アニメを斬る!

アニメ関連の話題をメインに、美少女DJ2名が会話形式でお送りする、仮想ラジオブログ!

アニメを斬る!

— 最 新 記 事 —
【初心者必見、動画つき】ダンベル何キロ持てる? 筋トレ講座(第6話)【アームレスリング&自重反動トレ】
【初心者必見、動画つき】ダンベル何キロ持てる? 筋トレ講座(第5話)【レッグカール&バイシクルクランチ】
【Episode13-2 神様も知らないヒカリで歴史を創ろう】戦姫絶唱シンフォギアXV 第13話(後【レビュー&感想】
【Episode13-1 神様も知らないヒカリで歴史を創ろう】戦姫絶唱シンフォギアXV 第13話(前【レビュー&感想】
※更新【個人的な面白さ】厳選お勧めアニメを紹介 ~ライトノベル原作編~【随時更新版】
【アニメ第0話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode 0 Initium Iter】
【初心者必見、動画つき】ダンベル何キロ持てる? 筋トレ講座(第4話)【チェストプレスマシン&ディップス】
※更新【2018年以降】厳選お勧めアニメを紹介 ~オリジナルアニメ編~【個人的な面白さ/随時更新版】
【Episode12 戦姫絶唱】戦姫絶唱シンフォギアXV 第12話【レビュー&感想】
【Episode11 ハジメニコトバアリキ】戦姫絶唱シンフォギアXV 第11話【レビュー&感想】
【Episode10 卑しき錆色に非ず】戦姫絶唱シンフォギアXV 第10話【レビュー&感想】
【初心者必見、動画つき】ダンベル何キロ持てる? 筋トレ講座(第3話)【ダンベルカール&フロントプレス】
【初心者必見、動画つき】ダンベル何キロ持てる? 筋トレ講座(第2話)【ラットプルダウン&プランク】
【Episode9 I am a father】戦姫絶唱シンフォギアXV 第9話【レビュー&感想】
【初心者必見、動画つき】ダンベル何キロ持てる? 筋トレ講座(第1話)【ベンチプレス&スクワット】
【Episode8 XV】戦姫絶唱シンフォギアXV 第8話【レビュー&感想】
【妖怪人間ベム】歴代アニメOPの比較と美少女化したJKなベラさん【令和版BEM】
【Episode7 もつれた糸を断ち切って】戦姫絶唱シンフォギアXV 第7話【レビュー&感想】
【Episode6 ゼノグラシア】戦姫絶唱シンフォギアXV 第6話【レビュー&感想】
【Episode5 かばんの隠し事】戦姫絶唱シンフォギアXV 第5話【レビュー&感想】
【響/翼/クリス】戦姫絶唱シンフォギアXV 変身バンク集【マリア/調/切歌】
【第1期~第4期】シンフォギアの歴代ラスボス&フィニッシュシーン GIFバージョン【無印/G/GX/AXZ】
【Episode4 花の名は、アマルガム】戦姫絶唱シンフォギアXV 第4話【レビュー&感想】
ヘッダー画像

【エガオノダイカ】第7話『王宮のひまわり』【タツノコプロ創立55周年記念作品】

 

2800作品のアニメが見放題!

※)引用したキャプチャ画像に関しては、著作権権利者様より異議申し立て・削除要請があれば、速やかに対処いたしますのでご承知置き願います。 

  また、権利者様および各関係者様への敬意を忘れず、不利益にならない用法を心掛ける事を明記します。

 

――オンエア、START! 

 

 

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

戦い終えた後の、次の道は――。王宮の潤い、DJの淡雪です。
今日も『エガオノダイカ』企画といきましょう。他の企画の為にも、出来るだけ早い完走を目指して、この第7話も第6話と同じく一気での放送となります。

           ※)メインDJ。14歳(中等部三年生)

 

助手の締里だ。今話で『エガオノダイカ』も半分を超える。
前回はAパートが終わるのが極端に後ろの方という事もあったのだが、この第7話は戦闘回ではないので、放送回数の短縮も兼ねて一気での放送となるぞ。

           ※)DJ助手。15歳(高等部一年生)

 

今夜から『dアニメストア』より『シンフォギアXV』の配信が開始です! 

