アニメを斬る!

アニメ関連の話題をメインに、美少女DJ2名が会話形式でお送りする、仮想ラジオブログ!

アニメを斬る!

MENU

【無印からAXZまで】シンフォギアのラストバトル集(中編)【最終決戦】

 

 

2300作品のアニメが見放題!

※)引用したキャプチャ画像に関しては、著作権権利者様より異議申し立て・削除要請があれば、速やかに対処いたしますのでご承知置き願います。 

  また、権利者様および各関係者様への敬意を忘れず、不利益にならない用法を心掛ける事を明記します。

 

――オンエア、START! 

 

 

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

リスナーの皆さま、お待たせ致しました。DJの淡雪で御座います。
本日から9月ですね! 早く涼しくなって欲しいものです。第32回となる今回は前回の続きからの放送となります。

           ※)メインDJ。14歳(中等部三年生)

 

助手の締里だ。月も変わった事だし、気合いを入れ直して放送するぞ。
シンフォギアの第5期はまだ先の話だが、超人気シリーズなので、今後も色々と企画を考えたいと思っている。私の希望だがな。

           ※)DJ助手。15歳(高等部一年生)

 

そうですね。もちろん他の番組の企画との兼ね合いにもなりますが。プロデューサーと会議をしたい所存です。

 

期待している。では、前回の続き――《エクスドライブ》発動からだな。

 

ええ。ついに装者達が最強フォームを纏いました。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20180901081730j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180901081750j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180901081804j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180901081818j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180901081833j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180901081849j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180901081902j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180901081924j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180901081937j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180901081948j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180901081959j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180901082010j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180901082023j:plain

引用元――戦姫絶唱シンフォギアG(原作:上松範康・金子彰史、ProjectシンフォギアG)より抜粋】

 

 

 

一撃じゃないか。これなら前回で区切らずに、一気にここまで放送した方が良かったのでは?

 

最強すぐる一撃でしたね。しかし締里さん、まだですよ。終わっていません。

 

すぐるとか、すぐにネットに影響されるのな、お前。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20180901083049j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180901083111j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180901083126j:plain

引用元――戦姫絶唱シンフォギアG(原作:上松範康・金子彰史、ProjectシンフォギアG)より抜粋】

 

 

 

この後、黒幕のウェル博士は《フロンティア》内で指令達に捕まります。その際、ウェル博士は最後の悪足掻きとして、動力であったネフィリムさんの心臓を《フロンティア》から分断してしまい、暴走を引き起こしたのです。

 

そしてネフィリムの心臓は《フロンティア》をも取り込み、完全体を超えた存在――ネフィリム・ノヴァとして響達の前に立ちはだかるのだ。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20180901083315j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180901083327j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180901083343j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180901083355j:plain

引用元――戦姫絶唱シンフォギアG(原作:上松範康・金子彰史、ProjectシンフォギアG)より抜粋】

 

 

 

これこそ真のラスボスといったデザインですね。ネフィリム・ノヴァさん、とても強そうではありませんか。

 

この迫力。全くの同意見だ。

 

ふふふ。前のネフィリムさんはデザイン的に前座だと、私は最初から見抜いていましたよ。

 

後付けなら何とでも言えるだろ。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20180901083700j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180901083717j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180901083742j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180901083757j:plain

引用元――戦姫絶唱シンフォギアG(原作:上松範康・金子彰史、ProjectシンフォギアG)より抜粋】

 

 

 

もう調さんはギアを纏うというよりも、ギアと詐称する人型マシンに乗っているという感じですね、これ。

 

きりしら、こと切歌&調のコンビネーション攻撃だ。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20180901084114j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180901084129j:plain

引用元――戦姫絶唱シンフォギアG(原作:上松範康・金子彰史、ProjectシンフォギアG)より抜粋】

 

 

 

通用しません!
流石はネフィリム・ノヴァさん。いわば『さすねふぃ』ですね。

 

お前、どっちの味方なんだよ。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20180901084242j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180901084300j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180901084314j:plain

引用元――戦姫絶唱シンフォギアG(原作:上松範康・金子彰史、ProjectシンフォギアG)より抜粋】

 

 

 

どことなくガンダムっぽい動きとカメラワークで、クリスさんが《ソロモンの杖》を発動させます。

 

