アニメを斬る!

アニメ関連の話題をメインに、美少女DJ2名が会話形式でお送りする、仮想ラジオブログ!

アニメを斬る!

— 最 新 記 事 —
【初心者必見、動画つき】ダンベル何キロ持てる? 筋トレ講座(第10話)【スカルクラッシャー&インクラインベンチ】
【アニメ第6話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode6 天命の粘土板】
【初心者必見、動画つき】ダンベル何キロ持てる? 筋トレ講座(第9話)【ハンドグリップ&シーテッド・ローイング】
【アニメ第5話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode5 ギルガメッシュ紀行】
【アニメ第4話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode4 密林の呼び声】
【初心者必見、動画つき】ダンベル何キロ持てる? 筋トレ講座(第8話)【サイドベント&ランジ】
【アニメ第3話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode3 王と民】
【初心者必見、動画つき】ダンベル何キロ持てる? 筋トレ講座(第7話)【デッドリフト&サイドレイズ】
【アニメ第2話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode2 城塞都市ウルク】
【アニメ第1話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode1 絶対魔獣戦線バビロニア】
【初心者必見、動画つき】ダンベル何キロ持てる? 筋トレ講座(第6話)【アームレスリング&自重反動トレ】
【初心者必見、動画つき】ダンベル何キロ持てる? 筋トレ講座(第5話)【レッグカール&バイシクルクランチ】
【Episode13-2 神様も知らないヒカリで歴史を創ろう】戦姫絶唱シンフォギアXV 第13話(後【レビュー&感想】
【Episode13-1 神様も知らないヒカリで歴史を創ろう】戦姫絶唱シンフォギアXV 第13話(前【レビュー&感想】
※更新【個人的な面白さ】厳選お勧めアニメを紹介 ~ライトノベル原作編~【随時更新版】
【アニメ第0話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode 0 Initium Iter】
【初心者必見、動画つき】ダンベル何キロ持てる? 筋トレ講座(第4話)【チェストプレスマシン&ディップス】
※更新【2018年以降】厳選お勧めアニメを紹介 ~オリジナルアニメ編~【個人的な面白さ/随時更新版】
【Episode12 戦姫絶唱】戦姫絶唱シンフォギアXV 第12話【レビュー&感想】
【Episode11 ハジメニコトバアリキ】戦姫絶唱シンフォギアXV 第11話【レビュー&感想】
【Episode10 卑しき錆色に非ず】戦姫絶唱シンフォギアXV 第10話【レビュー&感想】
【初心者必見、動画つき】ダンベル何キロ持てる? 筋トレ講座(第3話)【ダンベルカール&フロントプレス】
【初心者必見、動画つき】ダンベル何キロ持てる? 筋トレ講座(第2話)【ラットプルダウン&プランク】
【Episode9 I am a father】戦姫絶唱シンフォギアXV 第9話【レビュー&感想】
【初心者必見、動画つき】ダンベル何キロ持てる? 筋トレ講座(第1話)【ベンチプレス&スクワット】
【Episode8 XV】戦姫絶唱シンフォギアXV 第8話【レビュー&感想】
【妖怪人間ベム】歴代アニメOPの比較と美少女化したJKなベラさん【令和版BEM】
【Episode7 もつれた糸を断ち切って】戦姫絶唱シンフォギアXV 第7話【レビュー&感想】
【Episode6 ゼノグラシア】戦姫絶唱シンフォギアXV 第6話【レビュー&感想】
【Episode5 かばんの隠し事】戦姫絶唱シンフォギアXV 第5話【レビュー&感想】
【響/翼/クリス】戦姫絶唱シンフォギアXV 変身バンク集【マリア/調/切歌】
【第1期~第4期】シンフォギアの歴代ラスボス&フィニッシュシーン GIFバージョン【無印/G/GX/AXZ】
【Episode4 花の名は、アマルガム】戦姫絶唱シンフォギアXV 第4話【レビュー&感想】
ヘッダー画像

【アニメ第2話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode2 城塞都市ウルク】

 

日本最大規模を誇る作品数のアニメが見放題!

※)引用したキャプチャ画像に関しては、著作権権利者様より異議申し立て・削除要請があれば、速やかに対処いたしますのでご承知置き願います。 

  また、権利者様および各関係者様への敬意を忘れず、不利益にならない用法を心掛ける事を明記します。

 

――オンエア、START! 

