のみならず鎌使いなんですね、アナさん。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20191024215511j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191024215528j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191024215544j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191024215609j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191024215626j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191024215643j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191024215701j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191024215717j:plain

イシュタル「まだまだ」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191024215737j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191024215755j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191024215810j:plain

ギル「させぬわ」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191024215833j:plain

引用元――Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(原作:奈須きのこ/TYPE-MOON、アニプレックス/ノーツ/ディライトワークス)より抜粋】

 

 

 

おや、意外な方が救いの手を。

 

アナはこれで戦闘不能だ。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20191024215936j:plain

イシュタル「こんのぉ~~」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191024215955j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191024220010j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191024220027j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191024220042j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191024220100j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191024220114j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191024220131j:plain

イシュタル「力任せだけだと思った? おバカさん」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191024220148j:plain

引用元――Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(原作:奈須きのこ/TYPE-MOON、アニプレックス/ノーツ/ディライトワークス)より抜粋】

 

 

 

マシュさんも簡単に捻られました。

 

ギルガメッシュ以上に相手になってない。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20191024220247j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191024220305j:plain

立香「話を聞いてくれ!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191024220325j:plain

イシュタル「自分から前に出てくるなんて、マスター失格ね」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191024220340j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191024220357j:plain

イシュタル「え?」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191024220412j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191024220428j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191024220442j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191024220459j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191024220514j:plain

引用元――Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(原作:奈須きのこ/TYPE-MOON、アニプレックス/ノーツ/ディライトワークス)より抜粋】

 

 

 

立香さん、マスターとしては失格でも男らしくて素敵でした。

 

イキリ鯖太郎とか一部で呼ばれているが、欠片もイキってないよな。

 

それはそうと、イシュタルさんはアナさん(の正体)に思い当たりがありそうですね。

 

アナを知っているっぽい。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20191024220624j:plain

イシュタル「そういうこと。因果の話になってきたわね」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191024220642j:plain

イシュタル「気が変わったわ」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191024220700j:plain

ギル「なんと! 尻尾を巻いて逃げるのか?」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191024220717j:plain

引用元――Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(原作:奈須きのこ/TYPE-MOON、アニプレックス/ノーツ/ディライトワークス)より抜粋】

 

 

 

アナさんとは何者なのでしょう?

 

ぶっちゃけ、ググれば1発で判ってしまうが。

 

それなしで推察してみます。

 

だとすると2パターンだな。

 

ええ。1つ目は女神関連——他の二柱から分離した存在という、いわば黄金パターンといえるでしょう。一度は敵として寝返ってしまうとか。

 

2つ目は憑代である遠坂凛に関係しているサーヴァントという線だ。

 

因果と言いましたし、第1話の台詞からもこの線が有力でしょうね。

 

メタ的に突っ込んでしまえば、スタッフがCVを隠さない時点で。

 

裏切り展開とかは無さそうなので、安心して観ていられると思います。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20191024220828j:plain

イシュタル「私はいつもの散歩で立ち寄っただけ。じゃあね、裸のウルク王」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191024220854j:plain

イシュタル「それとシドゥリ。ギルガメッシュが死んだら、ウルクを助けてあげないこともないから、白旗を用意しておきなさい」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191024220925j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191024220940j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191024220956j:plain

シドゥリ「白旗? 何の事でしょうか」

ギル「はた迷惑な女よ。まぁよい。シドゥリ仕事の続きだ」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191024221012j:plain

マシュ「イシュタルさんが現れたことで、王様に何か変化があるのではと期待しましたが」

マーリン「うーん仕方ない。とりあえず今夜の宿を探しに行こう」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191024221028j:plain

引用元――Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(原作:奈須きのこ/TYPE-MOON、アニプレックス/ノーツ/ディライトワークス)より抜粋】

 

 

 

かき乱すだけかき乱して、イシュタルさんは帰ってしまいました。

 

もうこれは日常の一部なのか、ギルガメッシュも気にも留めていない。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20191024221122j:plain

マーリン「王様は気分屋だから明日になれば話を聞いてくれるかもだよ」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191024221136j:plain