狙いは《バビロニアの宝物庫》の中に、ネフィリム・ノヴァを閉じ込める事だ。引きずり込んだ後、ゲートを閉じてしまえばいいからな。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20180901084648j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180901084705j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180901084723j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180901084740j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180901084757j:plain

引用元――戦姫絶唱シンフォギアG(原作:上松範康・金子彰史、ProjectシンフォギアG)より抜粋】

 

 

 

 

まるで蚊蜻蛉の様に、クリスさんが叩き飛ばされました。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20180901084911j:plain

引用元――戦姫絶唱シンフォギアG(原作:上松範康・金子彰史、ProjectシンフォギアG)より抜粋】

 

 

 

上手く杖をキャッチしたマリアがリトライだ。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20180901085006j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180901085018j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180901085031j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180901085046j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180901085059j:plain

引用元――戦姫絶唱シンフォギアG(原作:上松範康・金子彰史、ProjectシンフォギアG)より抜粋】

 

 

 

ネフィリム・ノヴァさんに、マリアさんが引きずり込まれていきます。道連れですね。

 

マリアは覚悟を決めたか。宝物庫の中でゲートを閉じ、自らを犠牲にしてネリフィム・ノヴァを封じる気だ。

 

ありがとう御座います、マリアさん。貴女の尊い犠牲は決して忘れません。
勝った! これにて、第2部(G)、完!!

 

止めてくれないか? 『ジョジョごっこ』をする為に不謹慎な発言をするのは。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20180901085535j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180901085553j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180901085616j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180901085632j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180901085645j:plain

引用元――戦姫絶唱シンフォギアG(原作:上松範康・金子彰史、ProjectシンフォギアG)より抜粋】

 

 

 

全員で《バビロニアの宝物庫》の中へ。

 

マリアを解放した後、皆で脱出、そしてゲートを閉じればいいからな。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20180901085827j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180901085847j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180901085907j:plain

引用元――戦姫絶唱シンフォギアG(原作:上松範康・金子彰史、ProjectシンフォギアG)より抜粋】

 

 

 

信号機トリオがノイズさん達を殲滅していきます。侵略者よりもタチが悪く横暴な気もしますが。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20180901090032j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180901090056j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180901090119j:plain

引用元――戦姫絶唱シンフォギアG(原作:上松範康・金子彰史、ProjectシンフォギアG)より抜粋】

 

 

 

マリアの救出に成功した。

 

早くお暇してあげて下さい。このままだと罪のないノイズさん達が不憫で。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20180901090249j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180901090307j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180901090331j:plain

引用元――戦姫絶唱シンフォギアG(原作:上松範康・金子彰史、ProjectシンフォギアG)より抜粋】

 

 

 

ネフィリム・ノヴァが出口を塞いだ。

 

これはもう手がありませんね。ありがとう、そしてサヨウナラ、6人の英雄達よ。このままネフィリム・ノヴァさんと共に……

 

コラコラ。諦めるのは早いぞ。少なくとも響達は諦めていない!

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20180901090619j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180901090642j:plain

引用元――戦姫絶唱シンフォギアG(原作:上松範康・金子彰史、ProjectシンフォギアG)より抜粋】

 

 

 

潔く、真正面から勝負して突破するつもりか。

 

え? これで勝てるのなら《バビロニアの宝物庫》に入った意味は?

 

突っ込むなよ。絆を固め、覚悟を決めるのに必要な過程だったんだ。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20180901090840j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180901090901j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180901090920j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180901090935j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180901090950j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180901091006j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180901091030j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180901091046j:plain

引用元――戦姫絶唱シンフォギアG(原作:上松範康・金子彰史、ProjectシンフォギアG)より抜粋】

 

 

 

手と手を繋ぐって、比喩でも暗喩でもなかったんですね。

 

ギアのパーツが変形して、そのまま手と手になるとは。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20180901091215j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180901091234j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180901091249j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180901091308j:plain

引用元――戦姫絶唱シンフォギアG(原作:上松範康・金子彰史、ProjectシンフォギアG)より抜粋】

 

 

 

デカイな、おい。

 

流し視聴だと、6人が握り潰されたと誤解しそうな画ですね。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20180901091431j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180901091450j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180901091504j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180901091519j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180901091536j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180901091550j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180901091606j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180901091620j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180901091638j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180901091653j:plain