 

シンフォギアの為にも、スピーディに進めていく。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20190705184632j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190705184647j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190705184702j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190705184720j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190705184738j:plain

引用元――エガオノダイカ(原作:タツノコプロ、エガオノダイカ製作委員会)より抜粋】

 

 

 

ハリアントにある王国の旗が焼かれ、帝国の旗と入れ替えられました。

 

その状況を、イザナはリーゼ地方領主(辺境伯)に通信している。帝国側の捕虜として、穏便に降伏できないかという相談(交渉)だ。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20190705191144j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190705191200j:plain

辺境伯『捕虜になったとはいえ、帝国側の要求に諾々と従う貴公には失望した』

f:id:ayafumi-rennzaki:20190705191217j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190705191339j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190705191354j:plain

引用元――エガオノダイカ(原作:タツノコプロ、エガオノダイカ製作委員会)より抜粋】

 

 

 

第6話から、早1ヶ月が過ぎていました。

 

側近と王都からトンズラこいたユウキを、辺境伯は批判だ。断じて降伏には応じないと、イザナからの通信を切る。徹底抗戦の意思を示した。辺境伯は逃走劇の内部事情を知らないから、ユウキが許せないのだろう。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20190705191417j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190705191435j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190705191455j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190705191546j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190705191610j:plain

引用元――エガオノダイカ(原作:タツノコプロ、エガオノダイカ製作委員会)より抜粋】

 

 

 

王都の惨状に、2人は心を痛めます。

 

これをやったのは間違いなく自分達。
しかし、仲間のピアースも王国側にやられた側だ。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20190705191735j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190705192001j:plain

ブレイク「王宮だってのに」

ヒューイ「ショボい」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190705192020j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190705192039j:plain

リリィ「それで、ステラ姉と話したのですけれど」

ステラ「みんなでピアースを送り出す事ができないかと思って」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190705192059j:plain

引用元――エガオノダイカ(原作:タツノコプロ、エガオノダイカ製作委員会)より抜粋】

 

 

 

見舞いは今日で最後。ピアースは退院だ。退役でもある。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20190705192255j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190705192311j:plain

引用元――エガオノダイカ(原作:タツノコプロ、エガオノダイカ製作委員会)より抜粋】

 

 

 

アイネさんとイザナさんが腹の探り合いですね。

 

帝国側が「王国側に無駄な血を流させたくない」という理念から、イザナを介して降伏勧告を行っているのも事実だろうが、イザナが推察した通りに、帝国側にも物資的な余裕がなくなっているも当たっている筈だ。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20190705192413j:plain

ゲイル「送別会か。いいだろ。俺の部屋を使っても構わん」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190705192431j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190705192454j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190705192511j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190705192532j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190705192548j:plain

引用元――エガオノダイカ(原作:タツノコプロ、エガオノダイカ製作委員会)より抜粋】

 

 

 

ピアースさんの補充要員としてガイさんが仲間に加わりました。

 

酒好きだが、手土産の酒は飲みかけだった。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20190705192637j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190705192658j:plain

ガイ「秘蔵のとっておきだ。ありがたく頂けよ」

ヒューイ「飲みかけ」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190705192717j:plain

ステラ「あ。みんなで食料持ち合ったら?」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190705192736j:plain

引用元――エガオノダイカ(原作:タツノコプロ、エガオノダイカ製作委員会)より抜粋】

 

 

 

ステラさんのナイス・アイデアです。

 

その一方で、アイネは現・皇帝と会話していた。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20190705192828j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190705192846j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190705192902j:plain

皇帝『皇帝の旗のもとで兵は死ぬのだ。伝統も血筋も持たぬ旗印に、力の裏付けすらなければ、忠誠を誓う者など何処にいようか』

f:id:ayafumi-rennzaki:20190705192918j:plain

引用元――エガオノダイカ(原作:タツノコプロ、エガオノダイカ製作委員会)より抜粋】

 

 

 

帝国側も新型【クラルス】の量産化を進めていました。

 

だが、アイネは皇帝に「戦争に終局が見えつつある今、新型【クラルス】に固執する必要はないのでは」と進言する。

 

しかし、12年前とは違う新しい皇帝は「戦争で民が死んでいっている中、力なくして誰も自分になど従わない」と、アイネさんの言葉を却下しました。

 