 

 

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

リスナーの皆さま、DJの淡雪が絶対魔獣戦線です。
第153回目の放送となる今回は『Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-』の第2話をレビューいたしましょう。第1話に続いて、まるで古代メソポタミアを疑似体験しているかの様です。

           ※)メインDJ。14歳(中等部三年生)

 

お馴染み、助手の締里だ。アニメFGOも最高だ。
第1話から色々と情報が詰め込まれているが、リスナーの皆はちゃんと付いてきているだろうな? 疑問点があるのならば放置せず、ちゃんとググって調べるんだぞ。

           ※)DJ助手。15歳(高等部一年生)

 

特に人物関係の設定は調べた方が良いでしょう。

 

その辺は学習するか、またはFGOをプレーするかで、アニメへの理解度が段違いになるだろう。

 

むろんアニメ全話を視聴し終えてから、FGOにチャレンジもありです。

 

絶対魔獣戦線を一望するシーンから再開だ。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20191019182400j:plain

立香「あれはさっきの魔獣」

マシュ「いえ、それだけではありません。北部にはその数十倍の魔力反応があります。信じられません」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191019182438j:plain

立香「あの城壁が押し止めているっていうのか?」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191019182456j:plain

エルキドゥ「それくらいで驚かれても。彼らは半年もの間、あの壁を維持しているのですから」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191019182533j:plain

立香「は、半年間!?」

エルキドゥ「絶え間ない魔獣たちの侵攻と、これを撃退する兵士たち」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191019182556j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191019182853j:plain

引用元――Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(原作:奈須きのこ/TYPE-MOON、アニプレックス/ノーツ/ディライトワークス)より抜粋】

 

 

 

半年間の持久戦とは感嘆します。

 

兵士の士気の維持だけでも大変だ。

 

というか、空を飛ぶ魔獣はいないんですね。

 

制空の心配がないのは助かるな。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20191019183003j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191019183127j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191019183145j:plain

エルキドゥ「ですが人間側の死傷者は魔獣より少ない」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191019183204j:plain

立香「確かに」

マシュ「はい。数ではかなりの戦力差があるはずなのに」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191019183316j:plain

引用元――Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(原作:奈須きのこ/TYPE-MOON、アニプレックス/ノーツ/ディライトワークス)より抜粋】

 

 

 

チラッと見えた指揮官はレオニダスさん?

 

弓で斃せるんだな、魔獣。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20191019183452j:plain

マシュ「一体どんな方が城塞の指揮を執っているのでしょうか?」

立香「きっと素晴らしい将がいるんだろうね」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191019183513j:plain

エルキドゥ「彼等も無駄な血を流すものです」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191019183536j:plain

エルキドゥ「全てを滅ぼす必要はない。放っておいても死に絶えるのに。まったく」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191019183558j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191019183616j:plain

引用元――Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(原作:奈須きのこ/TYPE-MOON、アニプレックス/ノーツ/ディライトワークス)より抜粋】

 

 

 

意味深なセリフだ。

 

死に絶えるのは、人類か魔獣か。

 

エルキドゥは何かを知っている。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20191019185444j:plain

エルキドゥ「もうじき安全地帯です。日が暮れる前にはウルクに辿り着けそうですね」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191019185512j:plain

マシュ「でもエルキドゥさん、ウルクとは違う方向のような?」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191019185538j:plain

エルキドゥ「この先の川に波止場があるんですよ。まだ船が残っていますから、そこまで行けばあとは川を下るだけです」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191019185600j:plain

マーリン「なんと! それは知らなかった」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191019185622j:plain

引用元――Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(原作:奈須きのこ/TYPE-MOON、アニプレックス/ノーツ/ディライトワークス)より抜粋】

 

 

 

ここでマーリンが登場だ。

 

エルキドゥさんが先導している迂回ルート、「知らなかった」という台詞からも、ちょっと怪しい雰囲気になりました。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20191019185715j:plain

マーリン「いやいや、こんにちは。驚かせてすまない。怪しい者ではないから、まずは話を聞くといい」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191019185735j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191019185752j:plain

マーリン「この通り慣れない獣道で迷ってしまってね。でもまさか魔獣の女神のお膝元で、人間に会えるとは」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191019185821j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191019185842j:plain

引用元――Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(原作:奈須きのこ/TYPE-MOON、アニプレックス/ノーツ/ディライトワークス)より抜粋】

 

 

 

この少女がアナさんです。

 

怪しさ満点のマーリンにフォウが警戒している。

 

対して、エルキドゥさんはあくまでフレンドリーですね。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20191019185934j:plain

