アニメを斬る!

アニメ関連の話題をメインに、美少女DJ2名が会話形式でお送りする、仮想ラジオブログ!

アニメを斬る!

— 最 新 記 事 —
【アニメ第9話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode9 おはよう、金星の女神】
【初心者必見、動画つき】ダンベル何キロ持てる? 筋トレ講座(第12話)【シュラッグ&腕立て伏せ】
【アニメ第8話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode8 魔獣母神】
【初心者必見、動画つき】ダンベル何キロ持てる? 筋トレ講座(第11話)【アイソメトリックス&ブリッジ】
【アニメ第7話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode7 陽動作戦】
【初心者必見、動画つき】ダンベル何キロ持てる? 筋トレ講座(第10話)【スカルクラッシャー&インクラインベンチ】
【アニメ第6話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode6 天命の粘土板】
【初心者必見、動画つき】ダンベル何キロ持てる? 筋トレ講座(第9話)【ハンドグリップ&シーテッド・ローイング】
【アニメ第5話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode5 ギルガメッシュ紀行】
【アニメ第4話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode4 密林の呼び声】
【初心者必見、動画つき】ダンベル何キロ持てる? 筋トレ講座(第8話)【サイドベント&ランジ】
【アニメ第3話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode3 王と民】
【初心者必見、動画つき】ダンベル何キロ持てる? 筋トレ講座(第7話)【デッドリフト&サイドレイズ】
【アニメ第2話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode2 城塞都市ウルク】
【アニメ第1話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode1 絶対魔獣戦線バビロニア】
【初心者必見、動画つき】ダンベル何キロ持てる? 筋トレ講座(第6話)【アームレスリング&自重反動トレ】
【初心者必見、動画つき】ダンベル何キロ持てる? 筋トレ講座(第5話)【レッグカール&バイシクルクランチ】
【Episode13-2 神様も知らないヒカリで歴史を創ろう】戦姫絶唱シンフォギアXV 第13話(後【レビュー&感想】
【Episode13-1 神様も知らないヒカリで歴史を創ろう】戦姫絶唱シンフォギアXV 第13話(前【レビュー&感想】
※更新【個人的な面白さ】厳選お勧めアニメを紹介 ~ライトノベル原作編~【随時更新版】
【アニメ第0話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode 0 Initium Iter】
【初心者必見、動画つき】ダンベル何キロ持てる? 筋トレ講座(第4話)【チェストプレスマシン&ディップス】
※更新【2018年以降】厳選お勧めアニメを紹介 ~オリジナルアニメ編~【個人的な面白さ/随時更新版】
【Episode12 戦姫絶唱】戦姫絶唱シンフォギアXV 第12話【レビュー&感想】
【Episode11 ハジメニコトバアリキ】戦姫絶唱シンフォギアXV 第11話【レビュー&感想】
【Episode10 卑しき錆色に非ず】戦姫絶唱シンフォギアXV 第10話【レビュー&感想】
【初心者必見、動画つき】ダンベル何キロ持てる? 筋トレ講座(第3話)【ダンベルカール&フロントプレス】
【初心者必見、動画つき】ダンベル何キロ持てる? 筋トレ講座(第2話)【ラットプルダウン&プランク】
【Episode9 I am a father】戦姫絶唱シンフォギアXV 第9話【レビュー&感想】
【初心者必見、動画つき】ダンベル何キロ持てる? 筋トレ講座(第1話)【ベンチプレス&スクワット】
【Episode8 XV】戦姫絶唱シンフォギアXV 第8話【レビュー&感想】
【妖怪人間ベム】歴代アニメOPの比較と美少女化したJKなベラさん【令和版BEM】
【Episode7 もつれた糸を断ち切って】戦姫絶唱シンフォギアXV 第7話【レビュー&感想】
【Episode6 ゼノグラシア】戦姫絶唱シンフォギアXV 第6話【レビュー&感想】
【Episode5 かばんの隠し事】戦姫絶唱シンフォギアXV 第5話【レビュー&感想】
【響/翼/クリス】戦姫絶唱シンフォギアXV 変身バンク集【マリア/調/切歌】
【第1期~第4期】シンフォギアの歴代ラスボス&フィニッシュシーン GIFバージョン【無印/G/GX/AXZ】
【Episode4 花の名は、アマルガム】戦姫絶唱シンフォギアXV 第4話【レビュー&感想】
ヘッダー画像

【エガオノダイカ】第10話『魂の発火』【タツノコプロ創立55周年記念作品】

 

2800作品のアニメが見放題!