ギル「戯け。ウルクは未曾有の危機にある。貴様ら【カルデア】の遠足に付き合っている時間はない」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191024221148j:plain

ギル「ただ、どぉ~~しても、俺の役に立ちたいというのであれば」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191024221208j:plain

引用元――Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(原作:奈須きのこ/TYPE-MOON、アニプレックス/ノーツ/ディライトワークス)より抜粋】

 

 

 

ツンデレっぷりが微笑ましいです、ギルガメッシュさん。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20191024221312j:plain

立香「下働きって」

シドゥリ「ご安心ください。当面の生活は保障いたします」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191024221326j:plain

立香「えっと、先ほど王様の補佐をされていた方ですよね?」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191024221344j:plain

シドゥリ「申し遅れました。私はシドゥリ。祭祀場を取り纏めている者です」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191024221358j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191026181439j:plain

シドゥリ「私からの提案なのですが、王に話を聞いてもらいたければ、功績を挙げることが何よりの近道かと」

マシュ「功績。魔獣戦線における戦闘でしょうか?」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191026181502j:plain

シドゥリ「それよりも、このウルク市内で様々な仕事をしてみるのはいかがでしょう? 仕事の斡旋は私が手配いたします」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191026181633j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191026181651j:plain

シドゥリ「王が面倒を見ろと仰るからには、できる限りさせていただきます。あの方がそこまで言われるのは、滅多にないことなんですよ」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191026181710j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191026181732j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191026181749j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191026181806j:plain

立香「ここが、俺達の拠点」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191026181823j:plain

引用元――Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(原作:奈須きのこ/TYPE-MOON、アニプレックス/ノーツ/ディライトワークス)より抜粋】

 

 

 

家まで提供とは。

 

至れり尽くせりです。

  

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20191026181954j:plain

シドゥリ「皆さんに提供する宿舎となります。古いですが広さは十分なものかと」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191026182013j:plain

立香「ありがとうございます、シドゥリさん」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191026182035j:plain

マシュ「カルデア大使館ですね、マスター。早くも一国一城の主です」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191026182051j:plain

マーリン「私もジグラットに部屋を貰っているけど、こちらの方が面白そうだ」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191026182109j:plain

マーリン「アナも見てきたら?」

アナ「いえ。私は別に」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191026182124j:plain

マーリン「アナ、来てごらん!」

アナ「監視が必要なようですね」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191026182143j:plain

マシュ「入口にカーテンとか付けたいですね」

立香「それじゃあ、準備をしようか」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191026182201j:plain

引用元――Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(原作:奈須きのこ/TYPE-MOON、アニプレックス/ノーツ/ディライトワークス)より抜粋】

 

 

 

4人で暮らす事に。

 

アナさんって行く当てなさそうですしね。

 

それも見越し、マーリンが契約という口約束で面倒をみる算段だ。

 

アナさんもマーリンさんを信頼しています。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20191026182331j:plain

マシュ「ラウンドテーブル、展開します」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191026182405j:plain

マシュ「レイライン、座標アンカー」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191026182423j:plain

ロマニ『えっと、ちゃんと映ってる? 藤丸くん』

f:id:ayafumi-rennzaki:20191026182438j:plain

立香「はい。ドクターの鼻の穴までくっきり見えてますよ」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191026182455j:plain

ロマニ「いやいや、どこを見てるんだ」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191026182514j:plain

ロマニ「でもよかった。ウルクは存在証明がしやすいから、こうやってお互いの顔を見て、話すこともできる」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191026182537j:plain

引用元――Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(原作:奈須きのこ/TYPE-MOON、アニプレックス/ノーツ/ディライトワークス)より抜粋】

 

 

 

ここで中間報告です。

 

FGOプレーヤーにとっては嬉しい映像化だ。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20191026182634j:plain

ダ・ヴィンチ「しかしまさか女神同盟とはねぇ。生きている神々と出会うことはないと思っていたけど」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191026182650j:plain

ダ・ヴィンチ「女神イシュタルは限りなく本体に近い霊気を持っているようだ。神の権能は魔術を上回る神秘。全知全能の発現と言っていい」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191026182705j:plain