それから、帝国は新型【クラルス】が問題を孕んでいると把握している。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20190705193138j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190705193155j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190705193230j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190705193247j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190705193305j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190705193324j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190705193348j:plain

引用元――エガオノダイカ(原作:タツノコプロ、エガオノダイカ製作委員会)より抜粋】

 

 

 

廃棄される予定のワインを発見しました。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20190705193557j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190705193615j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190705193636j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190705193653j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190705193724j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190705193744j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190705193851j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190705193913j:plain

ブレイク「じゃがいも?」

ガイ「大半腐りかけてて、始末に困ってたっていうからな」

ステラ「でも、そんなに状態は悪くないみたい」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190705193931j:plain

ヒューイ「仕方ねえなぁ。厨房は空いているのか?」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190705193952j:plain

引用元――エガオノダイカ(原作:タツノコプロ、エガオノダイカ製作委員会)より抜粋】

 

 

 

意外にも、ヒューイが一肌脱ぐ展開に。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20190705194323j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190705194343j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190705194748j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190705194813j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190705194842j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190705194904j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190705194928j:plain

引用元――エガオノダイカ(原作:タツノコプロ、エガオノダイカ製作委員会)より抜粋】

 

 

 

こうして、ピアースさんの送別会の準備が整いました。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20190705195026j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190705195057j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190705195117j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190705195137j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190705195219j:plain

ゲイル「ピアースの退院を祝って、乾杯!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190705195238j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190705195258j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190705195319j:plain

引用元――エガオノダイカ(原作:タツノコプロ、エガオノダイカ製作委員会)より抜粋】

 

 

 

送別会が始まりました。

 

命に別状がなく、幸運といえば幸運だったな、ピアース。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20190705195459j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190705195516j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190705195536j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190705195556j:plain

ピアース「そうだ! 丁度良かった。自分もこれ持ち歩いていて」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190705195633j:plain

ピアース「良かったら試してみて下さい」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190705195651j:plain

ピアース「バグジー豆。うちの故郷の名産です」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190705195712j:plain

引用元――エガオノダイカ(原作:タツノコプロ、エガオノダイカ製作委員会)より抜粋】

 

 

 

こういった系統の珍味って――

 

オチは決まっているよな。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20190705202349j:plain

ブレイク「この豆ってアレじゃないのか。王国軍の捕虜に食わせたら、拷問だって訴えられたってやつ!」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190705202407j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190705202430j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190705202447j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190705202509j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190705202530j:plain

ピアース「み、水。水をくれ」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190705202549j:plain

引用元――エガオノダイカ(原作:タツノコプロ、エガオノダイカ製作委員会)より抜粋】

 

 

 

やっぱり、こうなりましたか。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20190705202641j:plain

ブレイク「待て。口直しならコイツだ」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190705202700j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190705202719j:plain

ブレイク「もっと不味くて相殺される」

ピアース「バカ野郎! 不味さが倍になるだけだ」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190705202742j:plain

引用元――エガオノダイカ(原作:タツノコプロ、エガオノダイカ製作委員会)より抜粋】

 

 

 

楽しそうな一時で何よりだ。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20190705202843j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190705202904j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190705202941j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190705203007j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190705203037j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190705203057j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190705203122j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190705203141j:plain

引用元――エガオノダイカ(原作:タツノコプロ、エガオノダイカ製作委員会)より抜粋】

 

 

 

故郷に戻った後の身の振り方が決まっていないピアースさんに、ゲイルさんが「自分が経営する孤児院で働かないか」と誘いました。

 

ここでゲイルが孤児院を経営している事が、皆に知れ渡る。

 

ピアースさんのご実家が裕福ではなく、口減らしの為に軍隊を選んだ事も。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20190705203242j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190705203302j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190705203518j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190705203536j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190705203555j:plain

引用元――エガオノダイカ(原作:タツノコプロ、エガオノダイカ製作委員会)より抜粋】

 

 

 

イザナさんは生まれてくるお子さんの名前で悩んでいました。

 

捕虜という立場からして、おそらく逢えないのが悲しいところだ。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20190705203650j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190705203709j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190705203729j:plain