※)引用したキャプチャ画像に関しては、著作権権利者様より異議申し立て・削除要請があれば、速やかに対処いたしますのでご承知置き願います。 

  また、権利者様および各関係者様への敬意を忘れず、不利益にならない用法を心掛ける事を明記します。

 

――オンエア、START! 

 

 

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

大切なリスナーを想うのは当然。愛の化身、DJの淡雪です。
前回に続き『エガオノダイカ』企画となります。今回は帝国パートですが、時系列が少しだけ特殊になります。この第10話を見終えた後、前の第9話と改めて見比べてみると、この『エガオノダイカ』の深みを味わえるでしょう。

           ※)メインDJ。14歳(中等部三年生)

 

ただ互いの正義をぶつけ合うのみ。助手の締里だ。
イザナとハロルド、ユウキにとっては記憶にない実の両親以上に大切な人であり、家族だったろう。その対極として「家族を持たない」ステラは、仲間であるピアースを亡くし、その内面に変化の兆しが出た。

           ※)DJ助手。15歳(高等部一年生)

 

そんなステラさんにとって、このエピソードで得たもの、そして喪ったものは、これからの彼女にとって大きな転機となります。

 

偽りの微笑み。取り繕った笑顔をステラは投げ捨てる事となる。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20190722210636j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190722210649j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190722210703j:plain

ガイ「しかし手こずらせやがって」

ブレイク「海千山千な連中も多いしな」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190722210720j:plain

ブレイク「楽じゃないぜ、辺境の制圧は」

リリィ「まだ制圧していない地域も残っているのですよね」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190722210737j:plain

ヒューイ「あの様子じゃ、すぐに次のお鉢も回ってくるぜ」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190722210806j:plain

ゲイル「ビュルガー分隊、準備ができ次第すぐに出発。次が決まった」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190722210824j:plain

引用元――エガオノダイカ(原作:タツノコプロ、エガオノダイカ製作委員会)より抜粋】

 

 

 

戦争は終わりが近いですが、前線の厳しさは変わりません。

 

辺境の制圧だが、優位である帝国軍も消耗を隠し切れない。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20190722210927j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190722210945j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190722211001j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190722211018j:plain

引用元――エガオノダイカ(原作:タツノコプロ、エガオノダイカ製作委員会)より抜粋】

 

 

 

次の制圧地へ移動している。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20190722211107j:plain

ブレイク「時間だ」

ガイ「お。やっと交代か」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190722211123j:plain

ヒューイ「本格的に冷えてきやがったな」

ガイ「飲むか。温まるぞ」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190722211140j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190722211202j:plain

ヒューイ「とっておきってやつか」

ブレイク「おい酒だろ。隊長に見つかったらお目玉くらうぜ」

ヒューイ「大丈夫だって」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190722211217j:plain

ゲイル「任務中だ。渡せ」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190722211235j:plain

引用元――エガオノダイカ(原作:タツノコプロ、エガオノダイカ製作委員会)より抜粋】

 

 

 

あっさりと見つかって、没収されました。

 

そりゃそうだとしか、言いようがない。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20190722211348j:plain

ヒューイ「いるよな。ああいうクソ親父」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190722211412j:plain

ガイ「けど俺の前の隊長なんてプライドばっか高くてさ。やたらと距離があった」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190722211431j:plain

ガイ「悪くはないぜ。こういうチームも案外と」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190722211451j:plain

引用元――エガオノダイカ(原作:タツノコプロ、エガオノダイカ製作委員会)より抜粋】

 

 

 

なんだかんだで、ビュルガー分隊はまとまっている。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20190722211601j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190722211622j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190722211640j:plain

ブレイク「しばらく待機。移動目標が変わる可能性が出てきたとさ」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190722211701j:plain

ゲイル「21:00まで自由行動。寝てても呑んでても構わんぞ。それまでに酔いをさましてくれてればな」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190722211719j:plain

引用元――エガオノダイカ(原作:タツノコプロ、エガオノダイカ製作委員会)より抜粋】

 