ロマニ「まだその時代の敵が何であるのかは判明してないが、女神が敵勢力であることは確かだろう」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191026182728j:plain

ロマニ『それで、今後の行動についてだけど』

f:id:ayafumi-rennzaki:20191026182746j:plain

牛若丸「おや、なかなか面白い術式ですね」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191026182811j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191026182831j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191026182850j:plain

引用元――Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(原作:奈須きのこ/TYPE-MOON、アニプレックス/ノーツ/ディライトワークス)より抜粋】

 

 

 

出ました! お三方。

 

レオニダスは第2話でチラッと映っていたが、牛若丸&武蔵坊弁慶のコンビだ。

 

そして宴席へとなだれ込みます。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20191026182951j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191026183007j:plain

マーリン「プハァー! この1杯のために生きてるねぇ!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191026183026j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191026183047j:plain

引用元――Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(原作:奈須きのこ/TYPE-MOON、アニプレックス/ノーツ/ディライトワークス)より抜粋】

 

 

 

この3名はギルガメッシュに召喚された。

 

古代メソポタミアに日本武将はシュールです。

 

これこそFateって感じだけどな。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20191026183155j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191026183214j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191026183241j:plain

立香「マーリンも王様から呼ばれたの?」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191026183259j:plain

マーリン「ああ。以前”強い召喚者に呼ばれた”と言っただろ?」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191026183338j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191026183358j:plain

牛若丸「袖すり合うも多生の縁というもの。藤丸殿、どうぞもう一献」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191026183417j:plain

牛若丸「遠き世界からこの災厄の土地に訪れた、人類最後のマスター藤丸!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191026183437j:plain

牛若丸「私たちは、私たちに許される範囲で、あなたの力になりましょう!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191026183456j:plain

引用元――Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(原作:奈須きのこ/TYPE-MOON、アニプレックス/ノーツ/ディライトワークス)より抜粋】

 

 

 

日本武将というよりも、色彩も相成ってインディアン(ネイティブ・アメリカン)みたいな衣装ですね、牛若丸さん。

 

鎧という程、装甲がないもんな。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20191026183553j:plain

弁慶「牛若丸様、これ以上の飲酒はお控えなさった方がよろしいかと」

牛若丸「え、なんだと弁慶」

弁慶「先日酔った挙げ句のウルク町での失態。お忘れではありますまい」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191026183621j:plain

マーリン「レオニダスもどうだい? この国の麦酒は本当に美味い。少しくらいならいいんじゃないか?」

レオニダス「いえいえ。私は栄養だけで十分です。酒を味わうのは魔獣たちを全滅させた後のみでしょう」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191026183643j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191026183702j:plain

引用元――Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(原作:奈須きのこ/TYPE-MOON、アニプレックス/ノーツ/ディライトワークス)より抜粋】

 

 

 

テーブルの上が寂しかったが、ちゃんと料理も運ばれてきた。

 

紀元前の料理(の再現)ですから、私も興味あります。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20191026183813j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191026183834j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191026183853j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191026183911j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191026183934j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191026184040j:plain

シドゥリ「いかがでしょう? ウルクの料理はお口に合いますか?」

立香&マシュ「うんうん」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191026184100j:plain

シドゥリ「それはよかった。ウルクにおいては麦酒と羊が生きる糧です。それに加えて人々の笑顔があれば満ち足りる。ここはそういう国なのです」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191026184127j:plain

引用元――Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(原作:奈須きのこ/TYPE-MOON、アニプレックス/ノーツ/ディライトワークス)より抜粋】

 

 

 

冷蔵庫も冷凍庫もない時代だから、食材の鮮度が命だろう。

 

雪山から氷の調達手段がなければ、基本的に食材はその日の内に使い切りでしょうね。

 

それにしても美味しそうだ。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20191026184221j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191026184237j:plain

立香「アナ、そっちのミルクはどう?」

アナ「美味しい。あっ! 甘いのは苦手です」

シドゥリ「今日はバターケーキも用意しているんですよ」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191026184252j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191026184312j:plain

アナ「これは」

シドゥリ「菓子としては最上級の物です。どうぞ満足いくまでお召し上がりください」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191026184334j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191026184456j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191026184527j:plain

