アニメを斬る!

アニメ関連の話題をメインに、美少女DJ2名が会話形式でお送りする、仮想ラジオブログ!

アニメを斬る!

— 最 新 記 事 —
【アニメ第5話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode5 ギルガメッシュ紀行】
【アニメ第4話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode4 密林の呼び声】
【初心者必見、動画つき】ダンベル何キロ持てる? 筋トレ講座(第8話)【サイドベント&ランジ】
【アニメ第3話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode3 王と民】
【初心者必見、動画つき】ダンベル何キロ持てる? 筋トレ講座(第7話)【デッドリフト&サイドレイズ】
【アニメ第2話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode2 城塞都市ウルク】
【アニメ第1話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode1 絶対魔獣戦線バビロニア】
【初心者必見、動画つき】ダンベル何キロ持てる? 筋トレ講座(第6話)【アームレスリング&自重反動トレ】
【初心者必見、動画つき】ダンベル何キロ持てる? 筋トレ講座(第5話)【レッグカール&バイシクルクランチ】
【Episode13-2 神様も知らないヒカリで歴史を創ろう】戦姫絶唱シンフォギアXV 第13話(後【レビュー&感想】
【Episode13-1 神様も知らないヒカリで歴史を創ろう】戦姫絶唱シンフォギアXV 第13話(前【レビュー&感想】
※更新【個人的な面白さ】厳選お勧めアニメを紹介 ~ライトノベル原作編~【随時更新版】
【アニメ第0話】Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-【Episode 0 Initium Iter】
【初心者必見、動画つき】ダンベル何キロ持てる? 筋トレ講座(第4話)【チェストプレスマシン&ディップス】
※更新【2018年以降】厳選お勧めアニメを紹介 ~オリジナルアニメ編~【個人的な面白さ/随時更新版】
【Episode12 戦姫絶唱】戦姫絶唱シンフォギアXV 第12話【レビュー&感想】
【Episode11 ハジメニコトバアリキ】戦姫絶唱シンフォギアXV 第11話【レビュー&感想】
【Episode10 卑しき錆色に非ず】戦姫絶唱シンフォギアXV 第10話【レビュー&感想】
【初心者必見、動画つき】ダンベル何キロ持てる? 筋トレ講座(第3話)【ダンベルカール&フロントプレス】
【初心者必見、動画つき】ダンベル何キロ持てる? 筋トレ講座(第2話)【ラットプルダウン&プランク】
【Episode9 I am a father】戦姫絶唱シンフォギアXV 第9話【レビュー&感想】
【初心者必見、動画つき】ダンベル何キロ持てる? 筋トレ講座(第1話)【ベンチプレス&スクワット】
【Episode8 XV】戦姫絶唱シンフォギアXV 第8話【レビュー&感想】
【妖怪人間ベム】歴代アニメOPの比較と美少女化したJKなベラさん【令和版BEM】
【Episode7 もつれた糸を断ち切って】戦姫絶唱シンフォギアXV 第7話【レビュー&感想】
【Episode6 ゼノグラシア】戦姫絶唱シンフォギアXV 第6話【レビュー&感想】
【Episode5 かばんの隠し事】戦姫絶唱シンフォギアXV 第5話【レビュー&感想】
【響/翼/クリス】戦姫絶唱シンフォギアXV 変身バンク集【マリア/調/切歌】
【第1期~第4期】シンフォギアの歴代ラスボス&フィニッシュシーン GIFバージョン【無印/G/GX/AXZ】
【Episode4 花の名は、アマルガム】戦姫絶唱シンフォギアXV 第4話【レビュー&感想】
ヘッダー画像

【エガオノダイカ】第4話『希望の選択』(後)【タツノコプロ創立55周年記念作品】

 

2800作品のアニメが見放題!

※)引用したキャプチャ画像に関しては、著作権権利者様より異議申し立て・削除要請があれば、速やかに対処いたしますのでご承知置き願います。 

  また、権利者様および各関係者様への敬意を忘れず、不利益にならない用法を心掛ける事を明記します。

 

――オンエア、START! 