 

 

野営ではなく21時から夜通しで《テウルギア》のメンテナンス予定です。

 

サポートにメカニックチームが合流する。ハードだな、軍隊は。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20190722211814j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190722211834j:plain

子供「お姉ちゃん、なんか趣味が変」

リリィ「し、失礼なのです!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190722211856j:plain

引用元――エガオノダイカ(原作:タツノコプロ、エガオノダイカ製作委員会)より抜粋】

 

 

 

人懐っこい現地の子供と知り合う。接触は向こうからだ。

 

話の流れで、その子が住んでいる家に行く約束に。

 

帝国軍だと分かっていても招待とは、戦争も常態化しているんだな。一般市民にとっては、王国軍と帝国軍の争いは日常から蚊帳の外になりつつある。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20190722212035j:plain

ゲイル「孤児院?」

ステラ「そう言っていいのかは分からないのですが、老夫婦が2人で戦災孤児たちを住まわせている様です」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190722212100j:plain

リリィ「その孤児院に少しだけでも差し入れできればと思うのです」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190722212117j:plain

リリィ「少し悪い事を言っちゃって」

ゲイル「悪い事?」

リリィ「親の顔が見たいと、うっかり」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190722212139j:plain

ゲイル「俺も行こう」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190722212156j:plain

引用元――エガオノダイカ(原作:タツノコプロ、エガオノダイカ製作委員会)より抜粋】

 

 

 

許可を出すだけではなく、ゲイルさんも同伴となりました。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20190722212253j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190722212314j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190722212331j:plain

ステラ「この前まで敵だった相手からは受け取りにくいかもしれませんが」

お婆さん「ありがたく頂きます。本当にご親切に」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190722212358j:plain

引用元――エガオノダイカ(原作:タツノコプロ、エガオノダイカ製作委員会)より抜粋】

 

 

 

なかなか温かい雰囲気の家だ。快く迎えてくれた。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20190722212454j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190722212514j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190722212535j:plain

ステラ「この絵」

お婆さん「あの子が描いた物なの。別の絵を描いてごらんと言っても、描くのは戦争の絵だけ」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190722212557j:plain

引用元――エガオノダイカ(原作:タツノコプロ、エガオノダイカ製作委員会)より抜粋】

 

 

 

深刻なトラウマを抱えてしまっているみたいだな。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20190722212653j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190722212711j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190722212729j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190722212752j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190722212814j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190722212837j:plain

ゲイル「ほら、もっと近くで見てみろ。タネが解るか?」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190722212856j:plain

引用元――エガオノダイカ(原作:タツノコプロ、エガオノダイカ製作委員会)より抜粋】

 

 

 

ゲイルさん、手品であっさりと子供達の心を掴みました。

 

流石に孤児院を経営しているだけの事はある。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20190722213020j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190722213047j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190722213107j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190722213124j:plain

引用元――エガオノダイカ(原作:タツノコプロ、エガオノダイカ製作委員会)より抜粋】

 

 

 

ステラさんとリリィさんに滞在延長許可を出し、ゲイルさんは退出です。

 

割と話が分かって融通が利く男だよな、ゲイル。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20190722213218j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190722213237j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190722213308j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190722213328j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190722213347j:plain

エマ「お客様、おやつをどうぞ」

ステラ「ありがとう」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190722213406j:plain

エマ「エマのお家にようこそ」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190722213424j:plain

ステラ「ここが、お家?」

エマ「うん」

ステラ「そう……」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190722213447j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190722213513j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190722213529j:plain

ステラ「ここが貴女の、居場所なのね」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190722213551j:plain

引用元――エガオノダイカ(原作:タツノコプロ、エガオノダイカ製作委員会)より抜粋】

 

 

 

タイムリミットがきて、2人も退出だ。

 

ステラさんは思うところがありそうでしたね。

 

居場所、というフレーズだな。

 

以前にも居場所について、ラナという子と話していましたから。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20190723015234j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190723015256j:plain

リリィ「ずっとあそこがあの子達の居場所になってくれればいいのですけど」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190723015317j:plain

ステラ「前にね。私こんな風に言ったの。出会った子に。慰めるつもりで言った言葉だったけど、ずっと居場所を探していたのは、本当は私も同じ」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190723015338j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190723015356j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190723015509j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190723015538j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190723015551j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190723015607j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190723015626j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190723015645j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190723015701j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190723015718j:plain