エルキドゥ「それは災難でしたね。僕たちはウルクに向かうのですが同行しますか?」

マーリン「もちろん。助かるよ。ここで出会ったのも何かの縁だ。よかったら名前を聞かせてくれないか?」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191019190044j:plain

立香「藤丸立香といいます」

マシュ「私はマシュ・キリエライトです。こちらの方はエルキドゥさんです」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191019190105j:plain

マーリン「エルキドゥ? うーむ、それは困ったな。うん、すごく困る」

エルキドゥ「なぜ?」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191019190128j:plain

マーリン「だって今ウルクで戦線を指示しているギルガメッシュ王は、不老不死の礼装探索から戻ってきた後の王様だ」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191019190153j:plain

マシュ「待ってください! それでは辻褄が」

マーリン「そう。友であるエルキドゥが死亡したことにより、ギルガメッシュ王は不老不死の探索を始める」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191019190215j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191019190235j:plain

マーリン「それが終わった後というのなら、エルキドゥはとっくの昔に」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191019190300j:plain

引用元――Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(原作:奈須きのこ/TYPE-MOON、アニプレックス/ノーツ/ディライトワークス)より抜粋】

 

 

 

う~~む、案の定だったか。

 

敵であるかは、現時点の情報のみではまだ定かではありませんが、彼が立香さん達を嵌めようとしていたのは、これで確定的になりました。

 

逆に、真実を教えてくれたマーリンが、味方である可能性が高まった。まあ、OP映像的にも、こちらがパーティー入りだろう。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20191019190402j:plain立香「マシュ!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191019190423j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191019190449j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191019190510j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191019190529j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191019190600j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191019190617j:plain

エルキドゥ「藤丸、藤丸立香。【カルデア】の無能たち」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191019190636j:plain

エルキドゥ「あぁ、でも大変惜しかった。あと少しで面白い見世物が見られたのに」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191019190652j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191019190708j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191019190733j:plain

エルキドゥ「逃げようとしても無駄だよ。君たちは詰んでいる」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191019190749j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191019190805j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191019190823j:plain

引用元――Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(原作:奈須きのこ/TYPE-MOON、アニプレックス/ノーツ/ディライトワークス)より抜粋】

 

 

 

襲ってきました。敵で確定ですね、これって。

 

目的は何であれ、友好的だったのは騙す為の芝居だったな。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20191019190916j:plain

マーリン「ふむ、2人では分が悪いとみた。アナ、手伝ってあげなさい」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191019190932j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191019191252j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191019191313j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191019191334j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191019191402j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191019191430j:plain

アナ「契約外ですが、あの人たちを守ります」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191019191450j:plain

引用元――Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(原作:奈須きのこ/TYPE-MOON、アニプレックス/ノーツ/ディライトワークス)より抜粋】

 

 

 

マーリンが助け舟を出してくれた。

 

実際に戦うのは彼ではなくアナさんですけれど。

 

正直、マシュよりも強そうだ。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20191019191549j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191019191608j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191019191637j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191019191659j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191019191722j:plain

エルキドゥ「無駄だ」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191019191744j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191019191800j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191019191814j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191019191834j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191019191857j:plain

引用元――Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(原作:奈須きのこ/TYPE-MOON、アニプレックス/ノーツ/ディライトワークス)より抜粋】

 

 

 

アナ単騎では勝てないか。

 

あくまで共闘路線が前提ですから。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20191019191954j:plain

立香「マシュ~~ッ!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191019192011j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191019192029j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191019192046j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191019192104j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191019192117j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191021181106j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191021181129j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191021181149j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191021181208j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191021181230j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191021181247j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191021181307j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191021181327j:plain

引用元――Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(原作:奈須きのこ/TYPE-MOON、アニプレックス/ノーツ/ディライトワークス)より抜粋】

 

 

 

スピード感のある戦闘シーンです。

 

アナも鎖使いみたいだな。

 

戦線復帰できて何よりでした。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20191021181514j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191021181535j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191021181555j:plain

引用元――Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(原作:奈須きのこ/TYPE-MOON、アニプレックス/ノーツ/ディライトワークス)より抜粋】

 

 

 

これは――勝負ありました?