ステラ「あの話は?」

ゲイル「孤児院の話か。まだ来るとも来ないとも」

ステラ「素敵な話だと思ったのですが」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190705203747j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190705203819j:plain

ゲイル「昔、アイツは父親にこう言われたらしい。お前も根付かぬ作物だって、な」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190705203841j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190705203858j:plain

ゲイル「そんなモンに喩えられる様な自分に、子供の面倒なんてみられるのかってな」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190705203922j:plain

引用元――エガオノダイカ(原作:タツノコプロ、エガオノダイカ製作委員会)より抜粋】

 

 

 

若気の至りで、ちょっとヤンチャもしていたピアースさんに、父親からの心ない言葉は、精神に重大な傷(トラウマ)をつけていました。

 

家を傾かせた、実らなかった作物と同じだと揶揄されたら、傷付くな。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20190705204014j:plain

ステラ「どこかに痛みを抱えている者の方が、たぶん分かってあげられる。傷付いている子供達の気持ちを」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190705204033j:plain

ゲイル「お前もそうい子供だったのか?」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190705204050j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190705204109j:plain

引用元――エガオノダイカ(原作:タツノコプロ、エガオノダイカ製作委員会)より抜粋】

 

 

 

ここで、ステラさんの微笑みの理由が明らかに。

 

回想シーンだ。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20190705204205j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190705204254j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190705204311j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190705204328j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190705204357j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190705204417j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190705204439j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190705204458j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190705204519j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190705204539j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190705204556j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190705204614j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190705204638j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190705204706j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190705204727j:plain

義母「不味いっていうのかい? (違うというの)だったら、そういう顔してんじゃないの」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190705204745j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190705204801j:plain義母「そ。そうやって笑っていればいい。そうやってりゃ何だってやり過ごしていける」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190705204829j:plain

引用元――エガオノダイカ(原作:タツノコプロ、エガオノダイカ製作委員会)より抜粋】

 

 

 

引き取った時とは別人の様に里親は荒んでいた。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20190705204924j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190705204943j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190705204958j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190705205014j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190705205036j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190705205052j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190705205112j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190705205129j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190705205149j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190705205206j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190705205225j:plain

引用元――エガオノダイカ(原作:タツノコプロ、エガオノダイカ製作委員会)より抜粋】

 

 

 

ステラさんがシャイニング家から脱出したのは、こういう事情でした。あるいはシャイニングはステラさんが名乗る偽名かも。果たして彼女は本名であるステラ・エトワールに戻れる日が来るのでしょうか。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20190705205348j:plain

ゲイル「俺が育てたいのは、たぶんお前が考えている様な子供とは違う」

ステラ「え?」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190705205417j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190705205439j:plain

ゲイル「互いの傷口を舐め合う様なひ弱な子供を育てているつもりはない」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190705205458j:plain

ゲイル「自分を偽り、周りを気にして笑顔を繕う様な子供はな」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190705205518j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190705205540j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190705205559j:plain

ゲイル「ピアースも自分の自信のなさを正当化できる裏付けを探しているだけで、根付かぬ花と最初から決めているのは周りだけだ」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190705205625j:plain

ゲイル「花も作物も。根付いて生きようと必死な筈じゃないのか」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190705205643j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190705205702j:plain

引用元――エガオノダイカ(原作:タツノコプロ、エガオノダイカ製作委員会)より抜粋】

 

 

 

手厳しいな、ゲイルは。愛に溢れているが。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20190705211917j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190705211936j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190705212006j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190705212030j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190705212049j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190705212110j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190705212134j:plain

引用元――エガオノダイカ(原作:タツノコプロ、エガオノダイカ製作委員会)より抜粋】

 

 

 

故郷への土産話に、ピアースさんは王宮内を見てみたいとの事。

 

巡回に見つかりそうになり、ステラ達は隠れる。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20190705212256j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190705212319j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190705212340j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190705212356j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190705212419j:plain

引用元――エガオノダイカ(原作:タツノコプロ、エガオノダイカ製作委員会)より抜粋】

 

 

 

ゲイルとの会話。ステラは色々と思うところがありそうだ。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20190705213451j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190705213540j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190705213642j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190705213707j:plain

リリィ「枯れているのです」

ピアース「根付かなかった花、か」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190705213727j:plain