ステラ「そうやって生きる為に転がり込んだだけだから」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190723015740j:plain

引用元――エガオノダイカ(原作:タツノコプロ、エガオノダイカ製作委員会)より抜粋】

 

 

 

ステラにとって軍は居場所ではなかったのか。

 

良い事なのか、残念なのか複雑ですよね。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20190723015838j:plain

リリィ「うん、リリィも軍が自分の居場所かというと違うとは思うのですけど。でも、この分隊が、みんなが居るところが居場所の様な気がするのです」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190723015857j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190723015915j:plain

リリィ「だからステラ姉も、この分隊が居場所だなって思ってくれたら、リリィは嬉しいのです」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190723015930j:plain

引用元――エガオノダイカ(原作:タツノコプロ、エガオノダイカ製作委員会)より抜粋】

 

 

 

リリィは分隊を家族に喩える。特にゲイルは口うるさい父親の様だと。

 

ステラさんは「どう応えていいか分からなくて」と返事を濁しました。

 

絆が深まりつつある。願わくば、分隊がこのままステラの居場所に。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20190723020025j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190723020103j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190723020131j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190723020150j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190723020210j:plain

引用元――エガオノダイカ(原作:タツノコプロ、エガオノダイカ製作委員会)より抜粋】

 

 

 

考え込んでいるのか、集中していませんね、ステラさん。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20190723020340j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190723020403j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190723020430j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190723020452j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190723020516j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190723020539j:plain

引用元――エガオノダイカ(原作:タツノコプロ、エガオノダイカ製作委員会)より抜粋】

 

 

 

案の定、ミスってしまった。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20190723020642j:plain

ゲイル「ま、何とかなるだろ。皆と先にむかってくれ。1、2時間は掛かるだろうが、すぐに追いつく。当然、お前は手伝え、ステラ」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190723020712j:plain

引用元――エガオノダイカ(原作:タツノコプロ、エガオノダイカ製作委員会)より抜粋】

 

 

 

ゲイルさんが修理をする事に。

 

万能だな、この男。リーダーとして寛容だし。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20190723020816j:plain

ゲイル「珍しいな。こんなミスをするなんて」

ステラ「申し訳ありません」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190723020859j:plain

ゲイル「ま、そういう人間臭いところがみえるってのも、悪くない」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190723020920j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190723020944j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190723021001j:plain

ゲイル「変わったと思うか? 自分が」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190723021021j:plain

ゲイル「らしいか、らしくないかは分からんが、悪くないと思うぞ、俺は」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190723021046j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190723021106j:plain

引用元――エガオノダイカ(原作:タツノコプロ、エガオノダイカ製作委員会)より抜粋】

 

 

 

リリィさんに続き、ゲイルさんもステラさんの心を溶かしていきます。

 

1番の理解者だよな、ゲイルは。ステラにとって。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20190723021224j:plain

ステラ「あそこに居た子供達、この先も変わらずに居られるでしょうか」

ゲイル「難しいだろうな。老夫妻だけってのは無理があり過ぎる」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190723021245j:plain

ゲイル「俺達にできる事は限られているが、ま、やらないよりはいい」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190723021305j:plain

ステラ「そういう思いで、孤児院を?」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190723021327j:plain

ゲイル「絵を見ただろ?」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190723021344j:plain

ゲイル「うちの孤児院にもいる。戦時下の血生臭い絵しか描けない子が」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190723021409j:plain

ゲイル「ああいう子たちを作り出しているのも、間違いなく俺達だ」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190723021432j:plain

ゲイル「だから見届ける責任がある」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190723021449j:plain

引用元――エガオノダイカ(原作:タツノコプロ、エガオノダイカ製作委員会)より抜粋】

 

 

 

もっと違う世界、違う未来を子供達にみせる時が来るのを――か。

 

本当に素晴らしい方ですね、ゲイルさん。

 

だが、そんなゲイルも戦場では多くの命を奪っている。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20190723021553j:plain

ステラ「リリィが言っていました。隊長は口うるさいお父さんみたいだって」

ゲイル「勘弁しろよ。子供はもう充分だ」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190723022242j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190723022303j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190723022321j:plain