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20191021181646j:plain

エルキドゥ「よりにもよってこの僕に鎖だって? 笑わせる」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191021181703j:plain

立香「マズい!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191021181723j:plain

エルキドゥ「笑わせるね」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191021181745j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191021181804j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191021181822j:plain

エルキドゥ「三流サーヴァント!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191021181841j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191021181902j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191021181922j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191021181942j:plain

エルキドゥ「話にならないな。その程度でこの僕と鎬を削れるとでも?」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191021182002j:plain

引用元――Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(原作:奈須きのこ/TYPE-MOON、アニプレックス/ノーツ/ディライトワークス)より抜粋】

 

 

 

本家ともいえる鎖使いには、アナでは勝てないみたいだ。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20191021182155j:plain

アナ「あなたを討ち倒す必要はありません」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191021182217j:plain

アナ「人間のような知性は時として仇となる」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191021182238j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191021182300j:plain

アナ「いい機会なので学習して下さい」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191021182321j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191021182341j:plain

エルキドゥ「そういう事か。途中から夢を魅せられていた」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191021182402j:plain

エルキドゥ「では、あれがウルクの魔術師」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191021182419j:plain

エルキドゥ「今回は仕方ない。丸1日、彼女を1人にもしておけないしね」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191021182510j:plain

引用元――Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(原作:奈須きのこ/TYPE-MOON、アニプレックス/ノーツ/ディライトワークス)より抜粋】

 

 

 

全てが幻覚だったとは。

 

発動したのは、マーリンが杖で地面をノックした時か。

 

あの時からずっとだったんですね。

 

これは視聴者も一杯食わされた。

 

花の魔術師の異名(二つ名)は伊達ではありません。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20191021182612j:plain

マシュ「はッ!?」

マーリン「ははははー、いやぁー上手くいった上手くいった。子供を騙すようで気が引けたけど相手はエルキドゥだ。あの少年こそ魔術王直属の配下といえるからね」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191021182631j:plain

立香「エルキドゥが魔術王の!? あれは本人なんですか!?」

マーリン「あぁ。本人はそう名乗り、多くの城塞都市を滅ぼした。ウルクの人々は彼を偽物だと思い込みたいようだけどね」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191021182649j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191021182712j:plain

マーリン「さて、そういうわけで諸君。改めてごきげんよう」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191021182736j:plain

マーリン「危ないところを助けて貰ったんだ。お礼の言葉とか、雨のように浴びせて欲しい」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191021182751j:plain

マシュ「あ、はい。ありがとうございます!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191021182815j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191021182837j:plain

引用元――Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(原作:奈須きのこ/TYPE-MOON、アニプレックス/ノーツ/ディライトワークス)より抜粋】

 

 

 

エルキドゥさん、今は魔術王の配下だったとは。

 

ギルガメッシュとは敵対しているのだろうか?

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20191021183001j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191021183020j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191021183038j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191021183055j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191021183113j:plain

マシュ「フォウさん!?」

マーリン「この凶獣! 長年世話してやった恩を忘れて」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191021183202j:plain

引用元――Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(原作:奈須きのこ/TYPE-MOON、アニプレックス/ノーツ/ディライトワークス)より抜粋】

 

 

 

フォウさんの『マーリンシスベシフォーウ』が炸裂しました。

 

どうもフォウはマーリンに飼われていた過去があるみたいだ。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20191021183310j:plain

マーリン「思えばこんな悪獣を引き取るんじゃなかった! キャスパリーグ、その愛らしさで、マゾの肉球愛好家をたぶらかしたんだ!」

アナ「マーリン、奇行痴態は夜更けに1人で行って下さい」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191021183328j:plain

マーリン「おおっと。ご苦労様だアナ。君のおかげでまた助かった」

アナ「契約外の戦闘です。感謝より反省をして下さい」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191021183355j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191021183418j:plain

マーリン「さて、まとめて自己紹介をさせてもらおう。私はマーリン。こちらの少女はアナ。実はサーヴァントでね。私のことは気軽にマーリンお兄さんと呼んで欲しい」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191021183440j:plain

引用元――Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(原作:奈須きのこ/TYPE-MOON、アニプレックス/ノーツ/ディライトワークス)より抜粋】

 

 

 

フォウの本当の名前はキャスパリーグだ。

 

確か第5章で明らかになるんでしたっけ?