引用元――Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(原作:奈須きのこ/TYPE-MOON、アニプレックス/ノーツ/ディライトワークス)より抜粋】

 

 

 

甘い者が苦手と主張するアナさんに、甘いバターケーキとは。

 

優しい空間だよな、とても。

 

ふふふっ。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20191026184638j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191026184658j:plain

アナ「あの、これは1切れ取っておいても構いませんか?」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191026184721j:plain

シドゥリ「はい。ですが明日の昼までには食べてください。痛んでしまいますからね」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191026184737j:plain

レオニダス「戦士はすぐ疲れるのです! 2時間ほど達成したのなら、15分の小睡眠を取らなければ」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191026184806j:plain

シドゥリ「誰ですか!? レオニダス将軍に麦酒を注いだのは!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191026184827j:plain

牛若丸「さぁ? でも良い薬ですよ。この御仁も自分で言うほど休みを取っていませんから」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191026184849j:plain

引用元――Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(原作:奈須きのこ/TYPE-MOON、アニプレックス/ノーツ/ディライトワークス)より抜粋】

 

 

 

レオニダスは酒を飲まないのではなく、飲めなかったのか。

 

自粛していた様ですが、割合あっさりとベロンベロンになってしまいました。

 

そして宴は終わる。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20191026185115j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191026185135j:plain

立香「では、エルキドゥは伝説通り、既に死んでいると?」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191026185154j:plain

シドゥリ「はい。王に看取られ、その遺体は冥界に埋葬されました」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191026185213j:plain

シドゥリ「あれほど美しく、また悲しい者もいなかった。神々につくられた人形とはいえども、心を獲得した後に、その心ごと砕かれてしまったのです」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191026185230j:plain

マシュ「心を得たのに、心ごと砕かれた」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191026185246j:plain

立香「ギルガメッシュ王は知ってるんですか? 失った友人の偽物が、敵に回っていることを」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191026185308j:plain

マーリン「あぁ知っているとも。直接出会ったことは、まだないけどね」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191026185323j:plain

マーリン「しかし、その反応は実に淡泊なものだった」

シドゥリ「そうですね。我々に気を遣っているという風でもありませんでした」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191026185408j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191026185425j:plain

マーリン「”あの少年が何者なのか” それは必ず突き止めよう。でもそれは明日からの話だ。今夜はゆっくり身体を休めなさい。ほら、アナも眠ってしまっているしね」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191026185450j:plain

アナ「マーリンは角部屋を独り占めしてズルい。やはり殺しましょう」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191026185510j:plain

引用元――Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(原作:奈須きのこ/TYPE-MOON、アニプレックス/ノーツ/ディライトワークス)より抜粋】

 

 

 

ギルガメッシュ王の心中は如何に。

 

直接は会っていなくても、千里眼で見えてしまっている。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20191026185618j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191026185705j:plain

シドゥリ「おはようございます。では、早速皆さんに、最初の依頼は――」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191026185726j:plain

引用元――Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(原作:奈須きのこ/TYPE-MOON、アニプレックス/ノーツ/ディライトワークス)より抜粋】

 

 

 

派遣労働者のしての日々が始まった。

 

この世界を識る為にギルガメッシュ王が課したインターンですね。

 

マーリンが全く働いていない。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20191026185828j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191026185850j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191026185909j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191026185927j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191026185949j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191026190008j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191026190025j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191026190048j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191026190306j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191026190327j:plain

引用元――Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(原作:奈須きのこ/TYPE-MOON、アニプレックス/ノーツ/ディライトワークス)より抜粋】

 

 

 

充実した日々が流れていきます。

 

そんなにのんびりとして良いのか、とも危惧してしまうが。

 

ただ今は焦っても仕方がありませんから。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20191026191925j:plain

立香「もう限界」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191026192018j:plain

アナ「兵士のための訓練で百人組手とは。レオニダスさんも無茶を言います」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191026192051j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191026192122j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191026192148j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191026192211j:plain

引用元――Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(原作:奈須きのこ/TYPE-MOON、アニプレックス/ノーツ/ディライトワークス)より抜粋】

 

 

 

レオニダスからのクエストか。

 