引用元――エガオノダイカ(原作:タツノコプロ、エガオノダイカ製作委員会)より抜粋】

 

 

 

ステラさんが、心の底から笑いました。

 

もっと早く、ゲイルに出逢えていれば。

 

今からでも遅くはありませんよ、きっと。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20190723022506j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190723022523j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190723022543j:plain

引用元――エガオノダイカ(原作:タツノコプロ、エガオノダイカ製作委員会)より抜粋】

 

 

 

本隊と合流しました。

 

そして、作戦が始まる。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20190723022657j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190723022718j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190723022756j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190723022817j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190723022834j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190723022849j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190723022910j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190723022925j:plain

ガイ「なんだ?」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190723022941j:plainブレイク「地雷だ。斜面一帯に地雷が仕掛けられている」

ゲイル「下がれ。ルートを離れるな」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190723023001j:plain

引用元――エガオノダイカ(原作:タツノコプロ、エガオノダイカ製作委員会)より抜粋】

 

 

 

このシーンは。

 

第9話の攻防戦だな。

 

それが帝国側の視点で再現されております。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20190723023156j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190723023212j:plain

ブレイク「何があっても施設に近付けさせないって構えだな。何があるってんだ、あの施設に」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190723023231j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190723023252j:plain

ゲイル「出来るだけ下がれ。艦砲射撃がくる。地雷原を潰す」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190723023313j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190723023333j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190723023351j:plain

引用元――エガオノダイカ(原作:タツノコプロ、エガオノダイカ製作委員会)より抜粋】

 

 

 

実は、王国側はこの1小隊を除いて撤退しております。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20190723023459j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190723023516j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190723023538j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190723023554j:plain

ゲイル「全員、無事か」

ヒューイ「ガイ以外はね。肝心な時に使えないぜ、アイツ」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190723023616j:plain

引用元――エガオノダイカ(原作:タツノコプロ、エガオノダイカ製作委員会)より抜粋】

 

 

 

ガイが呆気なくリタイアだ。機体以外は無事だが。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20190723023716j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190723023751j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190723023811j:plain

ブレイク「リリィ、後ろだ」

リリィ「ぅぁあっ」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190723023832j:plain

引用元――エガオノダイカ(原作:タツノコプロ、エガオノダイカ製作委員会)より抜粋】

 

 

 

ハロルドさんが駆る機体が襲ってきました。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20190723023948j:plain

ヒューイ「やろうっ」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190723024009j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190723024032j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190723024057j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190723024117j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190723024142j:plain

引用元――エガオノダイカ(原作:タツノコプロ、エガオノダイカ製作委員会)より抜粋】

 

 

 

圧倒的な強さだ、ハロルドは。寄せ付けない。

 

ステラさん、ピアースさんを倒した機体だと察しました。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20190723024240j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190723024259j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190723024322j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190723024344j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190723024401j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190723024424j:plain

ステラ「はっ」

ゲイル「ステラぁ!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190723024443j:plain

引用元――エガオノダイカ(原作:タツノコプロ、エガオノダイカ製作委員会)より抜粋】

 

 

 

ステラ機が弾切れになり、絶体絶命。

 

その時、ゲイルさんが身を挺して――

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20190723024537j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190723024554j:plain

ステラ「隊長!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190723024614j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190723024631j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190723024652j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190723024715j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190723024735j:plain

引用元――エガオノダイカ(原作:タツノコプロ、エガオノダイカ製作委員会)より抜粋】

 

 

 

勝ったのか? ゲイルは。

 

い、いえ。どうやら。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20190723024939j:plain

ステラ『隊長』

ゲイル「下がれ、爆発するぞ」

ステラ『隊長、どうして?』

ゲイル「どうして?」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190723024957j:plain

ゲイル「大事な部下を守るのに、理由がいるか?」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190723025015j:plain

引用元――エガオノダイカ(原作:タツノコプロ、エガオノダイカ製作委員会)より抜粋】

 

 

 

ハロルドとは違う意味で、男の中の男だ。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20190723025117j:plain

ゲイル「ステラ」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190723025137j:plain

ゲイル「ブレイク」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190723025156j:plain

ゲイル「リリィ」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190723025214j:plain

ゲイル「ヒューイ」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190723025235j:plain