 

 

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

GWに突入ですね。皆さまの天使、DJの淡雪です。
世間様は怒濤の10連休を迎える中、この第102回目は『エガオノダイカ』企画の8回目、第4話『希望の選択』のレビュー&感想の後編となりますよ。

           ※)メインDJ。14歳(中等部三年生)

 

助手の締里だ。連休を楽しむ者も、連休なしで仕事の者も楽しんでくれ。
私達に連休がないのは仕方が無いにしても、記事の更新がサッパリ進まないのは、少々もどかしいぞ。正直いってストレスだ。

           ※)DJ助手。15歳(高等部一年生)

 

収益化で少々ゴタゴタしていますからね。このブログとサブブログはアドセンスに専念して、物販用(ASP)用のブログを試験的に立ち上げようかと検討中(設計&準備)です。特性上、コッソリと運営していく事になりますが。

 

なるほど。収益専用のブログが稼働して、上手く時間を作る事ができる様になれば、このブログとサブブログも更新に専念できるという皮算用か。

 

皮算用いわないで下さい。

 

収益化が上手くいかなければブログ運営もジリ貧なのは間違いない。時間は有限だし貴重だ。いつまでもタダで更新し続けるのは、人生の無駄だからな。

 

今後の展望は展望として、番組に進みましょう。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20190419183537j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190419183551j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190419183604j:plain

引用元――エガオノダイカ(原作:タツノコプロ、エガオノダイカ製作委員会)より抜粋】

 

 

 

あれから再び意識を失い、目を覚ますと1ヶ月も時が経っていた。

 

その1ヶ月の間に、王国と帝国は断絶状態になっていました。

 

テロリストを止めようと突入してきたのは帝国側の兵士で、その無謀さを王国側は赦せなかった、というのが国交断絶の理由だ。撃たれたのは皇帝ではなくソレイユ国王だしな。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20190419184023j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190419184038j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190419184052j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190419184112j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190419184135j:plain

引用元――エガオノダイカ(原作:タツノコプロ、エガオノダイカ製作委員会)より抜粋】

 

 

 

イザナさんに渡された犠牲者リストの中に、旦那さんとステラさんの名前を確認し、レイラさんは絶望します。全てを失ったと。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20190419184239j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190419184257j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190419184314j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190419184334j:plain

引用元――エガオノダイカ(原作:タツノコプロ、エガオノダイカ製作委員会)より抜粋】

 

 

 

いくぶん回復したレイラは王宮に招かれる。

 

爆発時に庇ったユウキさんの件で、御礼がしたいからと。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20190419184429j:plain

引用元――エガオノダイカ(原作:タツノコプロ、エガオノダイカ製作委員会)より抜粋】

 

 

 

赤ん坊のユウキさん、泣き出してしまいます。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20190419184654j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190419184714j:plain

引用元――エガオノダイカ(原作:タツノコプロ、エガオノダイカ製作委員会)より抜粋】

 

 

 

ヨシュアがあやそうとするが、泣き止まない。イザナ曰く「こうなると、もう誰にも手がつけられない」との事。しかし――

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20190419184833j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190419184852j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190419184912j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190419184932j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190419184949j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190419185007j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190419185031j:plain

引用元――エガオノダイカ(原作:タツノコプロ、エガオノダイカ製作委員会)より抜粋】

 

 

 

ユウキさんはレイラさんを見つけて、手を伸ばします。

 

レイラが抱き上げると、ユウキは泣き止んだ。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20190419185315j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190419185333j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190419185354j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190419185413j:plain

引用元――エガオノダイカ(原作:タツノコプロ、エガオノダイカ製作委員会)より抜粋】

 

 

 

全てを失ったレイラさんはユウキさんの笑顔に救われました。

 

こうしてレイラは王国の人間となり、ユウキに仕える事となる。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20190419185507j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190419185524j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190419185559j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190419185622j:plain

引用元――エガオノダイカ(原作:タツノコプロ、エガオノダイカ製作委員会)より抜粋】

 

 

 

レイラさんはユウキさんを連れ出しました。放棄する前に、(両親の像へ)最後の挨拶を――という優しい計らいですね。

 

ユウキとヨシュアが内密でリーシェに出かけていた(抜け出していて)事は、レイラも承知だった。要するに見逃していた。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20190419185730j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190419185747j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190419185815j:plain

引用元――エガオノダイカ(原作:タツノコプロ、エガオノダイカ製作委員会)より抜粋】

 