 

アーサー王伝説に登場する怪物猫だな。聖剣の刃も通らないという。

 

犬系だと思いきや、猫だったとは。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20191021183610j:plain

マーリン「アナは? アナはどう呼ばれたい?」

アナ「別にアナでいいです」

ロマニ『ちょ、ちょっと待ったぁーーッ!!

f:id:ayafumi-rennzaki:20191021183633j:plain

ロマニ「マーリンだって?」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191021183650j:plain

ロマニ「ブリテン島の大魔術師。夢魔と人間の混血。あのアルトリア・ペンドラゴンを王として担ぎ出し宮廷魔術師となった、世界有数のキングメーカーにして最高峰のロクでなしが!?」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191021183710j:plain

アナ「うんうん」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191021183817j:plain

ロマニ『しかもサーヴァントとして!? 世界の終わりまで死ねないはずの、グランドの魔術師が!?』

マシュ「ドクター」

立香「だいぶ迸っているな」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191021183845j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191021183910j:plain

マーリン「ははははっ。予想通りの紹介ありがとう、ロマニ・アーキマン。まぁ実際のところグランドの資格があるだけで、ただのキャスターなんだけどね」

ロマニ『あーりーえーなーい! 嘘つけ! 本物なら正体を現せ!』

f:id:ayafumi-rennzaki:20191021183929j:plain

立香「なんでドクターはこんなになってるんだろう?」

マシュ「おそらく、彼の伝承との齟齬でしょう」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191021183953j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191021184011j:plain

マシュ「魔術師マーリン。彼は理想郷アヴァロンの中に塔を造り、そこで死ぬことなく世界を見渡し続けているそうです」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191021184036j:plain

マシュ「なので」

立香「生きている者は英霊になれないってことか」

ロマニ『その通り。そもそもその男は戦闘面においては何の役にも立たない。グランドの資格を持つ魔術師は、みな優れた千里眼を保有する』

f:id:ayafumi-rennzaki:20191021184056j:plain

ロマニ「例えばソロモンは過去と未来を、ギルガメッシュ王は未来を見渡す目を持っている」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191021184114j:plain

ロマニ『そして、そこのロクでなしは1番酷い。現在全てを見渡す目を持ってはいるが、基本は見るだけだ。ただ便利なだけだか、ら』

f:id:ayafumi-rennzaki:20191021184133j:plain

立香「それって充分すごいんじゃ」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191021184148j:plain

ダ・ヴィンチ「ハーイ横から失礼。マーリンまずは感謝を。2人の危ないところを助けてくれて」

マーリン『なーに、サービスだよサービス』

f:id:ayafumi-rennzaki:20191021184204j:plain

ダ・ヴィンチ「ただ君が英霊化しているのはおかしい。君はまだアヴァロンにいるんだろう?」

マーリン『うーん、方法だけ明かしておくと、この特異点は私が地球に発生する前の時代だ。つまりここでは私の体は存在していない』

f:id:ayafumi-rennzaki:20191021184225j:plain

マシュ『ないということは、死んでいると仮定できるから』

立香『それを利用してサーヴァントになったってこと!?』

マーリン『大体そんなところだ』

f:id:ayafumi-rennzaki:20191021184244j:plain

マーリン「強い召喚者によって呼ばれたというのもあるがね」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191021184304j:plain

引用元――Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(原作:奈須きのこ/TYPE-MOON、アニプレックス/ノーツ/ディライトワークス)より抜粋】

 

 

 

怒濤の解説ラッシュでした。

 

グランドの資格はググってみてくれ。

 

このマーリンさんはFGOにおいても最優のサポート系サーヴァントといえるでしょう。

 

彼に匹敵するといえば、諸葛孔明が真っ先に思い浮かぶ。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20191021184646j:plain

マシュ「この時代に先輩以外にもマスターがいるのですか?」

マーリン「あぁ、いるとも。私はその男に呼ばれ、今は宮廷魔術師として仕えている」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191021184705j:plain

マーリン「一方、アナは聖杯の影響によって呼ばれた、マスターを持たないはぐれサーヴァントだ」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191021184737j:plain

アナ「マーリンと出会ったのは2日前です。互いの目的のために力を合わせようと契約したのですが、騙されました」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191021184805j:plain

アナ「控えめに言って、マーリンはこの世の全ての不誠実が形になったような魔術師です」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191021184828j:plain

マーリン「よしてくれないか。本当の事をストレートに語るのは」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191021184852j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191021184915j:plain

ダ・ヴィンチ「なるほどねぇ。ロマニ諦めよう。あのマーリンは本物だ」

ロマニ「胃が痛くなってきた」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191021184934j:plain

ロマニ「マーリン、君は【カルデア】に協力するために現れたのか?」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191021185011j:plain

マーリン「もちろん。私の楽しみは現在を見ることだけだ。その現在が失われてしまったら、私は塔の中の花園を眺めるだけの寂しい男になってしまう」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191021185030j:plain

マーリン「それに――」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191021185049j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191021185123j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191021185138j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191021185156j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191021185213j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191021185228j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191021185244j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191021185301j:plain