ゲイル「ガイ」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190723025258j:plain

リリィ『隊長っ。たいちょうぅ~~!』

f:id:ayafumi-rennzaki:20190723025319j:plain

ゲイル「生き抜け。そして見届けてくれ」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190723025334j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190723025357j:plain

ゲイル「戦いの終わりを。そこから始まる明日を」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190723025418j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190723025437j:plain

引用元――エガオノダイカ(原作:タツノコプロ、エガオノダイカ製作委員会)より抜粋】

 

 

 

ゲイルが散った。ステラ達に明日を託して。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20190723025533j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190723025551j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190723025609j:plain

リリィ「ぁ、ぁ、ぁッ」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190723025627j:plain

ステラ「ぁああああぁぁああああぁああああああああぁあああああッ!!

f:id:ayafumi-rennzaki:20190723025645j:plain

リリィ「ステラ姉ぇぇ」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190723025702j:plain

ステラ「ぅ、ぅ、ぁぁあ、ぅあッ」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190723025722j:plain

ステラ「うわあぁぁああああああああああああぁぁぁああぁあぁぁあああっぁあああぁああっぁあああああああッ!!

f:id:ayafumi-rennzaki:20190723025741j:plain

ステラ「ぁああぁあああぁあああぁぁぁぁああああッ!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190723025759j:plain

引用元――エガオノダイカ(原作:タツノコプロ、エガオノダイカ製作委員会)より抜粋】

 

 

 

ステラさんの慟哭が響く中、戦闘は終了しました。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20190723025940j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190723030048j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190723030113j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190723030131j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190723030154j:plain

引用元――エガオノダイカ(原作:タツノコプロ、エガオノダイカ製作委員会)より抜粋】

 

 

 

ハロルドは帝国によって国葬された。英雄として。

 

相討ちになったゲイルさんは無名のまま。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20190723030257j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190723030320j:plain

ガイ「なんだって敵の葬式なんざ、盛大にやってんだよ」

ブレイク「一種のプロパガンダってやつだろ」

ガイ「プロパガンダ?」

ブレイク「長引いている戦争に疲れているのは向こうも同じだろうし、厭戦気分を煽って切り崩せれば、ってとこだ」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190723030341j:plain

ヒューイ「くっだらねぇ。死体すら残ってねえ人間もいるってのによ」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190723030400j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190723030423j:plain

引用元――エガオノダイカ(原作:タツノコプロ、エガオノダイカ製作委員会)より抜粋】

 

 

 

ハロルドとゲイル。その対極さはユウキとステラの相似でもある。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20190723030533j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190723030552j:plain

リリィ「知ってました? 隊長、好き嫌いはなかったけど、この豆料理だけは苦手だったみたい」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190723030612j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190723030631j:plain

ステラ「そう」

リリィ「ええ。そうだったのです」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190723030649j:plain

引用元――エガオノダイカ(原作:タツノコプロ、エガオノダイカ製作委員会)より抜粋】

 

 

 

喪失感がとてつもないです。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20190723030756j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190723030814j:plain

ヒューイ「例の?」

ガイ「ああ」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190723030829j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190723030845j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190723030900j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190723030917j:plain

ステラ「さよなら、隊長」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190723030933j:plain

引用元――エガオノダイカ(原作:タツノコプロ、エガオノダイカ製作委員会)より抜粋】

 

 

 

次回予告だ。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20190221182723j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190722210559j:plain

引用元――エガオノダイカ(原作:タツノコプロ、エガオノダイカ製作委員会)より抜粋】

 

 

 

次回の第11話から王国と帝国に視点が別れません。

 

残り2話で事実上の最終エピソードとなる。

 

王国と帝国の視点が錯綜する中。

 

果たしてステラとユウキは、どの様に出会うのか――

◆配信電子ストア◆

 

 

 

 

引用元――エガオノダイカ(原作:タツノコプロ、エガオノダイカ製作委員会)より抜粋】

f:id:ayafumi-rennzaki:20190722210403j:plain

※)引用したキャプチャ画像に関しては、著作権権利者様より異議申し立て・削除要請があれば、速やかに対処いたしますのでご承知置き願います。

  また、権利者様および各関係者様への敬意を忘れず、不利益にならない用法を心掛ける事を明記します。