流石に一般人相手には無敵の強さですね。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20191026192310j:plain

アナ「それにしても、どうしてそんなに辛そうなんですか?」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191026192423j:plain

立香「そうか、アナはマスターがいないんだったね」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191026192447j:plain

立香「サーヴァントと契約したマスターは、その消費魔力の何割かを負担するんだ」

アナ「そうだったんですね。私はずっと杉の森にいたので知りませんでした」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191026192513j:plain

立香「サーヴァントとしての知識はないの?」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191026192604j:plain

アナ「はい。気が付いたら森にこの体でいたのです。ただやるべきことはハッキリしていました」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191026192631j:plain

アナ「あの魔獣たちを殺すことです。だから魔獣たちを殺しながら、その魂で霊気を維持していたのですが」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191026192659j:plain

立香「それって、自分と契約すれば」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191026192716j:plain

アナ「結構です。人間たちがどうなろうと、私には関わりの無いことですから」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191026192743j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191026192801j:plain

引用元――Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(原作:奈須きのこ/TYPE-MOON、アニプレックス/ノーツ/ディライトワークス)より抜粋】

 

 

 

アナさんの秘密が少しずつ明かされていきます。

 

この時代に来た時に、記憶を失っていた。

 

マーリンさんは全てを分かっていた上で、アナさんに手を差し伸べたのです。

 

だが、このままだと魔力の補充源が不足すると現界できなくなるかも。

 

はぐれサーヴァント、やはり謎が多いですね。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20191026192904j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191026192928j:plain

マーリン「おはよう2人とも。ウルクでの生活にも随分馴染んできたかな?」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191026192952j:plain

立香「早く認めてもらいたいのは山々なんだけど、実際ちょっと楽しいかも」

マーリン「それは結構」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191026193016j:plain

マーリン「などと言っておきながら、残念な知らせがあってね。シドゥリ殿からの伝言だ。”本日依頼はありません。休日としてウルクをお楽しみください”とのことだ」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191026193037j:plain

マーリン「では私はこれで。あぁ、良い機会なんだから、マシュをデートに誘ったらどうだい?」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191026193100j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191026193125j:plain

マシュ「こ、この服にも馴染んできました。ど、どうでしょうか?」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191026193140j:plain

立香「う、うん」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191026193239j:plain

引用元――Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(原作:奈須きのこ/TYPE-MOON、アニプレックス/ノーツ/ディライトワークス)より抜粋】

 

 

 

これは待望のラブコメ展開ですか?

 

と、思ったのだが。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20191026193634j:plain

アナ「すいません」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191026193654j:plain

アナ「お2人は今日手が空いているのですね。それでしたら私が仕事を依頼します。こちらが今まで貯金した銀です。これで私に付いてきていただけないでしょうか?」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191026193713j:plain

立香「任せて、アナ」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191026193737j:plain

マシュ「お代も結構です。丁度やりがいのある仕事を探していたのです」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191026193758j:plain

アナ「それでは、現場にご案内します。戦闘になりますので、よろしくお願いします」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191026193816j:plain

引用元――Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(原作:奈須きのこ/TYPE-MOON、アニプレックス/ノーツ/ディライトワークス)より抜粋】

 

 

 

これも一種のデートでしょう。

 

アナという娘の面倒をみる夫婦みたいだ。

 

言い得て妙です、締里さん。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20191026193904j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191026193925j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191026193939j:plain

アナ「お疲れ様でした。悪霊は祓えたと思います。感謝です」

立香「ウルクの地下にこんな空洞があったなんて」

マシュ「今の亡霊も驚きです。アナさんはあれが何なのかご存知なのですか?」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191026193955j:plain

アナ「あれは死神のようなもの」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191026194013j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191026194030j:plain

引用元――Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(原作:奈須きのこ/TYPE-MOON、アニプレックス/ノーツ/ディライトワークス)より抜粋】

 

 

 

戦闘シーンは割愛でした。

 

人知れずボランティアとは。

 

これで霊力(魔力)の補充ができればいいのですけれど。 

 

魔獣相手じゃないから微妙かも。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20191026194129j:plain