引用元――エガオノダイカ(原作:タツノコプロ、エガオノダイカ製作委員会)より抜粋】

 

 

 

温室のひまわりを発見しました。ユウキさんの大切な花。

 

残念ながら、1ヶ月の放置で枯れてしまっている。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20190705213826j:plain

ステラ「でも見て。ここまで大きくなって」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190705213844j:plain

ステラ「根付くのが難しい花だとしても、育てた人がいる間はちゃんと成長してた」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190705213901j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190705213936j:plain

ステラ「すごく大事に育ててたんじゃ。ここだけ何度も行ったり来たり」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190705213953j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190705214016j:plain

ピアース「もう寝ちゃったかな、隊長」

ステラ「たぶん。でも待っていると思う。良い返事なら」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190705214031j:plain

引用元――エガオノダイカ(原作:タツノコプロ、エガオノダイカ製作委員会)より抜粋】

 

 

 

ピアースさんは孤児院で働く決意をしました。

 

それは自分を肯定するのと同義でもあった。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20190705214131j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190705214148j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190705214208j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190705214226j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190705214248j:plain

引用元――エガオノダイカ(原作:タツノコプロ、エガオノダイカ製作委員会)より抜粋】

 

 

 

現実は、残酷です。

 

ピアース視点では良い話でも、王国の民から見たピアースは侵略者だ。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20190705214349j:plain

リリィ「嘘なのです!

ゲイル「ピアースの乗っていた輸送ホバーが国境付近で襲撃された」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190705214407j:plain

ブレイク「生存者は?」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190705214532j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190705214548j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190705214603j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190705214620j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190705214638j:plain

引用元――エガオノダイカ(原作:タツノコプロ、エガオノダイカ製作委員会)より抜粋】

 

 

 

ピアースも亡くなっていた。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20190705214742j:plain

ヒューイ「こんなモンだろ、現実は」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190705214819j:plain

ヒューイ「惨めな奴が夢みたところで、湿気た未来が待ってるだけだ」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190705214839j:plain

引用元――エガオノダイカ(原作:タツノコプロ、エガオノダイカ製作委員会)より抜粋】

 

 

 

ヒューイさんの強がりが、悲しいです。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20190705214933j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190705214948j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190705215003j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190705215018j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190705215036j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190705215054j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190705215109j:plain

引用元――エガオノダイカ(原作:タツノコプロ、エガオノダイカ製作委員会)より抜粋】

 

 

 

ステラが感情を露わにした。微笑みを止めて。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20190705215243j:plain

ヒューイ「笑うしかねぇんじゃ、なかったのか?」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190705215301j:plain

ヒューイ「こういう時も」

f:id:ayafumi-rennzaki:20190705215316j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190705215334j:plain

引用元――エガオノダイカ(原作:タツノコプロ、エガオノダイカ製作委員会)より抜粋】

 

 

 

ヒューイさんの気持ちだって、皆さん分かっています。

 

だから殴りかかったステラだけでなく、ヒューイも責められない。

 

悲しいのは共に同じ。表現の仕方が違うだけで。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20190705215420j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190705215434j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190705215449j:plain

引用元――エガオノダイカ(原作:タツノコプロ、エガオノダイカ製作委員会)より抜粋】

 

 

 

ステラさん、もう微笑みを取り繕えません。

 

成長の代価が、ピアースの命とは切ない。

 

次回予告となります。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20190221182723j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190705184517j:plain

引用元――エガオノダイカ(原作:タツノコプロ、エガオノダイカ製作委員会)より抜粋】

 

 

 

不吉なタイトルです。

 

物語と戦争は佳境へと突入していく。

 

次は再び王国パートとなります。

 

そして次回は、いよいよ『シンフォギアXV』第1話だぞ。

 

今夜の配信、心待ちにしています!

◆配信電子ストア◆

 

 

 

 

引用元――エガオノダイカ(原作:タツノコプロ、エガオノダイカ製作委員会)より抜粋】

f:id:ayafumi-rennzaki:20190705184542j:plain

※)引用したキャプチャ画像に関しては、著作権権利者様より異議申し立て・削除要請があれば、速やかに対処いたしますのでご承知置き願います。

  また、権利者様および各関係者様への敬意を忘れず、不利益にならない用法を心掛ける事を明記します。