マーリン『私、いや僕だって、手に汗握って藤丸君の戦いを見てきたんだ』

f:id:ayafumi-rennzaki:20191021185319j:plain

マーリン「今さら仲間外れにするとか大人げないぞ」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191021185340j:plain

マーリン『まぁ私がグランドの魔術師だから脅威なのは分かる』

f:id:ayafumi-rennzaki:20191021185359j:plain

マーリン『他のキャスターのサーヴァントが負けを認めて2軍落ちするのは、もう避けようのない展開だからね』

f:id:ayafumi-rennzaki:20191021185416j:plain

マーリン「それでは諸君、夜が明けたらウルクへ向かおう。王様に会えばやるべきことは見えてくるはずだ」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191021185437j:plain

引用元――Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(原作:奈須きのこ/TYPE-MOON、アニプレックス/ノーツ/ディライトワークス)より抜粋】

 

 

 

マーリンさんについては、謎は多いものの味方である事は確定ですね。

 

はぐれサーヴァントについては、定義が色々と議論されている。

 

魔力の供給源も個体によって様々らしく、ない場合は(FGOにおいて)立香さんと契約する場合もあるとか。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20191021185537j:plain

立香「よろしく、アナ」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191021185554j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191021185616j:plain

アナ「握手は結構です。私には近づかないで下さい」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191021185639j:plain

引用元――Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(原作:奈須きのこ/TYPE-MOON、アニプレックス/ノーツ/ディライトワークス)より抜粋】

 

 

 

アナさんの背景(事情)も気になるところです。

 

今のところは完全にツンのままだ。

 

そして夜が明け、マーリンさんの案内で今度こそウルクへ向かいます。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20191021185743j:plain

マシュ「ようやく状況が掴めてきましたね、先輩」

立香「うん。突如現れた三女神同盟によって、シュメール都市国家群は壊滅的な打撃を受けた」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191021185800j:plain

立香「それで人々はウルク市に避難している」

マシュ「はい。特に北部における魔獣侵攻は凄まじくて、人類を滅ぼす最大勢力になっている、と」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191021185826j:plain

マシュ「これに対し、ウルク王は大城塞を建造した」

立香「それがバビロニア魔獣戦線。メソポタミアを守る最後の砦」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191021185844j:plain

マーリン「魔獣たちがウルクを堕とせば、人類史はそれで終わりだ。だから君たちがやるべきことは」

立香「この時代に送られた魔術王の聖杯探索と」

マシュ「三女神同盟の打倒ですね」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191021185904j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191021185932j:plain

マーリン「あぁ。聖杯回収は魔術王の企みを暴くことにも繋がる。一方で三女神同盟も放っておけば、人理定礎が修復されない」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191021185952j:plain

立香「何にせよ、全てはウルクに到着してからか」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191021190011j:plain

引用元――Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(原作:奈須きのこ/TYPE-MOON、アニプレックス/ノーツ/ディライトワークス)より抜粋】

 

 

 

ここまでの経緯をFGO未プレイの方へ分かり易く解説しました。

 

説明台詞のオンパレードだったが、これでアニメ組の視聴者も理解はバッチリだろう。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20191021190323j:plain

立香「ウルクを治めているのは、やはりあのギルガメッシュ王なんですか?」

マーリン「そう。古代王の中でもとびきりの暴君だ」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191021190347j:plain

マーリン「神々は偉そうだからと縁を切る。そして国中の美女、世界の財は俺の物。王の意見に賛同しても反対しても死」

立香「り、理不尽すぎるのでは?」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191021190404j:plain

マシュ「英雄王ギルガメッシュ。神と人間の間に生まれた英雄です」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191021190420j:plain

マシュ「幼年期は人々を慈しみ、物の道理を踏まえた賢者だったのですが」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191021190438j:plain

マシュ「青年期では全く逆の性質の、手の付けられない暴君となりました」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191021190455j:plain

マシュ「そんな彼を諫めるため、神々につくられたのが、我々の前に現れたエルキドゥさんです。――しかし、なんの因果か」

マーリン「親友になっちゃうんだよ、2人は」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191021190511j:plain

マーリン「まぁ経緯は追々。要はあらゆる宝具のオリジナルである財宝を持つと豪語する、地上で最も傲慢で冷酷な暴君。それが英雄王ギルガメッシュと覚えておけばいい」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191021190527j:plain

引用元――Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(原作:奈須きのこ/TYPE-MOON、アニプレックス/ノーツ/ディライトワークス)より抜粋】