 

 

「お父様とお母様は思い出の街を放棄する事をどう思うだろう?」というユウキさんの問いに、レイラさんは毅然と答えます。

 

民の為の選択(決断)だと、王と王妃は誇りに思うに違いないと。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20190419185908j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190419185935j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190419185958j:plain

引用元――エガオノダイカ(原作:タツノコプロ、エガオノダイカ製作委員会)より抜粋】

 

 

 

「自分も誇りに思う」「(貴女は)立派なソレイユの王女だと」というレイラさんに、ユウキさんの心は救われます。

 

自分は王女なのだから、と自覚して「ありがとう」とレイラに礼を言った。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20190419190049j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190419190114j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190419190137j:plain

引用元――エガオノダイカ(原作:タツノコプロ、エガオノダイカ製作委員会)より抜粋】

 

 

 

ようやくユウキは自分の意思で司令室に来た。見届けると。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20190419193508j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190419193534j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190419193554j:plain

引用元――エガオノダイカ(原作:タツノコプロ、エガオノダイカ製作委員会)より抜粋】

 

 

 

ハロルドさんは改めてヨシュアさんの件でユウキさんに謝罪しました。

 

ユウキは避難状況を教えて、と先を促す。少しは成長しているな。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20190419193712j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190419193734j:plain

引用元――エガオノダイカ(原作:タツノコプロ、エガオノダイカ製作委員会)より抜粋】

 

 

 

一般人の避難は順調に進んでいる模様だ。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20190419193832j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190419193900j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190419193918j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190419193943j:plain

引用元――エガオノダイカ(原作:タツノコプロ、エガオノダイカ製作委員会)より抜粋】

 

 

 

ジェイムズさんからの報告で新型【クラルス】搭載《テウルギア》が、ユウキさんに無断で実戦投入されていた事を知ってしまいます。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20190419194044j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190419194105j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190419194201j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190419194220j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190419194243j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190419194306j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190419194333j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190419194353j:plain

引用元――エガオノダイカ(原作:タツノコプロ、エガオノダイカ製作委員会)より抜粋】

 

 

 

激昂するユウキだったが「民を救う為に、犠牲者を出さない為に必要だった」と言い伏せられてしまう。いかなる罰も覚悟の上、とハロルドとイザナは言うが、この2人を罰したところで無為なのは誰よりもユウキが分かっている。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20190419194449j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190419194507j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190419194536j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190419194558j:plain

引用元――エガオノダイカ(原作:タツノコプロ、エガオノダイカ製作委員会)より抜粋】

 

 

 

「今後は必ず報せて下さい」とユウキさんが折れました。

 

実際、職務放棄していたのは現実逃避していたユウキの方だしな。

 

その時、トラブルの報せが。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20190419195037j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190419195101j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190419195122j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190419195152j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190419195211j:plain

引用元――エガオノダイカ(原作:タツノコプロ、エガオノダイカ製作委員会)より抜粋】

 

 

 

避難を拒否し、最後まで抵抗の意思をアピールする一般人がいました。

 

普通に自殺志願だ。本当に戦いたいのならば、王国軍に入れば良いのだし。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20190419202052j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190419202116j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190419202140j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190419202206j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190419202234j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190419202251j:plain

引用元――エガオノダイカ(原作:タツノコプロ、エガオノダイカ製作委員会)より抜粋】

 

 

 

避難を拒否した時点で、彼等の意思を汲んで見棄てるのが正解だ。

 

第3話との対比ですね。あの時に近い状況です。

 

ステラは避難を拒否した子供達に銃を向けた。避難しないのならば、撃つ、と。どうせ死ぬのだったら同じだと言い添えて。

 

この状況だと救出に向かえば、軍に要らぬ犠牲が出ます。ステラさんならば冷静に切り捨てる(見棄てる)でしょうね。彼等の自己責任だと。

 

当然、ハロルドも戦闘はできないとユウキに云う。

 

しかしユウキさんは「戦うのではなく助けて」と懇願します。犠牲者を出さない為の新型搭載機の筈と。損得勘定ではなく、完全に感情論です。

 

助ける=戦う、に極めて近い状況だが、ハロルドは折れて新型【クラルス】搭載《テウルギア》の中隊を向かわせる。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20190419202405j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190419202423j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190419202439j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190419202456j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190419202516j:plain