引用元――戦姫絶唱シンフォギアG(原作:上松範康・金子彰史、ProjectシンフォギアG)より抜粋】

 

 

 

超必殺技の炸裂です! ネフィリム・ノヴァさんを撃破しました。

 

うむ。まさにこれがシンフォギアだな。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20180901091809j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180901091830j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180901091847j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180901091903j:plain

引用元――戦姫絶唱シンフォギアG(原作:上松範康・金子彰史、ProjectシンフォギアG)より抜粋】

 

 

 

脱出には成功したものの6人は力尽きて、もう動けない。しかし、ゲートを閉じなければネフィリム・ノヴァの爆発により、地上に甚大な被害が及んでしまうだろう。なおもピンチは続く。

 

出口を地球側にしてしまったミスですね。また宇宙に出て、そのまま流れ星として地球に帰還すれば良かったものを。島村ジョーさんという偉大な先例があったのに。被害が出たら責任問題ですよ、これは。

 

貴様は鬼か。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20180901092124j:plain

引用元――戦姫絶唱シンフォギアG(原作:上松範康・金子彰史、ProjectシンフォギアG)より抜粋】

 

 

 

393(未来さん)です! なんと、ここで393が!

 

素晴らしい走り(フォーム)だ。特に、腕の振りと腿の上げ。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20180901092253j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180901092307j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180901092323j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180901092339j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180901092356j:plain

引用元――戦姫絶唱シンフォギアG(原作:上松範康・金子彰史、ProjectシンフォギアG)より抜粋】

 

 

 

次のオリンピック、393には男子やり投げで金メダルを獲って貰いましょう。

 

凄い強肩だ。野球の遠投でも軽く300メートルは投げそうだな。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20180901092548j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180901092606j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180901092623j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180901092637j:plain

引用元――戦姫絶唱シンフォギアG(原作:上松範康・金子彰史、ProjectシンフォギアG)より抜粋】

 

 

 

間一髪、蓋が間に合いました。MVPは393でした。

 

大谷翔平を超える日本人投手が、まさかこんなところにいたとは。

 

続きまして、第3期――GXのクライマックスです!

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20180901103026j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180901103054j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180901103108j:plain

引用元――戦姫絶唱シンフォギアGX(原作:上松範康・金子彰史、ProjectシンフォギアGX)より抜粋】

 

 

 

ラスボスは錬金術師のキャロルさんです。詳細は本編を視聴して下さい。

 

纏っているのは《シンフォギア》とは似て非なる《ファウストローブ》という装備だ。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20180901103356j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180901103416j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180901103433j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180901103453j:plain

引用元――戦姫絶唱シンフォギアGX(原作:上松範康・金子彰史、ProjectシンフォギアGX)より抜粋】

 

 

 

圧倒的な強さですね、キャロルさん。

 

その頃、《チフォージュ・シャトー》に潜入していたマリア、調、切歌の活躍によって、世界の分解現象が止められようとしていた。

 

それからウェル博士も。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20180901103830j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180901103851j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180901103906j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180901103925j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180901103950j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180901104005j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180901104019j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180901104033j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180901104100j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180901104122j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180901104142j:plain

引用元――戦姫絶唱シンフォギアGX(原作:上松範康・金子彰史、ProjectシンフォギアGX)より抜粋】

 

 

 

《チフォージュ・シャトー》は大破。分解区域も無事に再生されました。

 

この時点で、キャロルの願いは潰えたわけだ。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20180901104314j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180901104332j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180901104353j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180901104408j:plain

引用元――戦姫絶唱シンフォギアGX(原作:上松範康・金子彰史、ProjectシンフォギアGX)より抜粋】

 

 

 

しかし戦いは終わらない。

 

ええ。苦戦している信号機トリオは、ついにある決断を下します。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20180901104510j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180901104528j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180901104603j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180901104619j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180901104635j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180901104651j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180901104707j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180901104725j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180901104738j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180901104755j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180901104809j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180901104822j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180901104838j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180901104859j:plain

引用元――戦姫絶唱シンフォギアGX(原作:上松範康・金子彰史、ProjectシンフォギアGX)より抜粋】

 

 

 

決戦用ブースター、《イグナイトモジュール》の発動です。

 