 

 

 

ギルガメッシュの説明(解説)に、立香は「き、気合い入れていこう!!」と改めて危機感を露わに。

 

ここからはトラブルなくウルクまで到着しました。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20191021190628j:plain

マシュ「あれは検問の様ですが」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191021190648j:plain

検問兵「君たち、道から外れると祭祀場の呪いがかかりますよ。ウルク周辺にかけられているのは魔獣除けの儀式ですが、人間にも多少の効果はあるそうなので」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191021190703j:plain

検問兵「君たちはウルからの難民ですか?」

マーリン「いや、彼らはギルスからの難民だ」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191021190717j:plain

マーリン「私はこの通り祭祀場から商売の許しを得ている。彼らを避難させたいのだけれど、手続きは必要かな?」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191023083046j:plain

検問兵「これはシドゥリ様の印ですね」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191023083115j:plain

検問兵「ここまでお疲れだったでしょう。ようこそウルク市へ」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191023083140j:plain

引用元――Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(原作:奈須きのこ/TYPE-MOON、アニプレックス/ノーツ/ディライトワークス)より抜粋】

 

 

 

さすがは王付きで宮廷魔術師のマーリンさん。

 

検問をあっさりとクリアだ。
シドゥリというのは、マーリンと同格の高官といったところだろう。

 

検問兵がアナさんに話し掛けます。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20191023083306j:plain

検問兵「こんな小さな体でよくここまで歩いて来ましたね。よかったらこれを」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191023083331j:plain

検問兵「娘から昼のおやつとして渡された菓子なのですが」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191023083351j:plain

立香「アナ、好意に甘えたらどう?」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191023083413j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191023083435j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191023083509j:plain

アナ「ありがとうございます」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191023083539j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191023083606j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191023083636j:plain

引用元――Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(原作:奈須きのこ/TYPE-MOON、アニプレックス/ノーツ/ディライトワークス)より抜粋】

 

 

 

ほのぼのとした光景でした。

 

アナは甘い者が好物みたいだ。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20191023083758j:plain

マーリン「さて、行くとしようか」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191023083828j:plain

引用元――Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(原作:奈須きのこ/TYPE-MOON、アニプレックス/ノーツ/ディライトワークス)より抜粋】

 

 

 

ウルク市の壮観をGIFにて、どうぞご覧あれ。

 

CGの造り込みは芸術の域に達している。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20191023084331g:plain

引用元――Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(原作:奈須きのこ/TYPE-MOON、アニプレックス/ノーツ/ディライトワークス)より抜粋】

 

 

 

本当、背景美術が最高峰ですよね。

 

まるで自分達もウルク観光していると錯覚してしまう程の出来だ。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20191023084542j:plain

マーリン「これが人類最古の城塞都市ウルクの現在だ」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191023084620j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191023084647j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191023084714j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191023084733j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191023084752j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191023084826j:plain

マーリン「シュメール人は紀元前4000年から歴史に登場した人々だが、その文明は実に細やかなものだった」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191023084846j:plain

マーリン「村社会の脱却から始まり、灌漑農耕による穀物の増産を始め、数万人からなる都市国家群を形成した」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191023085013j:plain

マーリン「それだけの国になれば文字の発明、高等教育も行われる。肥沃な大地は良質の泥を生み出し、彼らは粘土で様々な城塞を造り上げた」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191023085055j:plain

マーリン「それが泥と粘土と麦と羊の国、メソポタミアだ」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191023085149j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191023085229j:plain

引用元――Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(原作:奈須きのこ/TYPE-MOON、アニプレックス/ノーツ/ディライトワークス)より抜粋】

 

 

 

さらっと歴史の説明も。

 

実に勉強になるな、FGOは。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20191023085414j:plain

マーリン「ではウルク市の案内は後にして、ジグラットに向かうとしよう」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191023085457j:plain

ギル「ふむ、エレシュ市からの物資運搬に遅延が見られるな。東門の兵舎から20人派遣し、魔獣の駆除に当たらせよ。指揮はテムンに任せる。ヤツの地元だ。土地勘もあろう」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191023085537j:plain

ギル「ところでタバドの娘が産気づいたと聞いた。巫女務めを1人と栄養のつく果実を贈ってやれ」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191023085620j:plain

ギル「タバドは北壁から引き上げさせ、3日ほど休みを与えるがよい。孫の顔はよい鋭気に繋がるだろう」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191023085657j:plain