アナ「このウルクでは死の病が蔓延しています」

立香「死の病?」

アナ「えぇ。体力が落ちた者から永遠の眠りに落ちるのです。あの霊たちはそれと関係があるのでしょう」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191026194149j:plain

立香「あの霊を追い払えば、衰弱死する人も減るってことか」

アナ「はい。神代において肉体の死と精神の死は別のものです」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191026194248j:plain

マシュ「肉体が無事であっても、魂が死神に連れ去られてしまえば死亡する、ということですか」

アナ「それと魂を連れ去られた状態は死ではありません。眠りです。肉体さえ無事であれば、魂を取り戻すことで眠りから目覚めます」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191026194311j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191026194330j:plain

立香「アナはどうして亡霊たちに気が付いたの?」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191026194350j:plainアナ「それは、あの花屋の上に特に集まっていたもので」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191026194407j:plain

マシュ「アナさんは優しいですね」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191026194427j:plain

アナ「違います、私は——」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191026194445j:plain

立香「ん?」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191026194504j:plain

アナ「いえ。えっと、あなたこそどうして、この時代の人たちと必要以上に触れ合おうとするのか、少し疑問に思いまして」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191026194525j:plain

立香「この世界に来てから、ご飯を食べる時や仕事をした時、ふと思ったんだ」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191026194543j:plain

立香「あぁ俺達と同じで変わらない、この世界で生きている人がいるんだなって」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191026194600j:plain

立香「だったら、やっぱり頑張らないとなって思えて」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191026194618j:plain

立香「って、答になってないかな?」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191026194639j:plain

アナ「私は、人間が嫌いです」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191026194652j:plain

アナ「でも、そういう考えは、嫌いではありません」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191026194705j:plain

引用元――Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(原作:奈須きのこ/TYPE-MOON、アニプレックス/ノーツ/ディライトワークス)より抜粋】

 

 

 

あっという間に時間(視聴)が過ぎた印象です。

 

戦闘から始まり日常で終わった。

 

この第3話は色々と背景(&設定)が説明されましたね。

 

EDの後にCパートがあるぞ。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20191026194812j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191026194826j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191026194839j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191026194852j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191026194908j:plain

魔獣の女神「告げたであろう。人類は1匹たりとも残さぬと」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191026194922j:plain

引用元――Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(原作:奈須きのこ/TYPE-MOON、アニプレックス/ノーツ/ディライトワークス)より抜粋】

 

 

 

魔獣の女神とエルキドゥだ。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20191026195005j:plain

魔獣の女神「もはや北部の市は全て我が腹が呑み込んだ。あの忌々しい北壁を叩き潰すのも、時間の問題」

エルキドゥ「はい。この時代の王を殺し、聖杯を手に入れた女神が、この世界の支配者となる」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191026195018j:plain

エルキドゥ「それは貴女です、母上」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191026195031j:plain

引用元――Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(原作:奈須きのこ/TYPE-MOON、アニプレックス/ノーツ/ディライトワークス)より抜粋】

 

 

 

魔獣の女神については、CV浅川悠(アナ)とは違い、EDテロップで明かされていない。だが気のせいか、その声色は――

 

推察は可能ですが、あえて今ここでは触れないでおきましょう。

 

母上とエルキドゥは呼んだが、本当の産みの親ではないのだろう。

 

隷として再生させたから親、という意味合いだと私は思います。

 

次の第4話は「あのキャラ」が登場するぞ。中身が虎なのにジャガーと名乗るヤツだ。肉体的にはウーマンだが、憑依した方が男性なのでマンを名乗る。

 

色々な意味で仰天する事、間違いなしなので皆さま、お楽しみに。

◆配信電子ストア◆

 

 

 

 

引用元――Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(原作:奈須きのこ/TYPE-MOON、アニプレックス/ノーツ/ディライトワークス)より抜粋】

f:id:ayafumi-rennzaki:20191026195734j:plain

※)引用したキャプチャ画像に関しては、著作権権利者様より異議申し立て・削除要請があれば、速やかに対処いたしますのでご承知置き願います。

  また、権利者様および各関係者様への敬意を忘れず、不利益にならない用法を心掛ける事を明記します。