融合者であった時の響に起こった『暴走』を、制御可能にする技術だ。
精神保護の為に3段階のセーフティー(ニグレドフェイズ、アルベドフェイズ、ルベドフェイズ)が設けられているが、3人は一気に2段階までセーフティーを解除した。

 

制限時間付きという事もあり、某平成ライダーを想起しますね。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20180901105252j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180901105325j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180901105415j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180901105430j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180901105447j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180901105504j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180901105519j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180901105534j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180901105549j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180901105607j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180901105622j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180901105636j:plain

引用元――戦姫絶唱シンフォギアGX(原作:上松範康・金子彰史、ProjectシンフォギアGX)より抜粋】

 

 

 

それでも歯が立ちません。キャロルさん、強過ぎです。

 

ついに最後のセーフティーまでも解除する決意を、響達は下す。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20180901113703j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180901113724j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180901113742j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180901113759j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180901113814j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180901113827j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180901113841j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180901113858j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180901113915j:plain

引用元――戦姫絶唱シンフォギアGX(原作:上松範康・金子彰史、ProjectシンフォギアGX)より抜粋】

 

 

 

やっぱりダメな模様です。

 

キャロルは響達の最大出力を把握した上で捨て置いていた。要するに、刃向かって来た時は、いつでも潰せるという勝算があったんだ。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20180901114119j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180901114135j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180901114150j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180901114205j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180901114222j:plain

引用元――戦姫絶唱シンフォギアGX(原作:上松範康・金子彰史、ProjectシンフォギアGX)より抜粋】

 

 

 

に、2軍のお三方が帰還しました! しかもイグナイトです。

 

だから2軍いうなって。それからウェル博士は『地球を救った英雄』として亡くなった。色々とアレな男だったが、本望だったろう。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20180901114414j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180901114429j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180901114445j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180901114503j:plain

引用元――戦姫絶唱シンフォギアGX(原作:上松範康・金子彰史、ProjectシンフォギアGX)より抜粋】

 

 

 

絶壁ペア、リーダーペア、しかしクリスさん&切歌さんは何ペアと呼べば……

 

失礼なヤツだな、貴様。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20180901114616j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180901114639j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180901114655j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180901114711j:plain

引用元――戦姫絶唱シンフォギアGX(原作:上松範康・金子彰史、ProjectシンフォギアGX)より抜粋】

 

 

 

キャロルさんの《フォニックゲイン》は全人類70名を束ねても、それを更に凌駕するとの事。有り体にいって人類最強ですね。一人称が「オレ」という事もあり、これこそまさに『俺tueeeeeee!!』の鏡でしょう。

 

全人類分の《フォニックゲイン》に、響とマリアが揃って6人が絶唱。
――条件は揃った。

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20180901114902j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180901114920j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180901114935j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180901114950j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180901115006j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180901115021j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180901115035j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180901115048j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180901115102j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180901115116j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180901115129j:plain

引用元――戦姫絶唱シンフォギアGX(原作:上松範康・金子彰史、ProjectシンフォギアGX)より抜粋】

 

 

 

全人類を超える巨大な《フォニックゲイン》を変換し、束ね、そして――

 

昇竜拳! いえ、これは廬山昇龍覇!?

 

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20180901115242j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180901115257j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180901115311j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180901115432j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180901115447j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180901115504j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180901115519j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180901115534j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180901115547j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180901115601j:plain

引用元――戦姫絶唱シンフォギアGX(原作:上松範康・金子彰史、ProjectシンフォギアGX)より抜粋】

 

 

 

お約束の《エクスドライブ》が発動したところで、次回に続く、です!

 

 

◆関連したお勧め記事

www.animewokill.com

www.animewokill.com

 

 

なあ、前回と引きが全く同じなのだが。

 

 

 

 

引用元――戦姫絶唱シンフォギアGX(原作:上松範康・金子彰史、ProjectシンフォギアGX)より抜粋】

f:id:ayafumi-rennzaki:20180901080622j:plain

 

※)引用したキャプチャ画像に関しては、著作権権利者様より異議申し立て・削除要請があれば、速やかに対処いたしますのでご承知置き願います。

  また、権利者様および各関係者様への敬意を忘れず、不利益にならない用法を心掛ける事を明記します。

RSSを購読する

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村