引用元――Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(原作:奈須きのこ/TYPE-MOON、アニプレックス/ノーツ/ディライトワークス)より抜粋】

 

 

 

ジグラットとは古代メソポタニアにおける神殿、祭壇を指す。

 

秘書めいた美女が例の印を与えてくれたシドゥリさんですね。

 

有能な王だな、ギルガメッシュは。

 

そんな彼が奮闘していてもウルク以外は壊滅状態ですからね。

 

それからタブレットに見えるが、あの粘土板は紙の代わりだ。

 

人類最古の紙――パピルス紙は後の時代である古代エジプトでの発明ですからね。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20191023085811j:plain

立香「なんだか酷い王なイメージがあったけど、そうでもないのかな?」

マシュ「でも、とても話しかけられる雰囲気では」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191023085843j:plain

立香「いや。ここは勇気を持って話しかけないと」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191023085911j:plain

マーリン「その通り。あの王様相手に空気を読んではいけない」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191023085945j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191023090011j:plain

マーリン「ギルガメッシュ王、魔術師マーリン、お客人をお連れした。忙しい? 見れば分かるので気にしないさ」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191023090052j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191023090127j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191023090159j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191023090228j:plain

引用元――Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(原作:奈須きのこ/TYPE-MOON、アニプレックス/ノーツ/ディライトワークス)より抜粋】

 

 

 

ギルガメッシュは立香をすでに把握している。

 

ロマニさんの言う通り、未来を見渡す千里眼を持っている方ですから。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20191023090405j:plain

シドゥリ「帰還したのですね。魔術師マーリン、ご苦労様でした。王はお喜びです。それで成果は? 天命の粘土板、見事に持ち帰りましたか?」

マーリン「いや。またも空振りに終わったよ。西の森にはないねアレは」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191023090436j:plain

マーリン「まったく。王様がどこに置いてきたか覚えていてくれれば、こんな苦労はなかったのに」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191023090511j:plain

シドゥリ「不敬ですよ。お黙りなさい」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191023090544j:plain

シドゥリ「それよりその者たちは? どう見てもウルクの市民では」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191023090620j:plain

引用元――Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(原作:奈須きのこ/TYPE-MOON、アニプレックス/ノーツ/ディライトワークス)より抜粋】

 

 

 

マーリンさんはどこにいてもマーリンさんの模様です。

 

召喚主はギルガメッシュだろうから、それなりに親しいのだろう。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20191023090734j:plain

ギル「よい。おおよその事情は察したわ。下がっておれシドゥリ」

シドゥリ「ギルガメッシュ王? まさか」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191023090809j:plain

ギル「そのまさかよ。この玉座をしばし汚すぞ。俺は忙しい。言葉を交わして貴様らを知る時間も惜しいほどにな」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191023090839j:plain

ギル「よって戦いをもって貴様らの真偽をはかる」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191023090915j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191023090947j:plain

ギル「構えるがよい。天文台の魔術師よ」

f:id:ayafumi-rennzaki:20191023091014j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191023091042j:plain

引用元――Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(原作:奈須きのこ/TYPE-MOON、アニプレックス/ノーツ/ディライトワークス)より抜粋】

 

 

 

まさか、いきなりギルガメッシュとのバトルへ。

 

挨拶代わりですかね?

 

こういった気性は賢王でキャスターであっても、後の時代に麻婆神父によって受肉するアーチャーなギルに通じるものがあるな。

 

果たして立香さんというか、マシュさんはギルガメッシュさんを納得させられるのでしょうか? 勝つのは無理ですよね?

 

そりゃそうだろうな。

 

どこまで健闘できるのか。第3話「王と民」をお待ち下さい。

 

このまま美麗な作画が維持される事を祈るばかりだ。

 

全13話だった『シンフォギアXV』は作画の質をキープしたまま完走したが、アニメ版FGO第7章は全21話予定ですからね。

 

分割2クールだった凛ルート(UBW)も作画はキープしたし、今度も期待したい。

 

では、今日の放送はこの辺にて。

◆配信電子ストア◆

 

 

 

 

引用元――Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(原作:奈須きのこ/TYPE-MOON、アニプレックス/ノーツ/ディライトワークス)より抜粋】

f:id:ayafumi-rennzaki:20191019182200j:plain

※)引用したキャプチャ画像に関しては、著作権権利者様より異議申し立て・削除要請があれば、速やかに対処いたしますのでご承知置き願います。

  また、権利者様および各関係者様への敬意を忘れず、不利益にならない用法を心掛ける事を明記します。