引用元――エガオノダイカ(原作:タツノコプロ、エガオノダイカ製作委員会)より抜粋】

 

 

 

ギリギリで収納は間に合いました。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20190419202609j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190419202629j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190419202657j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190419202751j:plain

引用元――エガオノダイカ(原作:タツノコプロ、エガオノダイカ製作委員会)より抜粋】

 

 

 

しかし帝国側が見逃す筈はない。特に、不自然な救出に「何か裏がある」と勘ぐられても仕方が無い状況だ。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20190419202905j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190419202924j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190419202945j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190419203030j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190419203048j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190419203107j:plain

引用元――エガオノダイカ(原作:タツノコプロ、エガオノダイカ製作委員会)より抜粋】

 

 

 

必死に応戦しながらの退却ですが。

 

機体性能が上でも、物量が違い過ぎだ。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20190419203204j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190419203221j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190419203242j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190419203259j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190419203317j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190419203336j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190419203350j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190419203408j:plain

引用元――エガオノダイカ(原作:タツノコプロ、エガオノダイカ製作委員会)より抜粋】

 

 

 

追い込まれていく。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20190419203521j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190419203540j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190419203558j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190419203615j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190419203642j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190419203701j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190419203720j:plain

引用元――エガオノダイカ(原作:タツノコプロ、エガオノダイカ製作委員会)より抜粋】

 

 

 

中隊を救う為の出撃要請をハロルドさんは拒否しました。いま増援を出しても、より被害が大きくなるだけだと。

 

これ以上の損失は、下手をすると《エクセスアルカ》まで失いかねない。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20190419203819j:plain

引用元――エガオノダイカ(原作:タツノコプロ、エガオノダイカ製作委員会)より抜粋】

 

 

 

お願い、逃げて! ユウキさんは無力に叫びます。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20190419203907j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190419203927j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190419203943j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190419204002j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190419204020j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190419204050j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190419204107j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190419204130j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190419204146j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190419212547j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190419212610j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190419212632j:plain

引用元――エガオノダイカ(原作:タツノコプロ、エガオノダイカ製作委員会)より抜粋】

 

 

 

救助しようとした民間人もろとも全滅に終わった。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20190419212804j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190419212819j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190419212836j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190419212854j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190419212917j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190419212932j:plain

引用元――エガオノダイカ(原作:タツノコプロ、エガオノダイカ製作委員会)より抜粋】

 

 

 

悲しい結果に、ユウキさんは泣くしかありません。冷酷に民を見棄てられる様な子だったのならば、いっそ幸せだったかも。

 

そんな冷血な王女だったら、民はユウキを慕わないがな。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20190419213136j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190419213150j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190419213205j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190419213218j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190419213236j:plain

引用元――エガオノダイカ(原作:タツノコプロ、エガオノダイカ製作委員会)より抜粋】

 

 

 

結局――防衛線は決壊してしまいました。無念の敗走です。

 

次回予告だぞ。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20190221182723j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190419213433j:plain

引用元――エガオノダイカ(原作:タツノコプロ、エガオノダイカ製作委員会)より抜粋】

 

 

 

第5話は帝国側のパートだ。

 

少しずつ、両軍の登場人物がクロスオーバーしていきます。

 

この作品の特徴的なところは、戦闘時に敵視点のパイロットを意図して映さないところだ。
ロボットもののお約束だと、両軍のパイロットを同時に映して、時に会話させたりするのだが、それとは逆の演出を採っている。

 

そうする事により戦争を上手く表現できていると思います。

 

物語も中盤に入り、2人の主人公がどう変わっていくのか――

 

私達と共にこの物語を追っていきましょう。

 

それでは次回の放送を待っていてくれ。

◆配信電子ストア◆

 

 

 

 

引用元――エガオノダイカ(原作:タツノコプロ、エガオノダイカ製作委員会)より抜粋】

f:id:ayafumi-rennzaki:20190419183452j:plain

※)引用したキャプチャ画像に関しては、著作権権利者様より異議申し立て・削除要請があれば、速やかに対処いたしますのでご承知置き願います。

  また、権利者様および各関係者様への敬意を忘れず、不利益にならない用法を心掛ける事を明記します。